現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙(ややネタバレあり)

2012-04-01 Sun 00:00
photo1

 この人がイギリスの首相を務めていた時代って、まさに日本がイケイケGOGO(ふっる~・笑)で調子に乗りまくっていた時代でもありました。私はイギリスの大御所ヘヴィ・メタルバンド“IRON MAIDEN”が大好きだったので…

photo3
photo2

当時から、彼らのアルバムジャケットの中でも彼女の姿は何度となく拝見していました(笑)

 英国史上初の女性保守党党首、マーガレット・サッチャー。まさか存命中に映画になるとは思いませんでしたよ。まぁ、それだけ偉大な政治家ではありますが。

 
 物語はメリル・ストリープ演じる、現在認知症であるサッチャーが、認知症特有の症状の一つである“幻影”、あるはずのない幻…を通してフラッシュバックされる
亡き夫
夫と出会い結婚した幸せだった日々
夫や双子の我が子と暮らした楽しかった日々
女性議員という弱い立場で首相にまで上りつめた栄光の日々
そして国民の反発から信頼を失い、テロにも遭い、辞職へと追い遣られた屈辱の日々
…を回想するというもの。

 映画としては良かったです。でもイギリスの政治に関する知識をもっと持ち合わせていたら、より面白く見られたんだろうなぁ…と後悔しています。
 
 それにしてもあんなに強くしっかりした女性ですら、年を取ると認知症になってしまうものなんですね。

 私の母も若年性アルツハイマー型認知症です。母の目に私たち家族がどんな風に映っていて、どんな風に私たちを理解してくれているのだろうか?悲しいことに本人以外誰にも分かりません。この映画の中で描かれるサッチャー視点の日常は、そんな身内を持つ身としてはかなり辛く、息が詰まりそうになるものでした(実際どう見えているのか分かりませんけど)。

 今年はロンドン五輪も控えていますし、この作品を通じて偉大な英国女性前首相に、そして認知症という病により多くのスポットライトが当たるといいな、そう思いました。


スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<課長になれない人の特徴―今の上司には何が求められているのか― | 瑠璃色幻想曲 | 世界の恐怖映像2012!超凄い!ありえない!春の絶叫祭り最強SP>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |