現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
今年・来年・そして感謝

2009-12-31 Thu 05:35
 いよいよ2009年も残すところ1日ですね。

 今年は皆さんにとってどんな1年だったでしょうか?


 私個人的には、「大切なもの」たちを再認識出来た1年だったと感じています。それは自分にとって大切にすべき人間関係だったり、貴重な時間の費やし方だったり、愛すべき場所だったりと様々ですが、そういった「ものたち」との関わりを通し、今後の人生をいかに生きたいのか?何となく見えてきたような気がします。


 来年は…やはり出来るだけたくさん旅行に行きたいですね。その中でたくさんの名城を見たい。山にもたくさん登ってバッジを増やしたい。愛犬・ビータくんともたくさん散歩をしたい。その合間にはプロ野球やJリーグをたくさん観戦し、プロレス観戦にもどんどん行きたい。そして、大切な友人や家族と美味い酒を飲んで毎日幸せを認識する…そんな1年にしたいですね。


 また、1年間このブログを読んで下さった方々、特にコメントや拍手をして下さった方々には心より御礼申し上げます。毎日多くの閲覧数を確認することでパワーを戴き、1年間書き通すことが出来ました。ありがとうございました。



 それでは2009年最後の1日も有意義に過ごしましょう。そして皆さん、どうぞ良いお年を!!


スポンサーサイト
別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

誕生日

2009-12-28 Mon 20:54
6509

 今日、12月28日は愛犬・ビータくん(ジャック・ラッセル・テリア、♂)の満1歳のお誕生日です。

 今から丁度1年前、紳士の国イギリス産の犬種ながら岩手県にて生まれ、10ヶ月半前に我が家の新しい家族となったビータくん。頭を撫で、体に触れ、玩具を買い与えて一緒に遊び、服を着せ、散歩や旅行に連れて行き…考えつく愛情表現方法では満足出来ない飼い主は、遂にバースデーケーキまで用意してしまいました(笑)もちろん犬・猫専用。近所のペットショップで1,980円でした。

 もともと認知症である母の相手に…という名目で飼うことになったビータくんでしたが、実際にはそれ以上に我々家族全員を和ませ、毎日生活することに前向きにさせてくれました。いつも元気にちょこちょこ動き回り、歩けば必死に追い掛けてきて、座れば横にベッタリ。こんなビータくんのお陰で私も今年を感謝して生きることが出来ました。もしかしたら「犬ごときにケーキを買い与えるなんて○○じゃないの?」と思われるかも知れませんが、逆に当の私にとっては、こんなケーキを与えるだけでは感謝しても感謝しきれない…それだけ大きな存在なのです。


 さあ、箱からケーキを出して、蝋燭を立てたぞ~! 

6522


ケーキを食べたくて仕方がない、食いしん坊なビータくん。でも…

651065336543


なかなかケーキにありつけないよ~!!…それもそのはず。だって私がたっぷりと色んなアングルで写真撮るんだもん(笑)もうちょっとガマンしてね、ビータくん。


6559

よしっ!そろそろ蝋燭に火を点けて、歌おうか!♪Happy birthday,to you~…


0003

ようやく美味しいケーキを食べられたビータくん。改めて、1歳のお誕生日おめでとう!!歌のタイトルじゃないけど、これからも“永遠に一番ちかい日”まで、何度でも何度でもケーキでお誕生日をお祝いしようね…。




 
別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

引退…サイレント・ヴィーナスforever

2009-12-27 Sun 17:42
photo1

 プロレスラーだと、古くは“噛ませ犬発言”時代の長州から、“黒バージョン”直前の蝶野、WCWの赤nWo、ケンドー・カシン、最近の鈴木みのる(発言のみ)…。昔の「ジャンプ」キャラだと、「聖闘士星矢」のフェニックス一輝、「魁!男塾」の伊達臣人、微妙に違うけど「キン肉マン」のキン肉マン・ソルジャー…。

 私はいつの時代も反体制派、組織に媚びず、無駄に群れずに己の生き方を貫く人(キャラ)たちに惹かれ、憧れる傾向にあるようです。ちなみに平成維新軍は野暮ったいのでパス(笑)

 そんな私が10年ほど前から好きだった女子プロレスラー、日向あずみ(ex.久住智子)が遂に12月27日に引退するというので、ファンとして引退試合は観ておかなければ!と後楽園ホールへ行きました。

 日向といえば、「週プロモバイル」的に表現するなら“天性の天才的センスを努力で磨き続けた”プロレスラー。しかもデビュー以来一度も他団体に移籍したり、フリーになったりすることなくエースとしてJWPを、いや、氷河期のごとき女子プロレス界を守り続けた人です。そんな日向になぜ惹かれたか?といえば、(今考えればアングルだったのでしょうが)ブレイクのきっかけがまさに“反体制”的でめちゃくちゃカッコ良かったからです。

 トップにダイナマイト関西、尾崎魔弓、キューティー鈴木、プラム麻里子、デビル雅美らが君臨する当時のJWPにおいて、久住智子は期待のホープ(ふっる~・笑)でありながらもまだまだペーペーの若手でした。

 しかしある時、あの大人しい久住がいきなり「このままではJWPはダメだ!!」と会社批判を始め、何かに追い詰められたかのように必死に闘うように。そしてキューティー、福岡…次々とシングルで先輩レスラーを破り、遂には福岡が持つ(当時)JWP認定無差別級王座を奪取してしまう…この流れは本当に「ジャンプ」のマンガを読んでいるように感動しました。

 これを機に一気にファンになった私は、一時期頻繁に日向の応援に会場へ足を運んだものです。グッズを買ってサインして貰ったり、一緒に写真を撮ってもらったり、プリントアウトした2ショット写真にサインして貰ったりしました。ほんの数秒間ですが写真撮影に応じてくれ、二人並んで立っている間だけは私が日向を独り占めしているようなものですもんね(笑)嬉しかったなぁ…ドキドキしたなぁ…あの憧れの凄い選手がオレの隣に!…でもこんなにちっちゃくて華奢だったんだ…なんて思ったりして(笑)この時ばかりはミーハーの何が悪い!このトキメキを否定しなければならないのなら社会的地位(そんなのあったか?)なんてクソ食らえだ!!…でした(笑)

 実際に生観戦した試合で印象に残っている試合は、1999年秋にカルロス天野とオンリー・ギブアップルールで闘ったJWP無差別級王座防衛戦ですね。関節技を得意とする天野に対し、みちのくドライバーⅡがフィニッシュホールドの日向。天野に有利なルールで行われたタイトルマッチ。フィニッシュはみちドラで息の根を止めた天野に腕ひしぎ逆十字!!あの流れには興奮しました。

 あと、翌2000年2月に全女前川からオールパシフィック選手権を奪取した試合。あの試合もまさかの王座移動に歓喜しまくったものです。

  ・
  ・
  ・

 後楽園ホールで試合前に上映された、日向のデビュー以降15年間の軌跡をまとめたVTRを改めて見せられると、さすがの私もジ~ンと込み上げるモノがありました。最後の試合を感慨深く観戦…もう彼女のファイトが見られないと思うと残念です。JWPにとっても日向の引退は痛手だとは思いますが、今後もファンのために頑張って欲しいものです。

 あ~あ、正直女子レスラーで応援したいレスラー、これでいなくなっちゃったなぁ…と、思ったら…!


紫雷美央&イオ姉妹はイイですね(笑)


…もちろん、ファイト内容が(?)ですよ…(笑)

photo2


別窓 | プロレス | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

アーミータイガー?

2009-12-26 Sat 23:04
 服でも買おうかとトレッサ横浜に行ってみました。出来れば通勤用の、スーツに合うコートが欲しかったんですよね。

 わざわざ車を出して横浜まで遠征した結果、購入した本日の収穫は…


photo1

愛犬・ビータくんの洋服(笑)既に何枚か持っているのですが、迷彩色とスーパーマンのコスチュームはいつか手に入れたかったので迷わず即買い。フード付きレインコート風です。ちなみにお値段は、いつも在庫処分品しか買わない私が買ったものとしては異例の2,600円(笑)一丁羅です。


photo2

 帰宅後、早速これを着てお散歩へ。常にイタズラの機会を窺っているビータくんのイメージにピッタリ、似合ってます(笑)


 もう一つは

photo3

虎の被りもの。考えようによってはタイガーマスク?(笑)最初はなぜこんなものが売っているのか疑問でしたが、来年の干支が虎年だからですね。これを被らせた写真を年賀状に使う飼い主、多いんだろうなぁ…もちろん私もそのつもりで買ったのですが(笑)


 しかし画像撮影時のビータくん、大人しく命令を受け入れジッとしていましたが…どう見ても恨めしそうな顔をしていますよ。でも諦めてくれないと、

1,400円も出してこれを買ったことが無駄になってしまいます!


 …ご主人様のものは何も買わない代わりに買ってあげたんだから、モデルになってもらおっと…。


別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

介護休暇で見つけた“忘れもの”

2009-12-25 Fri 00:31
 極めて個人的なことで恐縮ですが、若年性アルツハイマー型認知症である実の母の身辺の世話目的で取得した6ヶ月間の介護休暇が満了、今日から職場に復帰することになりました。


 現在の母の状態は…介護経験をお持ちの方なら解り易いかと思います。病気の進行を遅らせるための薬投与による副作用からの精神の高ぶり…いきなり怒り出したり、叫んだり、周囲に暴力行為(…といってもたかが知れていますが)を働いたり…といった、私が休暇を取るきっかけの一つになった症状がほぼ治まり、扱い易くなりました。

 しかし身の回りのことは自身では何も出来ないのは相変わらず…そんな状況です。扱い易くなったのも裏を返せば病状が進行している証拠ですから素直には喜べません。

 入院や介護のプロに依頼する必要性は家族として、息子としてまだ認めたくない。しかしこのままではまたいつか、24時間付きっきりにならざるをえない父が精神的に追い詰められて…というどうにも微妙な状況です。まぁ、暴力行為が無くなれば引き受けてくれそうなデイサービスはあると思いますし、こればかりは今後状況に応じて対処方法を考えるしかなさそうです。


 社規で認められている権利とはいえ、半年間もの休暇を下さった会社や周囲の方々には素直に感謝しています。それなりの覚悟を持って申請した休暇でしたが、ご迷惑をかけた方々がたくさん存在するのも事実。そこだけは今度介護がどんなに大変でも忘れないつもりです。


 フジテレビの企画で、最近書籍化も実現した「探そう!ニッポン人の忘れもの」という企画があります。 本来仕事もバッチリこなしながら身内の介護も愛情を持ってしっかり行えれば良いのですが、それが不可能な未熟者の私にとって、この半年間はまさに「人生の忘れもの」を見つけるための時間でした。器の小さい小物である私が、仕事に忙殺されたまま同じ6ヶ月を過ごしていたなら…



…やはり選択は間違っていなかったと信じています。間違いなく人生屈指の幸せな時間でした。


別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

永遠に一番ちかい日まで

2009-12-23 Wed 18:11
 愛犬・ビータくん(ジャック・ラッセル・テリア、♂、もうすぐ1歳)と同じジャック・ラッセル・テリアの動画をYouTubeで何気なく探していたところ、このCMと出会いました。「花王ヘルスラボ」、ドッグフードのCMです。


 



 御存知の通り共同開発先のエコナから初ガン性物質が発見されたため、現在ヘルスラボは発売中止。当然CMもテレビで見ることは出来ませんが、今年の春頃には私もしばしば目にしたCMです。ただし、15秒にまとめられたものしか見ていませんから、今回見つけた動画は新鮮に映りました。

 気になったのは、アップした人がつけたタイトル「花王 泣けるワンチャンのCM」。特にワンチャンが死んでしまうとか、飼い主とお別れになってしまう、といったストーリーではなく、むしろ女性とワンちゃんの幸せ過ぎる日常を描いているのになぜこのタイトル?疑問でした。…ちなみに私とビータくんもコレに極めて近い幸せな日常を送っていますが(笑)

 しかし、疑問に思いながらも1分間、通して動画を見ると本当に“泣きたい気持ちに”なってきたじゃありませんか!個人的に日本人が軽々しく「この○○は泣けるよ~」と表現することは大嫌いなのですが、この動画のタイトルに関しては不思議と頷けます。

 その理由はまず、ワンちゃんの振る舞いから感じ取れる、御主人様である女性への信頼と愛。大好きな御主人様を慕って健気に、明るく、一生懸命生きている様子に心を打たれたのだと思います。

 そしてもう一つの理由はBGM。最初はCMにピッタリとマッチしていて空気のような存在でしたが、改めて意識して聴くと…コレ、もしかして凄く素敵な曲じゃないですか?!歌詞も愛犬…それも死にゆく愛犬へ語り掛けるような歌詞だし、シンプルなアコースティックサウンドが耳に心地良いと同時に琴線に触れるんです。

 調べたところ、歌っているのはnavy&ivoryという二人組。“泣ける”歌には定評のあるアーティストだそうです。タイトルは「永遠に一番ちかい日まで」。歌詞を読む限り、この歌は彼らの実体験、もしくはそれに近い体験を基に作られたと思われます。だからこれだけ深みを感じるのでしょう。残念ながらこの歌はCMオリジナルだそうで現在未CD化。着うたを扱うサイトも見当たらず(花王の着うた無料ダウンロードサービスも終了)…。でも近い将来、是非何らかの形で身近に持っていたい素敵な歌です。

 何だか、ひょんなことでもはや趣味とは呼べなくなっていた“音楽”と再会した気分です。ついでに、この歌だったら久しく避けていたカラオケでも歌ってもいいかな…というか是非歌いたいなぁ…。もちろん、


ビータくん同伴で(笑)


 …CD化が待ち遠しい…!!


----------------------------------------
「永遠に一番ちかい日まで」/navy&ivory

ねえ 知ってた?
何より君が大切だから
そう 祈ってた
永遠なんてないとわかってて
寄り添うだけで
寝顔見るだけで
泣けるほどいとおしくて

ずっと ずっと
愛することに一生懸命で
もっと もっと
すねたり甘えたりしていいんだよ
ずっと ずっと
一緒にいるって尻尾振ってよ
ずっと ずっと
永遠に一番ちかいその日まで
---------------------------------------


 …2番以降にも

“一度話すこと出来るのなら
きっと きっと
迷わずありがとうって伝えるよ”

“歩きなれた幸せの散歩道
日ごとに引っ張る力が弱くなる背中”


など思わず切ない気持ちにさせられる歌詞が並びます。犬も人間も、限られた命を生きる以上、“永遠にいっしょ”はありません。ならばせめて、 “永遠に一番ちかい日”までの時間を一緒に、大切に生きようね…そういう意味ですね。凄く素敵な表現だと思いました…。

-----------------------------------------
【TODAY'S PIC UP ITEM】

泣けるほど好きな人~シングルコレクション+カバーコレクション泣けるほど好きな人~シングルコレクション+カバーコレクション
(2009/02/25)
navy&ivory

商品詳細を見る
別窓 | 音楽のある生活 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑

愛情という名の動物虐待

2009-12-21 Mon 22:01
 「めざましテレビ」(CX)の1コーナー「ココ調」。巷で起きている現象や流行などを調査する、という類のコーナーなのですが、大抵は

「今時の女子高生は全員○○を持っている」
「今時のサラリーマンは必ず○○をしている」


という断定的かつ誇張した作り方をするので、個人的には好きになれない企画です(笑)よって、いつもはチャンネルを変えてしまいがち。しかし今朝の特集は「ペット(愛犬)の肥満」でしたので何となくそのまま見てしまいました。


 まずは、愛犬を連れた一般人(まさか仕込みじゃないよね?)何人かにインタビュー。自分の愛犬の体格が

“標準”
“やや肥満”
“肥満”

のどれに該当するか判断させますが、皆専門家の判断よりも甘い。どう見ても肥満体なのに“やや肥満”や“標準”と書かれた札を掲げる飼い主の多いこと…まぁ、テレビ側もそういう結果だけ並べて紹介しているのでしょうが。

 そしてVTRは、肥満に陥った愛犬に悩む飼い主たちの需要があるという、巷で流行の犬用ダイエット合宿ビジネスや、水泳教室を紹介。勝手に肥満にさせらされたワンちゃんたちが慣れない運動を強制される姿を見せた上で「愛犬が肥満になるのは飼い主の甘さが原因、気をつけましょう」と締め括りました。

 VTR中には「自分(飼い主)は注意しているのに、親が食べ物を与えるので体重が減らない」というお腹がパンパンに膨れた30kgもあるテリアや、ダイエットに成功したものの一時は20数kgもあったミニチュアダックスが登場。ホント可哀想としか言い様がありません。

 また「可愛いので、ついお菓子やケーキ、何でもあげちゃう!」というオバサンも登場しましたが、ペットへの愛を履き違えているとしか考えられません。しかもそれを堂々と全国放送のテレビのインタビューで答えてしまうのですから呆れるばかりです。これは愛情という名の下に行われている一種の虐待でしょう。

 フジテレビにも問題があります。「ココ調」の作り方っていつもこういう作り方ですよね。“ペット向けダイエットビジネス”というビジュアルに訴える面白いネタがある。じゃあ、ただ紹介しても視聴者の食いつきが弱いから、最近ペットの肥満が多いってことにして、そこから繋げてまとめようか、みたいな。

 常識的に考えて、ペットの肥満の問題がテーマなら、ダイエットビジネスの紹介はオマケ程度で十分。それよりも肥満になることでどんな恐ろしい病気になり得るか、肥満にさせないために何をどう注意すべきか、がメインであるべきでしょう。本質から外れているくせに、テメエが見せたいものを押し売りの如く一方的に見せようとする作り方…だから「ココ調」って好きになれないんですよ。


 まぁ、それはそれとして…では、そこまで批判しておいて、我が愛犬・ビータくん(ジャック・ラッセル・テリア、♂、もうすぐ1歳)はどうなのか?私もどちらかというと愛犬には甘い方ですが、これでビータくんが肥満体だったら批判する資格ありません。早速チェックしてみました。


 専門書やウェブサイトで調べた結果、大まかなジャック・ラッセル・テリアの肥満度チェックポイントを幾つか見つけました。


【体重は5~6kg程度】

 ビータくんの体重は6.05kg。お~っと!いきなり肥満か?!…違うんです。私が気合いを入れて散歩をさせているせいか、獣医さんも驚くほどにマッチョになってしまった(?)ビータくん。体格の割にだっこすると重い重い!!(笑)体を触ってみても

photo4

か、固い…

photo1

カッチカチやぞ!!(笑)


当然筋肉は重いので、この体重でも問題ないだろう、とのことでした。


【胸は人間大人の手の平でスッポリ覆えるくらいの広さ】

photo5

 これも問題無し。


【脇腹は肋骨を感じられる】

 しっかり感じられます。


【腰のくびれがある】

 photo2photo3


くびれあります。ついでにお尻もまん丸のプリップリ(笑)人間に例えるなら昭和のプロ野球選手のお尻みたい(笑)


 …最低限のチェック項目はクリアしていそうです。まぁ、私も家族も餌はドッグフード及びおやつ用のスティックガム以外与えませんし、月間200km以上散歩させる上に家の中で放し飼いですから…


これで肥満になってしまったら打つ手が思い浮かびません(笑)


photo6


私はビータくんが大好き。だから健康には気をつけて長生きしてもらって…ず~っと一緒に遊ぼうね…。




 …コレも人間のエゴの一つ…なのかなぁ…。




別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

最恐 怪-1グランプリ 1億3千万人が選ぶご当地怪談

2009-12-20 Sun 23:15
 12月18日夜にテレビ東京系列にて放送された「最恐 怪-1グランプリ 1億3千万人が選ぶご当地怪談」。最近こういったオカルト系番組は、コンプライアンス的視点から問題視されるようで確実に減っています。有り難く視聴しました。正直、テレ東の番組ということで舐めていましたが…とても面白く好感の持てる番組でした。これだけのクオリティの番組を、しかも真冬に放送しようとは…さすがはテレ東。他局が揃って緊急報道特番を組んでも唯一頑なに通販番組を放送する局だけあります(笑)


 この番組で私が良かったと思うのはまず、“ご当地怪談”というコンセプトで視聴者にアプローチし、番組参加(視聴含む)を促した点です。グルメやJリーグ同様、各県民の郷土愛に訴えてテレビ局と視聴者、双方で番組を盛り上げようという方向性は新鮮だし良いと思いました。

 そしていきなり(ある意味乱暴かも知れませんが)“最恐怪談”すなわち怪-1グランプリを決めてしまうというのも評価出来ます。今回エントリーしなかった都道府県民は賛否両論あるでしょうが、むしろ今後に繋がるという意味で面白いやり方。きちんと再現ドラマを用意し、怪談調査員の現地リポートと併せて紹介する方法も、基本といえば基本ですがコスト削減で手を抜く局が多い昨今、好印象が持てました。

 最終的に“最恐”に選ばれたのは、仙台の自殺が多発する吊り橋に纏わるエピソード…確かに怖かったのですが、地味だったので(これなんだ…)と私は意外に感じました。私はもっとメジャーな岐阜の花魁淵や神奈川のトンネルネタが最大公約数的視聴者を納得させられるだろうから、その辺で決まりじゃないか?と予想したのですが、良い意味で予想を裏切られてスッキリ。ちなみに私の“最恐”怪談は、香川の港のネタです。女の幽霊の不気味な歩き方が忘れられない!!(笑)

 “ホラーオールスターズ”と命名された審査委員の顔ぶれもマニア的には納得です。イイ線いっていると思いました。怪談テラーでお馴染みの稲川淳二を筆頭に、ホラー作家の岩井志麻子、妖怪・都市伝説研究の第一人者・山口敏太郎…イイですねぇ。これが民放他局ならば、かなりの確率で芸人・グラビアアイドル・番宣目的の俳優、だったことでしょう(笑)総合司会にわざわざ福澤朗を起用したのにもテレ東のただならぬ意気込みを感じました。

 そして今回、私が最も唸ってしまったのは、番組冒頭の“心霊動画”のコーナー。どうせ他局のように「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズから適当に見繕って紹介するんだろう?と思いきや…何と!他のメディアも含めて少なくとも私が知っている動画は皆無!!全てが初めて見るネタでした。これは凄いです。想像ですが

“適当に作ったものを放送して、1回だけそこそこの視聴率を稼いで何になる?!大切に育ててナンボ、決して単発で終わらせてなるものか!”

という制作者の声が聞こえてきそうでした。


 しかしせっかくここまで真面目に作った番組にもかかわらず、その価値を下げかねないマイナス点もありました。

 例えば“ホラー映画の最恐シーンベスト3”は要らないですね。他のコーナーは全て(噂話も含め)ガチンコ、本当にあった話、という前提なのに“作り物の恐怖”は蛇足。要らないでしょう。怖いものなら何でも出しちゃえ、的なことをすれば、番組全体が“捏造”っぽくなってしまいます。ウェブサイトでご当地怪談を募る以上、それは止めて欲しかったですね。

 そしてメインの“ご当地怪談エピソード”の怪談調査員の道重さゆみ(モーニング娘。)!これは酷い!!他の調査員たちがソツなくリポートをこなす中、怖がって唯一まともに現地を取材出来ないまま終了。こういう番組にアイドル的なカラーは要らない。いくらテレ東だからって


「ハローモーニング」のノリで仕事されても心霊マニアは喜ばないっつーの!!


間違いなく人選ミスでした。


 テレ東…この番組で私は見直しました(他の番組も好きでよく見るけど・笑)。今後も是非「怪-1グランプリ」、続けて欲しいです。


別窓 | テレビ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

THE 4TH KIND フォース・カインド

2009-12-19 Sat 00:00
photo

 “怖すぎるCM”で話題の映画「THE 4TH KIND フォース・カインド」を観ました。

 冒頭、いきなり主演のミラ・ジョヴォヴィッチが登場し、

「アビゲイル・タイラー役のミラ・ジョヴォヴィッチです。この映画には衝撃的なシーンが含まれています…」

…のような説明事項を観客に向かって語り始めるという、映画ではまずあり得ないオープニング。“アラスカ州ノームで過去に実在した事件”を基にしたとされるストーリーや、当時実際に撮影された患者の映像と俳優による再現映像を2画面並べて見せるという技法などからも、再現VTR主体のドキュメンタリーと思って観た方が良いと思います。

 正直この作品、オカルトに無関心な人が単純に映画作品として観賞するには、かなり厳しい…というよりもつまらない映画だと思います(笑)しかしオカルトにある程度興味があり、“こういう映画なんだ”と柔軟にゲーム感覚で楽しみながら観ることが出来る人ならば結構楽しめるし、面白いと思える映画だと思います。


 私は1回観ただけでは理解不十分なところが多く、半分くらいは(多分、こういうことなんだろうな…)と自分なりに解釈しながら観ました。エンディングに到達してもオチはハッキリしませんが、逆に後で友達か誰かとこの映画についてアレコレ議論したくて堪らなくなる…そんなタイプの映画でしたね。


 最後に、まだ観ていない人に忠告させて下さい!!


決して観賞前にWikipedia等で、この映画の事前情報を調べないように!!予備知識無しで観て下さい!!



…でないと大変なことになります。ウィルス(viral)でヤラレちゃいますよ。いや、ホントに(笑)


別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

愛なき無関心、愛ある危険行為

2009-12-18 Fri 00:00
 先日、携帯電話を機種変更しに行くという父に付き添い、ドコモショップへ行きました。

 FOMA90Xシリーズ時代なら、ある意味予算に合わせて最新か型オチどちらの機種を選ぶか?プラス好きなメーカーだけ考えれば良かったのですが、最近は過剰なマーケティング戦略に惑わされるあまり、どれがどうなのか良く解らない…を通り越してケータイそのものに興味が無くなってしまいました(笑)そもそも“PRIME”担当の俳優って誰?…私がこんな状態ですから父なんてもっと無関心なはず。頭が混乱しないようアドバイスを与えるとともにドコモショップの店員に言い包められないよう(笑)同行することにしました。

 ドコモショップまでは車で行ったのですが、駐車場の天井が低くウチの車だと入れないので、環状線を挟んで向かい側にあるスーパーの地下駐車場に停車。そしてさあ行こうか、という時に…ちょっと首を傾げさせる光景に遭遇しました。


 日曜日の昼ということで大勢のお客さんで賑わっていた、そのスーパー。入口の外に買い物中の客が連れてきたと思しきわんこ(CX風に・笑)が一匹、車両進入防止用のポールに繋がれてお留守番しています。そのわんこに対し、飼い主ではないオバサンがせっせと人間の食べ物を与えているではありませんか!!

 間近で観察したわけではないので正確に何を与えていたかまでは分かりませんでしたが、買ったばかりのお惣菜のようでした。犬を飼った経験のない人にはピンとこないかも知れませんが、犬には与えると命に関わるほどに危険な人間用の食べ物がたくさんあります。それを知っている以上、私はこの光景を見た瞬間ゾッとしました。

 このオバサン、「犬が可愛いから」と厚意のつもりで丁度手元にあった食べ物を与えてしまったのでしょう。その気持ちは解らないでもないし、あまり責める気にはなれません。

 同じ犬を飼う者としてそれよりもムカついたのは、日用品の買い物にわざわざ犬を連れてくる飼い主に対してです。

泊まりがけで旅行に行くわけでもないのに、なぜ僅か数時間すら愛犬に自宅で留守番させられないのか?
人が多い場所に愛犬を長時間放置して心配じゃないのか?


矛盾…。愛犬が近づいてきた幼児に怪我をさせる可能性もあるでしょう。なぜそんな風に気を配れないのか?

 私の想像ですが、多分この人は愛犬の散歩に時間を割くのが嫌な人なんですよ。だから自分の用事に愛犬を連れ歩くことで散歩を兼ねたつもりなんでしょうが、それは完全に飼い主のエゴ。犬を飼う資格の無い人の発想ですね。


 まぁ、勝手に他人の犬に食べ物を与えるのも良いとは言えませんが、犬に与えて良いもの・悪いものを知っているのは大抵犬を飼っている人々だけ。我々がしっかり管理して愛犬を守るしかありません。考え方の違い、と言ってしまえばそれまでですが、少なくとも私は

自分の愛犬に不幸が訪れる可能性が僅かでもある、と分かっていながら自分の目の届かないところで愛犬がアカの他人の手にかかっている…という状況は絶対に作りたくありません。

散歩中に私がトイレに行きたくなっても放置せず、一緒にトイレに入って第三者との接触を避けているくらいですから(笑)


 では人間の食べ物の何が悪いのか?というと…愛犬家にとっては常識なのですが、例えば最も危険度が高いとされる、赤血球を破壊し中毒死を引き起こす成分を含む玉ねぎ、ネギ、ニンニク、ニラなどが挙げられます。言い換えれば街中どこでも手に入り、テイクアウトして街中で食べることも出来るハンバーガー、ホットドッグ、フランクフルト、餃子(これはちょっと違うか?)などが犬にとっては最悪の毒だということになります。

 ハンバーガーをかじりながら歩いていたら、スーパーに可愛い犬が繋がれていた。あまりにも可愛いので、もったいないけどこのハンバーガー、少しあげちゃおう。こんな美味しいものを食べさせてもらえるなんて、この犬は幸せだな~…なんてどこにでもあり得るケースです。

 また、ソーセージについては重度の内臓疾患を患う可能性も高いし、パンの塩分や脂肪分(バター)も人間用の分量を含んでいるのでダメ。大量の香辛料も腎臓・肝臓疾患を起こさせます。そう考えると、人間が好んで食べる物も、実は犬にとっては毒の塊なのです。

 他にもカフェインを含むチョコレート、コーヒーなどは中毒死、手軽に与えられそうなナッツ、豆類も消化不良を起こす可能性が高く与えてはダメ。つまり、犬を不幸な目に陥れ兼ねない恐怖の毒を、誰でも街中で簡単に手に入れることが可能で、しかも持っていそうな人も多いということです。もう一度考えましょう。こんな場所に自分の愛犬を長時間放置出来ますか?

 
 そんな偉そうなことを言う私も、実は実際にそれらを犬が口にしたら具体的にどうなるのか、知っているわけではありません。ひと口くらいなら大丈夫なのかも知れないし、犬の種類やサイズ、個体差によっても影響は様々でしょう。そんなに神経質になるな、と言う人もいるかも知れません。

 
 私の場合は、ガキの頃家族で飼っていたシベリアン・ハスキーのクックに対し、あまりに無知で不勉強ゆえ人間の食べ物をどんどん与えてしまいました。それが蓄積された結果、彼に不幸な最期をも与えてしまった。その反省から今飼っているジャック・ラッセル・テリアのビータの餌には神経質なまでに気を配っているのは承知しています。でもそれが私なりにビータにしてやれることであり、なのです…。
別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

チャーリー 世界一かわいい犬と僕が伝えたいこと

2009-12-16 Wed 23:59
 最近映画といえば専ら“映画館でしか観ない派”でしたが、パッケージの可愛いジャック・ラッセル・テリアに惹かれて即レンタルしてしまいました。 

photo

「チャーリー 世界一かわいい犬と僕が伝えたいこと」。

 犬を愛するダフネに恋した犬嫌いのチャーリーが、彼女の気を引くために悪戦苦闘する、というコメディ映画です。ややB級臭を漂わせながらも(笑)なかなか楽しめました。犬好き(嫌い)にとっては登場人物の心境も手に取るように理解出来るでしょうから尚更ですね。

 キャストも私が知っている俳優は皆無でしたが、ダフネを演じるマリン・アッカーマンには初登場シーンから目が釘付け(笑)美人でセクシーなのは見ての通りですが、男的にはダフネから時折感じる“守ってあげたいと思わせるか弱さ”にギヴ・アップ…いや、ギヴ・アップまで待てない!((c)テレビ朝日)って感じでしたね。思わず彼女が出演している他の作品も観たくなりました。


 残念だったのは、


パッケージ写真のジャック・ラッセル・テリアが(多分)全く登場しないこと!!


まさかのジャケ買い(レンタル)ハズレパターン(笑)もしかしたらどこかのシーンにチョイ役で登場していたのかも知れませんが、全く認識出来ないほどの微々たるシーンだったはず。これには参りました。

まぁ、ウチには

photo2


もっと可愛い子(飼い主思考)がいますから別に構いませんけど(笑)


別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

ちょっとヘンな『喝!』に「カ~ツッ!!」

2009-12-13 Sun 22:11
 毎週日曜日の朝、楽しみにしている「サンデーモーニング」(TBS)のスポーツコーナー。その魅力は色々なスポーツの話題が豊富であり、他の番組が取り上げないようなちょっとした面白いシーンもたくさん紹介されるという点。そして何といっても“御意見番”の大沢親分と張さんの偏りつつも痛快な意見。これに尽きます。

 しかし今朝の放送では一視聴者として納得出来ない部分がありました。昨日行われたサッカー天皇杯準々決勝の部分です。

 昨日はサッカー天皇杯準々決勝が各地で3試合行われました。今季J1・2位の川崎フロンターレvsJ2・優勝のベガルタ仙台の試合もその一つ。結果は御存じの通り、J1で最後まで優勝争いに関わった川崎が2-1で仙台に敗北。そのVTRが終わってカメラがスタジオを映し出した瞬間、親分と張さんが口を揃えて

「喝~!!」

司会の関口宏も交え、

「J1なのにJ2に負けるなんて…」
(J1のチームである川崎が、弱いJ2の仙台に負けるなんて情けない、不甲斐ない、という主旨に受け取れました)

というセリフを3回ほど繰り返しました。

 加えて、

「川崎は精神的に問題があったのでは?」
(先のナビスコカップで準優勝に終わったことに納得がいかず、多くの選手が悪態をついたことに批判が集中したことを指しているのか?)

「鹿島の相手はガンバだから強いから仕方ないけど…」
(同じく負けたJ1優勝チーム・鹿島アントラーズの相手は、3位のガンバ大阪だったので負けたのも仕方ない、という意味でしょうね)

とも言っていました。何百万人もの視聴者が見ているテレビで。さあ、皆さん!準備はOKですか?!関口宏と大沢親分と張さんに…声を揃えて…せ~の!!


「カーーーツッ!!」(`Λ′)凸


こんな低レベルのコメント、サッカー観戦歴3ヵ月の私ですら到底受け入れられませんよ!私はペーペーながらも川崎フロンターレサポーターですが、中西哲生氏がいないならせめて関口宏に一言、言って欲しかった。

「ベガルタ仙台は今期J2で優勝し、来季はJ1に昇格してくる強豪チームですからね」

と。毎週スポーツニュースに関わる彼らが知らないはずないんだし。まぁ、異様なまでに亀田家に肩入れするTBSですから…変な想像をしてしまいましたよ。以下、彼らの発言の“ヘン”な部分を私なりに考えてみたいと思います。


「J1なのにJ2に負けるなんて…」

 御意見番の2名ともプロ野球出身者のせいか、恐らく彼らは、例えるなら“日ハムの1軍が楽天の2軍に負けたようなもの”くらいに考えての発言じゃないでしょうか?その時点で間違っています。“公式戦で日ハムがオリックスに負けたようなもの”です。何ら不思議じゃないことです。

 プロ野球であれば、2軍=1軍で使えない未熟な選手、もしくは怪我人の一時的な訓練所、かも知れません。しかしJ2リーグはちょっと違うと思います。弱くてもチームとしてはベストメンバーを集めた“戦う集団”です。ちょっと技術レベルが上がったり、何かの拍子に勢いづいたりすれば上位チームにも引けを取らない試合をするでしょう。

 よってサッカーというスポーツは、上のカテゴリーのチームが下のカテゴリーのチームに負けることは珍しくありません。しかもベガルタ仙台は非常に厳しい日程のJ2で優勝した“強豪チーム”ですよ。来季はJ1を引っ掻き回す存在になる可能性十分です。1度くらい川崎フロンターレが負けても不思議じゃありません。


「川崎は精神的に問題があったのでは?」

 張さんはともかく、大沢親分は野球以外のスポーツについても毎回基礎的な知識は勉強してきているな、と感じます。しかし所詮は詳しく取材しているわけでも、関係者と話しているわけでもない素人であり、野球に関するコメントしか言えない人たちです。彼らにサッカーやフィギュアやゴルフについても鋭い意見を言わせようとするTBSが最も悪いのですが、せめてサッカーの話題がある週はスポーツジャーナリストの中西哲生氏辺りを呼んでコメントさせて欲しかった。もっと技術的な側面から川崎の敗因(仙台の勝因)を解説して欲しかったし、我々も納得したかった、というのが本音でしょう。「精神的に~」なんて飲み屋の酔っ払い同士のサッカー談義以下ですよね(笑)


「鹿島の相手はガンバだから強いから仕方ないけど…」

 1位が3位に負けたことが理解出来るのであれば、2位がJ2優勝チームに負けたのも同じ。先に述べた通り、やはりJ2=野球の2軍と全く同じだと考えている証拠です。

 しかし彼らも元プロ野球選手でしょ?勝つこともあれば負けることもある、思い通りに事が運ばない厳しい世界を生きてきた人たちのコメントではなかったですね。

 プロ野球だって韓国選抜が日本選抜に勝ったり、日本選抜がメジャー選抜に勝ったりするでしょ?それと同じだと思います。

 でも一番ヘンに感じたのは、親分と張さんが無知なこと以上に


公平性を欠く、相変わらずのTBSの姿勢


でしたね…。







別窓 | テレビ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑

ほんとにあった!呪いのビデオ35(ネタバレあり)

2009-12-12 Sat 21:34
photo

 心霊ドキュメントの金字塔「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ最新作の「35」。最近はターミナル駅近辺のTSUTAYAだとレンタル開始日に入手するのは難しいのですが、私の自宅近所のTSUTAYAなら必ず在庫があるという事実に気付きました(笑)余裕でゲットです。今回もいわゆる“グレーゾーン”を楽しみたいと思います。


----------------------------------
『中古ビデオ』(ゾクゾク度:A)

 中古ビデオカメラを買ったら一緒に付いていたというビデオテープの映像。踊る外人ダンサーたちの映像が突然フリーズし、不気味な顔が…!!


 いきなり初っ端から背中がゾクゾクする気持ち悪いネタだなぁ。最後に黒くなった画面に大映しになる不気味な顔も怖いのですが、その直前、画像がフリーズした際ダンサーが小刻みに同じ動きを何度も繰り返す部分、アレが結構怖かった…。


『河川』(ゾクゾク度:B)

 海水浴に来て寛ぐ若いオネエチャンたち。サマーベッドの下に不気味な黒い手が…!!


 まず、このエピソードのタイトル(パッケージを基に書いてます)って次のエピソードとゴッチャになってるでしょ?要は間違いでしょ?!だって舞台はビーチだもんね(笑)

 この投稿映像のオチ、完全に私の予想通りでしたよ。見ながら何となく(海だと“手”が出てくるオチが多いよなぁ…それに“手”の場合、背景が白(砂浜)だと黒い手の場合が多いっけ…)と考えていたらまさにその通りでした(笑)


『シリーズ監視カメラ・河川』(ゾクゾク度:B)

 ある河川に掛かる橋の監視映像。自転車で橋を渡る男の背中に、女の上半身が!!


 今作初めて“Replay”を見るまでどれが“不可解な存在”なのか“お分かり頂け”ませんでした(笑)まぁ、女の上半身というか、頭だけに見えたけど…。


『肝試し 前編』(ゾクゾク度:C)

 深夜バイト仲間の友人と心霊スポットで肝試ししていたところ、急に黙ってしまった友人。その後謎の来訪者が友人のアパートを訪れ、彼は失踪してしまった!!


 前作までに失踪した「ほん呪」スタッフの菊池と、同じく辞職した岩澤に代わり今回から取材に当たる「ほん呪」製作補は、ちょっとポッチャリ系で大人しめのオネエチャン。個人的には結構好きなタイプかも(笑)彼女が事務所でインタビューに応えている背後に、遺影のように飾られる菊池の写真がワザトらしい(笑)

 しかし元病院の廃墟で、現在公園にされた場所ってどこだ?!肝心の問題映像を見られないまま「後編」へ続く…。


『家族旅行』(ゾクゾク度:A)

 ある旅館の部屋ではしゃぐ子供たち。背後の窓から不気味な女が…!!


 カニで有名な観光地で、海の上に延々続く松林…これ…天橋立じゃないの?!個人的に凄いタイムリーなんですけど(笑)どの辺の旅館だろう?随分古臭い旅館でした。

 問題の窓から覗く不気味な女、過去の「セミナーハウス」や「ビデオレター」並みにハッキリ映っていて不気味!しかも黒っぽい(笑)背筋がゾクゾクしました。


『黒い物』(ゾクゾク度:S)

 渋谷道玄坂のラブホテルで彼女がシャワーを浴びている間に、彼氏である投稿者がケータイカメラで部屋の様子やシャワーを浴びる彼女(ガラス越し)を撮影した映像。この部屋で自殺したという女の首がいきなり…!!


 これにはビビリましたね!「35」最恐です。万一、もしも撮影者の男のビビリ方がガチではなく演技だとしたらアカデミー賞クラスの名演技です。“シャワー中の彼女に助けを求める”という脚本は…どうだろ?

 不思議なのは、ビビって倒れた後もケータイのカメラがずっと同じ問題の場所を映していたという事実。あれだけビビって(多分)腰を抜かしたら普通カメラは手放すか、明後日の方向を向くと思うのですが(笑)


『暗闇から…』(ゾクゾク度:C)

 家族で花火をしていたところ、息子の首に謎の手が!以降、息子は謎の体調不良に…!!


 製作補のポッチャリオネエチャンのインタビューに応え、ビデオ撮影時の様子を真剣に語るオバサン。その横で…笑いを必死に堪えているっぽい、霊障に悩んでいるはずの息子(笑)ダメだって、成り切らなきゃ(笑)


『バナナの叩き売り』(ゾクゾク度:B)

 バナナの叩き売りが珍しいと撮影した映像。テーブルの下に不可解な顔が…!!


 印象薄くてほとんど覚えてませんね(実は見たの一週間前)。


『肝試し 後編』(ゾクゾク度:B)

 結局失踪した友人は、体調不良とのことで実家で缶詰状態。その原因は?!深夜友人のアパートを訪ねて来たのは誰だ?!!


 問題の不可解な映像は…あれ?全く覚えていないや(見ながら眠っちゃったんだっけ?)。多分、それよりも友人が撮影したデジカメ画像の中に、映るはずの無い投稿者との2ショットが1枚存在した、というネタの方にインパクトを感じたからでしょう。
----------------------------------

 …ということで今回の「35」、比較的分かり易く怖いネタが多く楽しめました。

 ところで私、「ほん呪」シリーズ発売元のブロードウェイには一つ不満があります。ウェブサイトの「ほん呪」コーナー、未だに「32」から更新されていないんですよ!!やる気あるのか?…それともまさか…


更新担当が菊池、または岩澤だったので現在担当出来るスタッフがいない


…とでも言うのだろうか?(中村義洋風に・笑)




別窓 | コンテンツ | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑

2012

2009-12-10 Thu 19:00
photo

 話題のパニック映画「2012」を観ました。CG主体の“画(え)”で魅せるタイプの映画は久し振りです。

 エンディングに関しては不満の声をよく聞きますが、娯楽作品としては十分楽しめましたよ。

 特に良かったと思うのは、まず序盤で地球がパニックに陥る原因が比較的分かり易く説明されていたこと。これは評価出来ます。

 そしてもうひとつは、主人公たちが地球崩壊から逃げる際、車にせよ飛行機にせよ運転手(パイロット)の視点で目の前のパニックを疑似体験しているかのようなカメラアングルを多用していたこと。これも臨場感があって良かったですね。

 しかしこの映画、私は映画館で予告編を何度も見ているのですが、主演のジョン・キューザックのことを、

ずっとトム・ハンクスだと信じ込んでいました(笑)

絶対トム・ハンクスだったんだけどなぁ…。




別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

え~っ?!これがNOAH?

2009-12-09 Wed 12:00
photo

 友人から「タダ券あるよ」と誘われ、NOAHを初観戦しました。年内最後のビッグマッチ、12.6日本武道館大会です。

 今回誘ってくれた友人は昔からの知り合いですが、実際にチケットをくれたのはその友人の友人。うわぁ~この年齢(トシ)になると“知らない人”って精神的に抵抗ありまくりなんだよなぁ…。しかも当日待ち合わせ場所に行くと、“知らない人”が想定外に2人もいるし(笑)聞けば更に後からもう2人遅れて来るのだとか。嫌だなぁ(笑)

 しかし彼らは話してみると、とても気さくな好人物でした。それ以前にプロレスファン同士なのですから気が合わないわけありませんよね。こういう時って本当にプロレスの凄さ、素晴らしさをしみじみと感じます。おまけに全員酒好きとくりゃ…

試合開始数時間前からファミレスで大宴会(笑)

生中、何杯飲んだんだろう?(笑)その後場所を移して武道館前でもコンビニで仕入れた缶ビールや氷結を飲みまくり。いやぁ、何て楽しい一日なんだろう!!まだプロレス始まってないけど(笑)

 そこで知ったことですが、結局タダ券というのは読売ファミリーサークル(YFC)の会員である友人の友人が請求したチケットで、試合当日会場窓口に並び本チケットと引き換えるための整理券のようなものでした。あまり良い座席は期待出来ないはずでしたが…何と!2階(アリーナを1階とすると3階が正しいですが、“2階指定席”に当たるブロックなので便宜上“2階席”とします)最前列をゲット!!スゲ~!!

 試合が始まっても飲み食いは終わらず、楽しい一日になりましたとさ…おっと、試合にも触れなければ(笑)


 NOAHはエース・三沢光晴の死以降、御祝儀…じゃなくこの場合御仏前かな?…的観客増があったようですが、プロレス業界の不況は確実にNOAHにも忍び寄っていますね。だって我々と同じく引き換え用のタダ券を持って並ぶYFC会員、メチャクチャたくさんいましたもん。彼らの多くが我々同様に2階席を埋めていたわけです。しかも今大会の2階席、天井に近い側半分くらいは東西南北とも空席。YFC会員も会費を払っている点では有料入場者ですが、会費メチャクチャ安いですからね。全日本プロレスの四天王時代には私、同じ座席を5,000円出して買っていましたよ。一体どれだの観客が純粋にチケットを買って入場したのだろう?

 アリーナ席にもちょっとした違和感を覚えました。全日本時代に比べ、明らかに椅子の数が少ない。広い空きスペースが目立ちます。アリーナ席だって招待券で来た観客が多いと考えると…今大会の実際の有料入場者数ってどのくらいだったんだろう?今後武道館大会を続けられるのだけの有料入場者数を獲得出来たのでしょうか?来年は三沢効果も期待出来ないでしょうし…業界NO.2団体だけに心配してしまいます…って、タダ券に釣られて来た私が偉そうに言えることじゃないか(笑)

 ちなみに後日、「観衆12,000人」と発表がありましたが、これはどう考えても水増し発表ですね

 肝心の試合の方は…みちのく、ドラゲーなどのインディー団体と比べて体の大きなレスラーが多く、2階席から見ても迫力を感じられたのは良かったです。これは今や新日かNOAHにしか出来ない演出です。また全日時代には無かった、オーロラビジョンによるこれまでの流れをまとめたVTR放送(試合によって無いものもあり)もNOAH初心者には分かり易く有り難い。

 しかしどの試合内容も想像していたほどではなかった…というか、全日時代のスローガンの一つでもある“激しさ”を感じないんですよね。かつての全日本はもちろん、現在の新日、ドラゲーらと比べて明らかに何か物足りない。技単発で見ると結構危険度が高かったり、打撃系の技も強烈にヒットしていたりして文句無いのですが、どの試合もウダウダした流れが多かったように感じました。その結果フィニッシュも“あれ?これで決まっちゃうんだ”と拍子抜けした試合が多かったように感じます。よって試合内容に満足出来なかった、という印象しか残らなかったのだと思います。

 そして最大の拍子抜けは…

GHC王者・潮崎豪って、弱い(巧くもない、という意味)ぢゃん!!

実は“動いている潮崎”って今まで見たこと無かったんです。でも顔はワイルド系でカッコイイし、試合中の面構えもイイ。若いしスター性もある。三沢の死の直後に彼をチャンピオンにしたことに(NOAHは正しい選択をしたな)と思いました。だから今回のメインは一番楽しみにしていたのですが…

私から見たらただのジュニア戦士の杉浦に押されっ放しでイイところ全然無し!!弱いぢゃん!!

今までもこんなレベルだったとしたら、NOAHファンは何を見ていたんだよ?!と思いました。

 特に気になったのはチョップや蹴りにこだわり過ぎていたせいか、どんな流れを作って勝利に繋げようとしているのか全く見えなかったこと。もしかして試合の組み立てを全く考えていないのでは?と感じてしまったこと。その結果反撃のチャンスを何度も逃していました。チャンピオンならどっしり構えて、例えば相手の蹴りを捉えたらそこから脚をじっくりネチネチ攻め、飛び技を殺す…といった試合の組み立て方がセオリーだと思います。チャレンジマッチならともかく、ベルトを守るべき立場の王者なのですから、タイトルマッチ相応の試合をして欲しかった。ちなみにドラゲーは一見ルチャ色が強いように見えながら、この辺はしっかり押さえているので好感が持てます。

 しかし潮崎は、相手の脚をキャッチしてもみすみす放してしまい、あえてチョップや蹴りでバタバタ→直ぐに形勢逆転される、といったパターンばかり。まぁ、杉浦の方が強かっただけの話であり、そういう意味では王座移動も説得力ありましたけれどね。逆に杉浦がNOAH最強になっちゃって…来年のNOAH、大丈夫なのかなぁ?地味過ぎだし(笑)

 まぁ、プロレスファンとしては今回はたまたまであって欲しい。箱舟が難破船にならないことを願います。


別窓 | プロレス | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

関ヶ原de憧れの武将憑依?!

2009-12-08 Tue 12:00
 AM8:49、岐阜・大垣駅米原方面ホーム。電車を待つ若いオネエチャン二人。同じ電車に乗り、二つ目の駅で降りた。駅の北側に広がる田舎町と山々をバックに記念撮影してる!あ、あれはもしや流行語大賞にもエントリーした話題の…歴女か?!(笑)

 …ということで念願の関ヶ原に行って来ました。言うまでもなく1600年に日本最大にして天下分け目の合戦「関ヶ原の戦い」が繰り広げられた土地です。見たい場所は色々ありますが、中でも私が最も好きな戦国武将・大谷吉継

photo
(美化バージョン・笑)

のお墓にお参りするのが最大の目的。

 大谷吉継がなぜ好きかというと、優れた武将でありながら仁義に厚く、損得勘定よりも親友石田三成との友情に命を差し出したという、漢(おとこ)の鑑のような人物だからです。現代でもこんな生き方、社会的に得をするというよりは、どちらかというと損な生き方です。しかしそれを承知で友情を信じ、己の信念を通す…憧れます。出来れば私もこんな漢(おとこ)になりたい。故に心の中では彼を“アニキ”と呼んでいます(笑)

 そんな“アニキ”との対面を前に、関ヶ原駅に到着した途端、この旅最大の誤算が!

レンタサイクルも、観光センターも今年は11月いっぱいで終~了~!!

ガーン!まぁ観光シーズンじゃないし、観光センターはボランティアの方々が交代で担当しているそうなので仕方ないです。

 そうは言っても関ヶ原はかなり広い!主な武将の陣跡や散策コースに無いスポットも全て巡ろうものならその全行程は20km近い。徒歩なら丸一日がかりになってしまいます。う~ん、どうしよう…(面倒臭いから帰っちゃおうかな…)一瞬ですがそんな考えも横切る(笑)結論を出せぬまま、とりあえず駅から15分ほどの所にある歴史民俗資料館へ。

59755976

関ヶ原駅は南側からしか出れませんが、北側へ線路を渡るための陸橋の東西それぞれの壁には石田三成と徳川家康のプレートが。

59785977

歴史民俗資料館手前にあるポール状の塔にも、両側に西軍と東軍のイラストが。そうなんだよなぁ…409年前、ここであの関ヶ原の戦いがあったんだよなぁ…そんな場所にオレは今、立っているのか…現在の長閑な田舎町(村か?)を見ていると信じられません。

 資料館には既に先ほどの歴女たちがいました(笑)合戦の流れを解説する音声付き電光版(?)を熱心に見ています。私はとりあえず、先にグッズ売り場で自分用のお土産を物色。出来れば売店ごと買いたいくらいでしたが、我慢して大谷吉継の家紋入りピンバッジと、同じく家紋入り湯のみ(これで緑茶飲んだら美味しそう…)を購入。そして地図やパンフレットを集め、作戦を立てます。新幹線の時間に間に合うよう、しかも徒歩となると…どうしても見たい所だけに絞って巡るしかなさそうです。私は西軍ファンなので西軍に関するスポット中心に見るぞ。そうと決まったら近い所から行くぜ~!!

 まず向かったのは「決戦地」。

5983

資料館から10分ほど、思いっきり畑の真ん中にあった(笑)そしてその先には…石田三成陣跡のある笹尾山も見える!!

5984

「決戦地」。まぁハッキリ言って記念碑があって、雰囲気を盛り上げるためののぼりが立ててあるだけ。しかしそんなことはどうでも良いのです。あぁ、ここがあの…西軍の敗北を決定づけた場所なのか…感慨深いことこの上ない。もしかしたらチャリンコなんかで巡っていたらこうしてじっくり立ち寄ることもなかったかも知れないですね。

 離れ難さを抑え、お次は西軍の大将が陣を構えた「石田三成陣跡」。僅か標高200m弱の小さい山の中腹で三成は戦況を見守っていたのか…。

6000

先ほど立ち寄った「決戦地」がすぐ近くに見えます(真ん中の木の向こう側)。戦争というと第二次世界大戦のような規模の戦争を思い浮かべがちですが、こんなに狭い範囲で戦っていたんですねぇ。陣跡から陣跡まで歩いて10分から20分程度の距離ですよ。想像していたより随分と小規模。サバイバルゲームですらもっと広範囲で行いませんか?でもそんな小規模な戦いで後の日本の運命が左右されたんですから…不思議なものです。あぁ、マジで半日くらいここで物思いに耽っていたいのに…時間の都合で次へ。ホント悲しい…。

6007

 「島津義弘陣跡」を経て「開戦地」まで来ました。さぁ、次はいよいよ大谷吉継、心のアニキに関するエリアへ!しかし大谷吉継関連エリアはここからちょっと離れており、暫く歩かなければなりません。森林を抜け、「宇喜多秀家陣跡」を経て、ダムを越え、山を登り…遠い…………おぉ!これは…

6036

「大谷吉継陣跡」…遂に来たよ…ここから真南、東海道線の線路を挟んだ南の方向には、あの憎き裏切り者・小早川秀秋が陣を構えた松尾山があります。アニキは小早川の裏切りを察知し、こんな山の中で待ち構えていたのだろうか?親友・石田三成が家康の首を獲ると信じて…。

 しかしこりゃ、ちょっとした山登りと変わらないです。しかも雨の翌日だから地面はドロドロ、靴が滑って危険。でもホント晴れて良かった。

 来た道を戻ること約5分。おお!!

6015

アニキ…こんな寂しい所でひっそりと眠っていたのか…。

6030

アニキの墓には花が絶えることが無いと聞きます。隣には自害したアニキの首を東軍に見つからないように地中深く埋めたという、側近の湯浅五助隆貞の墓も。ずっとずっと仲良く眠って下さい…。

 ところで私、今回アニキの墓にある物を供えようと準備してきました。私自身は大真面目なのですが、快く思わぬ人もいると思いますので、“ある物”が何か?は言いません(まぁ、同じ目的に使用する物で頭巾よりも装着し易く、剥がれ難い布。私はプロレスファンですから…ね)。

 無事目的を果たし、もう思い残すことは無し。西軍関連で見ておきたい場所は見たから帰ろう。再び来た道を戻ること約40分、関ヶ原駅に到着。大満足な約3時間の関ヶ原散策でした。さぁ、名古屋で矢場とんのみそカツ定食でも食って帰るか…あれっ?!…なんで?!!

左足首に突然の激痛が!!

まるで山歩き中に浮き石を踏み、足首が90度曲がった時のような激痛に襲われました。しかも駅のホームまで40分歩いてきたのに何の前触れもありませんでしたよ!山歩きには慣れていますから人一倍注意して歩きましたし、そんな怪我した覚えも一切ありません。あ、あれ?ホントにびっこ引かないと歩けない…なぜ?!

 帰りの新幹線の中、時間を持て余した私は関ヶ原散策のことを歴史の話題が通じる知人にメールしました。アニキの墓参りと足の痛みのことはわざと面白可笑しい書き方で、「…大谷吉継の呪いだったりして(笑)」と締め括りました。

 しばらくして知人から受信した返信メールを見て…ゾッとしました。

「確か大谷吉継って、足も悪くなかったっけ?ドラマでは歩けないから御輿に乗って指揮していたと思ったけど」

あ、そうだった…忘れてた(怖)ハンセン病(もしくは梅毒とも言われる)で顔が醜く崩れたのを隠すために頭巾を被っていたのは有名ですが、その病の影響で失明し、歩行も困難だったとも聞きます。ま、まさか…

憧れのアニキ(大谷吉継)の霊がオレに憑依?!

それなら逆に恐怖を通り越して嬉し過ぎ(笑)まぁ、とりあえず“憑依した”ということにして下さい(笑)そう信じで今後アニキのような熱い漢になれるよう、糧としたいのですから…(笑)


 
 ちなみに足の痛みは帰宅後も相変わらずで、犬の散歩も辛いし予定していた登山もキャンセルせざるを得ないほど。ずっと続いています…そろそろ病院行こうかな?


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

魔王城で感じた“燃える情念”

2009-12-07 Mon 10:39
 1日かけて近畿から中部地方の7つ(?)の名城を巡りました。この辺りは歴史的に戦国時代~安土桃山時代の政治の中心地であり、城跡も含めると当時の多くの名残を見ることが出来ます。


 スタートは京都の二条城。予定が詰まっているのでダメ元で朝早く訪れましたが…開門は8時45分。本丸の写真だけでも撮りたかったのですが門番の警備員のオヂサンにあっけなく追い払われてしまいました。よって

0035

門と外壁の写真のみで終~了~(笑)


 お次は地下鉄とJRを乗り継ぎ、魔王・織田信長の幻の城、安土城へ。

5755

雨が降りそうなのでレンタサイクルを諦め徒歩で向かうことに。駅前の観光センターで貰った地図通りに歩くと、寂れた町を抜け農道(!)に出てしまいました。

5756

茶色く汚れた農道をひたすら歩くと…

5759

ようやく到着。

5760

入口付近。

5772

 入場料500円を払い大手道へ。天主へ続く400段の石段を登ります。う~ん…期待が高まる。

5778

途中には豊臣秀吉邸跡

5795

徳川家康邸跡も。

 建造物の大部分は焼き払われ存在せず、当時の様子を残しているものの多くは石垣や石段です。しかしガイドマップと照らし合わせ当時の様子を想像しながら天主跡を目指していると、否応無しに魔王・織田信長の燃える情念がひしひしと伝わってくるような気がしました。緊張すらしてきます。

5843

 ちょっとした山登りのように頂上を目指すと、日本で初めて天主閣を持つ安土城、その天主跡へ到着。ここで魔王は日本…いや、いずれ果たすつもりだった世界制覇を思い描いたのでしょうか…?

5889

 見寺本堂跡より西湖方面を臨む。生憎の悪天候が幸いし、まるで水墨画のように美しい展望。

 後に安土駅横にある資料館で1/20サイズの安土城の模型を見ました。上部に八角堂と呼ばれる赤い綺麗な部屋を持つこの安土城…妖しくも美しい。魔王に相応しい幻の城でした。私の中では兵庫県の竹田城に迫る存在感がありましたね。


 さて、想定外の安土城跡の素晴らしさに時の経つのを忘れ、気付いたら時刻は既に正午。近くにある佐々木六角氏の観音寺城跡(佐々木城)も訪れるつもりでしたが、雨が強くなってきたのと、その雨降る中、山に登るのは危険なので

0029

城跡がある(と思しき)山を撮影して観音寺城は終~了~(笑)

 
 再びJR線で向かった先は、国宝・彦根城(金亀城)

5919

天守がほぼ当時のまま現存された貴重な城です。姫路城同様、内部の見学は靴を脱ぎ行動。天井を支える太い木材の多くが曲がったまま未加工の状態だったのが印象的でした。余談ですが敷地内の売店で、山バッジ仕様の“彦根城バッジ”が売られていたのに感動(笑)


 彦根城からほど近い所にある、佐和山城跡。百名城からは漏れていますが、関ヶ原の戦いで西軍を率いた石田三成が初めて城主となったと言われる佐和山城には関ヶ原を見学する前に是非見ておきたいと思っていました。しかし相変わらずの冷たく激しい雨。「佐和山城跡」と彫られた石柱を見るだけのためにこの雨の中、危険を冒して佐和山山頂に登るのは…

5916

彦根城の展望台から佐和山を撮影して、佐和山城終~了~(笑)せめて晴天だったら…。


 彦根城を有する観光地の割に寂れた彦根駅前の蕎麦屋さんで遅い昼食。この辺りはやはり琵琶湖で獲れる淡水魚が名物ですよね。以前、滋賀県出身の方に聞いた話を思い出し、“鮒寿司”にチャレンジしました。思ったよりは不味くなかったのですが、やはりコレ、酒の肴に一切れ摘むくらいで十分。醗酵した7~8切れの鮒とご飯を一人で食べるのはヤバイですね(笑)しょっぱい、酸っぱい、硬い、そして不味い(笑)ちなみにこちらでは蕎麦もきし麺風に平べったかったです。

 彦根を後にした私は、やはり琵琶湖畔にある長浜城へ。

5934

豊臣秀吉の長浜城も、今や天守の姿は残していますが実際には長浜市長浜城歴史博物館です。廃城後、石垣や櫓材は彦根城に運ばれてしまい長浜城は完全に失われたそうです。

 また、この地は秀吉の側近中の側近、石田三成の出身地でもあり、丁度石田三成展が開催されていました。最近歴史について勉強していたので、展示物のほとんどを身近に理解出来たのが嬉しかったですね。秀吉・三成の理解が深まり有意義な博物館でした。博物館のすぐ裏がもう琵琶湖というのも風情があって良かったです。


 最後は岐阜県大垣市の大垣城(巨鹿城)

5958

関ヶ原の戦いでは一時西軍の根拠地になった城です。訪れた時には既に夜でしたのでライトアップされた姿を見に行きましたが、周囲が真っ暗な公園や住宅地で不気味(?)だったので翌朝再度訪問。さあ、これで…関ヶ原への期待は頂点に!!


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

天橋立

2009-12-05 Sat 14:43
0046

 「陸前松島」「安芸の宮島」「丹後天橋立」…日本三景と称されるこれらの美しい名勝地を2年越しで全て訪れました。

 特に最後に訪れた「天橋立」は私個人的にはダントツでNo.1でした。誰もが思い浮かべる、あの龍のような形をした砂嘴はもちろん、周囲の海、空、山、町並み…全てが美しい。そしてそれらが合わさって作り出された完璧なまでに美し過ぎる景観を目にした日にゃぁ…言葉がありません。「感動」なんてとても薄っぺら過ぎて口に出来ないし、無駄に涙を流すくらいなら1秒でも長くこの自然の美を目に焼き付けていたい…そんな場所。

 「天橋立」が一番後回しになったのは、間違いなく新幹線の駅から最も遠いから。でも、だからこそ日本三景の中で最も“汚れていない”し、心を洗われる。


5532
天橋立ビューランドより飛龍観

5548
曇り空の飛龍観はガイドブックに無く貴重?

5579
下りのリフトから見た“龍”

5610
廻旋橋

5631
徒歩3.6km、北へ

5634
松林を右に抜けると…

5638
まるで秘密のビーチ

5649
左は…

5651
湖のよう

5667
もう一度砂浜へ

56785709
永遠に続きそうな道のり。永遠に歩いていたい

5712
冬の青空が眩しい

5714
砂嘴を抜け更に北へ

5734
笠松公園より斜め一文字

5722
フェリーが…

5744
フェリー上より眺める


ここは異国? 
昔の古き良き日本? 
それともパラレルワールドのもう一つの日本?


同じ日本にいることすら疑わしくなります。残りの人生で再びここに戻ることはあるのか?分からない。しかし生きているうちに、日本にもこんなに美しく素晴らしい場所があることに気付いて良かった。


 
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

旅行荷物を減らす努力をしない日本人

2009-12-04 Fri 21:13
 12月1日から国内線旅客機への持ち込み手荷物のサイズに関する規制が厳しくなったそうですね。手荷物チェックカウンターで、職員が手にする規定サイズにくり抜いたボードに、乗客の手荷物が通るかどうかチェックしている映像や、「え~!このサイズで大丈夫っていうから買ったのにぃ~!!」と嘆く女性の映像が繰り返しニュース番組で流されていました。

 中にはオーケストラの演奏家が、己の体の一部に等しい高価でデリケートな楽器を預けるのは心配だ、と主張するなど今後個別に対処すべき問題も多そうです。それはそれとして、今回の件は乗客に対し“荷物を減らさなければダメだよ”と意識づけることに繋がるので私は良いことだと思いますよ。

 私から見たら多くの日本人って、旅行に荷物を持って行き過ぎ。というか無駄な荷物を減らそうというアタマが無さ過ぎ。そもそも平均的な日本人の休暇で出来る旅行(出張は除く)っていったら、ゴールデンウィーク、夏休み、正月休みなどの長期(?)休暇を除けばせいぜい1泊2日か、2泊3日ですよね?なのになぜ(ニュース映像に登場した人が持っているような)大きく分厚いキャリーバッグが必要なのでしょうか?(あれ以外にカウンターに預けた荷物があるなら尚更・笑)何を入れているのか?なぜそれが必要なのか?私には想像出来ません。


 今回の国内線の試みとは無関係ですが、ゴールデンウィークや夏休みに海外旅行する多くの人が持っているデ~ッカいスーツケース、あれもハッキリ言って変です。

 私が大学時代にイギリス留学することになり買ったスーツケースは、店で売られているサイズの中で最大でした。ただそれが“1ヶ月程度の旅行用”だそうでしたので仕方なく買ったのです。しかし実際には、同じ大学から留学した友人たちは全員私のよりも小さいスーツケースで来ており、少し恥ずかしかった記憶があります。…いいですか?

その私のスーツケースと同じサイズのスーツケースを持って、たかだか1週間程度の海外旅行に向かう輩が日本の空港にはいっぱいいるんですよ。

まさか

「海外旅行だぜ?!いざという時日本の味が恋しくならないようにカップ麺、緑茶のティーバッグ、梅干し、レトルトカレー…一通り持って行くものだろう?…あ、マイ・枕も入れとこ」

なんて考えてないでしょうね?(笑)


 新婚旅行なら結婚式やその準備でお世話になった人たちへのお土産を大量に詰めるため、という理由も考えられます。しかし今時、国内でも海外でもそれなりの土産なら宅配便で送っちゃうでしょ?それともどうしても自分の手で持ち帰らないと心配だとでも言うのか?(笑)


 私の想像ですが、恐らく旅行(海外旅行)=ステータスの証、みたいに考えている人が多いんじゃないですか?本当は邪魔なんだけど大きなキャリーバッグやスーツケースを転がしてないと、近所の人に気付いて貰えない、羨ましがってくれないから少し大きいバッグ持ってっちゃおう、みたいな。

 もしくは旅行が嬉しくて堪らなくて、あれもこれも…って自制が効かなくなって要らないものまで詰め込んでしまうとか?自称・旅行の達人である私から見たらもっともっと小さい荷物で大丈夫なはずです。

 いずれにしてもそういう人たちが多いから、今回のような新規則が出来ちゃうんです。これを機に旅行者各自が荷物を減らす工夫に目覚めてくれることを願います。

別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

犬ばか的死んだふり実験

2009-12-03 Thu 18:00
photo

 この年末で1歳になる我が家の愛犬・ビータくん(ジャック・ラッセル・テリア、♂、11ヶ月)。最近感心したことがありました。


 以前見たどこかの局のバラエティ番組で、タレントが連れてきた愛犬に対し色々な実験を試み、犬の反応を観察しながらご主人様への忠実度を判断する、という企画がありました。

 中でも面白かったのが、突然現れたショッカー戦闘員にタレントが連れ去られ、着ぐるみを纏った怪人に襲われた時、犬はどうするか?というコーナー。優秀な犬は怪人に向かって吠えたり、噛みつこうとしたりする一方、気の弱い犬は一目散に逃げて部屋の隅で震えていた記憶があります。

 私もコレでビータくんの反応を試したいのですが(笑)ちょっと無理。そこで取った方法が、

“死んだふり実験”。

私が急に苦しみ出し、その場に倒れ動かなくなったらビータくんはどう反応するのか?無反応ならガッカリですが、何らかのアクションを起こしてくれたら嬉しいかも。早速やってみました。


 場所は自宅内唯一の和室。万一畳に粗相されては大変なので、日頃からここにだけは絶対に入ってはダメ、としつけています。入口が開いていてもまず入ってきません。

 ある時、ビータくんがこちらを覗いているのを確認し、“死んだふり”してみました。すると…

速攻で駆け寄ってきて、顔をペロペロ舐めてきた~!!

まるで「おい、しっかりしろ!」とでも言いたげに。尻尾を振っていたのが気になりましたが(笑)


 その後も何度か試しましたが、入口を彼の嫌いな洗濯籠で塞いでも同じ結果。何とか押し退けて入ってきてくれました。場所を変えてリビングのソファーの上で“死んで”も同じ。ご主人様としては大満足です。


 ただし、さすがに2回続けて“死んだ”時はウソだとバレたようです。その時は掌に彼の大好きなオモチャをボトッと落とされて終り。何だか

「はいはい、これやるから勝手に遊んでな…」

とでも言われているようでした(笑)





別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

今年もセンス無さ過ぎ、流行語大賞

2009-12-02 Wed 12:00
 ここ10年ほど「メリー・クリスマス!」と同じくらい、この師走の時期に叫ばれる頻度が増えた(?)言葉がありますね。そうです、

「え~!どこが“流行語”なんだよ~!! ただの世相を反映する言葉じゃん!!」

もしくは

「こんなの誰が日常会話の中で使ってるっつーんだよ!!」

などです。毎年毎年…なぜ解ってくれないのか!!(笑)せめて賞の名前から“流行語”を外して欲しいです。そうすれば多くの国民のストレスが軽減されるのに…。


 今年のユーキャン新語・流行語大賞にエントリーされた“流行語”を見渡すと、大賞の「政権交代」はまだ世相を反映しつつ、どこかでパロディ的に使われていても不思議じゃない言葉。まぁ、受賞資格アリでしょうか?他の“流行語”は皆ダメですね。

 「派遣切り」や「あると思います!」なんて明らかに2008年の流行(?)語。

 私的にアリかな?と思ったのりピーの「あぶり」に対し、どこぞのコメンテーターが「犯罪に関する言葉を流行語扱いするなんて不謹慎だ!」と怒っていました。それならば大量の死者を出した「新型インフルエンザ」、結婚詐欺事件を連想する「婚活」、それに当人にとっては深刻な問題である「派遣切り」だってダメでしょ?

 しかも「新型インフルエンザ」「派遣切り」に至っては、受賞者がそれぞれ厚生労働医系技官の木村盛世氏と派遣ユニオン書記長の関根秀一郎氏って…彼らだって困惑するんじゃないですか?自分たちが巻き起こした社会騒動のように記録され、未来永劫残ってしまうのですから。

 受賞者なんて必ずしも立てなくて良いのに、ということでは、「ファストファッション」の益若つばさ(個人的には結構好き・笑)、「草食男子」の小池徹平も同じ。

 益若つばさは数々の若者向け商品のプロデュースを手掛けているし、今年の旬なタレントだから受賞者に選ばれたのでしょう。でもそんなこと知っているのは一部の芸能通だけ。ほとんどの国民のイメージでは、ファストファッション=H&M、FOREVER21らの外資系企業の日本上陸と商品大ヒット、の意味と理解してますよ。ここは各企業の社長を連れてくるべきでしょう。小池徹平は…芸能界に入ってくる人なんて間違いなく全員肉食に決まってますって(笑)


 あと、駆け込み的にエントリーされた「事業仕分け」も“とりあえず話題になったから入れとけ!”でしょ?

 この仕分け業務の議論の模様が連日テレビやネットで放送されたのは画期的でしたし、国民の話題にも度々登ったことでしょう。しかしあえて流行語としてエントリーしたいのであれば、

2位じゃダメなんでしょうか?!

をエントリーして欲しかった。これこそが流行語、もしくは今後流行語に成り得る言葉ですよ。

母「頑張ってクラスで1番の成績取るのよ!」
子「2位じゃダメなんでしょうか?!(笑)」

彼女「私のこと、世界で1番好き?」
彼氏「いや…2位じゃダメなんでしょうか?!(笑)」

…絶対使える(笑)こういうのを流行語って呼ぶんじゃないですか?流行語って、言葉そのものじゃなくて、その言葉がどれだけ愛され、可愛がられ、国民の日常会話の中に溶け込まさせてもらえたか、その貢献度を賞として表したものが真の“流行語”ですよ。想像力も遊び心も無く、安直に「事業仕分け」をエントリーしようなんてセンス無さ過ぎです、審査員。


 私個人的には、今年の流行語だと思っているのは、まずリア・ディゾンが結婚と妊娠を電撃発表したステージでの「ポイしないで下さい」。これはウケたし使える言葉でした。

 そしてマイケル・ジャクソンの…そういえば「キング・オブ・ポップ」なんてのもエントリーしてましたね。アホくさ。こんなのよりも「デメロール」をエントリーして欲しかったなぁ。一時期、ワイドショーでは「モルヒネ」の♪デメロ~ デメロ~♪の部分ばかり流れていて、私も気付くと口ずさんでいたっけ(笑)

 最後は比較的新しいところで…「ハナミズキ、夏には白い花、秋には赤い実」。これしかないでしょう(笑)凶悪犯罪者が真面目に綺麗な詩を読み、しかもPCに録音音源を保存していたという事実も連想してツボにハマりました。外国人女性を口説く時、「日本の素敵な詩を君に…」と期待させておいて「ハナミズキ…」


…どうです?ウケない?…やっぱり?(笑)




別窓 | マスメディア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

犬バカ?自慢バカ?

2009-12-01 Tue 09:11
 ある知人が最近犬を飼い始めたそうです。

 彼は自称・温泉マニアで、休日明けには必ず

「実は昨日ね、温泉行って来たんですがね、いやぁ~最高でしたよ!」

と、会う人全てに無理矢理同じ自慢話を聴かせるタイプの人物。そのくせ行くのは何故か熱海か群馬界隈の温泉宿のみ。九州や東北の温泉も素晴らしいから行ってみなよ、とアドバイスしようものなら…

「温泉っていったら普通、熱海か群馬だろうが!それ以外は温泉じゃねえよ!!」

と逆ギレ。つまり“温泉偏食家”なんです。もちろん九州も東北も行ったことすらありません。これで温泉マニアを名乗ろうというのですから度胸あり過ぎ(笑)


 彼が犬を飼ったと聞いた瞬間、私には彼のはしゃぐ様子が大方想像つきました。きっと会う人全てにケータイ待受画面にしている飼い犬の画像を見せ、

「いやぁ、今度犬飼ったんスけどね、賢いしね、顔も可愛いしね、多分世界一可愛いんじゃないかな?!」

…って言ってるのだろう、間違いない。

 実際そんな感じだそうです(笑)しかも真剣に。決して「あはは、お前バカだな~」とイジって貰うためのネタ振りではありません。本気でそう思って、周囲の人々に説いているのだとか。誰も「バカだなぁ」なんて口を挟める空気じゃないようです。まぁ、私もそれに近いものがあるのであまり批判出来ませんが(笑)

 また、最近では

「いやぁ、参りましたよ!昨日犬の散歩、5㎞も歩いちゃいましたよ!」

と自慢しているそうです。もちろん会う人全てに(笑) ちなみに、あくまでも参考例ですが…私とビータくんは1回当たり最低6㎞、最高17㎞、平均8~9㎞、月間200~230㎞歩いていますが、何か仰りたいことがあれば受け付けますが?(笑)…犬種によって必要な運動量は違いますけれどね。


 彼の気持ちも良く解りますが、犬を飼った経験の無い人にいくら愛犬の自慢話をしたところでウザいと思われるだけです。いや、愛犬家相手でも他人の犬には関心無い人も多いし。彼ももう少しオトナになって、感情を抑える努力をした方が良いんですがねぇ。例えば子供の写真入り年賀状をウザいと感じた経験に置き換えれば、相手の気持ちも理解出来そうなものですが…


そこまで頭回らないから自慢話するのか(笑)


…まぁ、自分と同じ犬好きが身近に増えたこと自体は喜ばしいことなので、私は(バカだなぁ)と呆れながらも口を挟まずに温かく見守っています。


別窓 | コミュニケーション | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 瑠璃色幻想曲 |