現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
下克上的勝利

2018-02-22 Thu 20:21
 相変わらず連日平昌オリンピックを楽しみに生きています(笑) 開幕前は全く興味ないのに、いざ始まると釘付けになってしまう魅力がオリンピックにはありますね。

 昨夜も女子チームパシュートでは、2位で準決勝進出を決めた日本はカナダを破り決勝進出。そして強豪オランダも破り金メダルを獲得しました。凄い!感激!!これまでの苦労を乗り越えて栄光を勝ち取った選手たちを尊敬します!!!

 …でも、ここでふと余計なことを考えてしまいました。

 このチームパシュート、8チームが出場して行われた予選のタイムは、日本はオランダに次ぐ2位でした。なのに2位だった日本が最終的に金メダル取っていいの?おかしくね??…なんて騒ぐ輩が出てきたら興醒め極まりないよなぁ、なんて。

 昨年、私が応援する横浜DeNAベイスターズは、公式戦3位からクライマックスシリーズを見事勝ち上がり、ソフトバンクとの日本シリーズを立派に戦いました。しかし首位広島とは大きくゲーム差がついていたこともあり、(主にプロ野球ファン以外から・笑)理不尽な非難を受けまくりました。

 でも、理由こそ違えどどんなスポーツ競技にも似たような“矛盾”はあります。でなきゃ予選の存在そのものが揺るぎますし。ここは素直に日本人選手の活躍を称えましょう。

 それに実際に試合を見たら分かりますが、チームパシュートでは少なくとも予選の日本、準決勝のアメリカおよびカナダ、どのチームも決勝なり3位決定戦以外は全力で滑っていません。体力を温存し、大一番に備えていました。言うまでもなくメダルを取るためにルールを利用して立てた作戦です。「全力で戦っていない、八百長だ!!」などと言われる筋合いはないし、仮に予選なしの一発勝負、1回のタイムのみでメダルが取れる、というルールなら、どのチームもそれに合わせて戦い方を変えたはず。そう考えたら昨年の横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ進出にケチをつけることがどれだけアホらしいか?今さらながらよく分かりました。

 明日は女子カーリングが準決勝を迎えます。5勝4敗で4位通過の日本は、7勝1敗でトップ通過の韓国と準決勝を戦いますが、チームパシュート同様、くれぐれも勝っても「不公平だ!!」なんてイチャモンはつけないで欲しいものです。

スポンサーサイト
別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

実はもの凄く旧時代的なアレ

2018-02-19 Mon 20:49
 月並みですが、ただいま開催中の平昌オリンピックでの、日本人選手の活躍を連日テレビで応援しています。

 特に週末の男子フィギュアスケート。羽生結弦選手の復活V2、2大会連続の金メダルには感激しました。にわかウォッチャーの私が今さらあれこれ述べるのもアレですが、とにかく素晴らしかったです。考えてみたら冬季オリンピックでこれほど試合結果が気になったのは初めてでした。実際愛犬の散歩中、何度も立ち止まって速報をチェックしてしまいましたよ(笑)

 ところでこの「羽生金メダル」をはじめ、新聞の“号外”が配られるシーンをしばしば目にします。

 その一方で、最近このような注目度の高いニュースは結果が出ると瞬時にスマホに速報が届きます。よく考えたらこれは号外と同じ。デジタル配信に進化した現代版の号外です。

 しかし速報性に優れ(多分)手間もコストもほとんどかからないネット速報に比べ、新聞の号外は用紙を仕入れ、デザインして、印刷・加工して発送して、配布するという、ネット速報とは比較にならない手間とコストがかかります。これまで当たり前のように眺めていた号外が配布される風景も、改めて考えたらもの凄くアナログで旧時代的なやり方です。

 それにスマホの普及率を考えたら、我先にと号外を求める人たちの持つスマホにも、きっと同じ内容の速報がもっと早く届いているに違いないのに、何やってるんだ?…ということに気づいてしまいました(笑)

 まぁ、個人的には紙媒体の魅力は分かりますし、号外が配られる風景も悪くないとは思っていますが、何となく凄く矛盾を感じて面白いと思った次第です。

 私も過去にこの号外、何度かいただいたことはありますが、あれってその場で一瞬(欲しい!)と手を出すものの、すぐに邪魔に感じてゴミ箱行きになってしまうんですよ(笑) 新聞社の方々には申し訳ない気持ちでいっぱいです…。
別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

外野からは見えにくい現場の事情

2018-02-18 Sun 00:00
 以前ここで取り上げました、お笑い芸人・小峠氏メンチカツ不要問題。定食屋で「『唐揚げメンチカツ定食』のメンチカツ抜き」を注文したが,、店員さんに頑なに断られムカついた、みたいなエピソードです。それを機にあちこちから

「タレ抜きも断られた」
「タレくらいバイト判断でも抜くくらい出来るだろう」
「いや、その写真をSNSにアップされたら被害を被るかも知れない」

「開店1分前なのに入店を断られた」
「1分前なら融通利かせて入れてやれよ」
「いや、1分も大人しく待てないのかよ」

といった類似エピソードと、それに対する賛否両意見を目にするようになりました。

 私の意見はいずれも「イレギュラーなサービスを要求する人、ルールに従えない人が悪い」ですが、世の中には私とは違う考え方の人も多いです。当たり前ですけれどね。

 しかし、端から見たら簡単なリクエストでも実際にはそうでもないこと、当事者以外には分からない現場の事情は確実に存在します。料理を減らされた、開店時刻を過ぎても入れてくれない、というのなら不満を口にされても仕方ありませんが、特に迷惑は被っていない、損をしていないのなら我が儘言わずに大人しくルールに従いましょうよ、と個人的には言いたいです。

 飲食店の仕事ではありませんが、私も社会人になりたての頃、似たようなもどかしさを感じたことがありました。

 当時、製造業界大手某社の営業職だった私の仕事のひとつに、在庫商品の納入指示がありました。メイン得意先の日本全国にある営業所から個別に注文を受け、倉庫の納入(配車)担当部門に指示を出すのです。といっても営業は都内のビルにオフィスを構え、倉庫は埼玉県某所。納入指示はPCを用いオンラインシステムで行っていました。

 この業務、毎日14時までに依頼のあった注文については、翌営業日に埼玉の倉庫から出庫。倉庫に駐在する運送会社に渡し配達してもらう、というルールでした。

 ところが14時を過ぎたのに「今すぐ欲しい」と言い張るイレギュラーな納入依頼が頻繁にありました。とりあえず取り決めルールについて説明して断りますが、相手も簡単には引き下がってくれない。そんな時彼らが決まって言うのが

そんなの、ちょっと倉庫に行って取ってきて宅急便で送ってくれりゃいいじゃん!なんでそんな簡単なことが出来ないの?!

でした。現場の外の人、現場の事情を想像できない人はそう発想したのでしょうね。

 まぁ相手はお客さんですし、出来る限りの対応はしましたが、これが結構面倒臭かったです。いつも通り納入指示をしたら、倉庫部門や発送部門全ての担当者に電話連絡。事情を説明し謝罪しつつイレギュラーな対応をお願いするのですが、基本的に余計な仕事を増やすので彼らは嫌がります。さらに普段直接先方とやり取りしない部署の人の中には「約束を守れ」「そんなの断れ」と言って怒り出す人もいるので説得しなければなりません。また、電話しても責任者不在の場合は、捕まるまで電話をかけ続けてお願いしなければなりません。

 本来私は、14時以降は外回りの営業活動をしました。しかしこういったイレギュラーな対応を求められると、社内調整が必要となり身動きがとれません。本来必要のない業務のおかげで本業が滞るわけです。これを時給換算して相手に補填してもらしたいところですが、そうもいきません。

 さらに個人経営の商店ならともかく、この大企業の場合、営業担当がオンラインで納入指示を出すと、その情報は倉庫部門、発送部門以外にも、自動的に営業管理部門(営業日報に売上として計上される)、経理部門(請求書発行予定に挙がる)などにも伝わります。それについても後で事情を説明してデータを修正して貰わなければなりません。そしてこれらのイレギュラーなサービスは、そもそも想定外ですから見積金額に含まれていません。それでも対応しろと言われれば、人件費を商品の単価に上乗せせざるを得ません。

 私だってデスクの下やロッカーの中に転がっているものならいくらでもすぐに発送しますが、こういった事情があるから対応を渋ったわけです。私個人のモチベーションの問題ではありませんでしたが、そこまで想像できないのでしょうね。まぁ、末端現場で働くお客さんが知る必要なかったのでしょうが。

 当時も今も、ひとつハッキリしているのは、もし当時既にSNS全盛のネット社会で、仮に得意先の人が我々への不満をSNSに嘆いたとしても、それ以外の部外者、事情も知らない輩どもに偉そうにあれこれお客さん擁護の意見をタレられたくない(なかった)よ、ということ(笑)

 これにつきますね(笑)


別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

紛失物あるある

2018-02-16 Fri 19:58
 買ったばかりのイヤホンの、シリコン製カバーが片方無くなりました。

 外を移動中にiPodで音楽を聴いていた私は、帰宅しようと電車に乗る直前にイヤホン共々カバンの中に収納しました。その時にポロッと落ちたのなら、今さら探しようがありませんが、恐らく帰宅後に自室でカバンから取り出した時に外れてしまった可能性の方が高い(根拠無し・笑)。ならばまだ部屋のどこかに転がっているはず。床の上とベッドの上を徹底的に捜索しました。特にベッド下の床は入念に探しましたが、結局見つからず。仕方ない…また買うか。

 翌日、同じものを再購入しました。もったいないですが、どうせイヤホンなんて半年も使えば傷んで片方からしか音楽が聞こえない、なんてことになるはずです。そうなったらカバーだけ元のイヤホンに付け替えて使えばいいや。そう考えました。

 夜、帰宅すると…あれ?!無くしたはずのカバー発見!!ベッド脇すぐ下、いつもベッドに腰掛ける時に足を置く位置にありました…って、ぜってー嘘!!ここは今朝何度も何度も散々探したよ!!その時は無かったじゃないか!!なのになぜ今になって、こんな分かりやすいところに落ちてるんだよ~!!おかしいだろうが~っ!!

 よくあることですが、絵に描いたような”紛失物あるある”でした。

 まぁ、音楽用イヤホンを2個も購入、といってもダイソーで1個200円なんですけれどね(笑) 私の耳にはこれで十分です。


別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

義理チョコ廃止論

2018-02-14 Wed 20:56
 今日はバレンタインデーでした。

 今年はチョコレート会社が「義理チョコ廃止」を呼びかけるなど、例年とはちょっと違うムードが漂うバレンタインデーでしたね。

 私も年賀状(年賀ハガキ)やお中元・お歳暮同様、義理チョコも現代社会には合わない習慣だと思っているので、この考え方には概ね賛成です。

 本命チョコや義理チョコでもプライベートな遣り取りならまだしも、例えば職場の先輩や上司間での遣り取りは止めた方がよいと思います。なぜなら(上司にチョコをあげないとヘソを曲げられ立場が不利にならないか?)みたいなパワハラ要素を少なからず含むからです。

 また、空気の読めない上司が、お返しのつもりで二人きりで飲みに行こうと誘うのもセクハラみたいなもの。時代の流れに逆らった習慣だし、毎年女性が義理チョコ準備にかける費用や労力の負担も大きい。今すぐなくすべきでしょう。

 ちなみに私が見苦しいと感じるのは、どう見てもモテないオヤジが、どう見てもお情けで義理チョコを渡されたのに「えっ!?オレ!?女房いるんだけど(笑)」などと調子に乗って気持ち悪いニヤケ顔を晒す風景。今回のように義理チョコ廃止論が提案されると真っ先に反対するのがこのタイプでしょう。そのくせ貰うだけ貰ってちゃんとお返しをしない。イヤですねぇ。

別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

愛すべき炭酸ジュース

2018-02-10 Sat 07:28
 出先で喉が渇いた時、たまたま目の前にあった激安ドリンク自販機のラインナップに、心躍る商品を発見しました。

001

002

…マ、マウンテンイエロー?!!ネーミングといいロゴデザインといい、息の長い人気炭酸ジュース「メローイエロー」

005

と、「マウンテンデュー」

004
※旧ロゴ

の、パクリ(インスパイア?)であることは疑いようがありません(笑) それをこうして堂々と採用、販売する度胸…素晴らしすぎます(笑)

 調べたところ、販売元は沖縄県にある株式会社ミリオンという企業。株式会社ミリオンのHP「オリジナル商品」紹介ページには下記の一文が。

「懐かしのマウンテンイエロー!当社では前回販売させて頂いておりました商品ですが、復活いたしました!」

…「懐かしの」ということは、以前から販売されているのでしょうか?しかも一度販売中止になり、復活しているとのこと…って、知ってる人どれだけいるの?!(笑)

003

 私は炭酸ジュースは基本的にカロリーゼロしか飲まない主義ですが、試してみたくなり思わず購入。見た目には思い切り不健康そうでしたが、意外にも100ml当たり24kcalとヘルシー(?)

 さて、気になるお味はというと、意外にもレモンをはじめフルーツ感ゼロ。いや、久しく飲んでないけどマウンテンデューっぽいのかな?それよりもこの味、ハッキリ言って三ツ矢サイダーですね。黄色い色に惑わされがちですが、目を瞑って飲むとよく分かります。独特の鼻を突く刺激が三ツ矢サイダーそのもの。

 ところで私は今回初めて知りましたが、メローイエローはコカコーラ、マウンテンデューはペプシコがそれぞれ販売する商品なんです。つまり業界最大手メーカー2社の人気商品を堂々と合体させるというパクリ手法(笑) ということはiWindowとか蒙古ラーメン二郎みたいなものか?やはり度胸のある、素晴らしすぎる企業のようです(笑)


別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

スタバにて

2018-02-07 Wed 21:46
 コーヒーに口をつけると、男性店員さんに声をかけられました。

「すみません、この(席の)辺でマフラーの忘れ物を見かけませんでしたか?」

心当たりのない私は

「いえ、私が来た時には何もありませんでしたよ」

と答えるしかありません。店員さんも「そうですか」と去って行ったのですが…んんっ?

 私が座るソファータイプの椅子。腰を下ろし、できた隙間にたまたま置いたカバンの口は、たまたま開けっ放し。そこから先程たまたま中に押し込んだ自分のマフラーが顔を出しています。そのマフラーはたまたま今朝、この冬初めておろした、この日の私の服装には似合わない白いマフラー…。まさか店員さん、俺が誰かの忘れ物のマフラーをパクったと疑った、とでもいうのだろうか?(笑)

 まぁそんなことはないと思いますが、カバンからはみ出た自分のマフラーに気づいた時は、何ひとつやましいことはないながらも、思わず(ヤバいっ!!)と思ってしまいました(笑)



別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

「新幹線東京・博多駅間」仮想コース踏破!!

2018-02-01 Thu 00:53
 以前、スマホの歩数計アプリの「東海道五十三次」という仮想コースにチャレンジし、2ヶ月強で踏破しました。

 このたび、その後続けてチャレンジした「(東海道)新幹線東京・博多駅間」も踏破。見事なまでの自己満足ですが(笑)歩くことが大好きな私としては大満足。しばらく余韻に浸りました(笑)

photo

具体的には、全行程1064.1㎞、クリアまでに110日ほどかかりましたが、標準タイムが152日なので満足です。計算すると1日あたり1064÷110=約9.67km。けっこう歩いたな、という印象ですが、電車やバスを使わずに歩いた道の他、自宅内の移動も含まれますし、犬の散歩で稼いだ距離も少なくないので納得です。

 次は設定可能な仮想コース中最長の「日本本州縦断」です。全行程2056km、標準タイム294日。歩き応えありそうですね。

別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

ブラチ~ア

2018-01-22 Mon 22:29
 1月20日放送の「ブラタモリ」(NHK)が田園調布特集だったので、私も愛犬を連れて“ブラチ~ア”してきました。

02

 高級住宅地ゆえ、ワンチャンを連れて歩くオバサン…いえ、ご婦人の口調も普段歩く町の人のそれとは明らかに違います。

 番組では駅から放射線状に延びる道と、それと交差する曲線の道の「なぜ?」について解説されていましたが、実際に歩いてみると確かに常に緑が視界の中央にある状態です。言われるまで気づきませんでした。恐らく知らないうちに緑に癒されて足取りも軽くなっていたのでしょうね。

01
 
 兵隊家さん。元近衛師団の創業者が始めた老舗のおそば屋さん。放送を見た人か?店の前で記念撮影する人がちらほら。このお店の前は過去何度も通りましたが、そんな歴史のあるお店だとは知りませんでした。

03

 そして田園調布といえばテニスの殿堂・田園コロシアム。私も子供の頃プロレス観戦に来たことがあります。夏の暑い日で日射病になりそうで、試合観戦後に近所の商店で買ったファンタオレンジ(1リットル)を人生で初めて一気飲みしました。今はマンションが建ち、小さな児童公園の名前として辛うじて残っています。

 「ブラタモリ」は初めて見ましたが、町の歴史や地理メインで新鮮ですね。切り口がグルメや観光名所といった他の散歩番組と一味違って面白かったです。


別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

ペッパーくん@はま寿司

2018-01-17 Wed 22:02
 久々に回転寿司の、はま寿司に行ったら…

photo2

なんと!ペッパーくんが受付担当になっていて驚きました(笑)

photo1

使い方はペッパーくんの胸のタブレットに、従来の端末同様、希望人数と席種を入力して順番が来るのを待つだけ。予約番号がプリントされたシート(紙)は、なぜか従来の端末からプリントアウトされましたが(笑)

 ペッパーくんは一生懸命、「予約番号○○○番のお客様はいませんか~?」と叫んでいました。しかし私より前に順番待ちしている人はゼロだったのに、彼が最初に呼んだのは私の番号ではなく、なぜか私よりも後のお客さんの番号でした(笑)

 しかしこの分ですと、かなり早い時期に人類は人工知能に支配されてしまいますね(笑)



 
別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 瑠璃色幻想曲 | NEXT