現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
AKBプロレスは誕生すべくして誕生したコンテンツ

2017-08-31 Thu 19:55
 AKB48グループのメンバーが女子高生プロレスラーに扮したドラマ「豆腐プロレス」(テレビ朝日系)のリアルイベント「豆腐プロレス The REAL 2017 WIP CLIMAX」が今月29日、“格闘技の聖地”東京・後楽園ホールで行われました。まぁ早い話が、AKB48グループのアイドルが女子プロレスラーとして、普通にプロレス興行をやってのけたわけです。

 私は「豆腐プロレス」を見ていた昔からのプロレスファンとして、このイベントも気になっていました。実際は映像も含め当該イベントは見ていないのですが、当日会場を埋めた超満員の観客は満足、盛り上がったようです。

 ところでこのイベント、当初プロレスファンから「アイドルがプロレス?」と疑問視されていたそうです。まぁそういう批判は出て当然ですが、私はさほど気にしませんでした。というのも、これって20年くらい前に吉本興業が立ち上げた女子プロレス団体・JDスター女子プロレスみたいなものじゃん、と思ったからです。

 JDスター女子プロレスは、アクション女優を目指す少女を募集し、まず否応なしに(笑)2年間プロレスをやらせる。そして2年経ったらアクション女優へ進むか、そのままプロレスを続けるか選ばせる、というやり方で選手を育成するプロレス団体、というか吉本興業の新事業でした。恐らく演技力や観客の心を掴むパフォーマンス、自己プロデュース術などのノウハウは芸能人もプロレスラーも同じ。売れない端役で2年間ひもじい思いをするくらいなら最初はプロレスラーとしてスキルアップし、ついでに顔と名前を覚えてもらいなさい、みたいな狙いがあったのでしょうね。元レスラーのジャガー横田らがしっかりコーチしていたから立派にプロレスになっていたし、本職の女子プロレスラーも半数ほどいたので、興行としてのレベルも維持していました。何よりも選手のビジュアルレベルが他団体よりも高くよかったと記憶しています(笑)

 当初私はJDスター女子プロレスを知り、(あぁ、こんな可愛い子たちでもプロレスラーになれてしまうのか。何となくキナ臭いな)と思いました。でもよく考えたら可愛いかブ○かの違いだけで、彼女らは普通の女子プロレス団体に入門してくる少女と何も変わらないんですよね。

 よってAKB48グループの子たちでも同じことは出来るはずなんですよ。本業で多忙な中、時間をかけて体を作ったり技術を磨いたりという点では本職のレスラーには敵いませんが、彼女たちの短期間でミッションを遂行しようとする熱意と精神力は凄いですから、プロレス興行でもそれなりのモノを見せられたのだと思います。たまたま取り組んだのがドラマやダンスではなく、プロレスだっただけ、ってことで。

 私としては、むしろまだAKB48グループでプロレス団体を立ち上げていないことの方が不思議です。アイドルとプロレスはパフォーマンスの本質が似ているし、アイドルプロレスが決して難しくないことは今回証明されたわけだし。これならビジュアルで既存の女子プロレス団体とは大きく差別化を図れ、島田晴香や湯本亜美ら、燻っている干されメンの中から光る逸材が開花することも大いにある、と、ビジネス的にはよいこと尽くめのような気がします。まぁ、AKBのサイドストーリーやサプライズってもともとプロレスのアングルっぽいと思ってましたけれどね。

 ところで今回の試合結果には、何となく実際のグループ内の序列というか、運営サイドからの期待度が反映されているようにも思えますよね。でも、私個人的にはハリウッドJURINAのプロレスはまだまだ見た目が素人っぽくてイカンと思います。表情はなかなかソレっぽいのに、動きは運動が不得手な素人女子。特に足から落ちるフライングボディプレス(ハイフライフロー?)はベテランプロレスファンとしては思わず目を覆いたくなります。

 逆にチェリー宮脇は強そうには見えませんが、気迫というか一生懸命さが伝わってきてイイです。ジャンピングサクラ(フライングエルボードロップ)も美しいし。あんなアイドルレスラー、実際にどこかの団体にいそう。思わず応援したくなる選手です。

 まぁ、私がドラマで見た限り、ですけれど。


スポンサーサイト
別窓 | エンターテインメント | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

近所のドコモショップの対応に感激

2017-08-29 Tue 18:02
 このひと月、スマホの新規契約やその使い方を訊ねるなど(そういう世代に片足突っ込んでいるみたいです・苦笑)、近似のドコモショップを訪れる機会が何度かありました。

 ただ、お世話になっている立場でこんなことを言うのもアレですが、ドコモショップで用事を済まそうとすると、かなりの時間が取られて正直面倒くさいんですよ。普通に機種変更するだけでも悠に一時間以上かかりますし。特に最近は窓口相談の予約を受け付けているようで、「ただいま90分待ち」なんて案内も珍しくありません。

 とまぁ、普通なら不満しかない状況なのですが、実際にはこのひと月、不満を覚えたことは一度もないんです。というのも、ドコモショップのソリューション提案的接客…お客さんの悩みを聴き(悩みを語らせ)臨機応変にベストな解決方法を提案するという対応が素晴らしく、とても感激しました。窓口対応だと90分待ちでも、必ず誰かしら店員さんがやってきて、具体的に悩みを聴いてくれる。それが手の空いている店員さんで事足りる用件ならすぐに対応してくれるし、ドコモショップが儲からない方法でもそれがお客さんにとってベストな解決策なら、強く勧めてくれるなど、あくまでも顧客スタンスで対応してくれるので有り難いんですよ。

 大手ライパル会社との競争や格安スマホ会社の台頭、市場の頭打ちなど、厳しい業界の環境がこのような変化をもたらしたのかどうかは分かりませんが、私もサービスの基本を改めて思い出したような気がしました。


別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

汗臭≒ワキガ集・風呂入らない臭

2017-08-28 Mon 17:24
 先日、アイドルグループ・SKE48の松村香織が自身のTwitterで、握手会における(男性)ファンの体臭問題を訴えたことが話題になりました。女性ファンからのクレームがきっかけだそうです。

 もちろん周囲を不快にさせないよう、エチケットをきちんとわきまえたファンはたくさんいると思いますが、昔からアイドルファン、というかオタク全般=臭い、みたいな世間の偏見はありますよね。そんな不満は以前からあったのでしょうが、“臭う”ファンも大事なお客様として扱わなければならないはずのアイドル側から問題提起されたことに驚きました。

 その後すぐにマンダムからデオドラント商品が握手会場に届けられたそうですから、下手すりゃ叩かれたかも知れない松村メンバーのツイートは功を奏したといえます。

 ところで今回の件について、握手会に参加する男性ファン側の意見も無視できません。大勢の参加者の熱気に対し会場のエアコンの効きが弱い、だからどうしても汗をかいてしまうんだ、という意見です。私も汗をかきやすいので、そんな訴えを聞くと同情したくなりますね。汗をかくのは健康ならある程度仕方ないはず。私はそれよりも「ワキガの臭い」と「風呂に入らない人の臭い」の方が問題では?と思います。

 「ワキガ」は体質とも一種の病気とも扱われますからとやかく言うべきではないのかもしれませんが、それこそ当の本人や一緒に暮らすその家族は慣れてしまい気づいていないことが多い。

 「風呂に入らない人の臭い」も、汗臭さとはまた違った悪臭。キツいですよね。冬なら1日くらい入浴しなくてもさほど気になりませんが、夏場はそうはいきません。あくまでも私個人の見解ながら、ブックオフ店内の臭いもこれに近いかも知れません。

 この臭いも自分ではなかなか気づかないものです。私も経験ありますが、自分ではセーフと思っていたのに、たまたまフワッと風に吹かれた瞬間、何とも言えぬ嫌な臭いが漂い、こりゃヤバいな、と初めて気づいたりするんですよ。

 ということで、握手会場のみならず、今後体臭について改善策を論じる場合は、その原因を一緒くたにしない方がよいのではないかと思った次第です。デオドラント製品もよいですが、それ以前にワキガの人は治療を、風呂に入らない人は生活習慣の改善を考えるべきでしょうからね。

 それにしても自分の(不快な)体臭に気づかないのって、やはり日本人が相手の気持ちを汲んではっきり指摘をしない、しづらいと感じるからなのでしょうね。難しいものです。


別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

悩みまくりの愛犬飼育

2017-08-25 Fri 22:03
 愛犬・ちあを家族の一員として迎え入れてから二週間ほと経過しましたが…正直、想像していたほど愛情が湧いてきませんでした。というか今後世話をしてゆく自信を失いかけています(苦笑)

001

 というのも、ちあはこれまで私がお世話したワンチャンの中で、最も言うことを聞いて(理解して)くれないのです。特に困っているのがトイレと噛みつきです。

 トイレについてはオシッコ、ウンチをトイレでしてくれない。一応ケージ内では問題ないのですが、1日数回、ストレス解消とスキンシップ目的でケージの外に出すと、ほぼトイレシート以外の場所でしてしまう。トイレは飼い主が早いうちに躾けなければなりませんが、ここまで手こずったのは初めてです。

 そしてもう一つの悩みが、常に私の手や足を噛むこと。頭や体に触れようとすると噛む。抱っこすると噛む。遊んでいても噛む。無視していても足を噛むという状況。たまにトイレが成功した時に頭を撫でて褒めようとしても噛まれてしまいます。それも甘噛みはほとんどなく、大抵かなりのガチ噛み。たまにゾッとするほど痛いこともあり困っています。飼い始め最初の数日は、ちあと一緒の時間をなるべく減らしたいと思ってしまったほどでした。

002

 まぁこれらは決してちあが悪いわけではありません。飼い主である私の責任です。だから日々、本やウェブサイトで解決策を調べて四苦八苦しています。それにしても…もともと勝ち気で我が強いジャックラッセルテリアですが、ちあはその典型のような犬です(苦笑) しかも本来男の子に比べ女の子は大人しいというのに、このお転婆ぶりですから(笑) 先代のジャックラッセルテリア・ビータがいかに扱いやすいお利口さんだったか、改めて分かります。

 でも、そもそもジャックラッセルテリアってこういう犬だと割り切らなければいけませんね。「悪い人間の“飲む・打つ・買う”に当たる“噛みつく・吠える・飛びつく”全てやる犬」「4WDのエンジンを積んだ軽自動車」「破壊王」…「天才!志村動物園」で超一流女優・石原さとみの髪の毛を噛んで引っ張った犬ですから(笑) でもそこが最大の魅力です(笑)

003

 ところでそんな未熟者の私は、ちあが言うことを聞かない、悪戯をやめない時、ついカッとなってしまうことがありました。そんな時はこんな妄想をして怒りを収めています。

 擬人化したちあが将来白無垢姿で私に挨拶に来るのです。ちあは三つ指ついて私に、こう言います。

ちあはお嫁に行きます。いままで育ててくれてありがとうございました

私は号泣して「こんな日が来るのなら、あの時怒らないでもっと優しくしてやればよかった~」と後悔…するくらいならいくらでも好きなところでウンチしな!好きなだけ俺の手も噛みな!!


…そのくらい寛大になるかな?(笑)

 幸いトイレはあるテクニックを使ったらだいぶ失敗しないようになったし、夜寝る前の抱っこタイムだけは私の膝の上でじっと横になり指を甘噛みするようにもなりました。

004

当たり前ですが、犬って犬種ごとの個性に加え、個体ごとの個性もあるものですね。

 私とちあの日々は始まったばかりです。

別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

サギソウギャラリー2017@九品仏浄真寺

2017-08-23 Wed 20:36
001

 東京・世田谷区の九品仏浄真寺に咲くサギソウを見に行きました。当ブログの過去記事をチェックしたら今年で4年連続の訪問でした(笑)

【参考】
2016年
2015年
2014年

毎年同じデジカメで撮影しているにもかかわらず、今年はなぜがサギソウの花がくっきり綺麗に写りません(毎年オートフォーカス設定ですが)。というか花が明るくボーッと発光しているかのようで神秘的(笑)

002
003
004
005
006

 この暑い時期にわざわざサギソウを見に来る目的は、単にサギソウが私の好きな植物だからですが、春の桜、秋の紅葉以外にも季節限定の楽しみがあるのって、ちょっと得した気分です。


別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

心霊体験≒不思議体験

2017-08-22 Tue 22:09
 巷では夏の風物詩、怪談・心霊の特番やイベントが目立ちます。お盆は明けたとはいえまだ夏。幽霊話は大歓迎です。

 さて、そう言いつつ恐縮ですが、実は私、幽霊の存在って信じていないんです。子供の頃は100%信じていたし心霊番組の類は三度の飯より大好きでした。しかし人生経験を積むにつれ、疑うようになってしまいました。
 
 というのも、身の回りの「幽霊を見た」という人たちを観察すると、そのほとんどが目立ちたい、仲間の気を引きたい、心霊体験豊富な自分になりたい、という人たちばかり。彼らの“体験談”は誰も確認しようがないので、どこまでホントなのか分かりませんが、例えばある“自称・心霊体験豊富”の友人は、私と一緒にいる時に体験した、心霊体験でも何でもない出来事をさも心霊体験のように語っていました。そういう人を一人でも知ってしまうと、一気に醒めますね。恐らく本人に悪気はなく、語るうちに全て実在した心霊体験のように信じ込んでしまう気(け)があるようです。

 心霊体験を語る人を客観的に観察していると、そういう人は多いです。嘘をつく、明らかな誇張、思い込み、(実は誰かの悪戯だったことが後で判明した、みたいな)都合の悪い部分をカットして語る、といったケースがほとんど。あくまでも私の周囲限定の話ですけれどね。

 もちろん私も心霊体験はありません。過去にそれっぽいことはあったかも知れませんが、後で考えると寝ぼけていたり、幽霊絡みの話に持って行きたかっただけだったように思えます。しかし幽霊かどうかはともかく、一度だけ明らかに不思議なものを見てしまったことがあります。

 三年前のある暑い夏の日、私はトイレに行きたくて夜中に目を覚ましました。0時半頃でした。

 私が用を足していると背後で何かカタカタ音がします。何だろうと思い肩越しに振り返って見ると…なんと!!

photo

ドアを開けてすぐの壁際にある手洗い台の上、壁に刺したピンに引っかけてある清掃用の小さな刷子(はけ)が、ひとりでに柱時計の振り子のようにスウィングしていたのです。それも「揺れる」というレベルではなく、左右各90度、計180度の半円を描くようにブンブンブンブン…ちなみに誇張一切なしです。

 私は一瞬、(風かな?)と思いましたが、そうではありません。というか例え風が吹き込んでいたとしても、風の力でどうにかなる動き方ではありませんでした。

 不可解な揺れは数秒で収まりましたが、明らかにあり得ないモノを見てしまったショックと、それが何の変哲もない刷子に起きたことによる不可解感で頭の中がパニック状態になってしまいましたが、とりあえずその晩は再び眠りにつきました。

 この体験が心霊現象なのか?それとも科学的根拠のある現象なのか?分かりませんが、幼い頃から怖いもの好きな私は、いつか自分が心霊体験をしたら皆に話して聞かせたいと思っていました。そんな私でもどういうわけかこのことは三年間、話したい気持ちにはなれませんでした。今になってようやく吐き出してもいいかな?と思えるに至った次第です。

 本当に怖い体験、不思議な体験をすると、そんな感じになって口が重くなるのかも知れませんね。その意味でも、心霊体験を得意気にベラベラ話す人は…やはり信じられないかなぁ…(笑)


別窓 | 心霊現象 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

2017年流行語大賞“傾向”予想

2017-08-20 Sun 21:44
 まだ8月というのに、今年の流行語大賞候補を予想する声が聞かれます。

「35億」(ブルゾンちえみ)
「忖度」(安部晋三内閣総理大臣)
「このハゲーっ!!」(豊田真由子議員)

などを挙げる声が多いようです。実際はこれに加え、相変わらず固有名詞なのに

「藤井聡太(四段)」

なんかもエントリーするのでしょうね。逆に今年前半に耳にした

「野生の勘」(狩野英孝)
「HOGO NAMENNA」(小田原市職員)
「ユーチューバー舐めんな」(ヤマト運輸営業所でチェーンソーを使って従業員を脅した長谷川和輝容疑者)

などは皆さんもう忘れていることでしょうね(っていうか流行語か?笑)

 ただ、自称“流行語ウォッチャー”(?)の私としては、今年の流行語は不作気味だしあまり面白くないと思っています。なので今さらあれこれ挙げようとは思いませんが、ひとつだけ触れたいと思います。それは“エントリーされる流行語の傾向”です。

 例えば今年、韓国人女子プロゴルファーのアン・シネがちょっとしたブームになりました。固有名詞ですが

「アン・シネ」

がエントリーしてもまぁいいかな?と思いますが、もしこれがエントリーするとしたら、

「アン・シネ」

ではなく

「アン・シネフィーバー」

とかでエントリーさせそうな予感です。もちろん「アン・シネフィーバー」は流行した現象であり、流行語でも何でもありません。これと同様、

「ヒアリ」

もまた

「ヒアリパニック」

とかでエントリーさせそうだと予想。もっといえば、欲張って今年ニュースになった危険生物…ヘビ、クモ、クマなど一通りひっくるめて

「外来危険生物」

がエントリーしたりして。で、よく見るとワニガメとかブラックバスまで含んでいて「そんなの昔から日本にいるじゃねぇか!」とかクレームがつくんですよ(笑) 

 数年前、「レジェンド」でスキージャンプの葛西紀明選手が表彰されるのかと思ったら、なぜか元中日の山本昌氏やゴルフの青木功氏まで含んでいましたよね。まぁレジェンドはレジェンドなんですが。思わずあれを思い出してしまいました。


別窓 | マスメディア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

付き合える部分だけで付き合うという関係

2017-08-18 Fri 20:51
 友人Aが、仲がよく付き合いも長い友人Bに、LINEである画像を送りました。最近不祥事で世間を騒がせた某有名人とAとのツーショット写真です。

 もちろんAはよいネタを仕入れたという喜びや、有名人との接点を自慢したいという気持ちから、親しいBに送ったのでしょう。ところがBはAに「こんな奴(某有名人)の顔なんて見たくない、こんな画像は送らないで」と返信してしまったからさぁ大変!二人の間の空気がおかしくなってしまったそうです(笑)

 私のブログを読んで下さる方なら恐らくAに共感するのではないでしょうか?「Bはわざわざそんな冷たい言い方せず、興味なければスルーすべきだ!」という意見が多数派かと思います。

 しかし、両者を知る私から見ると、必ずしもそうではないんですよね。A・B両者は価値観が違うので、本来お互いがそれを前提に相手を思い遣らなければならないのです。

 Aは、例えば仕事仲間として知り合い、ウマが合うと、こんなに気が合うのだから一緒にスポーツ観戦も、酒を飲みにも、ツーリングにも行こう!いや、大丈夫大丈夫、今は興味なくてもやってみれば絶対楽しいから!!または、アイツならオレの心の内を理解してくれるに違いない、と1から10まで自分の趣味嗜好や価値観・思想への理解を求めるタイプ。だから相手が無関心なことでも理解し、寄り添って欲しがる(生返事でも相手が肯定すれば満足)。

 しかしこのタイプは、上手く付き合えている間はそれなりに居心地が良いですが、何か一つギクシャクしてしまうと、全てが崩れてしまいがち。人間性そのものを疑われ、無関係のスポーツ観戦やツーリングを楽しむことからも手を引かれてしまう。

 対してBは、お互いの共通点がスポーツ観戦と酒を飲むことであれば、最初からこの2点だけで付き合うタイプ。お互いの他の趣味嗜好やプライベート、思想や価値観については良くも悪くも無関心。相手から押し付けられることも嫌います。よってスポーツ観戦やツーリング中に直接揉めない限り、例え相手が軽犯罪で逮捕されようが不倫して世間から叩かれようが付き合いはこれまで通り継続してくれる。

 実は私もこれまでAタイプでした。したがって似たタイプの人とだけ付き合って、「俺は自分を100%理解してくれる親友たちに囲まれて幸せだ」と充実した気になって過ごしていました。しかし近年はBのような人もいることを理解して、(たまにムカッときますが・笑)積極的に付き合うようにしています。滅茶苦茶気の合う親友って、実はさほど関係が長続きしなかったりしますが、付き合える部分だけで割り切って付き合うのは意外と気楽に長く付き合えそうな気がするからです。

 結論としては、私的には、Bと長い付き合いにもかかわらず、AはBのことを理解していないな、もし理解していながら画像を送ったのなら、(Bなら優しいから自分に耳障りの良いコメントを返してくれるに違いない)と甘えていたのだろうな、と思った次第です。

 そういえば社会人になりたての頃、上司から「学生と違い社会人は嫌いな人、苦手な人とでも、良いところを見つけて付き合わなければならない」と教わったことがありました。あれは単に我慢しなさい、というのではなく、今まで経験したことのない種類の人付き合いが経験できるよ、という意味も含んでいたのかも知れませんね。

 今さらながら一つ成長した気がします。


別窓 | コミュニケーション | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

犬を飼って変わったこと

2017-08-15 Tue 22:04
001


 先週から愛犬・ちあを飼い始め、私の日常が再び変化しました。

 二年前に先代の愛犬・ビータを亡くして以来、良くも悪くも自分の時間が増えました。朝はゆっくり寝ていられるし、餌やりや散歩のことを考えずに一日の予定を立てられる…たまに虚しさを覚えつつ、この変化を受け入れようと努めました。

005

 それが今回、ちあを飼い始めたことで再び早起きするようになりました。幼犬なので散歩はまだですが、時間をかけてドッグフードをふやけさせなければならないのです。

002

 また、ペット看護師資格取得時のテキストを引っ張り出して、躾や病気のことを中心に一通り勉強仕直しています。ほとんど忘れていますから(笑) そして小さなことですが、ペットコンテンツに再び触れられるようになりましたね。可愛い犬猫を扱うテレビ番組を視聴したり、書店のペット本コーナーに足を踏み入れたり、ペットショップを覗いたりできるようになりました。というか、二年間失っていたその資格を再取得した気分です。いずれ散歩が解禁になれば、他の飼い主さんたちとのコミュニティにも復帰できるでしょうし、ちあのお陰でまた自分の世界が広がりそうです。

003

 …とまぁ見事にまた犬中心の日常になってしまいましたね。でもそれを腹をくくって受け入れること、それがペットを飼うということです。

004

 相変わらず私は犬も、犬と一緒の生活も大好きみたいです。


別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

天候との付き合い方

2017-08-12 Sat 22:22
 昨日8月11日は「山の日」でした。

 私は登山はしませんでしたが、報道番組を見ると富士山や槍ヶ岳からの中継が目に入りました。また、その中にはたくさんの登山者も見られました。あいにく天候はすぐれず、山頂からの展望は真っ白。何も見えないようでしたが、まぁこんな日もあります。もちろん、せっかく時間と交通費をかけてやって来たのに美しい青空とも、絶景と呼べそうな展望とも出会えず残念…という気持ちは分かります。でも、登山者の方々には、雨に降られずに頂上まで到達できたことを純粋に喜んで欲しいと思いました。

 私がなぜ素直にそう思えるようになったのかというと、近所の登山好きの理髪店のオヤジさんの影響です。以前こんなことを言われました。
  
 例えば、友達、恋人、仕事の取引先の担当者…誰かを訪ねる際、毎回相手の機嫌がよく、笑顔で歓迎してくれればこちらも嬉しいですよね。気を遣わずに楽しく過ごせて楽です。

 しかし毎回必ずしもそう都合よくいくとは限りません。相手も人間です。何か問題を抱えてイライラ、悲しくて落ち込んでいる、体調が優れず元気がない…“笑顔”の時のプラスな感情ではない、マイナスの感情の時でも会わなければならないことは普通にあります。

 でも考え様によっては、そんな時こそ相手の本来の人物像に触れ、相手の価値を見極めるチャンス。相手の様子を伺い、気を遣って挨拶だけで退散しようか?相談に乗るべきか?愚痴を聞いて頷いてあげようか?等々考えるわけです。お互いの心の距離が縮まるのも大抵はそんな時ですよね。

 私は…いえ、自然と共存して生活したりレジャーを楽しんだりする人の多くも、そんなふうに自然と付き合っている、人間と同様、自然にも様々な表情があると考えていると思います。機嫌のよい時(晴天)、そうでもない時(曇天)、悲しい時(雨天)、怒っている時(暴風雨・雷)…。そりゃ、出来ることなら相手の機嫌がよい時だけを狙って遊びに行きたいものです。しかしなかなかそう都合よくはいきません。だから山の機嫌がよい時(晴天)は遊び、悲しんでいる時(雨天)は遠慮がちに接する。怒っている時(暴風雨・雷)は近づかずに機嫌が直るのを待つ。そうして不機嫌な時、悲しんでいる時の山にも触れ、一年を通して何度も会いに行く(四季それぞれ行く)ことで初めて相手を理解し、お互いの信頼関係を深める、というわけです。

 そう考えると、登山予定日が曇りでも、途中から小雨に降られても全くモチベーションがダウンしなくなりましたし、一度登った山でも別の季節ならどんな表情が見られるんだろう、とまた登りたい気持ちも芽生えてきました。

 登山は奥が深いです。


別窓 | アウトドア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

新しい愛犬との生活

2017-08-11 Fri 21:40
 このたび、訳あって新たに犬を飼うこととなりました。
 
 私は2年前、最愛の愛犬を6歳で亡くしました。人それぞれ考え方は違いますが、私は2年経ったとはいえ現在も「またあの頃のような日々を手に入れたい」と願う反面、「それを求めるのはまだ早いかな」という気持も捨てられない。半々でした。

 しかしこういうのって、運命というかタイミングというか…ある時突然、ふっときっかけが生じ、トントン拍子で話が進んでしまうものなのかも知れません。生後2ヶ月の信じられないくらい小さな、そして亡き愛犬のように元気いっぱいの仔犬を、新しい家族として迎え入れることになるとは、一週間前には想像すらしませんでした。

01

 亡き愛犬と同じ、世界一可愛い犬種(管理人の偏見・笑)ジャック・ラッセル・テリアの可愛い子ちゃん。私自身初めてお世話する女の子(♀)です。

02
05

 …となると悩むのが名前。今回はあまり深くこだわらず、思いつきで決めようかな?とも思いましたが、可哀想なので一度熟考することに。
 ・
 ・
 ・
よしっ!これかな…?

命名【ちあ】

『チアガール』の『チア』です。日本人の女の子の名前としても結構あるみたいです。

----------------------------
cheer /tʃíɚ|tʃíə/
【名詞】
1【可算名詞】
aかっさい,歓呼.
用例
give [raise] a cheer かっさいをする.
b《主に米国で用いられる》 応援(文句), 声援.
2[複数形で; 間投詞的に用いて]
a乾杯,健康を祝して.
b《英口語》 ありがとう 《ちょっとした好意に対して用いる》.
c《英口語》 さようなら,じゃあね.
3【不可算名詞】 陽気,快活; 励まし,激励.

----------------------------
※「weblio 英和和英」より

家の中を明るく盛り上げる存在になって欲しい、という願いを込めました。「陽気,快活」という意味を含むのも、ジャック・ラッセル・テリアの性格を象徴するようで気に入りました。

 人生で最初のシベリアン・ハスキーは、犬の知識を何も持たないまま飼ってしまいました。また受験勉強を理由にほとんど何もしてやれませんでした。

 2番目のジャック・ラッセル・テリアには、その反省から飼育情報収集、躾、散歩、遊び相手、全て完璧にしてやろうと試みました。ペット看護士の資格も取りました。でも今思うと力み過ぎていたかも知れません。

 3番目、ちあの飼育については、要所要所はしっかり押さえつつ、余計な力を抜いてよい意味でお気楽に楽しい時間を一緒に過ごせるといいかな?なんて思っています。

 今でもこの状況、嬉しいというより不思議な感じの方が強いですが、可愛いワンコとの生活は楽しみ。期待します。

04
03


別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

スマホを洗濯してしまいました

2017-08-09 Wed 19:22
 先週のある日、スマホをポケットに入れたまま短パンを洗濯してしまいました。

 私はこれまで、携帯電話やスマホを落として画面にヒビを入れたり、トイレやバスタブにスマホを水没させたりしたことは一度もありません。そんなのは注意力も緊張感も欠落した輩のすること、程度に思っていたのです。ちょっと特殊な状況で平常心ではなかったとはいえ、我ながらアフォでした。かなり落ち込みました。

 さて、どうしよう…?芸能人のブログで「スマホが水没してしまいました」。そして後日「スマホが運よく復活しました」という報告を見たことがあります。私もそれに賭けようか?

 しかしドコモショップの店員さん曰く、運よく復活しても、精密機械が一度水に浸かった以上、その後ずっと動き続ける保証はないとのこと。こんな時、月々数百円の保険に入っていれば無償で新しい端末と交換してもらえるはずですが、自分の注意力を過信しすぎた私は、保険の類いには一切入っていませんでした。

 ならば普通に機種変?それしかなさそうですが、水没した端末を契約してからまだ2年経っていません。残り10カ月分の端末代の支払いが残っています。これまでこの端末代はdocomoのサポートが適用され、事実上ほぼゼロでした。ところが2年未満で機種変するとサポートが無効になり、端末代(残り分割分)がモロにのし掛かってきます。それに加えて新たな端末の分割代金代まで支払うため、月々の支払額が約2倍に。仕方なくdocomo withの格安端末を新たに契約し、SIMカードだけ差し替えて使うことにしました。あぁもったいない。

 幸い新しい端末にも徐々に慣れましたが、機能・性能に若干の不満はあります。写真や電話帳はバックアップしていたので無事でしたが、今年食べた125杯のラーメンの評価コメントなど、大事なメモの類いを全て失いました(笑)

 もしもの時のため、保険には入りましょう。備えあれば憂いなしです。


別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

雪煙チェイス(ややネタバレあり)

2017-08-08 Tue 20:56
photo


 東野圭吾著「雪煙チェイス」(実業之日本社刊)を読了しました。スキー場に爆弾を仕掛けた脅迫犯と闘う「白銀ジャック」、スキー場に仕掛けられた時限式の生物兵器を捜索する、阿部寛主演で映画化された「疾走ロンド」に続く、東野圭吾スキー場シリーズ第3弾です。

 私はスキーは中学生の時以来ご無沙汰です。当然知識もありませんが、前2作同様そんなことは全く問題なく、夢中で読んでしまいました。

 物語は…

 老人が都内の自宅で殺される。警察は殺害日前日の目撃情報や、家の外に隠してあった合鍵の指紋から、以前老人の愛犬の散歩のバイトを請け負っていた大学生、脇坂を重要参考人として手配する。
 一方、自分が殺人事件の容疑者として警察から追われていると知った脇坂は、無実の罪を証明するため、事件当日新月高原で出会った美人スノーボーダーを探し出し、アリバイ証言を依頼しようと試みる。数少ない手掛かりをもとに彼女のホームグラウンドである里沢温泉スキー場へ。警視庁捜査一課を出し抜きたい上司の命令で、内密に脇坂を探しに里沢温泉スキー場にやってきた、所轄署の刑事・小杉らと巨大スキー場を舞台にした“追いかけっこ”が始まる。


 結局、脇坂は最初から一貫して犯人ではありません。にもかかわらず本作は9割以上が警察と脇坂の“追いかけっこ”。犯人は誰か?という謎解き要素よりも、スキー場における“追いかけっこ”を通じて描かれる登場人物たちの人間模様や、登場人物同士が出会い、関わることで生まれる心情の変化などがメインストーリーですね。私は好きです。

 脇坂が探し求める“女神”の正体は、最初私が想像していた人物ではなく意外でしたが、その後も最後まで予想を裏切られ続け、思わず唸りました。

 シリーズを通して登場するスキー場の監視員の根津と、オリンピック出場を目指したスノーボーダー・千晶が遂にゴールインするのもファンには嬉しいハッピーエンドでしょうね。

 このまま完結するにはあまりにも惜しい、スキー場シリーズでした。


別窓 | 読書 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

フジテレビのフジテレビなアナウンス

2017-08-07 Mon 21:27
「犯人の画像に無関係の別人の名前を表示」
「九州がアフリカ大陸、四国がオーストラリアに差し替えられた、ネタの日本地図を誤って表示」
「実在しないガリガリ君火星ヤシフレバーを紹介」
「数年前ネタツイートとして出回った宮崎駿の架空の引退コメントを、本人のものとして紹介」

 最近フジテレビの不注意なミスが何かと非難されます。「これは放送局としてマズいだろう」というものから「そんなに目くじら立てなくても…」というものまで種類は様々ですが、ガリガリ君なり宮崎駿なりの熱烈なファンにとっては「絶対に許せない」のでしょうね。ちゃんとチェック機能を働かせれば防げるミスを垂れ流してしまうと、何の落ち度もない同局のアナウンサーや番組関係者にも悪影響が及んでしまい残念です。

 そんなフジテレビですが、私が毎朝視聴している「めざましテレビ」でも、最近こんなことがありました。まぁ、小さなことですがモヤモヤして仕方ないので書きます.…。

 一つ目は、映画「ジョジョの奇妙な冒険」を紹介するコーナー。ロケ地スペインでの試写会の様子や、監督と山崎賢人へのインタビューが放送されたのですが、コーナー中、女子アナがタイトルを読み上げる機会が3回ありました。ところが3回とも全て「ジョジョ奇妙な冒険」と間違えたのです。最初の1回は思い込みによるうっかりミスだったとしても、その後映像の中でタイトルがでっかくバーン!と映る場面もあったのに…残念です。気の緩みとしか思えませんでした。

 ジョジョの実写映画化は熱心なファンの間で何かと評判が悪いのに、こんなミスしたらまた足引っ張っちゃうよ~…と思いましたが今のところ全く騒がれていません(笑) 私は十分興醒めしましたけれどね。

 二つ目は、乃木坂46の人気メンバー、西野七瀬へのインタビュー。彼女を紹介する時に女子アナがこう言ったのです。「西野さんは、あの白石麻衣さんよりもセンター経験が多いんです!」と。

 確かに写真集は大ヒット、美しい容姿に憧れる女子も増えていることから、乃木坂46のメンバーの中でも白石麻衣をメディアで目にする機会は多いです。しかしある程度乃木坂46を知る人からすると、女子アナが言ったことは事実ながらも、もともと西野七瀬の方が人気がある(=センター経験が多い)んじゃないの?(何を今更言ってるの?)という感じではないでしょうか?

 もちろん「めざまし」の視聴者は乃木坂46ファンばかりではありませんから、配慮した結果このような言い回しになったのかと思います。しかしこれって例えるなら、前田敦子や渡辺麻友を「コジハルよりもセンター経験が多いんです!」と紹介するようなもの。やはり違和感あります。

 何だかフジテレビって、一生懸命頑張っているのは伝わってくるのですが、どうもそれが空回りしているような気がしてなりません。私には…ね。


別窓 | テレビ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

ほんとにあった!呪いのビデオ74(ネタバレあり)

2017-08-06 Sun 17:56
photo


「山道」(ゾクゾク度:S)
 投稿者がヘルメットに装着した小型カメラで撮影した映像。投稿者はマウンテンバイクで山道を走行中、バランスを崩して転倒してしまうが、その時カメラは恐ろしい存在を捉えていた!!


 つい最近も登場したウェアラブルカメラの映像。自転車でも走りやすい山道を走って楽しそうな光景と思いきや、今回は久々に背筋がゾクッときましたよ。転んでレンズに泥がついたカメラに映ったのは、四つん這いで近づいてくる黒い人影。怖いです。私は最初見た時、四つん這いではなくテケテケのように上半身だけなのかと思いました。カメラが泥で汚れてイマイチはっきり見えないのがミソですね。

 ちょっと疑問なのは、最近目立ちますが霊が半透明(透けている)っぽい点。そして投稿者の叫び声がホラー映画の役者のソレに似ていること、でしょうか?


「積載車」(ゾクゾク度:B)
 トラックの運転手である投稿者が居眠り防止用に、独り言を喋りながら運転する様子を撮影した車内カメラの映像。事故車を載せ運転中、荷台が気になる投稿者。目的地に到着しカメラを止めようとすると、助手席に傷だらけの不気味な女が!!

 女の霊はよく見るとけっこう不気味な顔をしています。しかし事故車をトラックに載せているシーンを見て、ほぼオチが読めてしまいますね(笑) それにしても運転手(投稿者)、性格よさそうな好青年だ(笑)


「ドッキリ」(ゾクゾク度:B)
 CS放送の某バラエティ番組の企画で撮影されたドッキリ映像。打合わせルームでスタッフと打合せする佐野マリア。スタッフが退出し佐野を一人にすると、心霊ドッキリ用に仕込まれたラップ音・謎の呻き声・照明明滅・幽霊に扮したスタッフが佐野を襲う。ドッキリは大成功に見えたが、映像には不可解な存在が映り込んでいた。後日、番組担当ディレクターは業界から引退し、消息不明となってしまうが…。


 見た瞬間、「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」(TBS)の心霊ドッキリネタのパクリっぽいな、と思いました。

 それにしても佐野マリアって…誰?もしかして“「ほん呪」×無名タレント”という新手のコラボ(タイアップ)でしょうか?一応ググったところ、映画・舞台・TVCM・グラビアなど幅広く活動する鳥取出身の25歳のタレントのようです。そこそこ可愛いのでもっと活躍して欲しいかな?

 ドッキリはラップ音、呻き声、照明明滅…と発動される都度「番組側の演出です」というテロップが画面隅に出るので、それが“不可解な箇所”ではないことは分かりましたが、明らかにフェイクバレバレの“貞子”が登場しても「番組側の演出です」の文字が出てこないえっ?!まさかこれが“不可解な存在”?!…なわけないか(笑) 実際には照明が明滅している時、部屋に女性の影が5回登場。別カメラ映像では顔もボンヤリ見て取れます。

 貞子役のスタッフの本業が葬儀屋で、撮影前日にも葬儀があったというので、その時の仏様か?と思わせつつ、実は無関係というのはちょっとホッとしました。ここまで辻褄合うとヤラセ以外の何物でもないですから(笑)

 やはりあんなフェイクバレバレのインチキ貞子を演じて霊をバカにしたから、本物の霊が怒って現れたのでしょうか?


「おくりもの 後編」(ゾクゾク度:B)
※前回までのあらすじ
「ほんとにあった!呪いのビデオ73」
「ほんとにあった!呪いのビデオ72」
 前回、磯崎家の娘・由美に襲われたスタッフ・寒川が職場復帰。彼女の話によると
・由美にキスされて意識を失った
・意識回復後、気分が悪く嘔吐したら中に幼虫があった(「73」で由美の嘔吐物にもあり)
・その後何者かに「母体をもらった」と言われる夢を連続して見た
・磯崎家内部に仕掛けた監視カメラ映像に、由美が母・薫と揉めながら「お母さんじゃないのに!」と怒鳴る場面があった
薫は由美の実の母ではなかったのか?失踪中の磯崎茂も異変を来たす前に同僚・悦子とキスしたというが、寒川が襲われたことと関係があるのだろうか?
 後日幼虫を分析すると「寄生蜂」の幼虫であることが判明する。この寄生蜂の幼虫が母体となる人間がキスすることで宿主を乗り換えながら、宿主をあらぬ方向にコントロールしている、とでもいうのだろうか?そしてこの寄生蜂の幼虫こそが「おくりもの」なのだろうか?
 スタッフは磯崎家を訪問。「73」で薫の元上司・近藤が語った「言い寄ってきたのは薫」の真相を本人に聞こうと試みるが、薫激昂。スタッフは磯崎家出入り禁止にされてしまう。
 そんな中、女子中学生Kという有力な情報提供者が現れる。彼女によると
・悦子のPCに保存されていた動画の自殺した少女は、小学校時代の元同級生R。
・問題の自殺動画はRの自殺後、彼女を虐めていた生徒や教師に送られてきた。
彼らはパニック状態に陥り、学校の教室や廊下で苦しみ、のたうち回ることに。その時の映像を借りたスタッフが確認すると、過呼吸状態でのたうち回る子供たちとは対照的に、階段の上で静かに佇む少女…衣服から自殺したRと思しき少女の姿が…。


 まず、「73」で包丁を持った狂った由美に覆い被さられた寒川、あれでは間違いなく刺されたと思いましたが、まさかの無傷(笑) その寒川が「夢で『母体をもらった』と言われた」ことに対し、疑問を持つ者が。そう、“自称常識のない女”舞木です。「寒ちゃんは処女、やったことないのに『母体をもらった』はおかしい!!」…って、これだけの異常事態の中での出来事なんだし、別にいいじゃないですか?というかそこに食いつきますか?(笑) 実際、寒川が処女かどうかはストーリーに一切影響なし。結局寒川が処女だという事実だけが拡散されてしまったこのシーン、カットでもよかったのでは?(笑) 

 その舞木、磯崎家を訪れるシーンでも、勝手に取材をさせてもらう立場でありながら薫に対し強く攻撃的な口調で迫る。ちょっと空気が読めていませんね。

 問題の映像では20人の小学生が過呼吸でのたうち回り、10人が病院に搬送されたそうですが、AKB48のドキュメンタリー映画で見た前田敦子の過呼吸状態とかなり様子が違うのが気になります。

 そしてこのエピソードにはいくつか疑問があります。まずナレーションでも触れていた、
・自殺した少女Rがどうやって自分の自殺動画を関係者に贈ったのか?
・その動画を無関係の悦子がなぜ所有していたのか?
ところが驚くことに、これらについては最後まで一切不明なままでした(笑)

 そしてもう一つの大きな疑問。「後編」で明らかになることですが、情報提供者の少女Kは、「『ほん呪72』を見て、磯崎家の妻・薫が自殺したRの母親に似ていると思った」とスタッフに連絡してきたといいます。モザイクかかった画像なのになぜ分かった?というのも疑問だし、そうなるとこの真夏の3部作、6月に「72」をリリースした時点でまだどんな展開(結末)になるかスタッフは誰も知らないことになります。そんなあやふやな企画を見切り発進で3部作のネタに採用しますか?いえ、しないでしょう!!「72」~「74」の目玉企画だっていうのに。ここ、絶対“やっちゃった”でしょ?(笑)


「シリーズ監視カメラ 二階の和室」(ゾクゾク度:B)
 無断でネット配信されていた、とある民家の和室を撮影した監視カメラ映像。室内に現れた黒い人影がクネクネ動き回る様子が何度か映っていた。
 スタッフは動画投稿サイトの情報からこの民家を特定し訪ね、住人女性と会うことができた。彼女曰くあの部屋は亡き夫の好きだった部屋で、今なお夫(の霊が)あの部屋にいるのではないか?と感じ、姿を見たいとカメラを設置したのだった。


 影(オッサンの)がブレイクダンスしているように見えて仕方ありません(笑) 「ほん呪」にしては珍しい、ちょっとほっこりするエピソードでした。


「カメラ機能」(ゾクゾク度:C)
 上京予定の投稿者が、既に上京していた友人・Aさんに手伝ってもらいながら部屋を探す際、共通の友人・Bさんに送るためにライブフォト機能で撮影した動画(連続画像)。しかしその画像数点の中に不気味なオレンジ色の光と何者かの顔が映り込んでいた。Aさんはその顔の人物が、かつて自分を逆恨みしていた人物だといい、これを機に怯え、精神を病み、退職して田舎に帰ってしまう。


 まず個人的に気になったのが投稿者の名前(仮名?)。「瀬尾奈々香」。これを見た瞬間、欅坂46の長沢菜々香(ながさわななこ)を思い出しました。ちなみに私、欅坂では長沢君推しです(笑) 「瀬尾奈々香」の読み方は分かりませんが直感的に今勢いのある欅坂に乗っかろうとしてるなように感じます(笑)

 ライブフォト機能というのは、デジカメでシヤッターを押した前後各1.5秒分の連続した画像を繋いで動画のように見せる機能。ただあくまでも“写真”なので今回のネタもほぼ心霊写真です。オレンジ色の光だ顔だいっても面白くも何ともない心霊写真のネタ。やはり「ほん呪」のネタとしては弱すぎます。珍しいネタだからっていちいち採用しなくていいですって!!(笑)

 投稿者の友人Aさん、顔は美人タイプでいい感じですが、ちょっとインパクト強めで怖い顔か?(笑)

 …で、結局映り込んだ顔は誰?Aさんとはどんなトラブルがあったの?!


「続・おくりもの 後編」(ゾクゾク度:B)
 少女Kの情報から、磯崎薫が由美の継母である可能性が出てきた。これにより薫は
・2010年 少女Rの継母として同居を始める
・2011年 少女R自殺
・2015年 茂と再婚(再々婚?)して磯崎家へ、由美の継母となる
まさか薫は、寄生蜂のように次々と家族に寄生し、おかしな状態にさせる存在なのだろうか?
 確認のため再度磯崎家を訪問するスタッフ一同。しかし磯崎家はもぬけの殻。茂はもちろん由美も薫もいない。
 その後、スタッフは茂の父親と連絡を取り会うことに。そこにはすっかり元気になった由美の姿もあった。彼らの話をまとめると
・薫は由美を祖父(茂の父)に預け消息を絶った
・祖父は薫のことを全く知らなかった
薫は何者なのか?行方不明の悦子・茂・薫はどこにいるのか?
 後日、スタッフルームに本エピソードとは無関係の第三者から、投稿映像が送られてくる。そこに映っていたのは、どこかの小学校で行われた授業参観の風景。子供と母親がそれぞれ向き合い似顔絵を描く中、ある子供の顔が一瞬ゾンビ風に!そしてその母親と思しき女性はあの薫だったのだ!!


 …って言われても、薫の顔には終始モザイクかかっているので何ともいえませんよ。驚きも何もありません(笑) そもそも戸籍が曖昧なままこう何度も再婚を繰り返せるものなのか?というか結局何も明らかにならないまま藪の中的に強制終了なこの展開は酷すぎますね。

 というか、早く警察に失踪届け出せよ!!…あっ、でもそうしたらスタッフが留守の磯崎家に派手に不法侵入したことがバレて罪に問われるか?(笑)

 ところで本エピソードで何度も出てきた、ゾンビチェキ風の不気味な顔。特に少女Rのゾンビ顔が最初に見た時から何かに似ていると思っていたんですよ。それが最近分かりました。1993年に東京ドームで開催された女子プロレス夢のオールスター戦で、大流血戦の末、何とか神取忍に勝利した北斗晶が「週刊プロレス」のインタビューを受けた際、ボコボコに晴れまくった顔を公開したんです。その時の顔(ググりましたが見つからず)に似ています(笑)

 そのインタビューで北斗は柄にもなく「お嫁に行けない」と落ち込んでいましたが、数年後、健介と結婚して子宝にも恵まれ、引退後の仕事も順調。癌との闘いからも生還できてよかったね、と思う今日この頃です。


別窓 | エンターテインメント | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑

YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2017

2017-08-04 Fri 00:46
 横浜スタジアムで横浜DeNAベイスターズvs中日ドラゴンズ16回戦を観戦しました。

02
03
04
06
07

 この3連戦は横浜DeNAベイスターズが毎年1回開催する真夏の一大イベント『YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2017 Supported by 横浜銀行』です。簡単に説明しますと、普段着用するホーム・ビジター用とは違うオリジナルデザインのユニフォームを、この3試合限定で着用して戦うわけです。来場者(ほぼ)全員にそのレプリカユニフォームを無料で配り、選手とファンが一体となって応援しましょう、というファンサービスですね。

01
05

JR関内駅の駅員さんも、球場のカメラマンもスターナイト仕様。

 ということでこちらがそのレプリカユニフォーム。

11

チームカラーの青を基調とした、モザイク模様のようなデザインです。参考までに…

13

通常のビジター用

12

スターナイト2016用

個人の好みの差はあるでしょうが、私は横浜DeNAベイスターズのYOKOHAMA STAR☆NIGHT限定ユニフォームは、過去のものも含め以下の理由で好きです。

★デザインが凝っている
 ある程度時間とコストをかけて、専門のデザイナー(?)がデザインしたと思わせるクオリティ。オレンジ一色とか黄緑一色とは違います(笑)他の球団の限定ユニフォームは正直、私の目にはダサく映るものが目立ちます。

★チームカラーを基調としたデザイン
 最近はどの球団も、ファンサービス目的で毎年異なるデザインの限定ユニフォームを採用・配布しますが、チームカラーを無視したものが目立ちます。私が思うにチームカラーに対する各球団の考え方は3パターン。

○横浜同様、センスはともかくチームカラーを基調としたデザイン
→巨人、広島、中日

○ちょっと違和感あり

・一応緑は球団カラーですが違和感あるヤクルト
・数年前の緑のユニフォームが違和感あった阪神
・なぜか黒いユニフォームの方が断然カッコよくて強そうな楽天

○チームカラーほぼ無視

・赤、青、水色、黄色、緑、紫…毎年色を替え統一感がないソフトバンク
・赤も青も違うロッテ
・何か勘違いしてそうなチェック柄や豹柄のオリックス
・黄色も緑も赤も違う西武
・黄色も紺赤も違う、しかも1シーズンに2種類も採用し過ぎの日ハム

 西武の“西武鉄道イエロー”“所沢の森グリーン”など、一応意味はあるようですが、やはり球団カラーと全く違う色は拍子抜けするし、せっかく手に入れて好きな選手の背番号や名前を入れても後々着づらくなります。

★3日間しか着ないので希少価値が高い
 特に日ハムや西武は何試合も着用しすぎ。昨シーズンの西武に至っては28試合も着用したとか。関連グッズの売上を伸ばしたいとか、事情はあるのでしょうが。

 横浜なんて今シーズンは雨で1試合、流れましたからたったの2試合しか着用しないんです。希少価値高すぎますよ(笑)


08
09

 ということで試合の方は開始早々雨で1時間近く中断しましたが、幸い再開。かなりの強い雨でしたが、私の席はバックスクリーンの真下。バックスクリーンが屋根の代わりになり一度もレインコートを着ずに済んでしまいました。

10

 そして結果は…後ろの席の人が言っていましたが、“惨敗に等しい引分け”。ハイ、そんな感じでしたね。


別窓 | エンターテインメント | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

実はアリ!おしぼりで顔を拭く行為

2017-08-03 Thu 18:18
 飲食店で提供される「おしぼり」で、手だけでなく顔まで拭くのはアリか?ナシか?しばしば議論されるテーマです。そしてこれをやってしまいがちな、中高年のオッサンが「汚ならしい」「下品」「気持ち悪い」などと非難されることも珍しくありません。

 私も若い頃は、堂々とおしぼりで顔を拭きました。熱々のおしぼりはスチームの匂いがして好きだし、顔がポカポカして気持ちいい。そもそも理髪店や美容院で熱い蒸しタオルを顔に載せられるようなものですから、汚いとか下品だなんて思ったことはありません。

 冷たいおしぼりも気持ちがいい。顔がひんやりスッキリして、暑い季節には重宝します。手だけしか拭かないなんてもったいない、手間隙かけて冷やしてくれた人の気持ちを踏みにじるな、と言いたいです(笑)

 でも次第に「おしぼりで顔を拭くのは人としてNG」みたいな空気を肌で感じるようになり、いつの頃からか私も控えるようになりました。

 ところが2日に放送された「めざましテレビ」で、この「おしぼりで顔を拭く」行為がアリだということが判明したのです。全国おしぼり協同組合連合会(だったかな?)によると、飲食店のおしぼりは、もともと手だけでなく、顔まで拭くことを想定して作られて(用意されて)いるのだそうです。むしろこぼした醤油を拭いたり、(あまりいないと思いますが)化粧した顔を拭いたりするのがNGなのだとか。理由は、洗っても汚れが落ちにくく、廃棄しなければならないからだそうです。

 これで今後は肩身の狭い思いをすることなく、堂々とおしぼりで顔を拭ける。誰にも文句は言われない…となるにはまだ時間がかかりそうですかね?(笑)

 でも改めて考えると、昔は顔のみならず、おしぼりで脇の下や体、靴下を脱いで足を拭く強者がいました。そういった人に嫌悪感を抱き「汚ならしい」と非難するうちに、手以外はダメ、顔を拭くのも下品だ、けしからんという風潮が生れたのかもしれません。

 オッサンがおしぼりで顔を拭くことに嫌悪感を示すのは、ほとんど女性かと思います。でもそれは単にお化粧が落ちるからやらない=自分がしないことをする人を否定し、変り者扱いしているだけのように感じなくもありません。

 いずれにしても、あの気持ちよさを味わえるのは、当面男性の特権のままのようですね(笑)

別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

コンビニの揚げ物がちょっと美味しい件

2017-08-01 Tue 18:18
 私はたまに、商店街の肉屋さんのコロッケや唐揚げが無性に恋しくなると、買いに行っておやつ代りに(笑)食べています。

 ところが最近、それら揚げ物に違和感が。明らかに油が替わり、味も劣化しているのです。以前は良質なラードで揚げていたはずが、何か別の油に替えてしまったようです。

 ここ数年、都内でもテレビで紹介されるような一部の活気ある商店街を除き、多くの商店街から人が去りつつあります。個人商店の経営は厳しいでしょう。唐揚げの味が落ちたことと関係あるかどうか分かりませんが、もしそれが原因なら残念極まりないですね。

 その一方で、コンビニの揚げ物は年々確実に進化していると思います。かつてはスーパーの安い冷凍コロッケと同等だった品質も、今では肉屋さんのコロッケに迫るクオリティ。

photo

 特に私のお気に入りは、ローソンのアジフライとファミマのキャベツメンチです。アジフライはまず大きい(画像のものは運悪く小さめですが)。他ではあまり見ない大きさです。さらにお店で温めてもらっても衣がベショッとせずにサクサクしたまま。キャベツメンチも美味しい。もちろんちゃんとしたお店で食べる、揚げたてのものとは比べられませんが、手間要らずで1個120~130円ですからね。やはり大企業には敵いません。

 身の回りにこんな楽しみが転がっていると思うと何となく嬉しいものです。

別窓 | 生活 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑

| 瑠璃色幻想曲 |