現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
無実なら逃走が最善策、という考え方

2017-04-28 Fri 20:25
 東京・板橋区のJR埼京線板橋駅で今月25日、痴漢を疑われ線路に飛び降り逃走した41歳の男が、翌26日に東京都の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されました。

 都内ではこれ以外にも、痴漢を疑われた男が逃走する事案が3月から相次いでいます。一般利用者が撮影した、池袋駅から線路を走り逃走する男の姿を鮮明に記憶している人も多いと思いますが、あれもその一つですね。

 痴漢は許しがたい卑劣な犯罪です。痴漢しておきながら逃げるのも卑怯だし、さらに線路に侵入してダイヤを乱すとは迷惑極まりない愚行。こんな愚か者一匹一人のために真面目に通勤している人がバカを見るなんて理不尽すぎます。

 ただ、私は個人的に、こういったニュースについては「痴漢」という犯罪行為と、その場から「逃走」するという行為は、出来れば分けて考えたいと思っています。極論かも知れませんが「無実なのに痴漢扱いされている、だから逃げた」というケースも多々あるんじゃないか?と想像してしまうんですよね。もちろん逃げるといっても線路に降りてダイヤを乱すのは論外ですが。

 今回の多発する痴漢騒動が本物の痴漢事件なのか、それとも被害者の勘違いや偶然起きてしまった冤罪なのかは分かりませんが、昔から痴漢事件には冤罪が付き物です。特にでっち上げ。面白半分や退屈しのぎで「このオッサンを痴漢にしてやれ!」と事件をでっち上げられ、無実にもかかわらず痴漢扱いされたというケースはしばしば耳にします。“オッサン=全員スケベに決まってる、女性=か弱い存在”という先入観も根強いのでしょう。一度疑われたら最後、無実を証明するのは非常に困難。誇りを傷つけられ、職を失い、奥さんや子供に逃げられ、住み慣れた町からも離れなければなりません。
 
 数年前、そんな冤罪事件がしばしば起きていた頃、あるコラム(雑誌だったかネットの記事だったか忘れてしまいました)にこんな意見が掲載されました。

無実にもかかわらず痴漢にされてしまった場合、駅長室に連れて行かれたらアウト。自分は潔白だから大丈夫だと思って真面目に事情聴取に応じても、それを証明するのはほぼ無理。その後長い時間と膨大な費用を費やして裁判を闘い、仮に勝ったとしても既に職も家族も住む家も失った後。世間からの「本当はやったんじゃないか?」「ああ、あの痴漢して捕まった人ね」というレッテルはそう簡単に剥がれません。人生を棒に振ってしまいます。したがって痴漢騒動に巻き込まれたら、とにかく全力で逃げること。それが無実のあなたに考えられる最善策です

常識的に考えたら逃げるなんて出来ませんが、実際その通りだから酷い冤罪事件が多発するのでしょうね。

 ニュースで「女性に痴漢を働いたとされる男が逃走した」と聞くと、ほとんどの人が「痴漢は許せない!」「痴漢しておいて逃げるのは最低だ!」と反応します。でもそこには少なくない偏見が含まれませんか?本当に痴漢行為はあったのか?本当に痴漢がバレたから逃げたのか?先入観を持たず、もうちょっと疑ってみてもよい気がします。


スポンサーサイト
別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

公衆の面前で爪を切るのは下品?

2017-04-27 Thu 00:00
 カフェや施設の休憩スペースなど、不特定多数の人が集う場所でくつろいでいると、たまに“パチン!パチン!”という音が聞こえてくることがあります。音のする方を見ると、そこでは大抵、オッサンがなに食わぬ顔で爪を切っている。ちなみに私の経験上、若者や女性が爪を切るのは見たことがありません。ほぼ100%オッサンです。

 わざわざ爪切りを持ち歩いてまで、余計な荷物を増やしてまで、こんな所で切る必要ないだろう…私はこの行為が嫌いです。もしかしたら彼らにとっては大切な暇潰しのひと時なのかも知れませんけれどね。

 なぜ公の場で爪を切ることを私は嫌悪するのか?そもそも爪って体の一部です。それが無駄に伸び、時に不潔に映るから不要な部分を処理するのだと私は思っています。

 ということは、伸びた爪は考えようによっては老廃物みたいなもの。ならば鼻くそや耳垢をほじくったり、頭を掻いてフケを落としたり、伸びた無駄毛を処理したりするのと同じことではないか?そういった行為を公の場で堂々としますか?しませんよね?恥ずかしいことですもんね?マナーに欠けるし気持ち悪い。堪ったものじゃない。

 ということで爪を目の前で切られ、カス…いや“爪クソ”?をばら撒かれるのが嫌なのだと思った次第です。

 まぁ感じ方は人それぞれですが、人前で行うことが好ましい行為ではなさそうですね。


別窓 | モラル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

悪魔の蔵のワイン

2017-04-25 Tue 00:00
 電車の中のある広告に目が止まりました。“Casillero del Diablo Cabernet Sauvignon 2015(カッシェロ・デル・ディアブロ カベルネ・ソーヴィニヨン)”悪魔のワイン?

 これまで“悪魔”と名のつく食品というと、アルコール度数の高いスピリッツや激辛料理が定番です。このワインもそんな感じ?興味を引いて広告を読むと…

「盗み飲みからワインを守るため、悪魔がいるという噂を流したという逸話を持つ「悪魔の蔵」という名のワイン。濃縮感のあるカベルネ・ソーヴィニヨンの果実とオークの香りのバランスが絶妙なワイン」

…へぇ、面白いサイドストーリーだなぁ。一気に惹かれました。私はワインはそこそこ好きなのですが、正直味の違いってほとんど分からないんですよね(笑) だからありふれた広告では刺さらないのですが、このカッシェロ・デル・ディアブロは(盗み飲みされるほど美味い?、どんな味なんだろう?)気になります。

01
02
03

 お店には、赤白や味の違いなど何種類かありましたが、最もオーソドックスな赤を購入しました。チリ産で辛口、フルボディです。私が訪れた2、3の店舗全てで扱われ、激安店で800~1,100円台。一般的なスーパーで1,200~1,400円台で売られていました。結構人気みたいです。

 さて、問題のお味は…他の赤ワインとの味の違いはよく分かりません。ただし、何となく“角が取れた丸い感じ”がして飲みやすいでしょうか?まぁあくまでも私は、ですが、正直一度試せたからもういいかな?味の違いの分からない私には一本1,000円以下のワインで十分です(笑)

 それにしても「悪魔の蔵」のワイン、ネーミング(サイドストーリー)といい広告といい、上手いマーケティングだなあと感心します。


別窓 | お酒のある生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

志村、前!!前!!

2017-04-22 Sat 00:00
 タレントの志村けん(以下、あえて志村と呼び捨て・笑)のインスタグラムに無修正の男性局部写真がアップされ、すぐに削除されるという騒動がありました。

 これが実際に志村自身の仕業なら大問題ですが、志村側は“何者かに不正アクセスされアカウントを乗っ取られた”と主張。つまり何者かが、わざわざ少なくない労力を費やし、志村のインスタにチ●コの画像をアップするという何の得にもならない悪戯をした、と言いたいようです。警察にも被害の報告をしたとか…って、それ本気で言ってるのかよ~!!(笑) ネットや機器に疎い人なら何となく納得してしまいそうですが、客観的に考えたらずいぶん都合のよい言い訳に聞こえなくもありませんよね。真相は分かりませんが。

 そんな疑惑を持つ私ですが、別に志村が嫌いだから叩いてやろう、というわけではありません。私は幼い頃からドリフのコントを見て育ちました。中でも志村が大好きで、今でも彼は私のヒーローです。言い過ぎかも知れませんが、上司のいじめに耐えること、アドリブを許さず緻密に練られた計画通りに物事を進めることの大切さはドリフや志村から教わったと思っています。

 今回も記事を読み、昔から“ウ●コ”や“チ●コ”をネタにチビッコを笑わせてきた志村らしいな、彼の仕業だったとしても、その方がしっくりくると感じるのは私だけではないはず。もともと”変なおじさん“なんだし(笑) “イイヨナおじさん”も“デシ男”も頭弱そうだからこれくらい仕方ないか、で済みそうな気もするし(笑)

 ネット記事へのコメントをざっと読んでも、アカウント乗っ取りを素直に信じる人はほとんどおらず(笑) それでも彼を批判・否定する意見はほとんど見られませんでした。大方「志村らしい、志村なら許されるのでは?」みたいな意見が多いように感じました。

 そしてもうひとつ、この記事で面白いのが、そのコメントの面白さ。アカウント乗っ取りを信じる人からは

「変なおじさんが変態おじさんに乗っ取られた」

懐疑派からは

「とりあえず志村が“元気”なのは分かった」
「優香(石野陽子)に確認してもらおう」
「志村、前!!前!!」

解説がないと意味不明かも知れませんが、ドリフ世代の私は大爆笑。特に「志村、前!!前!!」は、電車の中で笑いを堪えるのが大変でした(笑)

 まぁそれはともかく、今回改めて志村って偉大なコメディアンだと思いました。今回本人は全く笑わせようとしていないばかりか、姿すら現していないのに、これだけ笑わせてくれるのですから。もはや芸人として神の領域。超一流ですね。


別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

ANAのVIP担当者に代々伝わる 言いにくいことを言わずに相手を動かす魔法の伝え方

2017-04-20 Thu 00:00
ANA

 “伝説の元ANA CAマネージャー”加藤アカネ著「ANAのVIP担当者に代々伝わる 言いにくいことを言わずに相手を動かす魔法の伝え方」(サンマーク出版)を読了しました。接客とは何か?コミュニケーションとは何か?改めて学べ、とても参考になる本でした。

 ANAにはVIP担当者だけに代々伝わる、言いにくいことを言わずに相手に気持ちよく動いてもらう「秘伝(魔法)の伝え方」があるそうです。そんな特別なノウハウを惜し気もなく大公開!!というのが本書の主旨。

 お恥ずかしながら過去の私には、とにかく正論が大好きだった時期がありました。正論が最強、正論が全て、正論を振り翳して相手をひれ伏させる。そのために相手の気持ちがどうなろうが知ったこっちゃない、みたいな考え方に囚われていたのです。今思えばそれは必ずしも正しいとは限らないし、それで失ったものも少なくありませんでした。その後、人生経験を積む中で気づき、改めるよう努めたわけですが、本書の序章に書かれた

普通の人は、正論を言って、相手を動かす
うまい人は、それとなく伝え、動かす
超一流は、伝えずに動かし、しかもこちらを好きになってもらう


という文章を読んだ時は、正直とてもショックでしたね。かつてのオレ、やはりただの普通の人だったのか…と(苦笑) 本書を読むに至った直接のきっかけはある人の推薦ですが、(BOOK・OFFに出回るのを待たずに)すぐに買って読もうという気にさせられたのは、間違いなくこのフレーズです。

 さて、その「秘伝の伝え方」とは具体的にどのようなものか?例えば飛行機の中に、泣いている赤ちゃんを連れたお母さんと、それを「うるさい」と怒っているビジネスマンがいるとします。もし自分がCAだとして、お母さんに対して「赤ちゃんを泣き止ませてください」とは言えませんし、ビジネスマンに「赤ちゃんは泣くものです」とも言えません。どちらも大切なVIPのお客様だからです。当然“飛行機の中では○○デシベルまでの騒音なら出して可”なんてルールもありませんから、ルールを盾に交渉することも出来ません。かといって何とかその場を収めても、どちらか(もしくは両者)に不満を抱かせてしまえば、今後ANAを利用してくれる機会はなくなります。いやぁ、大変です。

 こんな時、どう言えば誰もイヤな気持ちにさせずに、自分の希望通りに相手を動かすことが出来るのでしょう?著者は自身の経験からどんな「魔法の伝え方」を編み出したのでしょうか?そんな秘密が事例ごとにたくさん紹介されています。目次から主なものを抜粋すると…

第1章は「気まずいお願い」をする時の魔法。 
●反対意見の人に、ひと言も言わずに主張を通す
●会議中、自分の意見を言わずに思い通りの結論に導く
●長い話を不快にさせず終わらせる 
●騒ぐ人を、注意しないで静かにさせる 

第2章は「双方」を丸く収める時の魔法 
●意見の違う部下Aと部下B、やる気を削がず仕事をさせる
●上司Aと上司B、どちらも立てて思い通りに動かす 
●多数派と少数派、どちらにもファンになってもらう 

第3章は「優劣」をつけなくてはいけない時の魔法 
●お客様Aとお客様B、どちらも立てて丸く収める 
●先約をしている人に「別の約束が入ってしまった」と角を立てずに断る 
●部下Aと部下B、昇進しなかった方を落ち込ませずにやる気にさせる 

…どれも思わず、えっ?そんな上手い言い方なんてあるの?!と疑ってしまうようなテーマばかり。著者が中間管理職時代に編み出した“魔法の伝え方”が比較的多いので、CAに限らず一般企業で中間管理職を目指す人にも参考になりそうです。

 私が感じた限りですが、どれにでも共通するのは、相手の気持ちにフォーカスして、相手の気持ちに寄り添う。誰かのせいにするような言い方はしない、ということでしょうか?正直、大企業で営業経験のある私でも、どれも何となく経験を通してある程度は理解していたことばかり、というか必ずしもVIP担当のCAでなくとも気づくチャンスに出会えることばかりでした。しかしそれらを完全に自分のものとし、武器にして闘えたか?部下や後輩に伝授できたか?と言われるとどちらもダメでした。これが一般読者(私)と著者との差なのでしょうね。改めて本書から学んだことを自分の血や肉とし、もっと魅力的になれるよう自分を磨きます。

 最後に、本書とは無関係ですが、飛行機(CA)繋がりで私が大好きな、相手を動かす魔法の言葉をご紹介します。綾瀬はるか主演「ハッピーフライト」という映画のワンシーンのセリフです。CAが「フィッシュ?orビーフ?(魚料理?それとも牛肉料理?)」と訊ねながら機内食を配り始めると、なぜか乗客が牛肉料理ばかり選んでしまう。このままでは早々に牛肉料理がなくなり、後の方に配られるお客さんに選択の余地が与えられない、まずい!!…という時にCAが使ったテクニックです。

「ローズマリー、タイム、オレガノなどのハーブをまぶし、ミネラル豊富な天然の岩塩と粗びき黒胡椒で美味しくソテーした白身魚か?ただのビーフか?どちらにいたしますか?」

「伝え方が9割」という本でも取り上げられた名セリフ(?)ですが、これもある意味“魔法の伝え方”でしょうかね?(笑) サービス業従事者の工夫には頭が下がります。


別窓 | 読書 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

熱心に応援>>>>>売り子さんからビール買う

2017-04-19 Wed 00:00
01

 週末に横浜スタジアムへプロ野球観戦に行きました。

02

ちなみに私の“推しメン(?)”は、ハマの大黒柱・戸柱恭孝捕手【10】。応援用レプリカユニフォームはハマの小さな大魔神・山崎康晃投手【19】なんですけど(笑)

05

 今回は久々の内野席。前回はあまりの寒さに応援どころではありませんでしたが、今回は汗ばむほどの初夏の暖かさに包まれ、気持ちよく応援できました。

03
04

 横浜といえば崎陽軒のシウマイ。崎陽軒のお弁当を食べるのもハマスタで野球観戦する時の楽しみのひとつです。今回は季節のお弁当にしました。

06

 ところがあまりの暑さと開放感に浮かれ、普段飲まないビール(とハイリキレモン)を飲んでしまい、お酒に弱い私はダウン。狭い座席に座るのが辛くなり、裏手通路にあるペンチで長時間休む羽目になってしまいました。その結果、肝心の4・5回のベイスターズの得点シーンを見ることができませんでした。みかん氷の行列に並ぶのも辛く今回はパス。この陽気なら絶対に美味しく食べられたんだけどなぁ…。

07

 とりあえず横浜DeNAベイスターズ勝利!今季初のカード勝ち越し!!バンザ~イ!!!

別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

ハングリー・マーケティングみたいなポテチ販売中止騒動

2017-04-18 Tue 00:00
 昨年の台風の影響で北海道産ジャガイモが不作となったため、それを原料とする大手メーカー製ポテトチップス(以下:ポテチ)が、現在販売中止になっています。

 言われてみれば日曜にプロ野球観戦に向かう途中、おつまみを買おうと近所の百均ショップを覗きましたが、ポテチは完売。在庫なしでしたっけ。

 私もたまに、昼食を抜いて夕食まで空腹に耐えられそうにない時に、百均ショップで買ったポテチを一袋開けることがあります。この日曜も百均にポテチがあれば買ったかも知れませんが、特にポテチにこだわるわけでも熱狂的なポテチファンでもない私は、他のスナック菓子…かっぱえびせんだったかな?そちらにしました。ビールに合うことに変わりありませんからね。ポテチはいずれ市場に安定供給されるようになったら買うかもしれません。

 …という私の発想って、自分でもごく自然だと思うのですが、テレビ報道を見るとちょっと違う人が少なからずいるようです。ニュースを見てポテチ買い占めに走った人、そのポテチをバカ高値でオークションに出品する人、入札する人、それを見てポテチを食べたくて堪らなくなる人…日本は平和だなぁ(笑) 中にはポテチを買いに走ったことを堂々と公共の電波にのせて自慢する女子アナもいますからね。こういう人たちはアメリカと北朝鮮の緊迫した状況よりも、ポテチを手に入れることの方が何倍も大事なのでしょう(笑)

 こんな時、もうひとつ感じるのは、世の中こういった周囲から影響を受けやすい単細胞単純な人が大多数だから、日本経済が成り立つのだろうな、ということです。マスコミや周囲の人々がどれだけ騒ごうが、

「いつもほとんど食べないポテチなんだし、一時的な販売中止なんだから代替品でいいじゃん」

とか、

「スナック菓子は体によくないからこれを機にポテチ断ちしようかな」

と冷静に判断する賢い人だらけでは、どうでもいい商品、下らない商品、ジャンクな商品は高く売れません。

 “ハングリー・マーケティング”なんてヘンテコな販売戦略が横行するわけです。

 

別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち 「きょうだい型」性格分析&コミュニケーション

2017-04-16 Sun 00:00
不機嫌

 昨年読んだ「察しない男 説明しない女」の著者・五百田達成氏の近著「不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち 「きょうだい型」性格分析&コミュニケーション」(ディスカヴァー・トウェンティワン)を読了しました。

 最初は、どうせ「察しない男 説明しない女」がヒットしたから、二匹目のドジョウを狙ったんだろう、とあまり期待せずに読み始めたのですが、これも見事に“目から鱗”。面白くも参考になる本でした。

 内容は「察しない男 説明しない女」が男女の思考や価値観の違いを様々な観点から解説。日常生活の中でギャップが生じる原因を具体的かつ体系的にまとめているのに対し、こちらも長子(長男長女)・末子(末っ子)・中間子(その間)・一人っ子、それぞれの思考や価値観の違いを、その原因とともに解説。そしてそれらを理解した上で、どうすればお互い尊重し合って上手に付き合うことが出来るか?をアドバイスするという主旨です。

 長男は責任感が強く真面目、次男は楽天家、末っ子は甘ったれ、みたいなことはこれまでの人生経験の中で察しましたし、本書に書かれていることも理解したつもりでいることばかり。正直真新しい情報はほとんどありません。しかし改めてその原因から解説されたことで、ちゃんと違いが理解出来たような気がします。私は長子(長男)ですが、弟(中間子)の

・お礼を言わない
・感情を出さない
・金銭的にがめつい

妹(末子)の

・何事も人任せで無責任
・努力せず手を抜きたがる
・いつまでも周りからチヤホヤされるものと思ってる

といったことに長年不満を持っていました。なぜオレと同じことが出来ないんだ、コイツらは?!と本気で怒っていましたね。でも本書を読むとそれが間違い、というかある意味仕方ないことのようなのです。それが理解出来てよかったと同時に、今まで気づけなかったことが恥ずかしくもあります。

 逆に自分(長子)の非を指摘され耳が痛い部分も多々ありました。例えば

「長子は、自分が周囲の人間と上手く付き合えている、と思い込んでいるが、実際には周囲が自分に合わせてくれているだけ」

なんてショッキングすぎですよ(笑)

 書き方も難しい言葉を羅列してダラダラ綴られてはいないので読みやすい。例えばその一部をご紹介しますと、

仕事では……
長子は、仕事に成長を求める
末子は、仕事にバランスを求める
中間子は、仕事に人間関係を求める
一人っ子は、仕事にやりがいを求める


みたいに、読みやすくも興味を引く構成。それでも「あっ、当たってる!スゲ~」に留まらず、兄弟、いや会社の同僚や部下、得意先担当者にまで視野を広げ、それぞれの価値観と照らし合わせた上でどう付き合うのがお互いにとってベターなのか?参考にするのも面白そうです。

別窓 | 読書 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

まさかのサイン本

2017-04-14 Fri 08:08
 自宅納戸に保管中の本を整理していたところ、ある漫画単行本に目が止まりました。「天龍源一郎 酒羅の如く」。元プロレスラー・天龍源一郎のお酒にまつわる豪快かつ男気溢れるエピソードを劇画化した、2013年発売の本です。(あぁ、これいい本だよな…)幼い頃から猪木イズム、過激なプロレスで育った私は、正直あまり天龍が好きではなかったのですが、これを読んで好きになったんだっけ(笑)

 そこでふと、あるアイデアが浮かびました。そうだ、たまにプロレスの話をする、ある知り合いにこの本をプレゼントしようかな?いい本ではありますが、最近ほとんど手に取らなくなってしまったし、その人は全日派、しかも天龍が好きだったはずです。そういう人にこそ読んで欲しいし、そうすればまたこの本の感想を語り合えるかも知れませんからね。

 一度はそう決心したものの、やはりもったいない、というか自分も所有し続けたいという気持ちが強くなってしまいました。そこでAmazonをチェックしたところ、中古品が格安で販売されていたので、ちょうどいいやともう一冊購入することに。

01

今回届いたもの(画像右)は帯なしですが、まあいいか。一応、落書き等ないか?チェックしました。すると…何と!!

02

まさかのサイン本!!

中古品とはいえこれで400円でいいの?というかそもそもサイン本って買い取り不可じゃなかったっけ?あれはBOOK・OFFか??…まぁ本物かどうか分かりませんが。

 一瞬、こっちを自分のものにしようか迷いましたが、当初の計画通りこれを進呈することに。喜んでくれそうですしね。それに…

もともと私、有名人のサインってあまり興味無いんですよね(笑) 

 こういうこともあるんですね。ちょっとびっくりしました。

別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

新幹線の座席の倒し方

2017-04-13 Thu 00:00
 最近、新幹線の座席の倒し方についての議論をあちこちで耳にします。

 確かに新幹線の座席の背もたれって、全く倒さない状態だとほとんど垂直。これではあまりくつろげません。長時間座り続けるのもキツそうです。かといって倒しすぎると後ろの人の顰蹙を買いそうで心許ありません。私は気が弱い方なので、文句を言われなくても(実は怒ってるんじゃないか?)と気になってしまいます。

 このような場合、私はどうするかというと、まず乗車した時点で後ろの座席に誰もいなければ、速攻で2段階倒します。もし既に乗客がいた場合は、座ってからしれっと1段階…少ししてもう1段階、って感じでしょうか?(笑) この2段階倒したくらいが自分もリラックスできて、後ろの人からもまず文句は出ない境界線のような気がするからです。倒す時に一声かけてもよいのですが、変な人や酔っ払いだと面倒臭いのであえて避けることにしています。

 ちなみに「めざましテレビ」が番組内で簡単な検証実験をした結果、最大に倒されても圧迫感はない、というのが被験者全員共通の意見でした。ただし、いきなりガッ!とやられると備え付けのミニテーブルに置いた飲み物がこぼれたり、気分を害されたりしてムカつく。事前にひと声かけて欲しい、と。結局、実質的に邪魔だとか何かをする妨げになるというよりも、気持ちの問題のようです。

 でも、実際に無神経に倒されてムカッときても、文句を言うのは止めた方が無難かと思います。なぜなら、そのような無神経で他者への思い遣りに欠ける、空気が読めない輩はきっと普段から家庭や職場でも嫌われて、まともに扱われていない人だろうからです。そんな輩を相手に正論を主張したり、感情に訴えても無駄なだけ、のような気がします。

別窓 | モラル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 瑠璃色幻想曲 | NEXT