現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
プロ野球観戦納め

2009-09-28 Mon 08:34
 横浜vsヤクルト22回戦を観戦に、神宮球場へ行ってきました。各チーム公式戦残り10試合前後を残すのみとなった現在、私にとってもこのゲームが公式戦観戦納めになりそうです。

 それにしても今年は(例年2~3試合なのに比べ)たくさん観戦したなぁ…と思い起こしてみたものの、実際には9試合でした。そんなものか…じゃあ、あともう1試合観に行くか!(笑)

 私のプロ野球観戦の楽しみ方は、セ・パともある程度好きな数チームのホーム球場で、地元のファンに交じって熱く応援するスタイル。その中でもヤクルトは小学生時代から好きなチームなので、今年最後が神宮球場で良かったです。

 ついでに楽しみにしていた“ソーセージメガ盛り”(700円)

photo

も味わうことが出来てシアワセ(笑) (おだてるとサービスしてくれるという名物オヤジは不在でした)

 Tシャツ一枚で来たことを激しく後悔するほど昼間とは打って変わって肌寒い中、試合はエースが完投し4番のホームランでゲームを決める、という最高の結果で今シーズンなぜか分の悪い横浜に見事勝利。まだCS出場権争い真っ只中ですから頑張って欲しいものです。

 結局、今シーズン私が観戦した試合の、応援するチームの成績は

全9戦6勝3敗(0.666)

ストレスが溜まらない範囲で良かった(笑)


 ゲームとは無関係ですが、外苑前駅に到着した途端、「ドラクエ9」の“すれ違い”来訪者のコメントにもスワローズを応援するものが目立ちました。今は楽しみ方もホント多様化していますねぇ…。


スポンサーサイト
別窓 | エンターテインメント | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

秘密会議?

2009-09-27 Sun 14:18
 先週末の陰陽座・川崎公演観賞後、会社の後輩と合流し遅い食事に向かいました。

 この機会、私が介護のための長期休暇に入る前から約束していたのですが、予定した日にどちらかの都合が悪くなることが続き、発案から3ヵ月も経ってようやく実現したんですよね。いくら相手が後輩とはいえ、私が休暇中で奴が忙しく働く身。

「そんな仕事、明日やりゃいいだろ!!」

とも言うに言えず(笑)…いえ、そんな酷いこと言うつもり毛頭ありませんが。

 何はともあれ忙しい中、今は部署も違う私の誘いに付き合ってくれるのは素直に嬉しいです。仕事を犠牲にして私に付き合っても直接的なメリットは無いはずですしね。お勘定もいつも割り勘だし(笑) やはり私にカリスマ性があるからでしょうか?(笑)

 逆に私の方は、そんな後輩と楽しいひと時を過ごしたいから、というのもこの場を設けた理由の一つですが、それ以上に私が不在の現在の会社の様子を(非公式に)教えて欲しいから、情報を引き出したいから、という理由が大きいです。景気的な情報はもちろん、他の社員の様子、人事的な情報、スキャンダラスな事件(?)等々…。これら情報を率先して教えてくれ、私が訊ねたということは決して口外しない、そんな手足のように(?)動いてくれる後輩は貴重です(笑)


 前回と同じ“焼肉市場 げんかや”で腰を据えて秘密会議(?)開始!!

 …と、その前に、やっぱり“げんかや”は安いのに美味いなぁ!!焼肉屋はダイエットの都合上(?)滅多に利用しませんが、たくさん運ばれてくる肉とビールを前にしては秘密会議も、日常も、今観て来たばかりの陰陽座のことすらも一時的にどうでもよくなってしまう…。暫くご歓談の類はいいや(笑)

 その後、だいぶ満腹になったところでいよいよ秘密会議スタート。

私 「…ところで最近、会社の方はどうよ?」

後輩 「…いや~、仕事が忙しくて時間に追われる毎日ですね」

(…それは今も昔も、全社員同じだろ?!)

私 「何か変わったことは無いの?」

後輩 「得意先の景気が良くないのでウチも仕事が減ってキツイです。残業代削減などうるさくなりましたよ」

(…それもオレがいた頃から同じだろ?!)

私 「他には?」

後輩 「………あ!社内のID読み取り機が全部新しくなったんですけど、読み取り精度が悪くてあちこちでトラブルが発生しているんですよ!」

(…別にどうでもいいんだけど…)

後輩 「それくらいですね」

私 「じゃあさ、何か面白可笑しい話は無いのかよ?例えばお前の課の●●が合コンで知り合った女に呼び出されてさ、デートだと思って年甲斐も無くはしゃいで会いに行ったら、実は彼女は住宅会社の販売員で、住宅展示場に案内されて営業されただけだった話みたいなヤツ、他に何か無いの?」

後輩 「えっ?!そんなことあったんですか?マジですか?!知りませんでしたよ!!」

(…俺が知っていて、同じ課のオマエが何故知らない!!・笑)


 …コイツに期待した私がバカでした。遅い時間に肉を腹いっぱい食ってオシマイ!(笑) 何か面白い情報があれば奢ってあげようと思いましたが、キッチリ割り勘にしたことは言うまでもありません…。



photo
(プロレスラーのブログにありがちな、焼き肉を食べる図・笑)


別窓 | お酒のある生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

陰陽座 川崎・CLUB CITTA'公演

2009-09-26 Sat 09:32
photo

 妖怪ヘヴィ・メタルバンド、陰陽座の全国ツアー「三国伝来玉面金剛九尾の狐」2公演目、川崎・CLUB CITTA'公演を観に行きました。

 東京在住ながら映画はTOHOシネマズ川崎かチネチッタ、等々力といえば等々力公園、JリーグはFC東京じゃなくて川崎フロンターレ、そしてこのツアーも千秋楽のJCBホールじゃなくCLUB CITTA'を当然のように選んだ私の気持ちは川崎市民寄り?(笑)

 以前は月2回くらいのペースでライブ観賞していましたが、今年はこの陰陽座が最初で最後になりそうです。何というか音楽全般が頭にも体にも、心にも入って来ないんですよね、最近。それよりも散歩や城に興奮する昨今…私もかなりジジイモードに入ってしまったなぁ(悲)

 音楽CDも今ではほとんど買わなくなったばかりか、最新アルバム「金剛九尾」を聴いてもなかなか“入って来ない”。ロック体質すら失ってしまったというのか?!それでも何とか頑張って、曲名と曲が一致するレベルには仕上げて川崎を迎えることが出来ました。


 公演はほぼ定刻通り開演。オープニングは予想通り「金剛九尾」の1曲目でもある「貘」です。黒猫のハイトーンヴォーカルが光る妖しくも綺麗な曲ですが、観客的にはノリ難い曲(笑) 前ツアーでも似たような現象が起きてたっけ? 続けざまに演奏された最新シングル「蒼き独眼」でようやく拳を突き上げる機会を得ました。

 お馴染み瞬火の、来場への感謝の挨拶を挟み、休む間もなく「孔雀忍法帖」。陰陽座らしいノリの良い曲が続きます。「陽炎忍法帖」は「忍法帖」繋がりでココに組まれたのか?やはり6枚目「臥龍點睛」くらいまでの曲は数え切れないくらい聴いているので体に染みついていて気持ちイイ。ついでに漫画(及びアニメ)「バジリスク」のお色気キャラ・陽炎を思い出して更に気持ちイイ(笑)

 ここまでの演奏を終え一旦MCへ。黒猫がギター・狩姦に話を振り、いつものぎこちない狩姦トーク(笑) 同じくギター・招鬼定番のセリフ「楽しんでますか~!」も含めてコレですよコレ、コレを聞けるのが陰陽座のライブです。

 でもMCといえば、正式メンバーからサポートドラマーになってしまった元・斗羅こと河塚篤史氏のMCはありませんでしたよ。簡単な紹介だけでしたね。この辺りは瞬火がキッチリ線引きして区別しているように思われますが、お馴染みの阪神タイガースネタ(今年はCS出場出来そうなのに…)が聞けないのは寂しいです。グッズのイラストからも元・斗羅は消えていました。

 続いて黒猫曰く「しっとりしつつもちょっと怖い曲」という「小袖の手」。そういえばオレ、まだ一度も歌詞読んでないから、どんなことを歌っているのか良く理解してないや(笑) 同じく「金剛九尾」からの「十六夜の雨」はキャッチーで直ぐに馴染めました。好きな曲です。「麒麟」は久々に“出た~っ!”って感じ(?)

 一息ついてちょっと長めの瞬火の名物MC。「人間は誰でも確実に死ぬ。それは仕方のないことですが、夜寝る前に“オレはなぜ生きるのか?”と考えてしまうと最悪で…」という、意味があるのか無いのか良く解らないネタ(笑) そんな気持ちで聴いて欲しいという「挽歌」は黒猫が言う通り、泣きのギターが炸裂する曲です。

 瞬火曰く「ビショビショではないけれど、乾いてもいない」状態の“ふぃっとり”(“しっとり”の変化形?)した後は楽しく盛り上がって、ということで前作から「しょうけら」。早くも会場は扇子のお花畑状態に。「黒衣の天女」を挟み、最近私が大好きな「相剋」はニンテンドーDSソフト「犬神家の一族」のオープニングテーマですね(同名のニンテンドーDSソフトのオープニング/エンディングテーマ曲を陰陽座が担当)。シングルで聴いた時はまあまあでしたが、アルバムで聴くと何だか魅力が増します。…そういえば「犬神家の一族」、途中で止めちゃったままだ(笑)

 「犬神家の一族」の原作は横溝正史ですが、彼のご子息が陰陽座が作ったテーマ曲を褒めてくれたそうです。そんなトリビアを挟み、エンディングテーマ「慟哭」。後で考えたら今回のセットリスト唯一のバラードでした。

 公演は佳境に差し掛かります。バンド初期から温めていたネタながら、“九尾~”だから9枚目のアルバムに収録しようと決めていたらしい「組曲『九尾』」。2009年9月9日に発売されたのは偶然だ、と訴える瞬火に対し、オーディエンスはわざと「え~っ?!」と返しますが、9月9日が水曜日(レコード会社によるオリコンランキング対策用CD発売曜日)ということが既に立派な偶然。私は信じますよ。

 さてその「組曲『九尾』」…いや、「組曲『アイアン・メイデン』」か?!(笑) コレ、アイアン・メイデンでしょ(笑) 「金剛九尾」中、最もヘヴィですね。いい曲ですが陰陽座の組曲は「義経」のデキが素晴らしいので、比べてしまうとどうしても物足りなく感じます。

 公演はフィニッシュに向けラストスパート。先の「組曲『義経』~悪忌判官」から「靂」…出だしのセリフは「陰陽雷舞」とほぼ同じだったな(笑) 本編ラストの「CRY OUT」…じゃなくて「喰らいあう」は予想以上に盛り上がる曲でした。


 アンコールでは意外にも私の好きな「夢幻」から「邪魅の抱擁」。「邪魅~」は私の陰陽座で好きな曲ベスト3には入りるので久々に聴けてラッキー。

 「我が屍を越えてゆけ」に続く「おらびなはい」の途中には瞬火が、“5月の「PURE ROCK JAPAN」で時間が無くて全部話せなかった”という、中学時代の音楽の先生との取って置きの長~いエピソードを披露(笑) まぁ…そんなに大した話じゃありませんでした(?)が、同じ会場だからということで改めて語った秘話です。日本でこの会場だけでしか聞けない話でしょうからファン的にはラッキーかな?

 2回目のアンコールは「亥の子唄」「生きることとみつけたり」。一度客電が燈されBGMまで流しておきながらの3度目のアンコール「悪路王」まで全25曲の川崎公演でした。去年のツアーでは(どの会場でも)アンコールに4、5回応えてくれましたが、今回は1回のアンコールに対し演奏する曲を多めにして終演時刻を早め、少子化対策に貢献するのだとか(笑) まぁ、何でもイイんですが…客電点けてBGMまで流しておきながらアンコールに応える、ってのは止めて欲しいです…危うく帰るところでしたよ。


 19時開演で21時50分にCLUB CITTA'を後にしたということは…自宅を出てから4時間近く座っていないのか。疲れた~。するとここでケータイに会社の後輩から着信が…

「J駅に着きました!!今、どこですか?!」

あ…一緒にご飯食べに行く(←芸能人的言い回し・笑)約束してたんだ(笑)

「今…まだ川崎なんですケド…30分くらい掛かるけどいい?」

陰陽座のライブは相変わらず長い…(笑)


--------------------------------
陰陽座 全国ツアー2009
「三国伝来玉面金剛九尾の狐」
2009.9.25 CLUB CITTA'公演

<セットリスト・SET LIST>
1. 貘
2. 蒼き独眼
  MC
3. 孔雀忍法帖
4. 陽炎忍法帖
  MC
5. 小袖の手
6. 十六夜の雨
7. 麒麟
  MC
8. 挽歌
  MC
9. しょうけら
10. 黒衣の天女
11. 相剋
   MC
12. 慟哭
   MC
13. 組曲「九尾」~玉藻前
14. 組曲「九尾」~照魔鏡
15. 組曲「九尾」~殺生石
   MC
16. 組曲「義経」~悪忌判官
17. 靂
18. 喰らいあう
―encore1―
19. 夢幻
20. 邪魅の抱擁
21. 我が屍を越えてゆけ
22. おらびなはい
―encore2―
23. 亥の子唄
24. 生きることとみつけたり
―encore3―
25. 悪路王


--------------------------------
【TODAY'S PIC UP ITEM】

金剛九尾金剛九尾
(2009/09/09)
陰陽座

商品詳細を見る

蒼き独眼蒼き独眼
(2009/08/26)
陰陽座

商品詳細を見る


別窓 | 音楽のある生活 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑

確かに美味しかった餃子、しかし…

2009-09-25 Fri 19:00
<前記事のあらすじ まとめ>

 篠原城には妖精がいっぱい…?



 さあ、予定していた観光も一段落し、遅い昼食を取りに宇都宮駅パセオ内の「みんみん」へ。(そろそろ空いてないかなぁ…?まぁ、こんな時間に昼メシ食う奴なんて私以外いないよな)
  ・
  ・
  ・
甘かった…

まだまだ行列、減る気配無し!! もういいや(笑)

 もはや餃子は旅のメインディッシュではありません(もともとプロレス観戦がメインディッシュなのでは…?)
 まぁ、駅の中にある店ならどこでもそこそこ美味しいだろう、と割り切って駅構内にある「餃子小町」というエリアへ。幾つかの店舗が隣接して営業しており、その時の気分で選び易そうです。

 私にはみんみん以外に予備知識が無かったので、メニューの写真が何となく美味しそうに見えた「健太」という店に入ろうとしましたが…何と!「本日は名物の“健太餃子”以外ありません」との貼り紙が!!昼食時だけで売り切れたのでしょうか?1日中営業している店なのですから、これはマズくないですか?

 仕方なく…というかどこでも良かったので、隣にある「悟空」という店へ。店の敷居を跨いでも店員が来ないのでちょっと嫌な予感が…。

 ここでは生ビールと5種類の餃子のハーフ(各3個)セットを注文しました。比較的空いていると感じ入ったのですが、常に席がほぼ満席状態。祝日とはいえ繁盛していますね。

 注文を待つ間、ボーッと店内を眺めていると、「スマステーションで紹介されました」と書かれた貼り紙が目に入りました。(それなら味も期待出来るかな?)などと考え、視線を少しずらすと…ここにも貼り紙が。…なになに…!!

「本日追加注文お断り」

なに~っ!!(怒)

 飲食店のくせに「追加注文お断り」とはどういうこっちゃ?!セコセコ商売しなくてもカネは有り余っているってのか?! あのなぁ…

「マスコミで取り上げられたからって、いい気になるな!…行こう、こんな店で食べちゃ駄目だ!!」

…あ、私の意見ではありません、人気グルメ漫画「美味しんぼ」の主人公・山岡士郎の名セリフですよ(笑)

 ちなみに生ビールのお代りの可否を訊ねたらOKでしたので、都合3杯頂きました。

 少し遅れジャンボ餃子、野菜餃子、フカヒレ餃子、キムチ餃子、しそ餃子がセットになったハーフセットが運ばれ、私も遂に念願の宇都宮餃子との初体験。

72

感想は…

“ジャンボ”と“しそ”以外、全く区別つかなかった…

どうせ私の舌が未熟なんです(笑)


 しかし「悟空」に限らず、「お一人様は相席」とか、冷たい文句を堂々と掲げる店が目立ちます。今は人気があって繁盛しているかも知れませんが、“客をもてなす心”を忘れているようでは、これからどうなっても知らんぞ。

 お腹一杯になった私は再び「餃子像」を探しに東口へ。しかしやはり見当たらない。あちこち地図などを調べていると、西口に移動していることが判明しました。西口へ回ると…

75

あった!…しかし…この程度のもの1つのために翻弄されてしまうとは…。

 西口には先ほど諦めた「健太」がたくさんありました。もう少しお腹に入りそうだったので、空いている「健太」で健太餃子、揚げ餃子、レモンハイを堪能。

77

 健太餃子は「悟空」に比べ、中のスープをちゃんと感じられました。揚げ餃子もクッキー生地のようで歯応えが楽しかったです。つまり…悟空よりも美味い(笑)

 …というか、好みの問題ですね。メニューも焼き・水・揚げ全部置いている店もあれば、焼きのみだけど味の種類が豊富、という店もあり、各お店個性的です。出来れば一人前ずつ色んなお店の餃子を食べてみたい、そう思いました。


 その後もお土産を探したり、駅周辺をブラブラしたり過ごした後、ようやく妹と合流。ああ、別行動してホント良かったわ、今日は(笑)

 プロレス会場である栃木県総合文化センターへ向けて歩く間、私の餃子話を聞かされた妹も次第に後悔の念が湧いてきたようで、「餃子を食べたい」と言いだしました。

 あまり時間が無かったので、側にあった「宇都宮餃子 来らっせ」に入りました。1つの餃子店かと思いきや、専門店数店舗をまとめた食堂のようなスペースでした。客は好きなお店で思い思い注文し、1箇所のテーブルでまとめて食べることが出来ます。市内にはこんなお店もたくさんあるようです。そして店舗の中には みんみんもある!!

83

ようやく辿り着いた…こういう食べ方もあったのか。知らなかった。

 しかし既に餃子を嫌いになりかけている満腹状態の私は、妹から1個だけ貰って食べるのがやっと。それでもみんみん餃子はニンニク入りの野菜炒めを食べているようで新鮮な感じでした。健太と比べどちらが美味しい、とは言えませんが、両方お薦めしたい味ですね。

 既に心も胃袋もお腹一杯でしたが、辺りも暗くなり始めた頃、ようやく宇都宮へ来た最大の目的、ドラゲー栃木大会観戦へ。

 ゲームマニアで知られるクネス選手が各会場でドラクエの“すれ違い通信”をしている、という噂を聞いていたので、グッズを買うでもガラガラ(くじ)をやるでもなくクネス選手の近くをウロウロする私。DSは無反応でしたが、その後試合観戦中にようやく…

1

クネス、キターーーー!!

2

しっかり営業してました。




別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

計画通り…(クククッ)

2009-09-24 Thu 23:59
 <前記事のあらすじ まとめ>

 餃子像の絵を見に行ったところ、とてつもない行列が…?



 さて、昼食時の餃子店“みんみん”突入を諦めた私は、予定通り観光を再開することにしました。

 なるべく効率的に動こうと、まずはみんみんの入ったパセオから徒歩5分ほどの所にある「旧篠原邸」へ。

35

国の指定重要文化財であり、市の指定有形文化財でもある建物です。江戸時代からここで醤油醸造業や肥料商を営んでいたそうで、住居を兼ねた工場、といったところでしょうか?(現在の建物は明治28年築) 明治時代の豪商の姿を今日に伝える貴重な建造物です。入場料100円払えば内部も見学出来ましたが、何となくパス(悪気はありません・笑)。

 この旧篠原邸に限らず宇都宮の街には、所々に年季の入った立派なお屋敷がありました。現在ではなかなかお目にかかれない珍しい造りであることや、周囲の街並みとアンバランスなところなど、私は見ていて楽しかったし、退屈しませんでした。

 旧篠原邸を後にした私は、徒歩で「宇都宮城址公園」へ。最近プチ・城マニアなんですよ(笑)

 向かう道中、昔、叔母に連れて行ってもらった「宇都宮タワー」が見えて

37

懐かしくなりデジカメでパシャッ、カッコイイ旧家を発見してはパシャッ、初恋の女の子と同じ名字のお寺を発見してはパシャッ(笑)…同じ関東地方の街ながら興味を引くものだらけで、海外旅行の時のようにはしゃいでしまいました。

 20分ほど歩いたところで「宇都宮城址公園」に到着。

42

平安時代に藤原宗円が構えた居館と言われています。本やウェブサイトに掲載されている写真通り、ここにあるのは清明台櫓だけ。これを天守としていたそうです。お堀越しに眺めるとお城っぽくてカッコイイ(笑)

60

私はこれでも満足でしたが、やはり天守がデーンとそびえ立つ、お城らしいお城を見るなら西日本まで足を運ばなければダメですかね。


 その後、大通り方面のパルコを目指して真っ直ぐ歩くと、想定外に大きな鳥居が見えてきました。

71

せっかくなので「二荒山神社」も見学。繁華街の大通り沿いにこんな大きな神社が佇んでいるなんて、面白いですよね。

 そして改めて神社の隣、うつのみや表参道スクエア内にある「うつのみや妖精ミュージアム」へ。ファイナルファンタジーの挿絵で有名な天野喜孝氏の原画によるステンドグラス目的でしたが、妖精に関する文献や絵画、グッズなどについ見入ってしまいました。

 日本で妖精、といえばゲームやファンタジー小説、そして釈●美子の脳内でしか触れることはありませんが、海外では立派な文化なんですね。日本でいうところの化け狸や山姥みたいな存在なのでしょう。


 それにしても…旅行中って少なからずヒマを持て余したり、ダレることがありますが、少なくともここまでは計画通り、期待通りの旅を満喫出来ている…。

とぉ~っても充実した、満足感でいっぱいなんですケド…(嬉)


 時刻は14時30分。そろそろみんみん、空いてないかなぁ…?




 
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

ネロ少年?的気分な休日

2009-09-23 Wed 23:59
 DRAGON GATE(以下:ドラゲー)栃木大会を観戦しに、宇都宮へ行ってきました。宇都宮は以前、私の叔母一家が住んでいたので親近感を覚える町でしたが、東京に越してきてしまってからは御無沙汰。もう20年も訪れていません。ですので久々の宇都宮を心待ちにしていました。

 今大会は実の妹と一緒に観戦の予定。そして宇都宮といえばやはり餃子でしょう!!(20年前はそうでもなかったような気が…?) だったらゴタゴタ言わんと、夕方を待たずに早めに現地入りし、餃子とビールの昼食を取りながら士気を高め、夕方の観戦に備える…それ以外有り得ないでしょう?!…何だかプロレス観戦以上にやる気が出てきました(笑)

 ところがその提案に対する妹の反応は、冷酷にも「疲れたからギリギリのタイミングで着きたい」。一瞬キレかけました(笑) 
 しかしここは発想の転換。だったら完全に私だけのためのプログラムを組んで、20年振りの宇都宮を満喫しよう、そう決めました。結果これが功を奏し、過去に経験したことが無いほど充実した1日になるのですが…。

 まず、事前にネットの某サイトで、軽く宇都宮の見どころを調べました。トップに出てきたのは“大谷石採掘跡”“宇都宮美術館”。“大谷~”は昔、叔母さんに連れて行ってもらったなぁ。ちょっと遠そうだし今回はパスでいいか。“美術館”もねぇ…ん?!!


何と!!マグリットの「大家族」があるの?!

…思わずドラクエ口調に(笑)


88
(ルネ・マグリット「大家族」。写真撮影禁止なので画像は絵葉書です)


絵画に疎い私が唯一、小学生の頃から好きなベルギーの画家、ルネ・マグリットの代表作の一つであり、私が世界一好きな作品「大家族」。かつて26年くらい前に幼い弟と従兄弟を引き連れて、渋谷・東急本店で開催されていた「マグリット展」を見に行くきっかけになった作品です。…宇都宮美術館にあったのか…これは是非、この機会に最優先で見ておきたい!! 

 宇都宮の旅のスケジュールは、マグリットを中心に組み立てることにしました。


 当日は午前10時前に宇都宮に着く湘南新宿ライナーで現地へ。

 最近力を入れている「ドラクエ9」の“すれ違い通信”設定がオン状態のDSをリュックに忍ばせて電車に乗りました。車内の乗客は疎らにもかかわらず1駅進むごとに3人ご来訪~、というペースで順調にすれ違う。結構マメに更新したので、宝の地図がかなり集まりました(笑)

 宇都宮駅に着き、まず私がしたかったのが駅の東口広場にあるという“餃子像”を撮影すること。友人らに「着いたよん」とメールするのに格好の絵が欲しいというだけの理由ですが(笑)

 ところが東口に出たのにそのような像は影も形も無い。参考にした某個人ブログの情報によると「東口駅前広場にある」とのことですが、東口駅前は広範囲に渡り工事(準備)中。そして、そこにあった看板には“ライト・レール・トランジット(LRT)”という次世代路面電車の絵が。コレの駅をここに作るから他の場所に移動したのか?もしかしたら以前ニュースで見た、作業員がこの像を壊してしまった映像は、その時のものか…?どっちでもいいけど、餃子像はどこだ?!

 結局バスの時間に間に合わなくなりそうなので西口へ移動。宇都宮美術館へ向かいました。

22

広い芝生の公園に囲まれた美術館は、小規模ながらも清潔で感じの良い施設。ただ、レストラン以外に館内で水やジュースを飲む術が無い。何も知らずに駅からバスで来た私はちょっと参りました。そのレストランも具体的なメニューが入口に出ていないので、どんなものが飲み食い可能なのか?値段は?全く窺い知ることが出来ません。これは遥々やって来た来訪者に対して優しくないですね。


 気を取り直して美術館のパンフレットを手に取ると、

89

やはり「大家族」はこの美術館の目玉展示物のようです。

 企画展「栄光のルネサンスから華麗なロココ」の入場券も半ば強引に勧められ800円を払い入場。更に「ロココ展から見ますよね?」と半ば強引に企画展ホールへ。次のバスまで1時間半しか無いんだけど…。

 人物画中心のロココ展はそこそこ真面目に観賞し、いよいよ26年振りに「大家族」との再会。一枚の絵にこれだけワクワク出来るなんて…ネロ君、オレもキミと仲間だからね(笑)


 …「LA GRANDE FAMILLE」…「大家族」…そんなに大きくない絵ですし、技術的に優れた作品なのかどうか、私には分かりません。でもこの絵はストレートに私の心にズッキーンと響きます。幼い頃に受けた衝撃が未だ消えていないのかも知れません。

 初めて気付きましたが薄暗い曇り空に浮かぶ雲と、晴れやかな青空に浮かぶ雲は同じ空に浮かぶ雲だったんですねぇ…って、その程度のレベルの低いファンな私ですが、ここでずっと観賞していたい気分に駆られました。好きなものは好き。言葉では説明し難い不思議な魅力があります。何だか…見た者が勝手に絵の意味を解釈してストーリーを考えてしまうという、不思議な魅力がありますよ。プロレス的で素敵です(笑)


 多分、15分くらい見ていたと思いますが、その後の予定が詰まっているため、後ろ髪を引かれる思いで絵から離れました。この感動を忘れないためにも館内のスーベニア・ショップで「大家族」を含むマグリット作品の絵葉書を数枚購入。 

89

「大家族」の夜バージョンなんてあったんだ…。見なけりゃよかった。色んな意味で(笑)


 その後、とても満足した幸せな気分で公園を散策し、バスで宇都宮駅へ戻ったのでした。

 (12時40分…ネットで「一番美味しい」と評判の餃子屋“みんみん”かぁ…昼食時は無理だろうけどダメ元で行ってみるか!)

ホントは14時くらい、混雑が一段落した頃に行く予定でしたが、お腹が空いたので急遽スケジュール変更(笑) 駅に隣接するパセオ内にある“みんみんパセオ店”へ……

うわっ!ハンパなく長い行列が!!


店の前の通路を通れないほどに混雑していました。ダメだこりゃ。やはりスケジュール通り動こう。でもこれを見てしまうと…

次にいつ来るか分からない宇都宮の“みんみん”、もしかして今日食えないんじゃないか?


不吉な予感(笑)






別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

複雑な心境の“楽天M11”

2009-09-22 Tue 15:35
 なんだか…東北楽天ゴールデンイーグルスがクライマックスシリーズ出場を果たしてしまいそうな勢いですね。関東在住ながらずっと応援してきた私としては嬉しい限り…いえ、

とても複雑な心境

です。


 そりゃ、いつかはパ・リーグ優勝、そして日本一を果たして欲しいですが、それだけの実力を備えたチームになるということは、当然チームの勝率が上がる。ということは、1勝した時の喜びが今よりも弱まってしまう、薄まってしまうんじゃないか?…と心配しています。ちょっと弱いくらい(ギリギリAクラス入りを逃すくらい?)が丁度良いと思うのは…私だけ?(笑)


 他のファンには怒られるかも知れませんが、まぁ私個人的にはAクラス入りは時期尚早。2、3年早いように思うんですよね。一方ではオリックス・バファローズよりは早く優勝して欲しいとも願っているという複雑な心境(笑)

 だって、使える選手だけプロテクトして要らん選手を楽天に放出するなんて理不尽なやり方でチームを作った


オリックスだけは見返してやりたいですから。



 そして“近鉄以外は興味無し”とオリックス入りを拒否し、己の道を貫いてプロレス的に楽天入りした岩隈を、真のヒーローにしてやりたいですねぇ…。


別窓 | スポーツ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

1週間遅い敬老の日

2009-09-21 Mon 09:07
 シルバーウィーク真っ只中ですね。

 私は親の介護のため現在長期休暇中なので、正直有り難味は感じていません。でも周囲の人々も“お休みモード”に入り、和やかムードが漂うのは好ましいこと。こちらにも楽しい気分が伝染してきて心が弾みます。

 でも改めて5日間の“休日の理由”を確認すると、今日、21日って…何と!敬老の日なんですよね。敬老の日って以前は15日だったじゃないですか。

 数年前から一部祝日を移動させて、連休を捻出しよう(=経済効果を目論む)という国の試みが成されています。私もその恩恵に与っているクチではありますが、連休のためには長年親しまれた祝日を約1週間もズラすんですねぇ…。

 ガキの頃は連休も勿論嬉しかったですけれど、2週連続で平日を休める、ってのも嬉しかったですよ。9月はそれがあるので好きでした。

 多くの国民を敵に回しそうですが、連休、連休って、そのために何十年も親しまれた祝日を毎年ぐちゃぐちゃズラすのは…嫌だなぁ…。


別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

のりピー謝罪会見に見た20年前の幻影

2009-09-19 Sat 22:31
 女優で歌手の(…っていうか、ただのブッ飛んだアイドル、という印象が未だに強いんですけど)酒井(高相)法子被告、のりピーが今週保釈されました。

 最近ののりピーは覚醒剤の影響でガリガリだ、と言われていたり、クラブで踊る“サイバーのりピー”の映像を何度も見せられたりしたので、一体どんな風貌でカメラの前に現れるのだろう?と少し気になりました。

 ところが実際には、38歳子持ちとは思えない…いや、それ以上に覚醒剤常習者とは思えないほどに、若々しくて可愛くも美しい昔ののりピーそのまんま。時折見せる、口元をキュッと噤むアクションも、人によっては笑っているように見えて不謹慎に見えたかもしれませんが、私の目には健気で可哀想に映りました。それが演技か否か分かりませんが、どちらであっても悪い印象は持ちませんでしたね。

 私の(何の根拠も無い)勝手な想像ですが、恐らく私と似た感想、つまりのりピーに好意的印象を持った世の男って多いんじゃないでしょうか?ファンでもなければ、今回の事件で完全にのりピーに対し否定的だった私ですら、ガラッとイメージが変わってしまいましたから…。


 この保釈時の挨拶、及び直後の謝罪会見を見ていて、思い出したことがあります。1987年に起きた、北朝鮮工作員による大韓航空機爆破事件です。

 犯人の一人、金賢姫に対する当時の世間の男どもの反応には(不謹慎ながら)笑いました。

 最初に金賢姫がテレビに映ったのは、捕えられて護送される姿。口を自殺防止用テープで塞がれた状態で両脇を関係者に支えられ、ヨタヨタと飛行機のタラップを降りる彼女は、クタビレたただのムクレたオバサン。日本中が“こいつが何百人もの命を奪った憎き犯人か!”という怒りに満ち溢れていたはずです。

 ところが後日、綺麗に化粧して着飾り、お色直しして記者会見に臨んだその姿は…予想外にかなりの美人。それも清楚系の(笑)

 外見の印象だけが原因ではないでしょうが、その後の世論は一転して

「彼女も被害者」

という、被害者の身内の神経を逆撫でそうなものに徐々に変化。しかも、

「オレが(身元を引き取って)更生させたい」

という、明らかに下心ミエミエな提案を申し出る輩がバンバン出てきたそうです。

 何だか今回ののりピーを見ていたら、忘れていたはずのそんな出来事を思い出しました。誰か“オレがのりピーを…”と名乗り出る輩、出てこないかな(笑)正直、


私は心の中で密かに思いました(笑)


そんな経済力ありませんけど(笑)


別窓 | マスメディア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

ココ・アヴァン・シャネル

2009-09-18 Fri 18:32
photo

 9月18日(金)ロードショー、っていうけど俺もう観たよ?!ミスプリじゃね?! (以上、私の独り言)


 先月封切られたはずなのに変だなぁ~…と思っていたら、今月1日に私が観賞した「ココ・シャネル(以下:ココ)」と、今回封切られた「ココ・アヴァン・シャネル(以下:アヴァン)」は全く別の作品なんだそうです。前者は2008年アメリカ製、後者は2009年フランス製。

(あぁ、ややこしい)

 私がシャネル本人の人生に興味を持つきっかけとなったテレビ番組「衝撃!女たちは目撃者 歴史サスペンス劇場(以下:歴史サスペンス劇場)」及び観賞済みの「ココ」のお陰で、私は既にシャネルの人生を人に語れる男(?)になっていますが(笑)、「アヴァン」は「アメリ」のオドレイ・トトゥ主演だというので、改めて観たくなりました。

 まず、私の中でシャネルといえば、「歴史サスペンス劇場」で語られたエピソード及び、見解が全ての基本になっています。あくまでもその私の目で観て感じた感想は…


今まで(の2タイトル)と人間関係がかなり違うじゃん!!(困)


「ココ」はシャネルの若かりし頃のラブロマンスを軸に描いた作品でしたが、大まかな事実関係やエピソードは「歴史サスペンス劇場」で紹介されたものとほぼ同じ。後で個人的にウィキペディアで調べた内容ともほぼ同じでした。

 ところが「アヴァン」は最初からいたる所が事実と違う…よなぁ…??映画ですから必ずしも事実通りの切り口で物語を描かなければならない、なんてことはありません。あ、「アヴァン」はシャネルの祖国・フランス製だから、もしかしたらフランス人が信じているシャネルの人生ってコレが一番正確なのかな…?などと考えて、暫く物語に集中出来ませんでした。

(あぁ、ややこしい)


 善し悪しは別として、私が最も見たかったシャネルのビジネス面でのサクセスストーリーを描いたシーンは、最も少なかったです。というか微々たるものでした。

 「ココ」では、第2の恋人・ボーイの事故死のシーンがエンドロール10分前にようやく出てきて驚きましたが、 「アヴァン」ではそれを上回る約7分前!!(笑) 彼女の人生の中では大きな事件ですが、時間軸的にはまだまだ序章なんですけど…。完全にこちらもラブロマンスが中心でした。やはりブランド製品同様、どちらも女性向けでしたね。

 「アヴァン」で主演のオドレイ・トトゥは、アメリのイメージが強いため、どうも老けた印象が強かったです。序盤からオドレイを起用したのはちょっと…どうでしょう?私個人的には「ココ」で若かりしシャネルを演じたバルボラ・ボブローヴァの方が魅力的に映りましたし、華があったように感じました。


 まぁ、作品への評価は十人十色で結構ですが、CHANEL製品とは無縁の私がこれだけシャネル本人に興味を持ったくらいですから、彼女の人生は映画では描ききれないほどに波乱万丈、かつドラマチックだった、ということなんでしょうね。



 
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

ビータ to 海

2009-09-17 Thu 18:59
 思い起こせばこの夏は一度も海へ行っていません。

 ここ数日は、秋の風ながら気温は高く、まだギリギリで海水浴日和。夏休みも明けたからいい加減海岸も空いているだろう…そう考え、ドライブがてら愛犬・ビータくん(ジャック・ラッセル・テリア、8ヶ月、♂)を連れて神奈川県の城ケ島へ行ってきました。

 相変わらず車に乗せた途端、落ち着きを失いソワソワし始めるビータくん。窓から顔を出してハァハァ息継ぎ(?)に大忙し。 加えて今回は変な鳴き声を出すし、様子が変でした。

photo1

 それでも今回のコースはたいした距離じゃないから問題無いだろう、と腹を括っていたのに…何と!!海岸到着目前にしてビータくん、私の股間の上にゲ□(笑) …気分悪かったのか…可哀相なことしちゃいました。

 幸い車は全く汚れませんでしたが、私のズボンと下着はビチャビチャのベタベタ。う~ん…さすがにこれは想定の範囲外。着替えなんて勿論無し。

あ、でもこれで思い切って海の中に浸かれる(笑)

ビータくん相手に怒るわけにもいかず、ここは発想を転換させるしかありません。

 城ケ島の海岸近くの駐車場に車を停め、いざ海岸へ。海岸への道沿いには季節外れスレスレな土産物屋や海鮮食堂、そして…おっ!海水浴グッズ屋さんまである(笑)思い切って海水パンツを買うことにしました。それにしても…


まさかこの時期に海パンを、それも10着余りの少ない選択肢から選んで買うことになろうとは夢にも思わなかった!!


…です(笑)

 オバアチャン一人で切り盛りしている寂れた(失礼…)店先にぶら下がった洗濯物用の角型ハンガーから、なるべくオーソドックスなデザインの、海パンらしくないものを選ぶ。試着室なんてあるわけないので店先で堂々パンツ一丁になって試着(笑) その間も「ワンワン(早く行こうよ!)」と急かす、復活してケロッとしているビータくん。(一体、誰のせいでこんな余計な買い物を…笑)

 結局(ほぼ)黒一色の海パンに決めました。お値段3,700円なり。あぁ、ユニクロの990円クラスのペラペラパンツが恋しい…。

 しかしシーズンオフ突入間際の予想外の来客に、オバアチャンも喜んでくれた様子。700円オマケしてくれました(笑)


 岩場の海岸にはやはりほとんど人がおらず、さながらプライベートビーチ状態(?)。海水も予想外にキレイで、私も思わず泳ぎたくなりました。もともと水場が大好きなビータくんも、早速初めて見る海に興味深々。

photo2

積極的にお腹くらいまで浸かる深さの場所までズンズン降りる。

photo3

 たまに波が引いた状態の岩場に遠征していると、次の波が押し寄せてくる。どうするのか眺めると…何と!得意の犬掻きでスイスイ気持ち良さそうに泳ぐ泳ぐ(笑)

photo4

最高で一度に10mくらい泳ぎましたよ!半ば強制的に泳がせようとすると拒絶するものの、たまに自ら泳ぎ出す。誰も泳ぎ方教えていないのに…犬は凄い(笑)


 帰り道は一転、大人しく眠り続けるビータくん。

photo5

胃の中のものを全部吐いてしまい、スッキリしたのでしょう。よかったね、ビータくん。

 …ところが…

 高速道路から環状線に合流する際、スピードをほとんど落とさずに急カーブを走ったところ、何とビータくん、


またまたゲ■!!


今度はしっかりシートが汚れてしまいました。あ~、朝の散歩中に食べちゃった雑草がいっぱい…(以下省略) ごめん…ごめん、ビータ。もう暫くは車には乗せないから…。

 飼い主の我が儘のつもりはなかったのですが、どうやらビータくん、車は苦手みたいです。仕方ない、暫くはお散歩に集中しようね…。



photo6
(城ケ島燈台公園にて)






別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

反捕鯨は白人のDNAに染みついた差別意識の変化形

2009-09-16 Wed 10:29
 昨夜、何となく見たテレビ番組「緊急!世界サミット“たけしJAPAN”2009 日本を考えるTV」(テレビ朝日系列)は久々に見応えのある面白い番組でした。

 ビートたけし率いる“たけしJAPAN”(嶌信彦、町山智浩、高橋ジョージ、麻木久仁子、えなりかずき、ブラックマヨネーズ)が、“日本人が知らないJAPAN”について、日本在住の外国人たちと大激論を交わす、という内容でした。

 幾つかのテーマについてそれぞれの相手国の人々と激論を交わす中で、視聴しながら私も思わずエキサイトしたのが、

「たけしJAPANvsオーストラリア 
オーストラリア人はこう思っている<日本は鯨を捕るのを即刻止めよ!>」


というテーマ。最近もシーシェパードが和歌山県で海豚漁に反対するデモを行った映像がワイドショーで放送されていました。捕鯨問題ってもう数十年レベルで騒がれ続けている問題ですよ。ずいぶんと足の長い問題ですねぇ…。

 捕鯨問題についての私の考え方は、約20年前に発行された人気グルメ漫画「美味しんぼ 第13巻 激闘鯨合戦」における主人公・山岡士郎の意見と全く同じです。…というか、アレを読んで洗脳されたと言った方が正しいかも(笑) すなわち…

・鯨(や海豚)は人間並みに賢いから殺すのは可哀想
→牛や豚、賢くない動物は殺して良いという発想は間違いでは?植物も含め命あることに変わりなく、それを食べることは人間の業である。

・他の動物(魚)の肉を食べろ、わざわざ鯨を食べる必要はない
→鯨を食べることは古来からの日本の文化。他国の文化を頭ごなしに否定するのは間違い。第一、他の捕鯨国は油だけ搾取して捨てているが、日本人は鯨に感謝しほぼ全ての部位を余すところなく利用している。

・鯨は絶滅しかけているから捕獲してはならない
→調査捕鯨の結果、実際には増えている

…という考え方。他にも捕鯨反対を訴える団体には企業や金持ちが多額の寄付をする、つまりカネになる運動だから日本を叩いているのだ、という考え方もありました。今回、たけしJAPANからも「捕鯨反対を訴えないと政治家は選挙で勝てないから…」という似た意見が聞かれましたね。

 
 番組では反捕鯨先進国のオーストラリア代表外国人数名とたけしJAPANが意見をぶつけ合いましたが、面白いほどに両者の意見はこの20年以上前の「美味しんぼ」の再現そのまんま(笑) 理論的に何も進歩していないし、反対する科学的根拠すら出てきていない(一般レベルに浸透していない)。これだけ見てもオーストラリアは、問題の早期解決よりも、“捕鯨反対”を訴え続けることに比重を置いているのでは?と疑いたくなります。

 それにこのような、他国の文化にまで首を突っ込む(行き過ぎた)運動なんて、やろうと思えば幾らだって出来ますよね。「韓国人は最も人間に忠実である犬を食べるから野蛮だ!」なんて手っ取り早いし、「一生懸命生きているパイナップルをもいで食べてしまうなんて可哀想、アメリカ人は野蛮だ!」だって理屈は通っている。

 それ以前にオーストラリアでは、増え過ぎて害獣となったカンガルーをただ殺すだけの目的で狩っているらしいじゃないですか。YouTubeにたくさん動画が落ちてますよ。しかも殺したカンガルーをズラーっとジープの周りに吊るしたり、殺したカンガルーのお腹の袋の中にいる赤ちゃんカンガルーを引っ張り出して足で踏みつぶすなど、残酷極まりないシーンで溢れていました。

 どうせなら肉を食べてあげればいいのに、と思いますが大部分はそのまま捨てられてしまうそうです。日本人の私が見たらこっちの方が非人道的だし問題行為。そう、まさに私は“文化の違い”からこう感じるのであり、お互いこれを“文化の違い”と割り切って理解しようとしない限り、同じテーブルにはつけません。もうちょっとオトナになって欲しいです。


 また、番組に登場したオーストラリア人に限らず、反捕鯨団体の言い分に多いのが、「鯨は人間に殺されることを理解している。そんな鯨を殺すのは可哀想だ!」という、科学的根拠を欠く主張

 それを言うなら牛だって同じですよ。聞いた話によると食肉牛も自分が殺されることを察することが出来て、クラッシャーへの行列に並ばされると涙を流して前に進みたがらないそうです。そんな牛の頭を強引にベシャンコにクラッシュして、捏ねて作った挽肉を“牛肉100%”と謳い(嘘ではないけど)、ハンバーガーとして売る人間、それを美味しいと言って食べる世界中の人間…


鯨を食らう日本人と何がどう違うの?!


同じですよ。

 結局、反捕鯨を口にする多くは白人。黄色人種や黒人は少数のように思われます。こんなことは言いたくありませんが、白人は歴史的に見ても昔から自分らが最も高等な人種だと思い込んでいる人種です。黒人は劣っているからと人間扱いせず奴隷として酷使し、ネイティヴアメリカンのインディアンを追い出し、アジア人を見下す…捕鯨反対運動の根っこって、これと全く同じことのように思えます。自分たちの人種が、自分たちの文化が、自分たちの考え方が正しくて高等、オマエらは間違っていて下等。だから止めろ、改めろ、でなきゃ叩くぞ!ってことでしょ?そのDNAに染みついた差別の精神を現代で発散する絶好の場が、この「賢いから可哀想、賢くなければ殺して構わない」という反捕鯨運動なのでしょう。

 黄色人種の私としては、

差別意識を持つこと、それをパワー化して公に振り翳すということが最も野蛮

に思えます。


-------------------------------------
【TODAY'S PIC UP ITEM】

美味しんぼ (13) (ビッグコミックス)美味しんぼ (13) (ビッグコミックス)
(1987/12)
雁屋 哲花咲 アキラ

商品詳細を見る
別窓 | テレビ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

ビータ meets ゴジラ?

2009-09-14 Mon 18:16
photo

 今日は遂に、愛犬ビータくん(ジャック・ラッセル・テリア、8ヶ月、♂)の散歩で大田区西六郷のタイヤ公園まで来てしまいました。京浜東北線に乗っていると蒲田・川崎間で見えてくる、大田区では有名な公園です。

 しかし私の自宅からタイヤ公園までは、小型犬の散歩で行けそうな距離ではなく(犬の体力の問題で)、無理だろうと思っていました。

 しかし「キョリ測」で調べた最短の道のりだとギリギリ6㎞を切れそうなのでチャレンジ。そしたら何と!1時間10分で順調にタイヤ公園に到着。子供が多かったので写メを何枚か撮影して、障害者用のトイレで用を足して(ビータくんが心配なので一緒に・笑)直ぐに帰りました。

 帰りは全く別の道をチンタラ歩いたところ、何と7㎞近い遠回りになってしまいましたが…。

 それにしてもジャック・ラッセル・テリアの底抜けな体力は半端じゃないですね。私は連日の散歩で蓄積された疲労もあり、帰宅する頃には脚が棒状態でしたが、ビータくんは帰宅後も興奮冷めやらず

“おいかけっこ”を要求!!(笑)

 日本…いや、東京一周くらいはホントに実現出来るかも…?


別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

リアル・プロレスファンによる番組

2009-09-12 Sat 11:21
 9月10日深夜放送の「アメトーク」(テレ朝)は最高でしたね。

 私はたまたま初めて見たのですが、この日の企画はプロレスマニアにとっては涙モノの企画でした。 “俺たちのプロレスオールスター戦”。神無月の武藤、ケンコバの越中をはじめ芸人がそれぞれ自身の思い入れの強いプロレスラーに、ナリもキャラも成り切って秘蔵名(迷)場面を紹介するというもの。余程のマニアしか覚えていないようなシーンあり、全日(日テレ)の試合VTRあり、最高の企画でした。ここまで腹の底から笑ったのは、DVDボックスでドリフのコントに久々に触れた時以来かも知れません。

 私が特に気に入ったのはまず、藤波辰巳(当時)関連の迷場面。自身が歌うテーマ曲「マッチョ・ドラゴン」について、

「リアル・ジャイアン」(ヘタクソの意)
「小学生が歌ってるみたい」(同)

などと表現(笑) これは一般人が聞くと、いかにも藤波をバカにしているように聞こえますが、それは違います。プロレスマニア同士にしか理解出来ないでしょうが、これらの発言には愛があります。ドラゴン愛、プロレス愛を感じます。こんなトーク、ごく限られた周囲のプロレスファンとでしか盛り上がれないと思っていましたが、テレビで見ることが出来た、芸能界にも同志がいることが分かった、という満足感は多大でした。プロレスマニアの支持は大きいでしょうね。

 ただし、一箇所だけ疑問符(?)だったのが、藤波の“ドラゴン・リングイン”。あれは私の周囲では“雪崩式リングイン”と呼んでいます。こっちが正しい(?)のでは…?まぁ、どうでもいいか(笑) リングインした途端に相手の技を食らうというのは私は全く意識していなかったので、新鮮で何度見ても大爆笑。

 ここまでドラゴン殺法を並べるのであれば、

「皆さん、これはプロレスです!殺し合いじゃないんです!!」

とワケの分からないセリフで長州vs橋本戦を止めた、あの“ドラゴン・ストップ”も紹介して欲しかった(笑)


 もうひとつ、大爆笑したのが、アントニオ猪木関連の迷場面。これは紹介した有田哲平氏のベシャリも上手くて余計面白く見えました。

 ヨダレネタ、初めてのダーは私も熟知していましたが、こんなのマニア以外、誰も知らないですよ…ってか、知ってて得することなんてありませんよ(笑) あるとしたら、新しくできた友達と話していたら、お互いプロレスファンだと分かる。深く語り合ううちに、「えっ?!お前もそれ知ってたの?!」と意気投合して一気に友情が深まり…そんなシーンでのみでしょうね。

 猪木御殿での猪木のセリフも全てがボケ、迷言だし、今となってはYouTubeでしか見られないであろう、“アナウンサービンタ”“お前、平田だろう!”もツボをしっかり押さえてあり素晴らしい番組でした。

 見たところどうやらこの企画、番組内でシリーズ化されているようなので、いつかまた見られるのでは?と今から期待しています。それにしても…

せっかく観覧権が当たったのに、2週連続でマニアックなプロレスネタを見させられたアメトークファンのオネエチャンたち…

楽しめたのでしょうか?(笑)


別窓 | テレビ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

負の精神遺産

2009-09-09 Wed 20:23
22

 広島県のランドマークというと、ほとんどの人は「原爆ドーム」を思い浮かべると思います。悲惨な過去を思い出させる負の遺産ゆえ保存すべきではない、と否定的に捉える人も多いそうですが、そんなことはありませんよ。これは原爆の、いや戦争の悲惨さ、悲しみを後世に伝えるために永久的に守られるべき世界遺産であり、日本人のみならず外国人も一度は実際に目に焼きつけるべき…そう思います。

 戦争を知らない我われ世代でも原爆の爪痕を感じることが出来るスポット…原爆ドームや広島平和記念資料館の展示物が代表的です。しかし今回たまたま訪れた

99

広島城(実は最近ちょっと名城マニア?)の城下跡にも、こんなものを見つけました。

7370
クロガネモチ

0200
マルバヤナギ

0413
ユーカリ…。

いずれも被爆樹木と呼ばれる樹木です。

 被爆により地獄絵図と化し、全ての生物が死に絶えたと思われたこの地、爆心地から1㎞と離れていないにもかかわらず数本の樹木は生き残ったのです。当初、この地に植物が再生するのは途方もなく先のことだと考えられていました。ところが生命の力は我われの想像以上だったようです。

 ただ、ユーカリについてはその爪痕がクッキリ残っていました。

18
17
24
21

爆心地側の幹は樹皮が捲れたまま。驚異的生命力を以てしてもダメなんですね。う~ん、原爆…恐ろしいです。


 それにしても…毎度のことながら呆れてしまうのは、原爆ドームをバックに記念撮影をするアフォの多いこと多いこと。しかもそこに写ろうとする輩どもは大抵、笑顔でピースサインを作って写真に収まろうとする


こいつら、ここがどこだか知っているんですかね?シンデレラ城か東京タワーと勘違いしているんじゃないの?!


私も原爆ドームの写真は撮りましたが、ここで指す記念撮影とは原爆ドームを背景に人物を撮影する行為です。記念写真って、例えばそこにいなかった友達に対して、旅の思い出を語り伝えるため、または未来の自分が楽しかった思い出を懐かしむために撮影するものですよね?それなら“こんなに楽しかったんだよ”という気持ちを表そうと笑顔で写るのは理解出来ます。

 しかし原爆ドームはシンデレラ城ではありません。日本人の苦しみ、悲しみの象徴です。記録するためには建造物の残骸だけで十分ですし、あえてそこに人物が写るなら、悲しい顔で写るべき。笑顔で写ろうとする意味が無さ過ぎる、というのが私の考え方です。

 まぁ、アフォな観光客は何も考えていないんでしょう。何となく皆が記念撮影してるから、きっと有名な場所なんだろう、とりあえず私も撮っとこ、みたいなノリなんでしょうね。自分の身内が被爆して亡くなっていても同じことが出来るんでしょうか?

 この六十年余も、原爆ドームが存在し続ける将来も、このような悲しむべき光景は続くことでしょう。現代に生きる我われ日本人の使命は、戦争とは何か?戦争体験を通じて何を感じ、如何に考えて未来への教訓としなければならないか?という精神的な面の“遺産”をも後世に伝えることである…そう思って止みません。





別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

広島の美味かったもの

2009-09-08 Tue 19:47
 旅行の楽しみの一つに、ご当地グルメ(郷土料理)が挙げられます。人それぞれの好み、感じ方、楽しみ方がありますから「コレ」と決めつけるつもりはありませんが、

“お金を節約して夕食はマ○ドナルドでいいや”
“博多でサッポロ味噌ラーメン”


という食事の仕方は私的には考えられません(笑) 確かに美味しいものを食べようとすると高価な食事になることは多いですが、高い交通費(ツアー代金)払いながらここでケチってどうするよ?!…私はそう考えるタイプです。

 あと基本的に私は、旅行ガイドブックのような商業主義的基盤に立って「ここが美味しいよ」と広報活動するメディアの情報は鵜呑みにしたくありません。出来る限り幾つかの候補を挙げ、比較検討し、地元の人(オネエチャン?)の意見も取り入れて吟味した結果、「ここで食べてみようか」と決めるのが私のやり方であり、旅行に付随した楽しみでもあります。

 また、そうやってたまたま試したお店が“当たり”であっても、再びその地を訪れた際には別のお店も試すようにしています。何年も掛かりますがそうやって自分の好きな、落ち着けるお店、味が決まってくると嬉しいですね。


 さて、先の広島旅行でも1泊2日という限られた機会の中で、“広島風お好み焼き”と“ピリ辛つけ麺”を堪能することが出来ました。

 まずは“広島風お好み焼き”。旅行ガイドブックなどで大抵筆頭に紹介されているお店に「みっちゃん」というお店があります。私も去年広島初体験の際、真っ先に行きました。まぁ、味の好みは十人十色。「みっちゃん」が不味いとは思いませんが、私は“東京でも食べられる味”と感じました。

 しかしマスコミの力はかなり強力なようで、それ以降に同僚や友人と広島風お好み焼きの話をすると、多くの人は

「“みっちゃん”に行った。美味しかった」

と言う。今回、ホテルの食堂で隣のテーブルにいたグループも

「“みっちゃん”に行った。美味しかった」

と言う。マツダズムズムスタジアムにも出店している…。

 …ふ~ん。私はねぇ…こっち…地元の人の推薦で昨年昼食を食べた「うまいもん屋 五ェ門」(胡町店)の方が断然美味しいと感じましたケドねぇ。

 お好み焼きってどこで食べても味なんてほとんど変わらない、そう思っていましたが、ここ「五ェ門」のお好み焼きは、ひと口食べた瞬間(あ、違う)と分かりました。何故、ポリシーに反して今回も行ったのかというと、前回は一見さんゆえ注文の機会を逸した“五ェ門巻き”や、馴染みが無くて敬遠してしまった“うどん入りお好み焼き”を夕食として腰を据えて食べてみたかったんですよ。

 「五ェ門」(胡町店)は私に教えてくれた人が言っていたように、どちらかというと観光客よりも地元民中心に賑わうお店、という印象でした。しかし今回行ってみると、いかにも観光客というグループがたくさん順番待ちしていて、ちょっと悲しかったです。私も見事にその中の一人ではありますが(笑) ガイドブックにも載ってるし、仕方ありませんけれどね。

 念願の“五ェ門巻き”

2

想像通り美味い!! うどん入りお好み焼きも想像以上に美味い!!東京でも広島出身者が経営している広島風お好み焼き店を何件か訪れました。現地・広島の別のお店でも食べました。でもやっぱり私はここ、「五ェ門」が今まで食べた中では一番好きです。

 ちなみに今回は、店員さんの中に、“ハカセ”という名前の男性がいました。何となく「オバQ」に登場する“ハカセ”くんに似ていて笑えました(笑)


 もうひとつの「ピリ辛つけ麺」を食べたのも、実は去年も食べている同じお店「廣島つけ麺本舗 ばくだん屋」。最近テレビで頻繁に紹介されている東京でも有名なお店です。

 東京人には広島=尾道ラーメンという発想が一般的ですが、私に教えてくれた地元民曰く

「ラーメンといえばこっちではピリ辛つけ麺しかありえないって感じなんですケド…」

…だそうです。

 こちらもポリシーに反して連続して訪れたのは…去年はお酒のシメとして食べたので、味をよく覚えていなかったんですよね(笑) 正直、記憶の中ではスーパーでも買える、中華風辛いスープのつけ麺、という感じでしたが、シラフで味わったら確かに美味しい。中華っぽい辛いスープながらダシはしっかり鰹節で取ってあり、まろやか。

1

一緒に盛られたたっぷりのネギ、茹でキャベツ、きゅうり千切りと一緒に食べると、もっとまろやか。美味しかったです。これでようやく別のお店のラーメンを試せる(笑)


 まぁ、私も知らない味やお店はたくさんありますから、私の意見がベストとは言えません。でも地元民の情報はかなり“当たる”ので、今後も頼りにしながら美味しい広島の味を探求したいですね。




別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

マツダズムズムスタジアム初体験

2009-09-07 Mon 09:55
5

 小旅行を兼ねて、広島東洋カープの本拠地・マツダズムズムスタジアム(新広島市民球場)にやって来ました。目的は広島…ではなく、阪神タイガースの応援です(笑)

 でも実際には野球観戦そのものよりも、今年からオープンしたこの新しいボールパークを体感してみたい、楽しんでみたいということの方が大きかったですね。

 新幹線で約4時間、東京から広島へ到着。今通ったばかりの新幹線の線路沿いに戻るように寂れた(?)道を10分ほどズルズル歩く。球場へはほぼ真っ直ぐ1本道で、近くまで来ればスロープを通って2階のゲートに辿り着けました。

7

ちなみに試合終了後、球場から駅まで家路につく人々の波がず~っと続く光景は圧巻です。

 新球場ですからキレイなのは当然。しかしあえて座席数が減るのを覚悟で寝そべり観戦席・ネソベリアやバーベキューしながら観戦できるエバラシート(?)、キャットウォーク風連絡通路など、ファンを楽しませようという工夫があちこちに見られて好感を持ちました。

 グルメも選手プロデュースメニュー、ご当地名産品グルメ、ご当地人気店(メニュー)出店などしっかり押さえられて満足です。こういった商品開発って完全に私の地元・東京ドームが12球場中、最も遅れていますよね。

 そして何よりも嬉しかったのが、座席の広さ!!いちいち喜ぶほどのことではないと思われるかも知れませんが、大事なことです。旧市民球場の座席は狭く小さかったし、(確か)10席以上続いていました。ゆえにトイレや売店に行くために「スイマセン、スイマセン」と言いながら通路に出るのがとにかく煩わしかったんです。これが嫌で観戦を躊躇うくらいです。新球場ではそれが見事解消され、ゆったり脚を伸ばして観戦出来ました。それだけで何度でも観戦しに来ようという気になれます。


 もうひとつ、同じくらい良かったのが名物のスポーツバー。雑誌やテレビで紹介されるのでご存知の方も多いかも知れませんが、ライトスタンドの下

3

半地下くらいの位置にそれはあります。目印は客席に突き出た巨大バット(笑)

6

この下。

 最初は普通のバーかと思いましたが、何と!13時(試合開始2時間前)に発売開始される入場券(500円)が必要なんだとか。既に行列が出来ていました。

 13時になり入場券を買おうとしたところ、試合前または試合中、何時に利用するか?まで問われました。どうやらスポーツバーは30分間限定の入れ替え制なのだとか。だから入場券が必要なんですね。

 私は第1回の13時30分からを指定。改めて入場者の行列に並び直しました。意外と面倒臭い…。そして13時30分になり、係員に先導されて遂にお目当てのスポーツバーへ。…あ、やっぱりあった(笑)

2

バーの中はゴツゴツした岩のようなデザインの壁、野球場のバーとしてはやや小洒落た感じでしょうか?よく見ると旧市民球場から引っぺがしてきた(?)ロッカールームの一部が飾られていたり、座席がベンチシートだったりします。私も他の客を差し置いて真っ先に窓際の被りつきシート(?)へ。…おお!!

1

丁度目の高さにグラウンドが!まだ試合前でしたが、練習中の阪神の選手が間近に見えます。凄く臨場感あるし、こうやってのんびりグラウンドを眺めるのって…幸せ…(笑)

 肝心のドリンクは売店では売っていない“レッドアイ”(500円)に。30分で2杯頂きました。一応カープに敬意を表して赤いドリンクにしたつもり(笑)

4

ドリンクのお値段は入場料を徴収しているためか、やや安めでしょうかね?

 最初はセコい商売だと思っていましたが、こういった場所に入ることが出来て、僅か30分間ですがお酒を飲みながら所縁の品々に囲まれてのんびり観戦出来るのは十分に価値のある楽しみ方だと思い直しました。500円払う価値あります。それに入れ替え制にしないとすぐに満員になるし、ずっと窓際の席に居座る輩もいるでしょうから、このやり方は正解でしょう。

 結果的にこの土・日は、快適な座席とスポーツバーを含む新球場で心から楽しむことが出来ました。両日とも当日券が完売するほどの盛況だったのは、クライマックスシリーズ出場権争いや週末だから、という要因と同じくらい、このボールパークの魅力も大きいと思いました。


東京ドームもそろそろファンのために何かやらなきゃダメ


ですね。


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

この夏の思い出

2009-09-05 Sat 00:00
 9月になり、だいぶ涼しく過ごし易くなりましたね。この夏はいかがでしたでしょうか?

 私は親の病気介護のための休暇中なので、長期旅行は遠慮しました。その代わりに、とても大切な趣味でもあり、現在の最大の楽しみでもある「あること」を覚えました。それは…今、静かなブームとりつつある、散歩です。もちろん愛犬・ビータくん(ジャック・ラッセル・テリア、♂、8ヶ月)と一緒なのは言うまでもありません(笑)

 これまでの私は、散歩なんて時間の無駄だとしか思っていませんでしたし、自分が住む区のことも…大きな繁華街や仕事との関連も無いためほとんど興味無し。自宅と駅の往復か、近所への買い物の時に目に映る風景が、地元の全てでした。

 それが犬を飼い始め、お散歩デビューしてみたものの、毎回同じコースでは私が飽きてしまう。じゃあ、色々な場所を歩いてみよう。でも、犬を連れて行ける所って…公園?早速、公園の情報をまとめたサイトを活用し、1ヵ所1ヵ所訪ね歩くことにしました。

 これを機にウン10年振りに歩く道や、近所なのに初めて歩く道…色々歩きましたが、新しい発見に満ち溢れていて本当に面白い。毎回色々な公園を目指して何となくアタリをつけて冒険スタート。途中何度も迷子(笑)になったかも…と焦りつつも、いきなり知っている道に出られた時の驚きと嬉しさは、自分の中の宝物が1つずつ増えていくようです。それを繰り返し、パズルのピースがどんどん埋まっていく感じも好きで、次第に地元愛が芽生えました(笑)

 公園そのものも…今回のような休暇が無ければ恐らく一生足を運ぶことも無かったと思いますが…今は清潔で広く、様々な個性を持つ公園が多いんですね。初めての公園との対面はいつも楽しみ。隅々まで広さや機能性、植物の種類、遊具の種類や歴史など吟味することが生き甲斐です。今でははすっかり公園マニア(笑)と化しました。この気持ちを例えるなら、ドラクエで新しい町やお城に辿り着いた時と同じ気持ちかも…(笑)

 ただ、自宅から片道徒歩1時間半くらいまでの範囲にある公園は既に行き尽くしてしまったので、守備範囲を広げて名所やランドマーク的な場所などにも行くようになりました。いつかビータくんと都内の有名な公園を巡る旅(?)をしてみたいと思っています。今はそれが最大の楽しみですね。

 最後に、ほんの一部ですがこれまでビータくんと訪れたスポットを紹介します。


【公園編】
tgw
多摩川ビータくん

mat
新興開発都市ビータくん

dkn
ドラえもんビータくん

rdo
ラジオ体操ビータくん

kks
案山子ビータくん

tgr
黄昏ビータくん


【名所編】
dec
セレブビータくん

kks
勝海舟ビータくん

6go
用水路ビータくん

krm
黒松ビータくん

tkd
時計台ビータくん

ygr
矢切り?ビータくん


【ネタ編】
d51
機関車のモノマネビータくん

sin
心霊写真のモノマネビータくん

pos
「ボクは大丈夫」ビータくん

frt
フロンターレビータくん

vta
ビータ@ヴィータ


【珍百景編(ナニコレ!!)】
suido
オ○パイ?ビータくん

hamaya
破魔矢ビータくん

tukidasi
壁抜けビータくん

sakasa
逆さまビータくん

oudan
渡れないよ!ビータくん

bkbn
怒りの珍百景ビータくん


【ドラクエ編】
slim
「スライムA が あらわれた!」
「スライムB が あらわれた!」
「スライムC が あらわれた!」
「ぽたん が あらわれた!」

peropero
「ビータくん の ペロペロこうげき!」
「ミス! ぽたん に ダメージ を あたえられない!」

dina
「きょうりゅう が あらわれた!」
「ビータくん は おどろきとまどっている!」

dragon
「ドラゴン が あらわれた!」
「ビータくん の こうげき!」
「ビータくん は 水をのみたそうにしている!」

tiger
「タイガー が あらわれた!」
「(ガサガサガサッ!)ビータくん は にげだした!」

rikido
「リキドー の こうげき!」
「リキドー は みをまもっている!」

niou

「おこりんぼう星人 が あらわれた!」
「ビータくん は にげだした!」
「しかし まわりこまれてしまった!」







別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑

「KY」を解禁させた男

2009-09-03 Thu 08:55
 数年前の流行語でもあるKY(空気が読めない)という言葉。今では少々埃を被ってしまったような気がして、使うにはちょっと勇気が必要なのは…私だけ?

 昨日芸能ニュースをテレビで見ていたら、そんな拘りを意識する以前に、

こいつ、ホントKYだな!

とイラつかせる男がブラウン管(ふっる~)に現れました。そうです。欽ちゃんです。

 欽ちゃんといえば、最近では自身が監督を務める草野球球団関連の話題でしかテレビでは見ません。しかもたまの登場機会にもかかわらず、彼のコメントもパフォーマンスも面白くも何ともないオールドスタイル。極楽とんぼ・山本が淫行で捕まった時の一連のパフォーマンス(タレント生命を掛けた大舞台だった?)も世間の反感を買っただけで、単にイタいだけでした。これこれ、これが典型的な“KY”なんだよ!という、天然記念物級のKYを見せてくれる男、という意味では貴重な存在かも(笑)

 まぁ、かつての“視聴率100%男”も今では芸能界の隅をウロチョロしてる、ただの老人ですね。かつて看板番組を楽しみに見ていたファンとしては悲しい限りです。

 その欽ちゃん、自動車点検推進PRイベントに関わったとかで珍しく芸能ニュースに登場。記者に話題を振られて(?)『24時間テレビ32 愛は地球を救う』(日本テレビ系)のチャリティーマラソンに言及。あぁ、結局テレビ的には“自動車点検推進PR隊長就任”なんてどうでも良くて、こっちのコメントが欲しかったのか…ホント、過去の人になっちゃったんだなぁ、欽ちゃん。

 ところが欽ちゃん、発するのはイモトアヤコに対する純粋な労いの言葉ではなく

「途中止まったり、私と同じように時間内にゴールできなかったのでなんだか嬉しかった」

とか

「いい仲間として“時間通りゴールできなかったチーム”を作りたい」

などと、もはや職人技レベルのKY発言!!(笑) だってイモトは126.585km、欽ちゃんはその半分の70㎞じゃん。しかもイモトは結構真面目に“走って”いたように見えましたが、欽ちゃんは“歩いた”だけぢゃん(笑) なのに労うでもなく上から目線気味に完全に同列扱い(笑)

 それに“チーム”って何のチームなんだっつーの。思いつきで発言しているのがバレバレ。単にイモトに便乗してテレビに出たいだけ、と思われても仕方ありません。

 また、報道陣からまた挑戦したいかと問われた時にも

「また走りたいってほど楽じゃない。今なら言えるでしょう、二度とやりたくない!」

と、毒づきました。テレビに出たいはずなのに、日テレ関係者がムッとするような言い方。これがビートたけしなら自然に聞こえたのでしょうが、“いい人”イメージで売ってきた欽ちゃんが言うと不快に感じてしまいます。咄嗟に気の利いたコメントが出てこないあたり、やはり終わっちゃった過去の人なんですね。


 あ~、せっかく今年は「24時間」関連の批判はしないようにしていたのに…(笑)

 でもイモトアヤコは経費削減で大物タレントを起用出来なかったにせよ“当たり”でしたね。最初は単に下品なリアクション芸人だと思っていましたが、「世界の果てまでイッテQ!」を見たら次第に良く思えてきました。私は24時間チャリティーマラソンも素直に応援出来ましたよ。何よりも高視聴率に大きく貢献しましたしね。

 やはり…旬なタレントに便乗することすら出来なくなった欽ちゃん、終わってますねぇ…。





別窓 | エンターテインメント | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑

ココ・シャネル

2009-09-02 Wed 11:28
photo

 せっかくの映画の日でしたので、「ココ・シャネル」を見て来ました。

 私は人気ブランドのCHANELとは縁遠い存在です。CHANELといえば製品よりもモンローやモモコ(笑)、マーシー&クワマンにCHANNEL(パッチ物)をまず思い浮かべてしまいます。

 そんな私がなぜこの映画を見ようと思ったかというと、8月18日に日テレで放送された「衝撃!女たちは目撃者 歴史サスペンス劇場」が大変面白かったからです。ココ・シャネル(CHANEL創業者)と宇野千代(小説家)の波乱に満ちた生涯は、どちらも見応え十分。本人(故人)たちに興味を持つのに時間は掛かりませんでした。

 とりあえず、宇野千代が2番目の夫・尾崎士郎と暮らした土地を訪問(先に著書読めって?)。

 photo2

愛犬・ビータくんも同行したことは言うまでもありません(笑)

 そして丁度良いタイミングで公開されることを知った「ココ・シャネル」も見てみたくなったのでした。


 まぁ…映画の感想はというと…ひとことで言うなら、テレビの再現ドラマ中心のドキュメントの方が彼女の生い立ち、仕事、私生活が万遍なく紹介されていて、色々な事を知ることが出来て面白かった。映画はあえて見なくても…(以下省略・笑)。

 でもこれは私がCHANELに興味の無い男性で、(恐らく)男性向けに作られた番組と比べてしまったからこう感じたのだと思います。

 逆に映画は、完全にエチエンヌとボーイ・カペルとのロマンスが中心。70歳でカムバック直後のコレクションで失敗したシャネルがリベンジを誓うに当たり、これら2人のかつての恋人との日々を回想するという構成でした。正直、ボーイの事故死のシーンが映画終了10分前にくるとは思いませんでしたが(笑) 女性やCHANELファンには映画の方が好まれるかも知れません。男性はシャネルが第二次世界大戦を止めさせようと働き掛けた件などが面白いと感じると思うのですが、そういったエピソードはカットされていましたしね。

 キャストも私的には良かったと思います。まぁ、シャネル本人を見たこと無い私が評価出来る話ではありませんが(笑)、晩年のシャネル役のシャーリー・マクレーンはまるで(私の妄想上の)シャネル本人のようでしたし、若い頃を演じたバルボラ・ボブローヴァも自然な可愛らしさが魅力で、(きっと若き日のシャネルもこんな感じだったんだろうなぁ…)と妄想させられました。

 それにしてもブランドの持つパワーって凄いんですね。CHANELに限らず恐らくどんな一流ブランドにも、それを作った人たちの主張や熱い情熱が込められているものなんですよ。こりゃ、受け止める(買う)側も単なる憧れや見栄っ張り用アイテムとして欲しがっては、ブランドが可哀想です。泣いちゃいますね。


 こういった映画なので、映画館にもババア…いや、年配の女性グループが多く見られました。それ自体は良いことなのですが、映画館に慣れていらっしゃらないようで…


フードやドリンクのメニューの見方、買い方など勝手が分からず、無駄に行列を誘発


していました(笑)
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

多分日本最悪のセブンイレブン○○店

2009-09-01 Tue 09:45
 本当はここでは、愛犬ビータくんのことなど(?)、もっと楽しいことを書きたいのですが、近所のセブンイレブンの接客が相変わらず最悪で、今私が最も訴えたいことはそのことなんです。なので、今一度この話題に触れたいと思います。

 先日この、私の自宅から徒歩1分ほどの場所にあるセブンイレブン店員らの、あまりに酷い接客態度について綴りました。いい加減もう利用したくないのですが、最近のセブンイレブンはレトルトカレーや冷凍食品から、お惣菜的加工食品まで、安価なプライベートブランド商品の充実ぶりには目を見張るものがあります。だからどうしてもたまに行ってみたくなってしまうんですよ。せっかく商品開発に力を入れて客の注意を引きながら、寄って来た客に酷い態度を取って邪険に扱う…って、ドッキリカメラ並みの悪い冗談。消費者虐待ですよ!!

 つい2、3日前にもこんなことがありました。

 早朝、朝食を買いに問題のセブンイレブンへ。1.5リットル入りのミネラルウォーターとウーロン茶(どちらも安いプライベートブランドもの)、それにサラダとポパイ焼き(?)を買うべく、レジへ向かいました。

 ポパイ焼きは明らかに前日から冷蔵されっ放しの売れ残り商品でしたから、さすがの私も温めた状態で食べたいと思いました。ところが店員(男性・20~30代)、

「温めますか?」

と訊ねてくる様子も無くどんどん袋詰めを進めてしまう始末。

(客であるオレから申し出るなんて面倒臭せぇ~なぁ~…)

と思いながらも私は自ら

「温めて下さい!」

と冷たく言いつけました。

 電子レンジで温められた商品が再びレジ台の上に戻った時、更にイラっとくることが。何とその店員、

「温かいものと冷たいものは、袋を別々にしますか?」

ですと。当たり前だっつーの。それじゃ温めた意味が無いじゃないですか。

 エコ意識を持って1つの袋にしてくれ、という意味だったのかも知れませんが、余りにも顧客スタンスに立っていない接客に非常にムカつきました。直ぐ近くのサンクスでは言うまでもなく別の袋に入れてくれますし、そもそもこのセブンイレブン、弁当+αを買おうとすると、いつも弁当や総菜をタテにして強引に袋に詰め込もうとする店員ばかりなんですよ!それが嫌なので尚更キッパリ

「別々の袋に入れて下さい!!」

と答えました。

 いちいち怒っていたらキリが無いことは理解しています。それでも駅から最も近いからか、他のコンビニよりも客が多いように見えるのが…あ~本当にムカつく。

 同じように感じているのは私だけではありません。客もこういう店舗は敬遠して、店員、いや、経営者に己の接客を悔い改めるチャンスを与えないとダメですね。


 そういえば先週末、法事のため久々にこちらに出てきた妹が、このセブンイレブンに買い物に行きました。私はあえて予備知識は与えませんでしたが、妹は帰って来るなり開口一番


「あのセブンイレブン、『いらっしゃいませ』も『ありがとうございました』も言わない!こんなコンビニ初めて!!本部にチクるしかないな(怒)」


訴えるかどうかはともかく、私の被害妄想じゃないことが証明されて良かった(笑)





別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 瑠璃色幻想曲 |