現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
2017年10月の自分ラーメンBEST3

2017-11-02 Thu 22:01
【第3位】
特製らーめん
特製らーめん (830円)@らーめん平太周味庵


 1年以上振りで再びいただくラーメン。このお店の人気メニューはテレビで何度も紹介された「爆盛油脂麺」と、この「特製らーめん」のようです。

 「爆盛~」は何度も食べましたが、「特製~」はどんなラーメンだか忘れていました。そうそう、けっこう本格的な豚骨スープだったんだ。麺は細めで「爆盛~」の油(タレ)を絡めた、爆盛に似た味のラーメンでした。大量の背脂、味玉、チャーシュー…純粋に美味しいですね。

 ただ前回私、このラーメンを初めて食べた夜、(因果関係は不明ですが)体に合わなかったらしく激しい下痢に見舞われたんです。今回もちょっと心配でしたが、体も慣れただろうし大丈夫…じゃなかった~(笑) どうも私の体と本格的豚骨スープの相性が悪いようです。


【第2位】
限定牡蠣味噌そば
限定牡蠣味噌そば(1,000円)@つけ麺たけもと


 ペースト状にした牡蠣が載った味噌風味ラーメンです。たっぷりの牡蠣の風味を強く感じますが、印象はあくまでもまろやか。味噌ラーメンとも違う感じです。是非寒い日に食べたい味でした。

 最近つけ麺たけもとさんでは、また限定メニューを頻繁に出してくれるようになったので楽しみにしています。


【第1位】
つけめん
つけめん(780円)@らーめん平太周味庵


 純粋に味が美味しかった、という以外の要素も好評価の第1位。先ほども述べた通り、こちらのお店の売れ筋商品は「爆盛油脂麺」と「特製らーめん」。つけ麺はあまり人気が無いようですが、最近鶏系ダシのつけ麺が苦手になってしまい、それ以外で自分に合うつけ麺を探していた私にピッタリの味でした。

 最初は何となく、全く期待せずに食べたのですが、これが私好みで美味かった。スープは豚骨醤油味で味つけは当然ながら「爆盛~」や「特製~」風。やはり背脂たっぷり。麺はやや太いですが、さほどお腹に溜まることなく食べやすい。最後に残ったスープが、ストレートで飲むのに丁度よい塩梅に薄まります。また食べたい味でした。


スポンサーサイト
別窓 | グルメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

6種味くらべ ご当地ラーメン祭り@バーミヤン

2017-10-14 Sat 20:00
menu


 ファミレスのバーミヤンが先月から「6種味くらべ ご当地ラーメン祭り」を開催中です。

 私は新聞折り込みチラシで知ったのですが、札幌・喜多方・富山・名古屋・徳島・博多という6都市のご当地ラーメンを食べ比べて楽しみましょう、という企画のようですが、中にはレギュラーメニューとして以前から注文可能なものもあるようです。私は富山ブラックラーメンが未体験だったこともあり、試してみることにしました。


※以下、あくまでも私の好み基準によるランキングです

第1位
台湾ラーメン
名古屋台湾ラーメン(税込755円)

 これは美味い。ラー油とニンニク(?)でスープが結構辛いのですが、その辛さが美味しく心地よい。辛い料理は決して得意ではない私でも美味しくいただけました。挽肉、ニラもこのスープにいい感じに合います。ラーメン専門店にあっても違和感ない一品か?ぜひ本場で食べてみたくなりました。


第2位
喜多方ラーメン
喜多方ラーメン(税込755円)

 スープがちょっと美味しい、昔ながらの醤油ラーメン的な味。期待せずに入ったお店でこんなラーメンが出てきたら、ちょっと感激しそう。ワンタンはなくても十分ですが、3個(?)も入っているのが嬉しい。平麺というのもよし。インパクトでは台湾ラーメンにやや劣りますが、この中でもう1回食べたい!のはこの喜多方ラーメンです。


第3位
肉盛り徳島ラーメン
肉盛り徳島ラーメン(ライスセット・税込1,013円)

 私は徳島ラーメンって1回しか食べたことないので、それを基準に語ってよいのか分かりませんが、その時は豚バラではなく牛バラを使っていました。その肉に絡んだ甘辛のタレがスープに溶け、スープがさらに美味しくなるのです。今回はその楽しみが全くありませんでした。スープはどちらも豚骨醤油(茶系)ですが、このバーミヤンの徳島ラーメンの方が豚骨感が強かったです。まぁ、美味しいか不味いかと聞かれれば、確実に美味しいんですけれどね。

 私はこの徳島ラーメン以外は全て単品で注文しましたが、徳島ラーメンについては以前「徳島県民は必ずライスも一緒に注文する」と聞いたので、セットライスも注文。でもこれでプラス約200円かぁ…。やっぱり単品でよかったかも?


第4位
札幌味噌ラーメン
札幌味噌ラーメン(税込809円)

 普通に美味しい味噌ラーメン。山盛りの青ネギ、細麺に少々違和感がありましたが、まぁよしとして。ただ、野菜や麺がスープを吸うのか、スープがやたらと早く減ってしまいました。


第5位
富山ブラックラーメン
富山ブラックラーメン(税込755円)

 私にとっては未知のラーメンゆえ、基準にすべきラーメン不在ですが、ひと言で表すと「濃いめの醤油ラーメン(?)」。特徴は鰹節のような魚系のダシと、ブラックペッパーの辛さ。美味しいのですが、何となくファミレスのラーメンの美味しさの範疇…かな?


第6位
博多とんこつラーメン
博多とんこつラーメン(税込755円)

 想像していたよりも本格的。ただし豚骨スープ独特の風味(苦手な人にとっては臭み?)を抑えていますね。豚骨寄りの豚骨醤油スープ、昔東京によくあった、“東京者でも抵抗なく飲める豚骨スープもどき”という感じ。でも美味しいか不味いか?と聞かれれば確実に美味しいです。


 ということで、どれも概ね美味しかったです。ファミレスは滅多に来ないので、足を運ぶきっかけとしては素晴らしいですね。

 ただひとつ、気になったのは、各ラーメンとセットで販売されるミニ料理。セットだと少々安くなるようですが、徳島ラーメンにライスといった組み合わせは分かります。味噌ラーメンに餃子もまぁ分かるかな?でも博多ラーメンにチャーハン?めんたいご飯の方がいいなぁ…喜多方ラーメンにピリ辛チャーマヨ丼?ラーメンのシンプルな美味しさを壊さない?…ちょっと違和感がありました(組み合わせはこの限りではないようですが)。

 ご当地ラーメンは他にも佐野、新潟、和歌山、大阪、広島、熊本…いくらでもあると思うので、今後も定期的に開催して楽しませてほしいですね。


別窓 | グルメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

総重量1.2kg「肉盛りすたみな麺」に挑戦

2017-10-08 Sun 06:22
 伝説のすた丼屋が今月から販売開始した、総重量1.2kgといわれる新メニュー「肉盛りすたみな麺」が現在話題沸騰中だというので(?)私も気になって食べに行ってきました。

 伝説のすた丼屋は、以前はたまに足を運んでいたのですが、年齢の増加とともに量が多い、ちょっと塩っぱい(味が濃い)と感じるようになり(笑)足が遠退いてしまいました。しかしこの「肉盛りすたみな麺」はラーメンファンとしてとても気になります。最悪残すつもりでチャレンジです。

 「肉盛りすたみな麺」は野菜ブイヨン・ポークエキスを配合した黒醤油ベースのスープに、麺は特製ちぢれ中太麺。そこに「すた丼」の肉とモヤシをのせたもの。肉には青ネギ、フライドガーリックがトッピングされています。これに200gのライスと生卵が付くので、すた丼風に肉をご飯にのせて食べたり、レンゲにのせたライスをスープに浸して食べたりすることもできます。どうでもいいけど(笑)かなりのガッツリメニューです。ちなみに麺単品でもOKでした。

001

 最初に感じたのは、想像したほど多くないじゃん、です。丼はさほど大きくないし、肉も中央に少し載っている程度。ライスだけは思ったよりも多く、普通の定食屋のライスくらいありました。これならラーメン二郎の小ラーメンの方がインパクトが大きいかな?もしかしたら完食できるかも?と期待していざ実食。

003

 一応、こんなマニュアルを渡されるので、素直に従うことにします。

 特製ニンニク黒醤油スープは、ニンニク風味のパンチの効いた、でもさっぱり美味しいスープ。すた丼関係なく純粋にラーメンのスープとして味わっても美味しい。イメージはすた丼の肉に絡んだタレか?特製ちぢれ中太麺も口当たりがよくチュルチュル吸い込めてしまいます。驚いたのは生卵。殻のサイズは普通なのに黄身がかなり小さい(嫌味とかじゃなく)。わざわざ開発したのかな?

002

 せっかくなので、ライスに肉をのせ、すた丼風に。

004

 最初は大したことないと思いましたが、やはり量はかなりありますね。頑張って食べましたが、スープはほとんど飲めずにフィニッシュ。ごちそうさまでした。

 食べ終えての感想は、率直に言うと「ラーメン版すた丼」。すた丼をラーメン仕様で楽しみましょうという感じに取れました。そしてやはりすた丼同様、スープや肉の味つけも私にはちょっと塩っぱいので、まさにラーメン版すた丼だな、と思いました。総合的には味、ボリューム、物珍しさ、どれも上々。純粋にラーメンとしても魅力的です。これで1,000円札でお釣りがくるというのも有り難い。

 ちなみに、料金増しで肉や麺を増量可能だそうなので、物足りない人にはよいかも。私は絶対に無理ですけれどね。



別窓 | グルメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

2017年9月の自分ラーメンベスト3

2017-10-05 Thu 19:47
 9月は涼しくなったこともあり、13店舗にて22杯(21種類)のラーメンをいただきました。といっても、うち5杯はスシローのミニサイズのラーメンですが(笑) あまり冒険しなかったので、とびきりのオススメや超人気店のラーメンはありません。


【第3位】
五目あんかけラーメン
「五目あんかけラーメン」@中華食堂日高屋(590円)


 そこそこ美味しく安いのが日高屋。この「五目あんかけラーメン」も、全く期待せず、食欲を満たすだけの目的で試してみたのですが、想像以上に美味しかったです。口に入れた瞬間、(あっこれ、ちゃんとした中華料理店の味だ)という感じ。ちょっと牛骨出汁っぽくもあり、餡の味が素晴らしい。野菜もたくさん入っていて有難いです。今月唯一2回食べてしまいました。


【第2位】
濃厚えび味噌ラーメン
「濃厚えび味噌ラーメン」@スシロー(302円)


 先日当ブログで触れた時は2位にしましたが、やはり総合的に評価するならこっちが1位か?海老の風味が濃厚なスープとこの価格は、並大抵のラーメン店では真似できないでしょうね。


【第1位】
あぶらめん(中盛)
「あぶらめん(中盛)」@麺家ぶらいとん(730円)


 大盛までは同じ値段でしたが、この日は別のお店をハシゴしたので中盛に。
 
 お気に入りの某アイドルが【東京油組総本店】の油そばを熱烈に推すので、油そば未体験ながら試してみました。すると確かに美味しいのですが、何だか醤油煎餅みたいな味。必須とされるラー油とお酢で本来の味が隠れてしまったのかな?帰宅して改めてそのアイドルのブログを読み返すと…「私はラー油もお酢もかけずにそのまま食べるのが好きです」…って、痛恨のミス!!(笑)

 その後2、3回、別のお店でも油そばを食べる機会がありましたが、私はこの【麺家ぶらいとん】の「あぶらめん」が一番のお気に入りです。麺と油の味つけがよく、とにかく美味い。玉葱と大蒜もいい感じで完成度を高めます。今度は大盛…いや、プラス100円払って特盛で食べたくなる一品でした。


別窓 | グルメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

2017年7・8月の自分ラーメンベスト3

2017-09-03 Sun 20:00
 7・8月は暑く、ラーメンをいただく機会があまりありませんでしたので、2ヶ月分・18店20食の中から自分にヒットしたラーメンベスト3を書き残します。なお、この2ヶ月は東京・蒲田を訪れる機会が多かったため、ベスト3全て蒲田のラーメンとなってしまいました(笑)


【第3位】
photo01
中華そば@らーめん潤(760円)

 背油たっぷり、タマネギの微塵切りと岩のりが特徴の、新潟ラーメンのお店です。実は昨年初めてここのラーメンをいただいたのですが、注文した「岩のりらーめん」

photo04

が私にはしょっぱくて、あまりよい印象を持てませんでした。今回はシンプルな「中華そば」にしたところ、スープ・麺・トッピング・アブラ、全てのバランスがよく、とても気に入りました。特にタマネギの微塵切りは醤油スープによく合います。食感もよいし、背油のこってりとタマネギのあっさりが上手く調和するのもイイです。ご馳走様でした。


【第2位】
photo02
ラーメン@らーめん吟太(500円)

 夏なのに涼しかったある日、体を温めようとたまたま入ったお店。ラーメン一杯500円という表の看板に惹かれました。

 そのラーメン、中盛で600円、大盛でも650円とお得だったので思わず大盛に。しかし結果的に私には多過ぎ。並盛で十分でした。値段の割にトッピングも一通り…というか海苔3枚にホウレンソウまで十分すぎます。さらにすりおろしニンニク他、入れ放題のトッピングも2、3用意されており、コスパ最高。

 味も、スープを一口飲んだ瞬間(美味い!)、私の好きなタイプの豚骨スープ。例えるなら久留米ラーメン系、都内だとラーメン道楽に近いと思います。

 こんな美味いラーメンが500円でいただけるとは嬉しい限りです。


【第1位】
photo03
らーめん@らーめん大(680円)

 ずっと食べてみたかったラーメン二郎インスパイア系のお店。二郎と同じ醤油の他、塩、つけ麺、辛い系もあるようです。

 味は想像通りでしたが(当たり前・笑)私的にはこれまでいただいた二郎インスパイア系ラーメンの中でも、かなり二郎の印象に近い気がします。スープがまろやかで飲みやすいんですよ。

 今度はぜひ塩らーめんにチャレンジしたいですね。


別窓 | グルメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

この夏初めての“冷やし中華”

2017-07-07 Fri 19:47
 早めの夕食を、と訪れたお店でこんな貼り紙を発見。

photo03

この時期の風物詩“冷やし中華はじめました”。の一文。確かに最近暑いからねぇ…って、

photo02

野郎ラーメンかよっ?!(笑)

 野郎ラーメンは知る人ぞ知るラーメン二郎インスパイア系ラーメン店のひとつ。私も数年前まで川崎駅地下の店舗をよく利用していましたが、駅地下街リニューアルオープンにともない無くなってしまったため、久々の野郎ラーメンでした。

 ラーメン二郎インスパイア系ラーメン店の“冷やし中華”…どんなんだろう?このお店のラーメンの名前はほとんどが「○○野郎ラーメン」なのに、これはシンプルに「冷やし中華」か…よしっ!食べてみよう!ものは試しです。

 食券を渡す際、もし普通か大盛か訊ねられたら大盛にしようかな?一瞬そう思いましたが聞かれることはありませんでした。しかし結果的に普通でもかなりのヴォリュームなので大盛にしなくてよかったです。

photo01

 …“冷やし中華”には到底見えないルックス(笑) 生卵、大量のモヤシ、水菜、分厚い鶏チャーシュー、脂、ニンニク、揚玉、辛い揚玉といったトッピングに隠れ、丼の底には、マヨネーズがブレンドされた冷やし中華スープと太めの平麺がたっぷり。

 味は確かに美味いです。ただ私にはスープがちょっとしょっぱいかな?量も多めで、お店には大変申し訳ないのですが少し残してしまいました。

 でもラーメン二郎的冷やし中華、とても貴重な経験でした。

別窓 | グルメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

2017年6月の自分ラーメンベスト3

2017-07-04 Tue 07:03
 6月は11店舗にて16杯のラーメンをいただきました。


【第3位】

鶏清湯青
拉麺吉法師「鶏清湯青」(900円)

 テレビで見てどうしても食べてみたくなりました。

 ある土曜日の開店5分後に到着したのですが、11席(カウンター7・テーブル4)はカウンター1席を除き満席。私はギリギリ1stターンに滑り込めましたが、すぐに店外には行列ができました。

 その初回の11人の中でも、男性は私と若いカップルの彼氏のみ。残りはそのカップルの彼女と、女性2人組が4ペア。圧倒的に女性に人気のお店なのかと思いきや、よく見るとカップル以外全員が“青いラーメン”を注文しているようです。ということはやはり…SNS投稿用の画像大撮影会だ~!!(笑) ある2人組なんて着丼後10分以上、あらゆる角度から、たまにお互いの丼を交換して、麺を箸で掬い上げて、写真取りまくってましたよ(笑) そういうことでしたか。

 そんな見た目トロピカルなラーメンですが、作っている時から鶏のよい香りがプ~ンと漂い、ちょっとした高級中華料理店で出てくるスープのよう。目を瞑って食べれば普通によくできた鶏塩そばです。私は特に鶏チャーシューが気に入りました。ややぷっくり厚めなのに柔らかく美味しかったです。

 さらに…

鶏清湯青ライス

小ライス(100円)にスープを足して雑炊風に。青色ゆえマズそうですが(笑) 実際は見た目からは想像できない美味しさでした。

 ちなみに、ヒトを含む生物のDNA(?)には「青色=毒」という情報が書き込まれているとかで、青い食物には食欲が湧かないそうです。部屋の壁やカーテンを青くすると食欲減退してダイエット効果がある。青い木の実では鳥が興味を示さず種子を遠くに運べない、子孫繁栄させられないので青い木の実は存在しない。それらも同じ理由だそうです。


【第2位】

限定平目と軍鶏のそば~帆立と海老のワンタン
つけ麺たけもと「平目と軍鶏のそば〜帆立と海老のワンタン~」(1,000円)

 お気に入り、つけ麺たけもとさんのある日の限定メニューです。鯛でだしを取るラーメンはたまに見ますが、平目は珍しいかな?正直違いはよく分かりませんでしたが(笑) ここのラーメンはレギュラー・限定ともにレベルが高いです。

 ちなみにつけ麺たけもとさんは、6月27日から火曜限定で「進化論」というセカンドブランドを立ち上げました。のどぐろと鯛を使ったラーメンを扱うそうで、私もさっそく「のどぐろと鯛のつけ麺」(1,000円)をいただきました。

のどぐろと鯛のつけ麺(

しかしこれまでにいただいた限定ラーメンに慣れてしまったせいか、あまり新鮮味を感じられず。とても美味しかったんですけれどね。


【第1位】

すごい!煮干ラーメン

RAMEN NAGI「すごい!煮干ラーメン」(790円)

 まさかの返り咲き1位、というか1月と同じ結果(笑)でもやはり美味しいので仕方ありません。

 私が利用する五反田店が長らく改装中でして、ようやく先月頭にリニューアルオープンしました。なるべく同じお店には行かない。行っても別のラーメンを注文する、という自分ルールを設けていますが、RAMEN NAGI(すごい!煮干ラーメン凪改め)さんには何度も足が向いてしまいます。6月だけで「煮干ラーメン」「煮干つけ麺(500g×2回)」と3回行ってしまいました。美味しいラーメン、特に煮干ラーメンや他の料理はたくさんありますが、私がひと口食べて自ずと幸せな気持ちになれるのがこのRAMEN NAGI のラーメンです。やはりここの煮干ラーメン、大好きだなぁ。

 ちなみにリニューアルオープンに伴い、煮干つけ麺の増量が最大500gまでとなった(?)ようです。まぁ1kgは食べられませんから支障ありませんが(笑)

別窓 | グルメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

2017年5月の自分ラーメンベスト3

2017-06-02 Fri 00:00
 今年、意識的にはまろうとしているラーメンライフですが、5月末に久々のタイ料理店でいただいた「タイ風醤油ラーメン」が遂に2017年の100杯目を数えてしまいました。

 5月は量より質、本当に食べたいラーメンを厳選したため、ちょっと少な目。8店舗にて13食のラーメンをいただきました。


【第3位】
鶏がら汐らーめん@麺屋雪風
麺屋雪風「鶏がら汐らーめん」800円

 札幌すすきのの行列が絶えない人気店だそうです。昨年秋に立川のラーメンスクエアに出店したので、メイン商品の味噌ラーメンを食べに行きましたが、塩(汐)ラーメンも気になっていたんです。ようやく念願叶いました。

 せっかくなので、同じくラーメンスクエア内の、でびっとの「淡麗塩らーめん」と味比べしました。「淡麗塩らーめん」はレベルの高い典型的な塩スープの塩ラーメンといった感じ(もちろん美味しい)。それに対し「鶏がら汐らーめん」のスープは利尻昆布、椎茸、鰹節、鶏のだしが効いていてパンチがあります。同じ塩ラーメンでも性格が違う。良し悪しではなくあくまでも好みの問題ですが、私はスープをひと口含み、思わずにゃっと笑ってしまいました。

 麺が味噌同様中太縮れ麺なのも私好みです。麺屋雪風さんは味噌より塩…かな?


【第2位】
限定烏賊味噌香るカレーつけ麺(大盛)@つけ麺たけもと
つけ麺たけもと「限定 烏賊味噌香るカレーつけ麺(大盛)ターメリックライスつき」1,000円

 つけ麺たけもとさんは、レギュラーメニューの数は少な目ですが、ほぼ毎週末に数量限定メニューを販売します。それを狙って訪れるのが最近の私の習慣になりつつあります。

 その数量限定メニューの中でも異色だったのが、この「烏賊味噌香るカレーつけ麺(ターメリックライスつき)」。ひと口食べて心の中で(旨い!!それに面白い!!)と唸りました。ちなみに麺の上にのった謎の黄色いムースの正体は未だに分かりません。多分烏賊味噌を加工したものだと思いますが(笑)

 つけ汁はもちろんカレー味。挽肉も入っていて食欲をそそります。麺を食べ終えたらいよいよターメリックライスを投入。何とも不思議なカレーおじやの出来上がりです。この料理、もはやラーメンじゃないです。自分が今、どこで何料理を食べているのか一瞬分からなくなりました。味以上の楽しい経験をさせてもらった気分です。


【第1位】
濃厚煮干そば(大盛)@つけ麺たけもと
つけ麺たけもと「濃厚煮干そば(大盛)」850円

 4月に続き5月もつけ麺たけもとさんでワンツーフィニッシュになってしまいました。出来るだけ色々なお店のラーメンを試すつもりなのに…でも毎回必ず美味しさ以上、値段以上の驚きや感動が得られるから仕方ないよなぁ…複雑な心境。

 つけ麺たけもとさんでは他にも「限定のどぐろとナスの冷しそば」「自家製トマト味噌つけ麺(イカスミリゾットつき)」など美味しいラーメンをいただきました。この「濃厚煮干そば」は、そんな華々しいメニューとは一転、あまり出ない(?)地味目のメニューかと思いますが、もしかしたら煮干ラーメン好きの私にとって一番の煮干ラーメンかも知れません。

 あくまでも私の経験の範囲内ですが、例えば、すごい!煮干ラーメン凪は、私が知る限り一番煮干が濃厚。それでいて飽きない美味しさ。でも暫くゲップが煮干臭い(笑) 煮干つけ麺宮元もかなり濃厚ですが、魚の内蔵のような臭みを感じます。麺処にそうは、凪に近いくらい煮干濃厚ですが、それだけのような…。

 その点、つけ麺たけもとさんの「濃厚煮干そば」は、濃厚さではそれらのラーメンほどではないものの、濃すぎず、魚臭くならず、それでいて十分満足する濃厚さ。そんな微妙なバランスを維持しているように感じます。あくまでも個人の好みですが、私はそんなこのラーメンが好きですね。


【番外編】
ajitoism_cup_01

 コンビニで見つけました。ajito ismの「ピザ味まぜそば」。このお店、ピザのような汁なしラーメンが人気とのことで、以前から気になっていたんです。

ajitoism_cup_02

 最初は食べ慣れないせいか異様な味に感じましたが、一杯食べ終える頃には美味い、美味いとはまってしまいました。lこれまでに3回ほどリピートしました。好き嫌い分かれるかも知れませんが、私は美味しいと思いますね。ぜひ実際にお店の方でオリジナルも試してみたいところです。


別窓 | グルメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

2017年4月の自分ラーメンベスト3

2017-05-05 Fri 00:00
 4月は14店舗で22食のラーメンをいただきました。


【第1位】
限定極上鯛そば
限定 極上鯛そば(1,000円)@つけ麺たけもと


 このお店のラーメンは基本5種類(鶏と魚介のつけ麺、同辛つけ麺、東京軍鶏そば、濃厚煮干そば、担々麺)ですが、たまにこれら以外の限定メニューを提供します。この日もたまたま店の前を通りかかった時、貼り紙を見て即飛び込みました。

 スープをひと口啜った瞬間、思わず笑顔がこぼれ、(こりゃ美味い!!)と唸りました。鯛のダシがいい感じに出ていて、しかもこれが想像以上に濃厚。これ以上強いと臭い、しょっぱいと感じるかもしれない、ギリギリのラインに留めているところに調理人の技を感じました。

 さらに想像を裏切るのが、魚介なのにトッピングはネギ、レッドオニオン、行者ニンニク、春キャベツ、オカヒジキと野菜づくしという点。野菜ソムリエプロの私としてはこれは嬉しい誤算。特にこの限定メニューのために用意された行者ニンニク、春キャベツ、オカヒジキは今が旬です。最初ラーメンに1,000円はどうかな?と思ってしまいましたが、値段以上の感激とお得感が得られました。

 つけ麺たけもとさんは、例えるなら75点のメニューを20種類用意するのではなく、あえて90点以上の自信作を5種類に絞って提供するお店なのでしょうね。

 帰宅して「こんな美味しいラーメンがあった」と父に教えたところ、早速父もつけ麺たけもとさんへ。店員さんから「翌日は鯛のつけ麺やります」という情報を引き出しました。ということで翌日もたけもとさんへ。


【第2位】
限定極上鯛つけ麺
限定 極上鯛つけ麺(1,000円)@つけ麺たけもと


 これも美味い!!前日と同じ材料で作った、鯛のつけ麺です。前日の「極上鯛そば」に比べると、慣れてしまったからか、ややインパクトには欠けました。しかしおまけ(?)の鯛めしを残ったつけ汁に入れ、おじやにして食べると改めて鯛のダシ、スープの濃厚さが分かります。ラーメンも美味しかったですが、この“おじや”が絶品でした。


【第3位】
坦坦麺 血の池(950円)他@地獄の坦坦麺 護摩龍


 前から気になっていた、激辛の坦坦麺が名物のお店です。その屋号、“開門中”という立て札、地獄にまつわる名前のラーメン…そんな遊び感覚も嫌いじゃないです。

 とはいいながらも私、特に辛いもの好きでも坦坦麺好きでもありません。どちらかというと辛いものを食べるとすぐにお腹を壊してしまう。でも食べてみたい…2ヶ月くらい迷い、ようやく決心して行ってきました。

 メインの坦坦麺は、お店の名前がついた「護摩龍」が1辛。以降「飢餓」(10辛)、「阿修羅」(15辛)、「血の池」(30辛)、「無限」(??辛)と用意されていますが、「無限」に至っては蒙古タンメン中本の「北極」を難なく完食出来る人でもヤバいと感じるほど辛いそうです。「五目蒙古タンメン(6辛)」が限界の私には怖すぎます(笑) 私はとりあえず「阿修羅」を目標に店に入ったのですが、食券を買う際、トイレに間に合わず大惨事を起こす自分を想像してつい「飢餓」に変更(笑)

飢餓

 「飢餓」でもかなり辛い!食べ終えてから少し胃が痛くなりました。ゲ●を吐く時、変な唾が込み上げてくるのと同じ状態が暫く続きました。ただお腹の方は大丈夫でしたね。美味しく食べられるギリギリの辛さだと思います。味は普通に美味しい坦坦麺という感じ。スープがドロドロしているので、小ライスを入れておじやのようにして食べると2倍美味しい。お腹もいっぱいです。プラス200円で炙りチーズドリアにしてもらうのも人気らしいですね。

 その後も「阿修羅」

阿修羅

「血の池」

血の池

とチャレンジ、というか試してみたくなる不思議な魅力がありました。毎回これが限界か?坦坦麺として美味しく食べられるギリギリの辛さか?と同じことを考えつつも、辛くなるに従い唇と舌が痛くなるし、やはり胃も痛いですね。「無限」はやはり遠慮します。

 ちなみにマー油とニンニクが特徴の「黒の修羅場」シリーズも「修羅場3号」(血の池相当)にチャレンジしました。

黒の修羅場修羅3号

ほとんど坦坦麺と変わりませんでした。坦坦麺、黒の修羅場にはそれぞれつけ麺バージョンがあるそうです。いつか挑戦…する機会あるかなぁ…。

 ということで、実際には14店舗を利用したのに、2店舗のみのご紹介になってしまいました。5月もまた気になるラーメンを食べたいと思います。


別窓 | グルメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

2017年3月の自分ラーメンベスト3

2017-04-02 Sun 00:00
 3月は全21店舗を利用し、27食のラーメンをいただきました。…さすがにちょっと偏り過ぎかなぁ、と反省しています(苦笑)


【第3位】
photo1
あら炊き塩らあめん@麺屋海神(830円)
photo2
ポン酢(R)@The Outsiders(900円)


 第3位は同率で2杯。

 まず、麺屋海神の【あら炊き塩らあめん】は、その日ごとに手に入る魚のあらで炊いたスープが特徴。私が食べた時は真鯛・平目・平政・穴子・寒ブリのあらで取ったスープでした。今では珍しくなくなった鰹とも煮干とも違う、どこかの地方の港で地元の人たちと作って食べる魚介鍋をイメージする、あっさり魚介スープでした。

 トッピングも変わっていて、ネギ・ミョウガ・ショウガ・大葉・糸唐辛子。繊細なスープを壊さず、むしろ活かしています。

 そしてチャーシュー代わりのつみれが2個。白身魚のつみれは香ばしく、魚の味をしっかり感じる美味しさ。おでんのつみれはあまり好きではありませんが、これは美味しい。こんなに美味しいつみれが2個、やった、まだもう1個あるぞ!と思いきや、こちらは鶉(?)。軟骨も砕いて入ってます。こちらも美味しく嬉しい誤算でした。

 食べ終わってからも数時間は余韻に浸っていたいラーメンでした。ごちそうさまでした。

 そして、ラーメン二郎インスパイア系のThe Outsiders。ただしカスタマイズ可能なのはニンニクの有無だけで、野菜マシ、アブラ多め、カラメなどはNGです。店が狭い、券売機が特殊、S(小)・M(中)・R(大)、という珍しい表記、しかも各メニューとも3種類用意されているわけではない、レンゲが置いていない等、個性的なお店です。

 面白いのは、二郎系にもかかわらず味のバリエーションが豊富なこと。醤油の他に塩、味噌、ポン酢、揚げネギ醤油、過去には期間限定でカレー、トマトなどもあったようです。私は一番気になった【ポン酢】をいただきましたが、これが面白い!確かにポン酢です。美味しいし二郎系ラーメンにも合う。さっぱりした口当たりで、酸味が食欲をそそります。バラ肉の柔らかいチャーシューは美味しく、一度試す価値ありです。

 ただ、私にはちょっと濃(しょっぱ)かったです。他にも醤油、揚げネギ醤油と試しましたが、どれもショッパくてスープを半分以上残してしまいました。


【第2位】
photo3
肉玉そば@徳島中華そば 徳福(980円)


 徳島ラーメンは今まで存在すら知りませんでした。調べてみると「豚骨醤油の茶(黒)系」「塩スープの黄系」「豚骨スープの白系」とあるそうです。関東では茶(黒)系の印象が強いみたいです。

 この【肉玉そば】、食べ終えると大きな不満が残ります。物足りないんですよ、美味しくて美味しくて仕方ないのに量が少ない!!(コスパ悪いです・笑)。普段は並盛りでもお腹一杯になる私ですが、思わずもう一杯食べようかと迷ったほどです。
 
 その秘密は…まず麺、スープ(豚骨醤油)は普通。しかしトッピングの牛バラ肉甘辛煮(?)が美味しい。そしてそのタレが溶けたスープがとにかく美味しくなるのです。後で知ったのですが、本場ではライスと一緒におかず感覚で食べるものらしい。ラーメンだけでは量が少ないのも頷けました。ごちそうさまでした。


【第1位】
photo4
煮玉子東京軍鶏そば@つけ麺たけもと(900円)


 このお店に来るのは約1年ぶり。以前は看板メニュー「鶏と魚介のつけ麺」ばかり食べていました。他にも数種類あるのは承知していましたが、券売機のボタンの配置から他はオマケのような印象を抱き、私的には蚊帳の外。次第に飽きて足が遠退いてしまったわけです。

 今回訪問すると券売機が新しくなっており、メニューも色分けされ分かりやすく整理されていました。現在は「鶏と魚介のつけ麺」の他、(以前からあったのかも知れませんが)「鶏と魚介の辛つけ麺」「東京軍鶏そば」「濃厚煮干しそば」の4大ラーメンが売りのお店という印象。他にも「坦坦麺」やサイドメニューがいくつかあるので、少しずつ試してみます。

 私は麺類は一通り試しましたが、ラーメンデータベースで90点以上の人気店だけありどれも一級品。もしかしたら現在東京でナンバー1のお店かも知れません。中でもシンプルながら一口目から(美味いっ!!)と唸った【煮玉子東京軍鶏そば】は幸せな気持ちにさせられました。刻みタマネギは以前からラーメンのトッピングに合うと思っていましたが、レッドオニオンは見た目にも鮮やかです。

 坦坦麺のスープのような「鶏と魚介の辛つけ麺」、濃厚なだけでなくどこか上品な味わいの「濃厚煮干しそば」「坦坦麺」もトップレベルで美味しかったです。ごちそうさまでした。

別窓 | グルメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 瑠璃色幻想曲 | NEXT