現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
ケータイメールで振り返る神戸の旅~その3

2009-10-30 Fri 12:00
 26日は台風の影響を多少残しつつも傘を必要とせずに済みました。翌27日も神戸市内は晴れとの予報。しかしこの旅最大の目的である竹田城跡がある朝来市方面ではまだ降っているらしい。300メートル級とはいえ、雨の中、山に登るのは嫌だなぁ…電車の本数も少ないし、神戸から往復5時間以上かかるし…急に面倒臭くなってきました(笑)

 そこで急遽、27日は大阪で過ごすことに変更。万博記念公園→ミナミで大阪プロレス観戦→スポーツ用品店でMLBグッズ物色→たこ焼き→新世界の串揚げとビールでマッタリ…悪くないな(笑)

 しかし三宮駅に近づくにつれ再び気持ちに変化が。(今行かなくていつ行くんだ、オレ!)天気予報もいつの間にか晴れに変わっているし…行こう!竹田城!!待ってろよ!松たか子似のプリンセス!!(後ほど説明)


-----------------------------
2009.10.27 8:00
タイトル:怒りの珍百景
本文:(なし)

20
-----------------------------
 電車の時間まで三宮駅前をブラブラしている時に発見。思わずネプチューン司会の人気バラエティ番組「ナニコレ!珍百景」(テレ朝)に投稿して、ホリケンを激怒させたくなりました(笑)もちろんこんな朝の忙しい時に誰も返信などしません(笑)



-----------------------------
2009.10.27 9:30
タイトル:いざT城へ
本文:朝起きたら無性に竹田城行きが面倒臭くなりました(笑)
代わりに大阪コースにしようと駅へ向かったら、再び気が変わり竹田城行きの電車に乗りましたよ(笑)
それにしても遠い…。


タイトル:Re:いざT城へ
本文:帰りに名古屋城でも見てくれば?


タイトル:Re:いざT城へ
本文:竹田城って別名『東洋のマチュピチュ』って言われている城だよな?雲海の上からそびえる城跡の写真を見ると、まさしく『天空の城』って感じがピッタリな幻想的な写真だったなぁ。

-----------------------------
 あえて“T城”と伏せた理由は後ほど…。
 前日同様、JR神戸線の新快速で姫路へ向かう間の遣り取りです。既に姫路までの1時間弱が長いと感じなくなっていました(笑)
 ちなみに名古屋城へは今年1月に訪れているんですよね。というか、新幹線の往復チケットもツアー料金に含まれるので途中下車は考えられません(笑)
 竹田城…そう、オレは今から何とも言えない凄いモノを見に行くんじゃないか!遠くても頑張ろう。
 10月から11月にかけて、晴れた日の翌朝には霧が立ち込めて息をのむほどに美しいと言われる竹田城。でもそれを見るには城山の麓の旅館に泊まるか、早朝に車で行かなきゃダメだと分かりました(笑)



-----------------------------
2009.10.27 11:40
タイトル:つ、ついた~
本文(なし)

16
-----------------------------
 姫路駅から北に向かう播但線は、途中の寺前駅からまさかの単線!(一部区間を除く)ようやく竹田駅に着き、ホームのトイレで用を足していると電車は出発。ガタンゴトン…ガタンゴトン…電車の走る音が聞こえなくなると…何も音が聞こえない!!メチャクチャ静かな町だ…。

 駅の職員もオヂサン1人だけ。時刻表を見ると電車は約1時間半に1本、22時台まで走っているのに、切符を売るオヂサンはなぜか17時までの勤務(笑)あるんだ…こういうノンビリした駅…。

 丁度お昼時だから何か食べておこうと思ったのに、駅周辺には飲食店どころか食料品を売る商店すら見当たらない、もしくは営業していない。というか人間の姿をほとんど見ない!(笑)もっと竹田城を前面に押し出して商売しても良さそうなのに…言葉は悪いですがまるでゴーストタウンでした。

 さあ、登山道登るぞ~。
15



-----------------------------
2009.10.27 12:30
タイトル:天空城より
本文:竹田城本丸跡より。高尾山以上にキツかったけど頂上は超気持ちいい!いつの間にか疲れが消えた。

19
-----------------------------
 いやぁ…とにかく美しく幻想的な、空中の別世界という感じでした。車なら大手門直前まで来れたのか!という後悔すらどうでもよくなりましたよ(笑)

 頂上には10人ほどの(恐らく)名城マニアがいましたが、皆真剣に見物していました。山頂には簡単な案内用立て札以外に何ら近代文明を感じる物体が無いのも嬉しい。

 石垣ベースで見ても端から端まで想像以上に広い城跡エリアですが、どの場所から、どの角度を眺めてもベストビュー。本当に来て良かったと感じました。

 特に最も高い位置にある本丸跡からの眺めは最高。梯子を使わないと石垣の上に登れませんが、これが結構怖い(笑)でもその恐怖に見合うだけの価値はありました。

知らないオバサン「どうですか~景色いいですか~?」
私「最高で~す!」
知らないオヂサン「天下取った気分なんじゃないですか~?(笑)」
私「その通りで~す(笑)」

…なんて会話が思わず弾んでしまうほど気持ちよく、下界に降りたくなくなりました(笑)ホント、これだけの満足は人生でそう味わえないのではないか?、それほどに満足しました。



-----------------------------
2009.10.27 13:00
タイトル:美女とのツーショット
本文:オレの隣、松たか子似のプリンセス、どうよ?!

1

タイトル:Re:美女とのツーショット
本文:美女いない

-----------------------------
 実は「新耳袋殴り込み」で紹介された心霊スポット、面白いように狐火が撮影出来るT城って、この竹田城のことじゃないか?と思っているんですよ。首の無い巨人の心霊写真も、お月さまのような狐火が映った映像も見ましたが凄かったです。

 T城=竹田城の根拠は他にも
・兵庫県にある
・“天空城”と呼ばれていた
・本で紹介された城に纏わる悲劇のエピソードが竹田城のそれに似ている
…どうでしょう?ギンティさん?(笑) 

 私もあわよくば心霊を撮影したかったのですが、狐火が現れる、松の木が生えた石垣がどうしても特定出来ませんでした(笑)あ~、情けない…。

 そして「新耳袋殴り込み」では、取材班の行為に怒った(?)松たか子似のお姫様の霊が彼らを追いかけてきたと言います。その霊とツーショットで写真を撮影しましたよ、という意味のジョークがこのメールの画像なのでした(笑)旅行前にこの話、伝えていたはずなのに…完全に忘れてるな。



-----------------------------
2009. 10.27 19:15
タイトル:新世界串揚げの件
本文:新幹線の時間までに何とか時間を作って、新世界に串揚げを食べに行きましたよ。時間が無いので辿り着くまで走ったり、トイレ我慢したり(笑)
やはり東京では味わえない美味さ&安さでしたね。懐かしさや日常の色々な気持ちが混ざり合って、知らず知らずのうちに涙がこぼれそうでした。
ちなみに献立は、串揚げ10本セット+4本、どて焼き、生中3杯、レモンサワー。これで滞在時間は25分!(笑)
14
-----------------------------
 結局竹田駅で帰りの電車に乗れたのが14時半。朝は松屋、昼は抜き(!)だったので、最後に何か美味しいものを、と大阪は新世界へ行きました。30分くらいなら何とかなりそうでしたし、まだ混雑する時間帯でなかったのが幸いしました。

 お店は迷わず2年前に初めて入った“じゃんじゃん”さんへ。新世界の串揚げ屋さんは今まで3店しか行っていませんが、その中では最も私の舌に合うお気に入りのお店です。東京でも関西出身のマスターが経営する串揚げ店に何軒か行きましたが、本場で得られる満足にはほど遠かった…。懐かしい…この旅最後に手に入れた、最高に幸せな25分間でした。
17913


 …それにしても2日目…メールの返信やたら少ねぇなぁ…(笑)


<おしまい>


スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

ケータイメールで振り返る神戸の旅~その2

2009-10-29 Thu 12:00
 前回の続き…『ケータイメールで振り返る神戸の旅~その2』です。


-----------------------------
2009.10.26 18:00
タイトル:ケーヤー
本文:(なし)
22
-----------------------------
 定番ですがメリケンパークからハーバーランドにかけて見られる夜景を楽しみに来ました。しかし夜景といっても時刻はまだ18時…世間様はまだ仕事に、夕食の準備に忙しいことでしょう。誰からも返信はありません(笑)

 まぁ、それは良いのですが…こんな早い時間帯に夜景見物に来たのにはワケがありまして…。そう、

この旅唯一の不快な出来事、いや、本来素晴らしい街であるはずの神戸の印象を呆気なく悪く書き換えられてしまった出来事に遭遇したのですよ!!

 夜にホテルに帰ってから、その出来事をまとめてメールにしたためました。以降のメールとの順番が前後しますがご了承下さい。

-----------------------------
2009.10.26 23:30
タイトル:Tの件
本文:神戸行きが近づくにつれ、無性にTの名物料理・○○や▲▲を食べたくなったので、店の場所調べて夕食として行ってみた。
まず、17:30頃行ったら『準備中』。仕方なく先に夜景を見に港方面を散策し、19:20頃再び訪問したら『商い中』。しかも中を覗くと客は誰もいない!テーブルにも箸が並べてある…準備万全に見えた。チャンス!
ところが店員は「まだ(開店前)なんですよ」
俺「何時頃ならやってます?(オープンします?)」
店員「19時半…20時頃ですかねぇ…」
実は事前にネットでこの店の口コミを調べたが、“料理や料金設定の評価は高いものの、有名人行きつけの隠れ家的店ゆえ、敷居が高くてちょっと…”的なコメントが目立った。多分、見たことの無い男が一人で来た、後からお得意さんが来た時に席が埋まっているとヤバいから暗に拒否っちゃえ!的悪意を感じたが…どう思う?


タイトル:Re:Tの件
本文:『商い中』で断られるのはムカツクし、ありえない。2ちゃん行き決定だな!
もともと私が薦めたんだし、私の方が腹立ってきた。そんな営業で人気店っていうのがムカツク!


タイトル:Re:Re:Tの件
本文:まぁそういう店なんだろ。普段飲みに行こうと思ったら誰でもある程度街や店の選択肢が決まっているように、今後はその選択肢の中にTが絶対に入らないだけの話だよ。それにしてもムカつく。俺の中ではTに来ている有名人たちの印象も最悪になった。

-----------------------------
 補足しつつまとめますと、
・知る人ぞ知る評判の高い、Tという飲み屋が神戸にある。
・私は知人(女性2人、どちらも一見さんの立場で利用経験あり)から薦められていたこともあり、行ってみた。
・しかし店のドアの札は「商い中」なのに店員から「まだ準備中で開店前」と断られた。素人目ながら準備は整っているように見えた。
・ネットの口コミサイトでは高評価だが、もともと地元の常連や有名人の客中心に営業している店なので敷居が高い、というコメントが目立っていた。

 …という嫌な思いを、初めて訪れた街で味あわされてしまったのです。メールの知人は一見さんでも入れてもらえたのに…女だからか?それともオレのナリがNGだったのか?(笑)

 居酒屋を経営する知人の話だと、「“商い中”で断るのはありえない」そうです。真相は分かりませんが、せめて「予約が入っているから」くらい言ってくれればありがたく騙されてあげるのに…。

 私はお望み通り二度とTには行きませんが、実はTって全国的に知る人ぞ知る店です。…ってことは考え方によっては神戸を代表する飲み屋でもあるんです。他のプロレスファン…いや、他県からのお客さんが訪れることもありましょう。そんな店が商売の基本を忘れてしまっているようでは、店の評価、神戸の評価、そして店の経営者の従兄弟が社長を務める某プロレス団体と所属レスラーの評価まで落としますね。

 代わりに私は当初食べてみたかったコレにありつけましたので良かったですが。


-----------------------------
2009.10.26 21:00
タイトル:牛肉の概念が…!
本文:夕食は正真正銘の神戸牛サーロインステーキ(カウンター席目の前で焼いてくれる鉄板焼き屋さん)をいただきました。ありがとうございますありがとうございます(ドラゲー・YAMATO風に・笑)
高いだけあって驚愕の美味さ!全く期待せずに入りましたが超大満足!!やっぱり神戸は凄い!帰ったらジム行かなきゃ(笑)

10

タイトル:Re:牛肉の概念が…!
本文:神戸牛は西日本で一番美味い、という話はよく聞くが、やはりその通りか。
世間的に美味い牛肉は、「東の米沢牛」、「西の神戸牛」、そして「中(日本中部)の松阪牛」と言われているらしい。

-----------------------------
 個人的には先週、伊豆の宿で食べた、「南の宮崎牛」も美味しかったので追加しておきます(笑)神戸と言えば神戸牛を堪能するしかない、と思っていましたがちょっと高価なのがネックになっていました。ある意味直前に味わった、飲み屋「T」の悪意あるあしらいで火が点きましたね。値段が気にならなくなっていました(笑)

 肉の品質はもちろん、焼き方、ソースに至るまで初めて味わう味の連続。蛇足ですが…いや、蛸足か?オードブルで出された明石蛸焼きも初めて味わう味でした。タコってこんな味だったっけ?と真剣に思いましたね。


 この時点では知る由もありませんが、実はこの旅、神戸でまともに食事する機会はこれが最後だったのでした。改めてお礼をば…

美味しかった神戸グルメたち…ありがとうございますありがとうございます(ドラゲー・YAMATO風に)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

ケータイメールで振り返る神戸の旅~その1

2009-10-28 Wed 15:18
 1泊2日の神戸(兵庫)旅行から帰ってきました。

 最大の目的は世界遺産・姫路城(白鷺城)と、個人的に最も好きな日本のお城・竹田城(虎臥城)跡を訪れること。本当は病気の母も連れて行きたかったのですが色々な意味で難しく、気ままな一人旅になりました。

 だから…というわけでもないのですが、道中はいつもの旅行中以上に家族・兄弟・友人・知人らに発信したメール(画像含む)の件数が膨大な量になってしまいました。よくよく考えると私は楽しいのですが、受信する側、平日普通に働く方々としては…(省略)…だったでしょうね(笑)

 まぁ、表向きには“私が何か犯罪に巻き込まれた時のため、履歴を残す目的”ということで勘弁してもらいつつ(笑)、ケータイに残された送受信履歴の一部を用いてこの旅を振り返ってみたいと思います。


-----------------------------
2009.10.26 7:10
タイトル:さあさあさあ!
本文:今から兵庫城巡り?の旅に行って来ます。
3

タイトル:Re:さあさあさあ!
本文:もう電車?


タイトル:Re:さあさあさあ!
本文:羨ましいな~。

-----------------------------
 これから身支度整えて出勤しようという時にこんなメールを受信した日にゃ…すみません、気持ち高ぶってました(笑)返信してくれただけ有り難いです。
 しかし朝7時発とはいえ、新幹線の旅にビールは欠かせません!一種の儀式ですね。実際はまだ飲みたくなかったのですが(笑)



-----------------------------
2009.10.26 11:00
タイトル:関西限定?
本文:コカコーラzero・サンガ缶
4

タイトル:Re:関西限定?
本文:地方(特に西日本)に行くと、こういう地域限定の缶飲料をよく見かけるよな。
他にもいっぱいあるんじゃないか?関西だからガンバとかセレッソとかヴィッセルとか…。


タイトル:Re:Re:関西限定?
本文:なぜか(アビスパ)福岡を発見(笑)
7
-----------------------------
 Jリーグ公式スポンサーのコカ・コーラ。自動販売機で何気なく1本買ったら京都サンガFCデザイン缶でした。東京で売っているものだと“Jリーグマーク”一種類なんですよね。その割に2本目に買った缶はアビスパ福岡(笑)関西地区のチームだけでなく、全チームのデザイン作られているのかも知れません。
 更にその後、喉が乾いたらなるべくコカ・コーラzeroを買い続けたところ、
586
面白いようにガンバ大阪、セレッソ大阪、ヴィッセル神戸デザイン缶ゲット。全くダブらないのも珍しい(笑)



-----------------------------
2009.10.26 12:30
タイトル:う、美しい…
本文:最も美しいとされるポイントより。
21

タイトル:Re:う、美しい…
本文:姫路城(白鷺城)に行ったのか!重ねがさね羨ましいな~。
あと、松本城と犬山城と彦根城に行ったら、日本の国宝の城完全制覇だな!
姫路城ってよく映画や時代劇や大河ドラマのロケで使われるし、最近では中国や台湾や韓国なんかの映画やドラマでも使われているらしいぞ。


タイトル:Re:Re:う、美しい…
本文:色々な意味で他の城には無い新鮮さを感じましたね。
・天守までの道のりが遠い!軽いハイキング状態!
・さすが世界遺産!外国人観光客が多い!
…ちなみに私のすぐ前に、パツキンの可愛いオネエチャンが見学していたのですが、やたらしゃがむ度にお尻が見えるので、ずっと後をつけていましたよ!(笑)
・内部はスリッパに履き替えて見学!
・中は電燈が無く薄暗い!
・階段が急!
・普通に蔵の中を歩いているみたい!
・お菊井戸が敷地内にあった!得した気分(笑)

-----------------------------
 最後の私からの返信はさて置き、貴重な情報を頂戴しました。確かに時代劇を見ていると、CM明け一発目のカットがこの角度の姫路城だったりしますね。
 ちなみになぜここから見る姫路城が最も美しいと分かったかというと、どこぞの町内会のツアーに勝手について行き、ガイドさんの解説を盗み聞きしたからです(笑)
 しかし、“あと~”って、まだ4つのうち1コ見ただけなんですけど(笑)



-----------------------------
2009.10.26 12:45
タイトル:こ、こんなところにビータが!
本文:(なし)

2
-----------------------------
 ビクターのマークに使われているフォックステリアくん。これだけ大きな置物、最近じゃ見ないですね。同じテリアだからか、何となく我が愛犬・ビータくん
23
に似ていると思うんですよ。私が変なことをすると首をかしげるし(笑)
 なお、このメールへの家族からの返信は残念ながら無し。きっと、私の代わりにビータの散歩や餌、トイレの世話でそれどころじゃないのでしょう(笑)



-----------------------------
2009.10.26 14:00
タイトル:等身大
本文:(なし)
18

タイトル:Re:等身大
本文:これって等身大の鉄人28号だよね!
そういえばお台場には等身大のガンダムがあるね。その「東のガンダム」に対抗して「西の鉄人28号」としてアピールするために作ったのかも。


タイトル:Re:Re:等身大
本文:私はガンダムと鉄人28号の間世代なんですよね。だからどちらもパッとしなくて…。ライディーンやコンバトラーVがいいなぁ…。

-----------------------------
 お台場のガンダムはイベント開催期間が終わり、別の場所に移して展示するような話を聞きましたが、どうなったのかな?
 鉄人28号は、阪神淡路大震災の悲劇からの復興のシンボルとして、作者の横山光輝氏が神戸出身という縁で作られたそうです。
 でも鉄人28号って、私の父の世代の人気ロボットなんですよね。逆にガンプラブームの頃の私は既にプロレスやプロ野球に夢中だったし…その間、昭和50年代前半製の等身大ロボットが見たいなぁ。鋼鉄ジーグなら鉄人28号と同じく18メートル。コンバトラーVは♪身長~57メ~トル 体重~550トン…ですが(笑)



----------------------------
2009.10.26 14:20
タイトル:本日昼食献立の件
本文:(昼食)フカヒレラーメン、チャーハン、飲茶 (デザート)神戸牛ステーキバーガー


12

タイトル:Re:本日昼食献立の件
本文:もしかして南京町?


タイトル:Re:Re:本日昼食献立の件
本文:多分ご想像通りですよ(笑)

----------------------------
 JR元町駅から海の方に歩くと目立ってくる、本場モノの中華料理店の数々。遅い昼食にリーズナブルなフカヒレラーメンセットと生ビールで一人乾杯。
 その後も近くをブラブラしていると、正真正銘の神戸牛を使ったコロッケ、メンチカツ、ハンバーガー、ステーキ丼などがテイクアウト出来る人気店がありました。デザート代わりに“神戸牛ステーキバーガー”(700円)を買い、近くの中国チックな広場で食べる…この中華料理→バーガー(またはコロッケなど)→広場で食べる、というパターンに陥る観光客って多いみたいです(笑)

11


 さあ、胃袋も満たされたし、ひとまずホテルにチェックインするか。夕食予定時間まであと3時間しかないし(笑)





別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

いい日旅立ち~西へ

2009-10-26 Mon 08:54
 思いつきで神戸へ行くことにしました。今、新幹線の中でこの記事をしたためています。

 この旅、JR東海ツアーズのフリープランなのですが、最初は姫路駅近辺のホテル1泊を含むプランをウェブサイトで探しましたが取り扱い無し。

 仕方なく一番近い神戸にしましたが、何と!新幹線の切符は新大阪まで!

 しかもひかり号を選択したら、この時期で3万円オーバー!

 ちなみに9月の広島1泊ツアーは週末、のぞみ号で2万5千円。

こんなものなのでしょうか?
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

プロ野球史に残る名シーン誕生

2009-10-25 Sun 22:24
photo
(北海道新聞より拝借)

 東北楽天ゴールデンイーグルスの2009年が終わりました。

 終わってみればセ・パともクライマックスシリーズを開催するまでもなかったかのように、順位通りの結果でしたね。

 しかしまぁ、巨人か日ハムのどちらが日本一になるのか分かりませんが、2009年を象徴するチームは間違いなく楽天。今年は楽天の、楽天ファンのための1年間でした。

 そして10月24日、札幌ドームで試合終了後、楽天、日ハム両チームから胴上げされる野村監督…素晴らしいシーンでした。“バース・掛布・岡田の三者連続バックスクリーンへのホームラン”や“打倒巨人を目前に涙する清原”同様、今後のプロ野球の歴史に残る、忘れられない名シーンになりそうです。


別窓 | エンターテインメント | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

中国人労働者品質丸出しな従業員

2009-10-24 Sat 19:24
 今や週末セールのお陰で平日に買い物する意味が見出せなくなった感のあるユニクロ。そのユニクロを冷やかしに、近くの店舗まで足を運びました。

 ユニクロへの道のりの途中にある某ラーメン店を覗くと、カウンター席が2、3空いています。昼食時に珍しいなぁ、と思いつつせっかくなのでここで昼食を取ることにしました。

 このラーメン店、知名度は低いながらも、過去には何度かマスコミに取り上げられたことがあるくらい、味はなかなか美味しいと思います。いつも昼食時は近くで働く人々が押し寄せて混雑するので正午前か13時以降が狙い目。

 さて、カウンター席に着いた私が注文したのは、塩ラーメンと(ミニ)豚バラ煮丼のセット、それに瓶ビール(笑) これまでもここでは9割方この組み合わせです。注文を取りに来たのはいつもの女将ではなく、話し方から明らかに日本人ではない、中国人と思しき青年。たどたどしい日本語を交えながらメモを取っています。ちょっと心配でしたので私はメニューを指差しながら注文を伝えました。

 直ぐに瓶ビールと冷えたグラスが出され、先に喉を潤しているとお待ちかねの塩ラーメンが出来あがりました。ところがいつもは同時に出てくる“豚バラ煮丼”が一向に出てこない。ある意味コレがメインなのに…。

 私はその時点でクレームをつけることも出来ましたが、

「すみません、すぐに作りますので」

などと言われて再び待つのも…ねぇ。ラーメンと一緒に食べたい私的にはバランスが悪い。まぁ、従業員の彼が日本語があまり得意でないので間違えたんだ、仕方ないな、と思い何も言わずに塩ラーメンとビールだけ頂きました。

 ごちそうさま~。ありがとうございますありがとうございます(ドラゲー・YAMATO風に・笑)。

 ユニクロへ行くという本来の目的を思い出した私は余韻を楽しむこともなくお会計を済ませることに。レジ担当はあの外国人青年クンです。一瞬、塩ラーメン(800円)と瓶ビール(500円)の他に実際には食べていない豚バラ煮丼(+200円)まで請求してくるか?と疑いました。まぁ、食べていないのだから1,300円以上払うことは無いだろうな…。

(たどたどしい日本語で)
「シオラーメン ト ビール ト ギョーザ デ 1,800エン デス!」

どこから出てきた?! 餃子!!(笑)

しかも

想定していた誤請求額よりも高いし!!(笑)

もしかしてこのいい加減具合が中国(?)では当たり前なのか?!日本人は怒っちゃうよ?

 さすがにちょっとムッときて

「餃子なんて食ってねぇーよ!」

と、思わず声に出してしまいました。

 就職難に喘ぐ同胞・日本人を雇うよりも人件費が安いのかも知れませんが、それだったらもうちょっと教育した方が良くないですか?日本語の上手・下手はともかく、

客が注文したものを覚えられずに、勝手にカットして伝えているのならいくら安く雇っても意味無いような気がしますよ…。

  

 
別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

女優・南田洋子さんの死と認知症

2009-10-23 Fri 19:00
 10月21日に女優の南田洋子氏が亡くなりました。数年前から認知症を患い、夫である長門裕之氏から献身的介護を受けていたことはテレビの報道等でご存知の方も多いと思います。

 私の母も若年性アルツハイマー型認知症を患っており、南田氏同様介護が必要です。私は母の身の周りの世話をすることと、彼女がまだ若干でも会話が出来て体も動くうちに、一緒の時間を前向きに、出来るだけ多く過ごしたいと考えた結果、現在は介護休暇を取得し“主夫”的生活を送っている真っ最中です。先日の犬を連れての旅行も犬以上に(笑)母との思い出作りが目的でした。


 認知症患者の介護の苦労は、どうしても実際に体験した人にしか理解不可能ですし、だからといって無関係の他人に

「俺の苦労が何故解らない!理解しろ!!」

と当たり散らすつもりもありません。家族が皆健康で、苦労を理解しないで済むのならその方が幸せなのですから。

 しかし一方では、お節介にもテレビや本から仕入れた知識を振り翳し、

「○○すべきだ」
「そんなんじゃダメだ」

などと氷山の一角だけを見て、無責任に口を挟む輩どもが多いことも事実。

 いずれにしても世間一般では認知症はまだまだ理解が足りない病であり、介護の実態も関係者以外には伝わり辛いというのが現状だと思います。今後ますます高齢化社会が進むにつれ、認知症患者は明らかに増える一方です。私や長門氏と同じ立場を強いられる人も確実に増えるのは解り切ったことながら、

“あの人は大変だねぇ。まあ自分には無関係だけど”

というムードを強く感じ、残念に思います。


 今回の南田氏の死を伝える報道については、私ら家族は複雑な心境で受け止めました。繰り返し放送される、“おかしな言動”の南田氏は、母と共通する部分も多く、嫌でも(近い将来、母も…)と思ってしまいますから…。

 唯一救われたのは、認知症の南田氏のことを「かわいいおばあちゃん」、夫妻のことを「素敵なご夫婦」と言ってくれたコメントがテレビ、個人ブログなどで多く見聞き出来たことです。発信者は氷山の一角しか見えていないのかも知れません。でもこれらの優しいコメントには素直に日頃の苦労を少しだけ、忘れさせてもらうことが出来ました。

 向こう数日、メディアでは南田氏関連の話題が報道されると思いますが、これを機に認知症という病と、その介護の実態を、これまで無関心だった世間の人々に少しでも知ってもらえれば嬉しいです…。




別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

ペットと行く伊豆の旅

2009-10-22 Thu 12:49
2

 我が愛犬・ビータくん(ジャック・ラッセル・テリア、♂、10ヶ月)と一緒に、初めての一泊旅行に伊豆方面へ行きました。

 機動力とビータくんの予期せぬ行動を見越し、今回は車で出発。最初こそいつものようにクンクン鳴きながらそわそわ落ち着かない様子でしたが、次第に慣れてきてお昼寝タイム。

4674

 最近はペット(犬)連れのドライバーも多く、高速道路のパーキングエリアや道の駅には犬がたくさんいますね。ビータくんも同じジャック・ラッセル・テリアのお友達を見つけて興奮気味(笑)

4686_1

どこかの飼い主「(まぁ、楽勝でビータの方が可愛いな)」(笑)

 途中、予めアタリをつけておいた、オレンジ村の“漁師のレストラン”で昼食。ペット連れ込みOK、かつ料理もそれなりに地元ならではの食材を用いたもので美味しくて…となると結構探すのに苦労するのですが、ここはなかなか良かったです。漁師汁定食(\2,500) 

4717

は、漁師汁の具の一つ、イナダとサザエが美味しかったです。残念ながらビータくんは…

4708

おあずけ。代わりにおやつをあげるからね(笑)

 そこからほど近い城ヶ崎海岸の吊り橋にも行きました。

4760

駐車場から約1㎞のハイキングコースを歩いていざ、吊り橋へ。

4755

そんな所にマーキングしても、次はいつ来れるか分からないよ?(笑)

 …あっ、海が見える!ほら!ビータくん、海だよ!

4779

何のこっちゃ?って感じかな(笑)

4786

高さ23m、長さ48mの吊り橋では、高所恐怖症の飼い主を横目に、何ら臆することなくズンズン進んで行くビータくん。す、すごい!(笑)

4854

 さあ、今日はもう宿へ行こうか。

 宿は河津にある、“和みの犬宿 むつみ庵”を予約しました。もともとみかん畑だったという、山の上の方に建てられた宿なので環境は文句無し。相模湾を一望出来る部屋からの景色は最高だし、周囲に余計な灯が無いので夜は星降る夜空を楽しめました。

 私はペットと宿泊出来る宿って初体験だったのですが、むつみ庵さんはペットにとっても飼い主にとっても至れり尽くせりな宿で想像以上に楽しく過ごせましたよ。

 チェックイン後は、まずはやはり…
 
4866_2

お風呂でしょう!各部屋についている温泉露天風呂(檜)。あ…熱い!(笑) 残念ながらペットはNG(というか熱くて嫌がるでしょうね)なので、ビータくんは…

4866_3

専用ベッドでお昼寝タイム。

 そしてもう一つの楽しみである夕食。

487348824885

美味いなぁ。箸をつけるのが勿体ないくらいです。ここでも残念ながらビータくんは

4886

おあずけ(笑) 後で持参したドッグフードをあげるからね。

 
 あぁ、環境もお風呂もお料理も良かった良かった。

 しかし私が最も満足したのは、むつみ庵専用の“ドッグラン”です。道路を挟んで宿の正面の斜面に作られた芝生のドッグランは、清潔で広々としていて安心だし、広々とした海が一望出来て気持ちが良いです。柵も地面スレスレまで板が貼ってあるので、犬はもちろん小さめのボールも飛び出してしまう心配が無用。

 さあ、思いっきり遊ぶぞ~! ちょっと飲み過ぎで頭痛いけれど、お前は思いっきり走って来いよ~!

4915

まずはフリスビーだ!うぉりゃ~っ!!(シュッ!)

4906
4907
4908
4909
4910
4911
4912

ボールもいくぞ~!!うぉりゃっ!!(ポーン!)

4932
4933
4934
4935
4936
4937

 他にも、夜遅い時間に利用したいなら、少し小さめですが部屋の裏手に24時間OKのドッグランもありました。こちらも急斜面でボールが転がりまくるのでビータくんは大興奮で遊べました。

 都内にもドッグランはたくさんありますが、最高でも5組(この日の宿泊客は我々だけでしたので貸切状態!)で独占出来るので嬉しいですね。

 それにしても…ビータがこれだけ広い場所で自由に走り回れたことって、今までに無かったよなぁ…。やっぱり公園や河川敷では不安要素が多過ぎますからね。猟犬の本能を思い出して(?)夢中になって走り回るビータくんを見ていると、私まで幸せな気持ちになります。お金を払ってでもたまには作ってやりたい貴重な時間でした。

 また一緒に行こうね、ビータくん…。

5048


別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

買い物の恥はかき捨て

2009-10-20 Tue 23:00
 私が自宅から最寄り駅(徒歩1~2分)へ向かう道のりは2パターンあります。商店街の中を通る方法と、そのすぐ裏を通る方法です。

 私の場合はガキの頃から商店街のオヂサン・オバサンの監視の目(気のせい?)を嫌い、常に裏通りを歩いて駅へ行きますが、最近ちょっと残念に思う出来事が多発しています。

 商店街の真ん中には大きなスーパーがあるのですが、そこの買い物カートがしばしば、裏道にあるコインパーキングに使い捨ててあるんですよね。

 恐らく買い物に来た輩…主婦単身や夫婦が多いでしょうか?車で買い物に来て大量にまとめ買いしたのでしょう。

 本来、レジで支払いを済ませた商品は、いかに大きかろうが重かろうが、客がテメエで工夫して運ぶのが筋です。スーパーを出る時点でカートや籠は所定の場所に戻さなければならないことくらい、小学生でも判ります。それなのに…。

 100歩譲って、コインパーキングまで運ぶのは大変だからとスーパー側も“反則”に気付いていながら厚意で目を瞑ってくれているとします。ならば尚更、その厚意を踏み躙るかのような使い捨て行為は…許せません!!どうせ返却するためにまたスパーに戻るのが面倒だから、とかその程度の理由なんでしょ?オレが生まれ育った町に恥をかき捨てて行くんじゃねぇっつーの!!


スーパーとコインパーキングの間の距離、100メートルに満たない


…っていうのにねぇ…。


別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

昼まつしま

2009-10-19 Mon 20:53
 今日はたまたまヤボ用で、午前中は池袋エリアにて活動。

 用事は直ぐに終わったので少し早めの昼食を、と池袋北口にある飲み屋・「まつしま」に向かいました。

 DRAGON GATE所属レスラー・新井健一郎(アラケン)のブログをきっかけに、ある程度定期的に通うようになった“椅子のある立ち飲み屋”(?)「まつしま」。私は夜にしか利用したことありませんが、噂では真っ昼間から営業している模様。良い機会なのでこの目で確かめてあげましょう(笑)

 「まつしま」に着いたのは午前11時半ちょっと前。ビジネス街や繁華街の昼食時は戦争も同然ですから絶好のタイミングです。

 遠目に「まつしま」を確認すると噂通り営業中。近寄って店内を覗くと早くもお客さんがいるじゃないですか。大手チェーン系居酒屋のようにランチメニューでも用意されているのかな?一瞬期待しましたが…甘い甘い!!

当然のように夜と同じメニューを掲げて営業中の、我らが聖地・「まつしま」(笑)

まぁ、私が未経験なだけで、こういったオトウチャン連中相手に商売しているお店にとっては何ら珍しくもないのでしょうね。

 私は今日はもう帰宅するだけでしたので、とりあえず“生ビール”(笑)と、ニンニク味の効いたスープが美味しい“特製煮込み”を注文。

motu

そして前から食べてみたかった、「まつしま」の数少ない“お食事メニュー”の一つ、“かつ定食”

photo2

をメインディッシュに迎えました。

 いやぁ、かつ定食…正直言って味は普通(笑) でもカツが揚げたてサクサクなのは嬉しいです。しかもボリューム満点な上、野菜(サラダ)、味噌汁、おしんこまで付いて税込525円!!思わずカツと一緒に幸福まで噛み締めてしまいますよ。

 あ~、お腹いっぱい。そして…特製煮込みは注文するんじゃなかった~。食べ切れない…。

 結局…

【本日の昼食献立@まつしま】
・かつ定食…525円
・特製もつ煮込み…315円
・生ビール*2…630円
--------------------
締めて1,470円!!

満足です。ありがとうございますありがとうございます…(ドラゲー・YAMATO風に・笑)。 


 ところで私が食事している間、お店の中には5~6人の酔っ払い…もとい、お客さんがいました。それは良いのですが、この時間帯にスーツ(背広)姿で営業カバン片手にフラッと入って来て

「とりあえず生(ビール)!」

ってマッタリくつろぐオヂサンたち…何やってる人なんだろう…?







別窓 | お酒のある生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

嫌いだった?あのグルメタレントに遭遇!

2009-10-18 Sun 17:23
 人生初のJリーグ観戦、FC東京vs柏レイソル戦を味の素スタジアムに観に行きました。

 ホントは私、川崎フロンターレ・サポーターなのですがタダ券が手に入ったもので…(笑) まぁとにかく、野球観戦とは一味違った雰囲気で楽しかったです。

 ゲームは15時には終わり、ちょっと早かったのですが私は夜に飲みに行く予定の立川駅周辺へ向かいました。実はここには、知る人ぞ知る楽しそうなスポットがあるんですよ“立川屋台村パラダイス”という、要は昭和30年代の立川の街を再現した、飲み屋さんのテーマパークみたいなものでしょうか?なぜか住宅地の中にあるのですが、1箇所に集中しているので、まるでここだけ昭和30年代(まだ生まれてないから知らないけど・笑)にタイムスリップしたかのようなムードのエリアです。パンフレットの言葉を引用するなら、

戦後の復興に町中が沸き立っていたその時代(昭和30年代)の雰囲気と、今の立川の「美味しい」をどちらもたっぷり味わえる、ノスタルジーと遊び心いっぱいの飲食空間です。
(パンフレットより)

 安っぽいクリスマスツリーの電飾のようなネオン(?)と、レトロな雰囲気の看板やポスターが古き良き昭和の時代を演出しています。

 出店しているお店は基本的にカウンターのみで狭いのですが、表にテーブルや椅子を増設出来る場合もあるようです。出店しているのは…焼き肉、もつ焼き、串焼き、牛タン焼き、鮨、串揚げ、沖縄料理、缶詰専門店、バーなど魅力的なお店ばかり。満員になっては大変なので、開店時刻の17時に早速向かいました。

photo3

 パンフレットにはどのお店も17時開店、とありますが実際にはまだ準備中のお店が多く、“昭和30年代の繁華街”から取り残された我われはちょっとビミョ~な立場を強いられました。お目当ての一つである串揚げ屋「新世界」は準備万全に見えたので入ろうとすると…何と!これから撮影があるので30分くらい貸切なのだとか。残念。

 まともに入れそうなのは焼き肉「徳ちゃん」かバー「スイダラバー」くらいでしたので、ここは一旦どこかで時間を潰し、また戻ってくることにしました。

 40分ほど経って戻ってくると、ほとんどのお店が営業をはじめています。さあ、どこに入ろうかな…ん?何だ?この黒山の人だかりは?

photo1


石ちゃんだ~!!(笑)


あの「まいう~」でお馴染みの石ちゃんこと石塚英彦氏がロケに来ているではありませんか! …それにしても…食い物屋のロケで石ちゃん、って組み合わせ…偶然とはいえ何の捻りも無い結末(笑)
 
 ところで石ちゃんと言えば、私は正直言ってテレビで見る彼に対し、今まであまり好印象を持っていませんでした。理由は…まず、デーブ・スペクター張りにダジャレを多用するも面白くない。飲食店の人に対し態度がデカい。“上手なグルメリポートのコツ”を出演者にレクチャーする様が偉そうで生意気。笑顔で美味しいものを食べるも目は笑っていない…ボロクソだ(笑)

 しかし、数分間ではありますが直に見た石ちゃんの印象は、テレビとは全く違いましたね。

 まず、テレビの印象ほど太っていなかった。とにかく凄いデブ、という印象を持っていましたが、単なるデブ以上でも以下でもない、って感じ(笑)

 また、テレビ同様、彼は常にハイテンションで、偉そうな態度を取りながらダジャレを連発して街を練り歩いているのかと思いきや(そんなわけないけど・笑)、やはりカメラが回っていない時は違いましたね。もの静かで紳士的。取材対象である串揚げ屋以外の店の人からのサイン要求にも笑顔で応え、丁寧に時間を掛けてサインするし、記念撮影にも笑顔で応じる。いやぁ、印象正反対に変わりました。好きになりましたよ、石ちゃん(笑)

 結局、私は数分間見物しただけで、もつ焼き「くりちゃん」に入りました。撮影はその後に始まったようで、石ちゃんは30分ほどで去った様子。他のスタッフたちは20時過ぎまで料理単体の撮影を続けていたようでした。大変だなぁ。

 「くりちゃん」はアンチャン1人で切り盛りしているようで、注文の品が出てくるまでに時間が掛かるものの、メインのもつ焼きは美味しい!!少なくとも私が食べた豚トロ、おっぱい、ぼんじりは美味しかったです。まぁ、私はそんなに高級な店には行きませんが、今まで食べたもつ焼き屋の中ではトップレベルと言っても過言ではありませんでした。しかし、そんなに美味しいのに…昨日はほとんどお客さん、入っていなかったです。可哀想…。

 「くりちゃん」を抑え目で後にした私は、向かいにある牛たん「孝(たか)」へ。東北楽天ゴールデンイーグルスがCS第2ステージ進出を決めたので、どうしても仙台名物牛タンを肴に乾杯したかったんですよ(笑)

 photo2

 「孝」は次々とお客さんがやって来て繁盛していました。1人前800円の牛たん焼き…東京だとせいぜい3~4切れだろうな、と思ったらもっと多く、2人前注文したのを後悔しました。しかも美味しい。同じく800円のゆでたんも美味しい。意外だったのは長芋の炭火焼。香ばしくてサックサク。ハマりました。

 結局2箇所でお腹いっぱいになるまで美味しいビールと料理を飲み食いして、お勘定は合計5,500円ほど。これは幸せです。川崎フロンターレ・サポーターながらFC東京の試合観戦予定を増やしてでもまた行きたいと(?)思ったのでした。

 ちなみにロケの模様は、来週10月24日放送の「メレンゲの気持ち」内でオンエアされるとか、されないとか…。私は当然、拝見するつもりです。


石ちゃんを応援したいですからね(笑)




別窓 | お酒のある生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

DRAGON GATE 10.14後楽園大会

2009-10-16 Fri 19:44
 DRAGON GATE(以下:ドラゲー)10.14東京・後楽園ホール大会を観戦しました。

 私がドラゲー(前身の闘龍門は除く)を初めて生観戦したのが昨年8月31日の博多大会。以降14ヶ月ほどで何回観戦したのか数えてみました。各選手(ユニット)の自主興行も含めると…何と!19回も観戦していましたよ。

 19回という数が多いと感じるか少ないと感じるかは人それぞれ違いますし、多いからと自慢するつもりもありません。

 しかし私は、ある意味“凄いなぁ”と驚いています。それは…


 私は最もプロレスが好きだった頃でも、生観戦はせいぜい年3~4回行けば多い方でした。要は新日のドーム大会。豪華カード目白押しでしたので、新日ドーム大会だけは押さえていたというわけです。まぁ、試合そのものを観たいというか、後々「あの歴史的名勝負をオレは生で観たんだぜ!」と自慢出来るよう、“歴史の証人”になりたかっただけなんですけれど。

 しかしその後、プロレス業界の秘密を暴露する内容の本をたくさん読んだことで、プロレスをまともに観戦する気は完全に失せました。生観戦していたのは大日本プロレスのデスマッチのみ。アレはアレでガチな痛みがあるし、それでいて感動がありましたからね。ドラゲーもたまたま旅行の日程と重なっていたので軽い気持ちでチケットを取ったまででした。

 
 …それで、ドラゲーの何が凄いと思うのかという話。それは、筋書きがあるとか、本気で技を掛けていないなどといった裏事情はやはりあるんだろうな、と分かっていても素直に「面白い」「凄い」と興奮出来るレベルのパフォーマンスを常に堪能出来る団体だということ。そして会場を後にする時には必ず満ち足りた気持ちになれること。そこがプロレス観戦歴ウン10年の私が見ても“凄い”のです。

 特に各興行のメインイベントやタイトルマッチは質が高いように思います。仮に他団体と同様、タイトルマッチであっても勝敗結果が最初から決まっているとします。それでも最終的に勝負がついた時には何らネガティヴな批判を挟めないほどに、ファイト内容に納得させられ、満足させられ、魅せられている。古くは力道山時代からプロレスは「八百長」だと蔑み続けられてきました。しかし大袈裟でなく、私はドラゲーのリングには八百長を遥かに超えたファイトが存在する、と思っています。でなきゃ暴露本読んだ後の年間観戦回数が4~5倍にはならないですよ

 ですからファンが地方に遠征してまで観戦したがる気持ちも理解出来ますね。私も東京に住んでいながら福岡、浜松、札幌、名古屋、静岡、宇都宮…色々行ったものです(笑) 他団体を観に同じように日本全国追っかけようとは…正直、思わないですもん。

 まぁ、これはあくまでも私個人の見解ですから、プロレスファンの皆さんは他団体をけなすのではなく、各自好きな団体・選手を思いっきり応援してあげて下さい!(昔のケロちゃん風に・笑)


 さて、今回の後楽園大会は…う~ん…。

 思いっきり称賛していながらアレですけど、何だか最近の試合は全体的にヌルいように思うんですよね。

 特に感じるのはお笑い系以外の試合でも、敵味方事前に示し合わせていないと不可能な攻撃やパフォーマンスがやたらと多くなったように見えること。いや、レスラーたちが自然に演じられていない、と言った方が正しいかも。

 熱心なファンは何ら不満に感じないのかも知れません。でも今大会、やたらと目立った外国人客はシラ~ッと無表情で眺めていました。何だか悔しかったですね。(ホントはもっと凄いんだぜ!)と言ってやりたかったです。


 それにしても…

photo


曙はデカイ!!



生で間近に見るのは初めてでしたが感激しました。頭の中では…


お盆で使う割り箸を刺したナス


photo2


がずっと走り回っていましたけれど(笑)





別窓 | プロレス | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

オリジナル版まねきねこダックの歌

2009-10-15 Thu 10:22
 宮崎あおいやアヒルが登場することでお馴染みのアフラック(アメリカン・ファミリー・ライフ・アシュアランス・カンパニー・オブ・コロンバス…長い…!)のCM。そのBGM、「まねきねこダックの歌」が巷でちょっとした話題になっている、と朝の情報番組で知りました。

 歌手のマユミーヌと、小学生ゆえ個人情報が非公開の“謎の少年”が歌うほのぼのとしたこの歌、確かに聞いているだけで幸せな気分になってきそうです。11月にはCDも発売されるのだとか。

 しかしこの歌が興味深いのは、歌の魅力もさることながらウェブサイトで誰でも簡単にオリジナルソングが作れてしまうところにあります。

 作り方は簡単で、贈りたい人の名前と、Aメロに当たる部分の歌詞を自由に入力するだけ。視聴して修正することも可能で、問題なければこれが“3番”として登録されます(ケータイでダウンロードする場合は3番のみ再生)。オリジナル歌詞もちゃんとマユミーヌと小学生の声なので違和感ありません。

 出来あがったらURLが発行されるので、ダウンロードして聴くもよし、プレゼント的に誰かにメールにて贈るもよし、サイト内に公開するもよし、ケータイの着うたにするもよし…なかなかステキなサービスですよね?!


 私も早速試してみることにしました。贈る相手は…

photo

愛犬・ビータくんしか考えられない!!(笑)

問題の歌詞は…こういうのはあまり深く考えず、頭に浮かんだことをそのまま言葉にしよう。

…そして完成したのがコレです(赤字がオリジナル歌詞)。


-----------------------------
「まねきねこダックの歌」(ビータ編?)

おさんぽ うんちは きもちいい
ニャーゴ
おうちで いたずら たのしいな
クワッ クワッ クワーッ クワッ

しあわせよ しあわせよ ここに来ておくれよ

ネコとアヒルが力を合わせて
ビータのしあわせを
まねきねこダック まねきねこダック まねきねこダック
-----------------------------

主役が犬なのに「ニャーゴ」「クワッ クワッ クワーッ クワッ」は違和感ありますが(笑)出来栄えには妙に満足してしまいました。当然ケータイの着うたにも設定。う~ん、


アフラックの好感度がかなりアップしましたよ(笑)





別窓 | コンテンツ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

素直に憤れない…楽天・野村監督切り

2009-10-14 Wed 12:04
 16日から福岡ソフトバンクホークスを本拠地(!)クリネックススタジアムに迎え、パ・リーグクライマックスシリーズ(以下:CS)第1ステージを戦う東北楽天ゴールデンイーグルス(以下:楽天)。その指揮官・野村監督が今季限りでユニフォームを脱ぐことが、大事なCSを目前にして決定的になったようです。

 私は(さほどコアなファンではありませんが)球団設立1年目の2005年から楽天を応援し続けています。1年目の田尾監督にはほとんど思い入れはありませんでしたが、野村監督への思いは違います。

 野村監督といえば私の中では、それまで好きだった1990年代のヤクルトスワローズ黄金時代を築いた名将。今だってそうですよ。近鉄とオリックスの2軍中心の、言わばリストラメンバーで構成された楽天を、優勝争い出来るチームにまで育て上げたのは間違いなく野村監督の功績だと思っています。

 しかし当初の契約通り、今季限りで監督解任というニュースがノムさんの怒りのコメントとともにマスコミを賑わせるようになりました。ノムさんの

「何もCSを控えたこの時期に言わなくても…」
「球団代表は、優勝したら(契約延長を)考える、と言ったのに翻した。人としてどうかしている」


というようなヒューマンチックな言い分はともかく、解任に関してファンのほとんどは契約云々抜きに、

「CS出場を果たすまでにチームが強くなったのはノムさんのお陰、辞めないで」

と願っているらしい、と各種アンケート結果も証明しています。

 そりゃ、私だって感情任せに言えるのなら、本音は

「ノムさんを辞めさせるな!何考えてんだ三木谷コノヤロー!!」

です。でもねぇ…チームの実力面の成長がノムさんのお陰なら、その一方で仙台にプロ野球が定着し、弱い球団の(リピーターを含む)ファンをこれだけ増やし、経営・文化の両面で楽天を大きく成長させたのは紛れもなく三木谷氏?を筆頭に球団フロントのお陰なんですよね。

 単にチームが強いだけではファンは獲得出来ない、視聴率も稼げない、球団経営は成り立たない、ということはどこかの黒い帽子のチームが証明しています。スーパースター人気に頼り、強ければ日本中から愛されると信じる、ウン10年前からほとんど変わらない営業戦略。高いチケット、イマイチなファンサービス、高くて不味い球場のメシ…。ワンマントップによるクローズドな殿様商売を続けていて人気を維持出来る時代はとっくの昔に終わっています。

 楽天がプロ野球に参入すると聞いて、まず私が思ったのは、IT業界という新しい世界で凌ぎを削る、これまでプロ野球球団運営に関しては素人だけれども時代の最先端を行く企業がどんな球団経営をするのか…是非見てみたい!でした。

 現在ではパ・リーグを始めほとんどの球場で取り入れて珍しくないことですが、楽天はホーム球場を野球観戦だけでなく、丸1日楽しく過ごせるテーマパークのような場所にしました。お決まりの弁当類だけではなくフードコートを充実させたり、地元の名店を出店させました。細か過ぎるほどにファンにゴミを分別させ、エコを心掛けました。イベントやちょっとしたゲームを頻繁に開催しました。地元団体(プロレス、物産販売など)とのコラボを実現させました…。

 要はチケット・グッズ収入のみならず、サービスを充実させてせっかく集めたお客さんを逃がさない。リピーター化してお金を落とさせる、という基本に忠実な商売を始めたわけです。ここまで戦略的に短い時間での商売展開を実現したのって、楽天が初めてではないでしょうか?(間違っていたらスミマセン)

 私は選手の名前を覚えるよりも先に、こういった球団の姿勢に心を打たれましたし、実際に仙台でのプロ野球観戦はいつも童心に戻って目、舌、そして心まで満足させてくれます。在京球団から同レベルの満足を得られることは私的にはありません。


 所詮、プロ野球球団も単なる一企業。儲からないと意味が無い。儲けるためにはサービスを図り、無駄を省き、経営を透明化してクリーンな企業イメージを顧客に与えなければならない。これこそがこれからの球団に必要不可欠なことであり、老舗球団特有の昭和的“なあなあ”体質とは正反対のやり方なのでしょう。裏で何をやってるんだか分からないような取引で高い買い物を重ね、チームを強くしても利益が出なきゃ意味が無い。グループ企業全体でトントン、でも意味が無い。そんな昔ながらのやり方はしないんですよ。楽天の経営は。

 ですので契約は契約だから、と今季限りで契約延長はしないのは球団として当然ですし、シーズン2位へのリスペクトはノムさんの推定年棒1億5,000万円に含まれると考えるべき。次期監督に、もし安いコストで元広島カープ監督・ブラウン氏を雇うのであれば、その戦力でいかに来季を戦うのか?2位か優勝を実現するのか?の作戦を立てれば良いこと。その結果ダメだったら責任者が責任を取れば良い。

 だからノムさんが、1年契約ながら好成績をあげれば契約延長はあると思っていた、またはそういった話し合いがあるのは(今までの業界の慣習から)当然であるべき、とボヤいたのには少しガッカリです。あぁ、やはりノムさんも昭和のプロ野球の中で育ったんだもんなぁ…と諦めました。

 まぁ、先に述べた通り、ファンの気持ちもノムさんの気持ちも解りますが、楽天ファンならここはあまり会社が決めるべき人事(経営)面にはあーだこーだ口を出すのは止めましょう。株主じゃないんですから。ファンはファンらしく、本来のあるべき姿…


CSを、来季の楽天の試合を思いっきり応援することで“楽天愛”を示しませんか?


…ダメ?(笑)








別窓 | マスメディア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

西東京攻略で生まれた新しい趣味

2009-10-13 Tue 11:26
 平成19年に富士山と並んでミシュランの三ツ星に指定された、東京では超メジャーな山・高尾山に登ってきました。

 私はアウトドアな趣味とはこれまでほとんど無縁でしたが、今度必要に迫られて登ることになったちょっとした山で失敗しないよう、予行演習のつもりでのチャレンジです。この日のためにトレッキングシューズも買っちゃいましたし(笑)

 昨日は3連休最後の日、かつ体育の日ですから恐らく混むだろうと想定し、少し早めに高尾山口に到着。幾つかあるコースの中から最も景色が良いと言われる“稲荷山コース”を選択し、いざ、中学の遠足以来の山登りスタート!(笑)

 私は日頃、ジョギングと犬の散歩で足腰は鍛えているので、正直登山にも自信はありました。山頂までの到着目安時間は90分とのことでしたが、60分くらいで登れてしまうのでは?などと己を過信して登り始めるも…10分経たないで息切れ(笑) 今までのどんなジョギングよりもキツい。周囲からは

「高尾山は山のうちに入らない、登山じゃなくハイキングだ」

と散々言われていたのに…こりゃ参った。疲労もありますが、狭く険しい山路を歩き続けることに、ある種のどこにも逃げられない切迫感を感じてつい自分のペースを失ってしまいましたね。

 次第にゆっくりでも自分のペースで歩こう、と割り切り396m地点の展望台に到着。

4608

一瞬、疲れを完全に忘れました。秋の涼しい風が運ぶ木々や土の匂いを感じながら目に映す絶景…これが山の魅力なのかな…。

 その後も無理の無い自分のぺースで前進。鋭利な石や木の根っこがたくさん地面から突き出しており、トレッキングシューズを履いていても足の裏が痛い。スニーカーじゃなくて良かった…。しかも不意に大きな石を踏んだ時に、足首がグニャッと曲がりそうになることもしばしば。いやぁ、ABCマートで15,000円払う時は少々躊躇しましたが、トレッキングシューズ…買って正解です。

 何とか山頂に到着したのは70分後。まあまあかな?

4615

曇っていて富士山が見えなかったのが残念でしたが、この達成感は大きいです。頂上には意外とワンちゃんもたくさんいました(笑) 凄いですねぇ。

 山頂では遅い朝食に名物・とろろそばと…我慢出来ず中生1杯(笑) 下りは4号路という、吊り橋を通るコースを歩きましたが、稲荷山コースと違い左右を樹木に囲まれているので景色的にはイマイチ。道も細く徐々に増えてきた登り組と擦れ違うのが怖かったりして。

 ケーブルカーの高尾山駅付近の展望台に差し掛かった頃には天気も晴れてきて景色も綺麗。

4620

金毘羅台展望台にて。やはり山は晴天の時に登るに限りますね。

4623


 さて、だいぶ混雑してきた高尾山を後にした私は、名城100選にも選ばれている八王子城跡へ向かいました。恐らくこのタイミングで行かないと、今後一生行かない可能性が極めて高いと思ったもので(笑)

 高尾山口駅のお隣、高尾駅からナビタイムを頼りに徒歩で向かいました。脚が疲労し思うように歩けません。バスでも行けるようでしたが今回は歩くことが目的じゃないか、とあえて徒歩を選択しました。

 霊園参拝者向けの花屋や石材屋が目立つ道をひたすら歩き、八王子城跡に到着。

4624

ここって実は知る人ぞ知る心霊スポットでもあるようです。心霊雑誌で紹介されているのを見たことがあります。まぁ、お城ってのは必ずそこで争いや殺戮があったわけですから当然でしょうけれどね。

 時間も無いので本丸跡だけ見て帰ることにしました。さあ、地図で場所を調べて…なぬ?!

本丸って…山の頂上にあったの?!

山頂まで40分。ここまで来たら登るしかありません。まさかの本日2山めの登山(笑)

 4629

登り始めてすぐに、左膝に激痛が走りました。平地を歩いている時には気付かなかったのですが、筋肉痛とは違うヤヴァイ激痛が…。ここは無理するべきではないのでしょうが強硬突破してしまいました。

 城山は高尾山に比べ道が狭いし、勾配も急。中にはメチャクチャ奥行きの狭い石段もありどうなることかと思いましたが、8合目と9合目の間を歩いていると、いきなり視界が開き、絶景が。

4630

…これであと2合分頑張れる(笑)

 途中、本当に幽霊でも潜んでいそうな古い建造物が現れました。ここが八王子神社なのだそうです。近くには神木級の樹木も目立ち、天狗の像まである…神秘的な空間でした。

 46354636

 さあ、山頂の本丸跡までもう少し…着いた~!! …ナニコレ?!

4641

こんなに狭いの?!山頂は私の自宅のリビングルームほどの広さ。そこに本丸跡を示す石碑と小屋があるのみです。あ~あ、天守の石垣くらい残っているものだと勝手に想像していたのになぁ…。周囲も木々に囲まれており景色が全く見えませんでした。

 山を降り高尾駅へ戻る途中、この城の築城主・北条氏照の墓をまだ見ていないことに気付いた私は、この際だからと痛い膝を引きずりここにも向かいました。すると…また長い階段が…。

 どうして昔の人はこうも高い所が好きなんでしょう(笑) 2回の登山で左膝が完全にイカレてしまいました。

 でも山っていいですね。本格的に登山を趣味にしている人には笑われてしまうかも知れませんが、苦しいながらも充実した1日でした。登頂した時の達成感や、下山した時の満足感も気持ち良いし、木々や水に囲まれて歩くこと自体も楽しい。これくらいのレベルの山ならまたすぐにでも登りたいです。(趣味が1コ増えた有意義な1日だったなぁ…。)そんなことを考えながら電車に揺られる私は、まだ知る由もありませんでした。

帰宅後、痛めた膝に鞭打って、欲求不満気味な愛犬・ビータくん(ジャック・ラッセル・テリア、♂、9ヶ月)のお散歩に行かねばならぬことを…(笑)


 そういえば今朝は“朝のお散歩”をお休みして高尾山に向かったんだった(笑)

別窓 | アウトドア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

プチ歴史マニア的秋の日光ドライブ日帰りツアー

2009-10-11 Sun 23:11
 まだまだ汗ばむ日も珍しくありませんが、世間はすっかりです。ということで先日、紅葉を見に栃木県は日光方面へドライブに行きました。

 ニュースで紹介された紅葉カレンダーでは、日光エリアの紅葉は今月下旬。しかも近年は全国的に暖冬ですから、正直言って(まだ早いだろうな…)と薄々感づいてはいました(笑) しかしスケジュールの都合上、あえてフライング気味に出発です。

 早朝に東京都内の自宅を出発し、まずは日光東照宮へ。ここへは紅葉見物というよりも、最近プチ歴史マニアである私の欲望を満たすために来ました(笑)

 過去、同所を訪れた経験は…あったかどうか忘れてしまって覚えていないのですが、どうせ来ていてもガキの頃の話です。今も昔も遠足などで強制的に連れてこられたガキたちが歴史に興味を持つ可能性は極めて低いと思いますよ。にもかかわらず今回も嫌になるほど小中学生の大群に遭遇しました。(多分)無駄なのにねぇ。

 しかし!今の私は違います。テレ東の人気番組「決着!歴史ミステリー」ファンですから(笑) 8月13日に放送された「知ってから行くと10倍楽しくなる日光東照宮の面白ミステリー」を食い入るように見たし、予備知識はバッチリ。一般観光客が全く知らない日光東照宮の幾多の謎を、この目でしっかり見てきましょう…。



風水に基づいて江戸城の真北に建造されたという陽明門。
4404

想像で彫られた上神庫の象の彫刻。
4363

ご存知、神厩舎の猿の彫刻。かの有名な“見ざる・聞かざる・言わざる”は猿の一生を物語る8つの彫刻のうちの一つ(2コマ目)なのですが、なぜかソロ活動が目立ちます。猿だけに“安室奈美恵withスーパーモンキーズの安室ちゃん”張りの活躍振りです(ふっる~・笑)
4364
(画像は1コマ目、子供の将来を案じる親猿)

伊達政宗寄進の南蛮鉄燈籠、通称“うっかり燈籠”。己の権力を誇示するためにわざわざポルトガルから取り寄せた鉄で造らせたものの、鉄ゆえに直ぐに錆ついてしまったという、トホホな燈籠。
4385

オランダから献上された九角形の回転燈籠。九つの葵紋が逆葵紋になっている。
43874388

袴の家紋が織田信長の木瓜の家紋にも明智光秀の桔梗の家紋にも見えるという、謎の随身像。
4413

陽明門背面の右から2番目の柱だけが渦を巻く屈輪の地紋。わざと間違えることで、「これは未完成ゆえに、完成した瞬間に崩落することはない」ということを意味しているのだとか。
4418

東照宮の神様の神輿が納められた神輿舎。家康の神輿のほか、源頼朝の神輿、家康が滅ぼしたはずの豊臣秀吉の神輿がある。
4429

坂下門の上に彫られた眠り猫。裏側の同じ位置にはスズメが彫られており、「のどかで平和な世の中を作りたい」という家康の思いを表現したものとされる。
44364438

家康が眠る奥宮拝殿。陽明門をくぐるだけで満足して帰る観光客が大半なのは勿体ない、ということで207段の急な階段を息を切らして登って行ってきました。
4443

 …いやぁ…どれも見事で素晴らしい。細かく見て回るなら丸1日は欲しいです。他にも廻る所があるので2時間ほどしか居られませんでしたが、駆け足で見学する所じゃないですね。

 しかし…「決着!歴史ミステリー」ではいかにも“一般の観光客は知らない”というニュアンスで紹介されていたこれらのミステリアスな品々…のはずが、

どのツアーガイドさんも全部知ってるし。しかも思いっきり詳しく説明していましたよ!!

私が一番楽しみにしていた“うっかり燈籠”なんて、“数ある燈籠の中で最も有名”と書かれた立て札すら立っていましたし(笑) 番組視聴者だけが知っている情報だと思っていたのに…(笑) 興味深くて面白いことに変わりありませんけれどね。


 さて、肝心の紅葉は…やはりまだ早かったです。紅葉は水辺をバックに観賞するとその美しさが引き立ちます。

44994513
龍頭の滝の紅葉はそこそこ赤く、これはこれで綺麗でした。

4547
湯滝は全く紅葉していませんでした。滝は凄い迫力で圧倒されてしまうほど素晴らしいのに…。

4586
中禅寺湖周辺もまだまだですね。やはり今月下旬まで待たなければダメみたいです。


 紅葉については残念でしたが、(親戚が住んでいたこともあり)ガキの頃から何度も訪れていたはずの日光の魅力を再認識出来たことが今回のドライブ最大の収穫でした。機会を作って是非また行きますよ。


 それにしてもこう見ると…

4592

“まだ夏”でも通りそう

ですよね(笑) 真剣に地球温暖化対策を考えないと、ホントにヤヴァいです…。


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

エディ・バウアーの低品質な店員

2009-10-10 Sat 20:05
 “エディー・バウアー”(以下:EB)というアメリカ・シアトル生まれのカジュアルウエアブランドがあります。扱う商品はサラリーマン視点で見てもさほど高価ではないし、品質も割としっかりしている。何よりも私の年齢に相応しいデザイン・カラーの商品ばかり扱っているので、最近好きになったブランドです。店員さんの対応も素晴らしく感激していたのですが…本日、大変失礼な対応をされガッカリしてしまいました。


 私がEB(・ジャパン)で初めて買い物したのはこの夏。東京・自由が丘店にて無地のTシャツを2枚買いました。Tシャツなんてユニクロで十分だったのですが、周囲の人に薦められ4倍ほどの値段のものを2枚購入。値段が値段なので当然でしょうが実に着心地良く、縫製もしっかりしていて満足しました。

 しかしそれ以上に満足したのは、自由が丘店の店員さん(女性・若い)の対応。ユニクロ慣れしている私としては、入店するや否や声を掛けてきて、ベタベタ付き纏う昔ながらの洋服店の接客スタイルには辟易しますが、この店員さんはしつこくなく、それでいて放任主義でもない微妙なスタンスで接客する。しかも笑顔が素敵だし、話し方や言葉の選び方も良く、知識もある。こちらの意見や話もしっかり聞いてくれる。よってとても気持ち良く買い物が出来ました。洋服店で接客されるのってこんなに気分の良いことだったのか、と初めて感じました。

 こんな店員さんが相手だったから私もユニクロの1枚690円のTシャツでなく、1枚2,500円のTシャツを2枚も買ったのだと思います。これを機に私はすっかりEBのファンになりました。

 
 その後も川崎BE店、トレッサ横浜店、新宿サザンテラス店、東京ドームシティ店などで買い物を重ねました。基本的にどの店舗の店員さんも自由が丘店の女性店員レベルに教育されており、気持ち良く買い物が出来たものです。

 ところが…本日、実に残念な出来事が。

 以前川崎BE店で目にして以来、ずっと気になっていたウェアを今日こそは買おう、と自由が丘店に行きました。ところが自由が丘店にその商品は置いていない(土地柄かここには値段の安めな商品を置かないという悪しき方針があり、それにも不満ですが…)。仕方なく電車賃を出してわざわざ川崎BE店へ遠征しました。

 川崎BE店には似たような商品が何種類かあったので、どれにしようか少し時間をかけて吟味していた時のこと。ある女性店員が近寄ってきたのですが、奴が放った第一声が

「合うサイズが無いんですか?(笑)」

 あのねぇ…お前のところ(EB)の商品はアメリカ人基準で表示サイズよりも1サイズくらい大きめに作られてるんでしょ?XS、S、M、L、XLと揃ったサイズの中で、いつもオレが買ってるのは“L”だよ?この間ここで買ったパーカー、あえてXLを買ったら大き過ぎて着心地悪いからわざわざLを買いに来たんだぜ?それを記憶していろ、とは言わないが、客の体型を見てそんなことも分からないわけ?…いや、それ以前に店員の立場で客に向かって開口一番、バカにして見下したように笑いながら「合うサイズが無いんですか?(笑)」はねぇだろうが!

 販売員経験の無い私が考えても、第一声は「何かお探しですか?」でしょうね。川崎BE店でも先日対応してくれた男性店員は素晴らしかったのに…。それに、自由が丘店の素敵な女性店員さんは、会話の中で「お客さんですと…Mサイズくらいですか?」と言ってくれましたよ(笑) 失礼の無いよう、わざと小さめのサイズを提示したのかも知れませんが、「M」と「合うサイズが無いんでしょ?(笑)」では客が受ける印象は天と地ほどの差があります。真の店員なら仮に合うサイズが無くても何とかしてくれる人じゃないと客は付きませんよ。

 私は思わずムッときて、「この店で買うか買わないか考えてるだけだ」と、その女性店員の顔も見ずに言いました。せっかく来たものの、こんな店で買うべきではない、と一瞬思いましたが欲しい商品が近くではこの店舗でしか売っていないことを思い出し、考えを改めました。少しして同じ店員が「よろしければお試しに…」とか話し掛けてきましたが、迷わずシカトして試着無しでレジへ(笑) さっさと買って離れたいし。帰宅後初めて袖を通しましたが、Lサイズで十分ゆったり着れたことは言うまでもありません。

 
 それにしても今回の件は、最初こそ失礼な店員だ、とムッときましたが、後になってそれ以上に(この就職難のご時世、こんな無能な奴がよく働いていられるな)と思いました。企業も政界も、社員(党員)一丸となって頑張ろう、そういうご時世でしょ? こういう店員が一人でもいると、川崎BE店の他の店員のみならず、親切にアットホーム的接客を心掛けてくれた自由が丘店、新宿サザンテラス店の店員さんの印象も…いや、まだ行ったことの無い店舗を含むEB全体の印象が気持ち悪いものに変わってしまいます。

 世の中には真面目に一生懸命働くのみならず、率先して1ランク上のサービスを提供すべく働いている人がたくさんいるんだ…オレも頑張らなきゃな…そう思っていた矢先のことだけに残念でなりません。




別窓 | 生活 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑

両さんの魅力を無視して失敗したドラマ版「こち亀」

2009-10-09 Fri 12:00
 SMAPの香取真吾氏主演でドラマ化された人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が先日終了しました。

 最終回にはゲストとして同じSMAPの木村拓哉氏が登場した効果か、若干の視聴率アップが見られたようです。しかし全体としては、TBSの力の入れ方に反して想定外の低視聴率を叩き出してしまったことは周知の事実。SMAP伝説(SMAPに頼れば高視聴率が見込めるという幻想)終焉か?とも囁かれました。

 私はこのドラマをまともに見ていたわけではありません。何度かダイジェストで紹介された第1話を見て、あとはたまたまチャンネルが“6”になっていたので思わず数分間見てしまった回が何度かある…という程度。他には周囲の視聴者の感想を何度か聴いたまでです。

 よって私がこのドラマを堂々と批判することは出来ませんが、一人の「こち亀」(ライト)ファンとして感じたことを“独り言”として綴ることにします(笑) “独り言”ですからツッコミは受け付けませんよ(笑)

 私が感じたことは…ドラマ版「こち亀」って、

やたらと人情モノ、心温まる話にまとめようとした

…ということが、両さんや他の人物の魅力を100%描けなかった原因ではないか?その結果として別に「こち亀」じゃなくてもいいような、どこにでもある多くのドラマの一つに成り下がってしまったのではないでしょうか?

 「こち亀」のエピソードのタイプには数パターンありますが、その中でも“心温まる系”のエピソードは読者人気が高いと聞きます。連載ウン100回記念とかのタイミングで掲載される、両さんの子供時代の物語が多いでしょうか?そんなエピソードに登場する両さんは紛れもなく“いい人”

 “いい人”な両さんももちろん好きですが、普段の両さんは断然、“憎むほどではないけれどダーティーでブラックで卑しい人”じゃないですか。常にギャンブルや金儲けのことを考え私利私欲のために生きる人だし、時には警官のくせに犯罪まがいのことまでしてしまう(もちろんギャグ漫画の範囲で)。

 また、部長に怒られるとそれを根に持って報復するという、サイコ犯罪者のような根暗な部分もかなり強い(もちろんギャグ漫画の範囲で)。

 エピソードの割合からいえばこういう両さんを見ることの方が多いのだし、これこそが両さんでしょ?それでもギャグ漫画として笑えるのは、どちらの場合も大抵エスカレートし過ぎて両さんが自滅してしまうところが憎めないからです。

 他にも、実際に流行している遊び、おもちゃ、風俗(エロい意味じゃなくて)、社会のトレンドなどを凄くマニアックに掘り下げてネタに繋げるという、病的なまでにオタクチックな性格も両さんの魅力。

 つまり、人間誰もが心の中に飼っているのに、あまり表に晒せない、発せられない“欲望”を擬人化したものが両さんなのだと思います。だから読者は身に覚えを感じ、苦笑いしながら憎めずにいるのでしょう。ラストで必ず両さんの思い通りにならないことでバランスを取っているのだと思います。


 ドラマでは両さんの、こういったダーティーでブラックな部分やネガティヴで根暗な部分を抑え過ぎたのではないでしょうか?逆に言えば、そういうアクが強いキャラでなければもはやそれは両さんではなく、いくらドラマ版「こち亀」だと言われてもピンとこなかったのでは…?

 まぁ、テレビだから色々と過敏にならざるを得なかったのでしょうし、ジャニーズに遠慮して思い切れなかったのかも知れない。スポンサーに配慮してオタクネタも難しかったのかも知れない。となると基本路線は人情モノで、苦し紛れに毎回多彩な(?)ゲストを登場させてお茶を濁す、という作り方しか残らなかったのでしょうね。

 テレビの縛りの中では良くやった…と思いたいです。しかしこのドラマを作ることで(儲け話以外で)誰にメリットがあったのだろう?と考えると、良く解らないドラマでした。

 確実に言えるのは、最初から「こち亀」はテレビ加工向けのコンテンツじゃなかったんですよ。



別窓 | テレビ | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑

土9伝説

2009-10-08 Thu 20:00
 ここ何年も感じていることですが、テレビで4チャンネルを見ていて、ちょっと“オサナカッコイイオトコノコ”、または“オサナカワイイオンナノコ”が主演の新ドラマの宣伝をしているなぁ…と思うと、それってまず99.9%、土曜夜9時からの枠のドラマなんですよね。

 昔は日テレの“土9”といえば、後世に語り伝えられるレベルの傑作ドラマのオンパレードでした。

「熱中時代(パート1、2、刑事編)」
「池中玄太80キロシリーズ」

は別格としても、同じ水谷豊の

「あんちゃん」
「事件記者チャボ」

ゲスト出演の夏目雅子がやたら美しかった

「天まであがれ」

…(ヤバい、あまり覚えていない…)好みにもよりますが、どれも家族揃って楽しめ、かつ視聴者に対し何らかの“教訓”を示唆してくれる人情モノばかりでした。見終わった後、ハートウォーミングな気持ちで家族で感想をあーだこーだ論じられるのも楽しかった記憶があります。

 それがいつの頃からか、気付くとジャ○ーズの広報部に買い取られたかのような時間枠になってしまったように思え、残念でなりません。どれもこれも漫画原作、現実離れし過ぎた設定、基本テーマもワザトらしいベタベタの仲間愛の押し売りか、相変わらずの好きだ、フラレただのチープ恋愛ものですもんね。


 でも日本人の生活スタイルって良くも悪くも変わりましたね。あの当時、夜9時っていったら確実に小学生は就寝しなければならない時間帯でしたよ(ウチだけ?)。ドリフが終わったら親に


「ほら、加トちゃんも言ってるだろ。早く歯磨いて寝なさい!」


とか言われてね。それに比べて今のガキんちょは夜更かしし過ぎですよ…。




-------------------------------
【10月9日 追記】

>「天まであがれ」

 すみません。うろ覚えなのに堂々と挙げてしまいましたが、もしかしたら違うタイトルだったかも知れません(昔の記憶頼りだったもので…)。

 私がイメージしていたドラマは確か石立鉄男主演で、ある商店街の日常や騒動を描いたドラマです。夜になるとレオタード風の衣装を着て別の顔で行動する私立探偵役で、柴田恭平も出演していたと記憶しています。

 またあるエピソードでは、商店街(?)に謎の美女がやってきて、住民は皆彼女に夢中になってしまう。一緒にカラオケしたりして彼女も商店街に溶け込むのだが、実は彼女は…(以降本当に忘れました)というのもありました。この美人、私は幼心に何てキレイな人なんだろう、と思ったら、彼女こそがあの伝説の美人女優・夏目雅子だったんです。彼女の存在は知っていましたが、ショートヘアに小麦色の肌の宣伝ポスターでしか彼女を知らなかった私は、ロングヘアで色白のお嬢様風の夏目雅子に衝撃を受けたものです。

 主題歌の歌詞の中に「…♪て~んまで あがれ」というのがあったと記憶しており、それが=(イコール)タイトルだと思い込んでいるようでした。

 間違いの可能性が高いのでお詫びして訂正致します。申し訳ございませんでした。

 また、ご指摘頂きました何人かの方々には心より御礼申し上げます。有り難うございました。



 

別窓 | テレビ | コメント:1 | トラックバック:1 | top↑

エスカレーターの正しい乗り方

2009-10-07 Wed 16:48
 数日前、某テレビ番組で“エスカレーターの乗り方”についての特集を見ました。私もこの件については色々思うところがありましたので、思わず真剣に見入ってしまいました。


 まず紹介されたのはエスカレーターに乗る際、

左側に乗って右側を急ぐ人のために空ける「関東スタイル」と、逆に右側に乗って左側を空ける「関西スタイル」は、どちらが正しいのか?

という疑問。

 私は東京在住ですので、ずっと「関東スタイル」。最初は20歳の時に留学したイギリスで、市民が“左乗り”しているのを見て、初めてこういうマナーが存在するのだと知りました。

 帰国後も“オレは英国紳士と同じマナーで生きるぜ!”とばかりに“左乗り”を実践。たまたま東京に住んでいたので他の人々も皆“左乗り”でしたから、“左乗り”が正しいマナーだとずっと信じていました。

 それからかなりの年月が経ってから、関西では“右乗り”らしいと知り、実際に大阪に旅行した時にその違いを実感したものです。どちらが正しいとかどちらに統一すべきとは思わず、単に同じ日本でも違うんだなぁ、と思っていました。


 話が逸れましたが…そのテレビ番組が調査により出した結論は意外…というかやはり、というか、

“右も左も、そんなマナーは存在しない”

そうです。

 というのも、そもそもエスカレーターは構造上、ステップのサイズが歩いて上るように大きく(深く)作られていない。つまり静止して乗る前提で設計されたものだそうです。よって急いでいるからと歩いて上るのは危険なのだとか。

 それに重心が偏っても問題無いように設計されているわけではないので、偏った乗り方をすれば故障し易くなる。ゆえに右だ左だ、と推奨出来るわけがないのです。

 また、エスカレーターはもともとお年寄りや体の不自由な人のためのものと言えます。彼らが必ずしも左手(もしくは右手)で手摺に掴まれる状態とは限りません。そう考えるとエスカレーターは真ん中に乗って両手、もしくは各々自由になる側の手でしっかり手摺を掴んで乗るもの、という以外考えられないのです。改めて解説されるとその通りですよね。


 これを知ってから私は、空いている昼間などにエスカレーターに乗る時は、なるべく真ん中に乗ってじっとしているように心掛けています。たまに背後に殺気を感じることもありますが、


(そんなに急いでいるなら、階段をダッシュして上れよコノヤロー!)


と開き直っています。もちろん心の中で(笑)


 逆に私が急いでいて、少しでも早く移動しようとエスカレーターを駆け上がっている時、前に止まっている奴がいたら…多分ムカつきますけどね(笑)



別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

ホテルのフロントは客の個人情報を確認してキーを出しているのか?

2009-10-06 Tue 00:00
 前から不思議だったのですが…ビジネスホテルのフロント担当って、宿泊客の顔と名前と部屋番号をいちいち記憶しているんでしょうかね?


 部屋のキーがカードや暗証番号でない、いわゆる昔ながらの、部屋番号が彫られた細長いクリスタルチックな物体が付随しているタイプのキー、アレを使っているホテルの宿泊客は基本的に外出時にキーをフロントに預けるよう、促されます(持ち出す奴もいるでしょうが)。我われも失くしちゃいけない荷物に注意を払う必要が無いので、この方が安心です。

 問題は宿泊客が外から戻り、キーを出してもらう時。

「302の●●ですがキーを下さい」

って感じに自分の名前と部屋番号を申し出れば、何の疑いも無くフロント担当はキーを出してくれます。少なくとも私の経験では過去100%そうでしたし、見た限りでは他の宿泊客に対しても同様でした。

 ということは、少なくとも私が今までに宿泊したビジネスホテルのフロント担当は全員、各宿泊客の顔を見るや否や瞬時に記憶を引き出し

「ああ、コイツの名前は●●で、302に泊まっている客だ。だから302のキーを出しても問題無い」

と判定していることになります。でも…チェックイン時に数分間、会話を交わしただけの全宿泊客の顔と名前と部屋番号を記憶するなんて技、いくらプロでもホテルマンが会得しているとは到底思えないんですよね…。

 もしもフロント担当が、宿泊客に要求されるがままキーを渡してしまっているなら、“お客様を疑ってはサービス業はやっていられない”という前提でキーを渡していたら…ちょっと怖くないですか?!

 特に2泊以上する場合の中日。1日中大きな荷物を部屋に置きっ放しにしなければならない日は気が気でない。旅行バッグや着替えの服が高級ブランドものだったり、別の土地で買ったご当地土産を大量に持っていたりしたら、貴重品だけ持ち歩いてもあまり安心出来ません。

 仮に、実はホテル側では防犯カメラやフロントのPCを駆使して、客の見えないところでキッチリ管理しているとしても…ソックリさんや双子の兄弟が強盗目的で宿泊客を装った場合は、いかに対処するのか?

 私が出した結論は…

やはり多くのホテルは、いちいち宿泊客本人かどうかなんて確認していない。客に手数を掛けさせて不愉快な思いをさせるくらいなら、何か起きたらその時考えりゃいいよ的に思っている

…です。

 その証拠に、今年宿泊した静岡のビジネスホテルでは、チェックイン時に受け取った数枚のシートの中の注意書きに、

「…キーを受け取る際には、この領収証をフロントにご提示下さい」

という一文がありました。ということは、やはりいちいち客の顔を覚えているわけじゃないんですよ。

 しかしこの注意書きもどちらかというと事故が起きた際、ホテル側が

「ほ~ら、ちゃんと書いてあるでしょ。だからウチは悪くないよ。領収証を見せてこちらに確認させなかったアンタが悪いんだよ」

と主張出来るように印刷されているとしか思えません。


 実際、この静岡のホテルも私が名前を名乗っただけで簡単にキーを出しましたし。そもそも私がこの注意書きに気付いたの、


自宅に帰った後だったくらいですから(笑)


 いくら個人情報云々ったって、何らかの確認をしてからキーを出す、というシステムにしてくれないと安心して宿泊出来ません。これぞ最高のサービスの一つ…だと思うんですけれどねぇ…。

別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

穏やか過ぎるビフォア・ヌーン

2009-10-05 Mon 11:01
photo1

 昨日の日曜日は愛犬・ビータくん(ジャック・ラッセル・テリア、♂、9ヶ月)の予防接種の日。半年前に8種混合ワクチンを打ったばかりなのに…と思って問い合わせたところ、パルボウイルス感染症予防ワクチンは半年に1回打っておいた方が安心なのだそうです。

 注射した日はいつも激しい運動禁止なので、予め早朝からちょっとタップリめのお散歩へ。片道5㎞あまりかけて到着した目黒区の駒沢オリンピック公園は、日曜の朝ということもあり犬を散歩させる人、ジョガー、学生の部活の対抗戦(?)出場者などで溢れかえっていました。

 この公園、自宅からの距離も適当だし、広いくて気持ちいいし良い公園なのですが、唯一の欠点が古いゆえに公衆トイレが異常なまでに少ないんです。最近出来た公園や施設の基準で考えたら、有り得ないほどに少ないです。

 しかもビータくんと一緒なので仕方なく障害者用トイレを使おうとしたら、朝9時くらいにも関わらず南京錠で閉ざされている。まぁ、健常者である私が使うことの善悪は置いといて、これでは車椅子利用者は公園に来れませんよね。

 公園でのビータくんは、ある老婆が連れてきたブードルに夢中の様子。

「この子、もうお婆ちゃんなのよ」

まだ1歳に満たぬビータくんがお婆ちゃん犬に夢中であることが可笑しい様子の老婆。

「…いいわねぇ…犬はお婆ちゃんになっても寄って来てくれる男の子がいて…」

という老婆の呟きには思わず笑ってしまいそうになりました(笑)


 駒沢オリンピック公園を後にした我われは、帰路の途中にある動物病院へ。待合室で自分に興味を示したメスのスピッツとお互い鼻を近づけて匂いを確認し合うビータくん。思わず相手の口をペロッ。

「あ、○○ちゃん、▲▲くん以外の男の子にチュ~されちゃったね(笑)」 

飼い主の女性曰く、つがいで飼っている(カップル?)オスのスピッツが治療を受けている真っ最中だったようで、彼女(犬)は付き添いで病院に来ていたのだとか。旦那(?)の居ない隙に人妻に手を出すとは…やるな、ビータ(笑)

 ビータくんは注射されても全く動じないし、遊ぶ時以外は聞き分けの良い大人しい子。病院の先生にも

「キミは当たりだねぇ~」

とお墨付きを貰いました(笑)

 さすがに帰宅後は…

photo2

注射の影響による一時的な発熱で完全ダウン。まぁ、いつものことですけど(笑)


別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

犬の散歩の意味

2009-10-04 Sun 00:00
 愛犬・ビータくん(ジャック・ラッセル・テリア、♂、9ヶ月)と毎日遊んだり長い距離散歩に行ったりしていると、たまにシベリアンハスキー・クックのことを思い出します。

 クックは私が中学生だった頃に家族で飼い始めた犬でしたが、今思うと私も家族も恐ろしいほどに犬の飼い方について無知でした。

 特に散歩。シベリアン・ハスキーはもともと橇を引く犬ですから、アクティブでパワフル。運動したくて堪らない(はずな)んです。よって毎日2回、各1時間程度の散歩が必須とされています。

 当時、クックの散歩担当は基本的に家族の中で最も体格の良かった私。しかし受験勉強や中間・期末テスト前は勉強優先で2週間くらい全く散歩に行かなかったし、それ以外でも見たいテレビがある時や疲れた時は行かないこともザラでした。他の家族は

「(クックの引っ張る)力が強すぎるから」

と、私の代わりに散歩させようとはまずしませんでした。悪気があったわけではないんですよ。ハスキーってたまに怖くなるくらい本当に凄い力で引っ張るので、ビビっていたんだと思います。いずれにしても飼う前にシベリアン・ハスキーの性質をまともに知ろうとしなかったのはマズかったと反省しています。

 そんな状態でしたから、結果的に半月以上、全く散歩させずに庭に繋ぎっぱなしということも珍しくありませんでした。そんな人生(犬生?)しかクックに与えられなかった当時の私たちには、犬を飼う資格は無かったんですよね。

 クックが死んだ時には複雑な思いから「今後犬は絶対に飼わない」と決めていました。にもかかわらず現在、ビータを飼っているのはどうしても犬が好きだということ以上に、ビータに尽くすことでクックに罪滅ぼしした気になりたいから…なのかも知れません。


 さて、そんな私が先日ある親戚の自宅にお邪魔した時のことです。

 家の中に親戚以外の人間の気配を感じ、(既に先客があったのかな?)アポ無しで訪問した私はそう思って遠慮気味に振る舞いましたが、どうやらそれは民間の清掃会社から派遣された清掃婦が家の中を掃除していただけのことでした。

 ある程度裕福だとは聞いていましたが、私の生活レベルを基準に考えると他人を雇って家事をさせる、なんて発想には驚いてしまいました。ところが更に驚くことに、その家庭では掃除のみならず一切の家事を業者に発注…悪意ある言い方をするならばアカの他人に丸投げ(笑)しているんだとか。少なからず同じ血が入っていても私とは大違いだなぁ…ほんの少しだけ羨ましく思いました。

 (あ、そういえばこの家でも犬を3匹飼っていたんだっけ。ちょっと会ってから帰ろうかな…)

…え?なに?


犬の散歩も代行業者に丸投げなの?!


それは違うでしょ…。

 かつての私は正直、クックの散歩は面倒臭いもの、と思っていました。ただ犬と歩くだけの退屈な時間を潰すために必ずウォークマンで好きな音楽を携帯したものです。ビータとの散歩はクックとの散歩の数倍も時間をかけ、距離も比較にならないほど長いのですが、iPodを聴きながら歩こう、という発想は今のところありません。

 ビータを気遣いながら散歩していると色々なことが分かります。ビータのちょっとした息遣いや歩くリズムからその日の体調が良いか悪いかくらいは分かるし、歩き方から機嫌が良いことも読み取れます。他の犬への吠え方(滅多に吠えませんが)で微妙な感情の変化を感じることもある。

 つまり、散歩を通じて愛犬は、飼い主に様々なメッセージを発しているんだとも捉えられます。それを受けとめることは飼い主にしか出来ないことであり、愛犬と飼い主のコミュニケーションの形の一つなのだろう、私はそう思うようになりました。そのためにはiPodは邪魔なんです。

 その考え方に当てはめた場合、愛犬をアカの他人に任せるということは、少なくとも私の場合にはあり得ません。カネが要るとはいえ他人に犬の散歩を任せられるのはメチャクチャ助かります。その時間を他のことに使えて有意義だ、と考えるのも正しい。ですがこれをやってしまうと愛犬からのメッセージを得る機会を放棄するのと同じことになってしまう。

 まぁ、かつての私もカネがあればクックの散歩を業者任せにしていたかも知れません。人それぞれのやり方があるのでこういった術も否定はしませんが、我が愛犬・ビータとはコミュニケーションを積極的に交わし、幸せな犬生(?)を送って貰いたいものです。それに気付けたことで、何だかクックも喜んでくれている…と、思わず妄想してしまいます(笑)

photo



別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

衝撃現代百物語 新耳袋勝手にしやがれ

2009-10-03 Sat 00:00
 この夏も書店には多くの心霊・怪談ものの単行本が並びました。テレビで心霊・オカルトが自粛気味なのでその反動もあったのでしょうか?我われファンにとっては嬉しい限りです。

 しかし最近出版されるものの中には、心霊初心者向けの稚拙な内容のものや、使い古されたネタの焼き直しで埋め尽くされたものも多い。出版点数が増えても全体的に質が落ちているのかなぁ、と感じます。

 そんな中で、読み応えもあり面白かったのがコレ。怪奇逸話集「新耳袋」シリーズに登場する心霊スポットを突撃取材した経過をまとめたルポシリーズ最新作

photo

ギンティ小林著「衝撃現代百物語 新耳袋勝手にしやがれ」(洋泉社)は期待を裏切りませんでした。

 2007年刊「新耳袋 殴り込み」、2008年刊「新耳袋 大逆転」に続くシリーズ3作目に当たる本作。毎回タイトルは違うも中身は相変わらず同じ(笑) 中年男たちが心霊サークル的な悪ノリで心霊スポットに体当たり取材、DVDに収めるためのガチの心霊映像をビデオカメラで捉えようと悪戦苦闘しています。ハプニングあり、ゾッとするガチで怖い出来事あり、そして描写する必要があるのかどうか良く解りませんが、悪ふざけやイタズラあり、取るに足らないスタッフ同士の衝突あり…そんな珍道中に起きた出来事を余すところなく詰め込んだ旅行記のような本でもありますね。

 どちらかというとオチャラケたようなノリで書かれた本作、及び(見たことないけど)関連DVD商品ですが、世に出回る90%の心霊映像はフェイク、つまり作り物だと言われる中、少なくともこのシリーズだけは100%ガチ。実際に起きた出来事しか収録されない(=書かれない)のだとか。オチャラケるどころか実際には心霊に対し真正面から真面目に取り組んでいる、ということでしょうか?その姿勢からは心霊へのリスペクトの念が伝わってきます。

 そして、私が思う本シリーズ最大の魅力…それが

“登場する場所(心霊スポット)に思わず行ってみたい、と思わせる文章力”

だと思います。

 私は心霊マニアですが、心霊スポット訪問には興味ありません。怖いし、いたずらに霊を刺激すべきではないし、余計なことは一切しない方が良いと思うからです。

 それでも本書を読み終えた後、私は居ても経ってもいられなくなり、思わず某ゲームセンター(跡地)を見に行ってしまいましたよ(笑) 家から比較的近いし。ついでに来月には、「大逆転」に登場する関西のT城にも行く予定です(笑) 霊現象を求めているわけではありませんが、プロレスファンが力道山の墓に参拝したり、歴史ファンが関ヶ原に立ちたくなるのと同じこと。そういったアクションを促すだけの力が、ギンティ小林氏の書く文章には込められているのでしょう。

 今年ベストセラーとなった村上春樹著「1Q84」を読んだファンが、物語中に登場するクラシック音楽を収録したCDを求めてショップに走り、実際にそのアルバムがヒットしたという現象がありました。…ということはギンティ小林氏の文章力は村上春樹レベル、ということでしょうか?(笑) 「1Q84」ほどでないにせよ「勝手にしやがれ」も結構厚い本です。最後まで飽きることなくスイスイと読めてしまったのは、それなりの文章力(と、下らない内輪での遣り取りの描写・笑)を持って書かれたからではないか、と思いました。


 しかし…本の方はこれほどお気に入りなのに、


肝心のDVD作品2作を購入するに踏み切れないこの心の葛藤は…


何なんでしょうね?(笑)



----------------------------
【TODAY'S PIC UP ITEM】

衝撃現代百物語 新耳袋勝手にしやがれ衝撃現代百物語 新耳袋勝手にしやがれ
(2009/07/30)
ギンティ小林

商品詳細を見る



別窓 | 読書 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

空気人形

2009-10-02 Fri 00:00
photo

 2009年の第62回カンヌ国際映画祭に日本から唯一出品された作品…という触れ込みで前評判の高い(?)映画「空気人形」を観ました。ファンタジーものはどちらかというと好きな部類に入るので、邦画であるということも気になりませんでした。

 まず、主演の空気人形の…というかコレ、ダッ●ワイフですね(笑) この心を持ってしまった空気人形役が、邦画にも関わらず韓国人のペ・ドゥナという女優。ちょっと意外でした。

 しかし、ペ・ドゥナ演じる空気人形、人形ゆえ無機質っぽいキャラなのに、それでいて凄くキュートでもある。彼女の演じる“空気人形”は当たってましたね。監督のこだわりが見え隠れしました。

 あとは作品全体を通しての寂しい、虚しい感じ。その中に一握りの幸せが存在している世界観は何とも言えぬ悲しい気持ちを覚えましたね。何というか大きな箱庭の中で日々繰り返されていく儚い日々を、“神の視点”から観察してしまっているかのような虚しい感じ。それが単純なオルガンのBGMと妙にマッチして、独特の世界観を演出していたと思います。


 ただ、ハリウッドもののような“分かり易さ”に若干欠けるところがあるかなぁ…?解説が無いと何を描きたいのか理解に苦しむシーンが幾つかありました。

 まぁ、総合的には私としては気に入りました。ペ・ドゥナ演じる空気人形の魅力が大きかったですね。

 ところでこのペ・ドゥナ演じる空気人形…コレ、鳥居みゆきじゃね?!っていうか、鳥居みゆきでも良かったんじゃね?!(笑)

ずっと(鳥居みゆきだよなぁ…)と思いながら観ていました。彼女のDVD「みみずひめ」と設定も似ているし、どちらもファンタジーだし、共通するものありますよ、絶対(笑)


---------------------------
【TODAY'S PIC UP ITEM】

みみずひめ [DVD]みみずひめ [DVD]
(2009/01/21)
鳥居みゆき

商品詳細を見る




別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

“愛犬と両親と泊まる宿”探し

2009-10-01 Thu 00:00
 現在、親の介護のための長期休暇中の私。何かと肉体的・精神的に大変な事も多い日々を送っていますが、物事は考え方次第。この神から与えられた(…と考えるようにしています)貴重な時間を有効活用し、色々と“初体験”にチャレンジするようにしています。

 その一つが家族旅行の計画。両親と旅行なんて10数年振り。こんな状況でなければ有り得なかったかも知れません。それに家族といえばもちろん、愛犬・ビータくん(ジャック・ラッセル・テリア、♂、9ヶ月)も今回は一緒(笑) …そう、犬を連れての旅行、というのが私にとっての初体験です。

 しかし色々調べてみるとこれが結構難しくて…。

 最初、私は漠然と普段自分が旅行する時のように、専門サイトで条件を入力・検索すれば泊まれる宿なんて選び放題だと考えていました。ところがそうでもないんですよね。

 まず、犬も泊まれる宿というと、宿側の手間が多いためか、こじんまりした部屋数の少ないペンション風の宿がほとんど。となると必然的に洋風2人部屋中心に提供されていることが多く、気に入った宿を見つけても「ダブルしか空いていない」とか、「奇数人数の宿泊お断り」、とあしらわれてしまいがち。親とダブルベッドで一緒に眠るのはちょっと…(笑)

 それ以前に、介護が必要な親がいるので、部屋選びの最低条件は部屋風呂付き。かといってノーマルな風呂はイヤ、どうせなら露天風呂付きがいい!…なんて欲が出てくるとどんどんハードルが上がり、ほとんど見つからない。 

 私は個人的に大きな大浴場(温泉)付きホテルが好きです。最近のホテルなら、露天風呂付きの部屋なんてたくさんありますが、犬一匹増えただけでそういったホテルはほぼ100%、候補から消えてしまう。ちょっと計算違いでした。

 あとは、ペンションや小さい宿のアットホームなムードが好きな人も多いと思いますが、私は正直言って苦手です。特に犬も泊まれる宿の経営者って当然ながら犬好きが多いようで、食堂やロビーにもワンちゃんがウロウロしているケースが当たり前みたいなんです。私は犬は大好きでも基本的に人間嫌い(笑) 犬を触媒としてコミュニケーションを強要されそうで…憂鬱です…。

 
 また肝心の犬に関する縛りも当然ながら無視出来ません。

 狂犬病予防接種を受けていることが最低条件であることはもちろん、マナーとしてトイレの躾が出来ており、「お座り」「待て」程度出来ることを要求してくる宿も多い(ちなみにビータくんはどちらも出来ません・笑)。犬の抜け毛が散らないように衣服を着用させたり、直前にシャンプーで体を洗っておくことを要求する宿もある。他のお客さんの迷惑になり兼ねませんからね。屋外で飼っている犬はNG、という宿もありました。
 
 犬がいると荷物も増えます。安い宿だとトイレからトイレシート、餌と水の器、おもちゃなど身の回りのもの一式、そして餌も持参しなければなりません。使ったことありませんが移動用のハウスもあった方が良いし…当たり前なのですが面倒臭い(笑)

 結局愛犬家って、犬と一緒に旅行して、宿泊出来るということが最大の満足なので、それくらいの気配りや手間は苦じゃないのでしょうね。他の宿泊客に対しても最低限のマナーはお互い出来て当たり前、くらいに考えているのでしょう。

 一方でこちらは犬だけでなく私自身と親も満足したい。料理にも温泉にもこだわりたいので、なかなか理想的な宿が見つからないし、色々面倒を感じてしまう…。人間と犬、両方が満足出来る宿を予算内で探すのがこんなに難しいとは思いませんでした(笑)


 幸い、ランクは上がりますが場所・部屋・部屋風呂(露天風呂)・食事・施設・サービスとも申し分ない宿を発見、予約することに成功しました。

 早速、当日ビータくんに着させるためのTシャツを購入。

photo

サイズがピッタリだからか、全く嫌がらない。それどころか満更でもない様子…?

 しかし…Tシャツタイプはこれだけしか置いてなかったとはいえ、

何だか囚人服か昔の女性用水着

(“のし”で泳いでる人のイメージ)みたい(笑)




別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 瑠璃色幻想曲 |