現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~

2012-04-09 Mon 00:00
photo

 1960年代の公民権運動を背景に、黒人差別が根強く残るミシシッピ州ジャクソンに住む作家志望の白人女性・スキーターと2人の黒人メイドとの友情を描いたヒューマンドラマ映画「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~(The Help)」を観ました。

 アメリカの中でも特に黒人差別意識が根強く残る1960年代の南部エリア。黒人として生まれた女子は、己の意思に関係なく裕福な白人家庭のメイドとして安い賃金で働かなければならない。しかも使うトイレすら「病気がうつるから」という差別的口実で別々にされるという完全人権無視状態。現在こそ黒人の大統領が統治し“自由”を謳う世界No.1国家・アメリカですが、僅か50年前にまだこんな酷いことがあったんですね。

 そんな理不尽な現状に疑問を抱いた、自身も黒人メイドに実の子のように育てられた作家志望の白人女性・スキーター…結婚よりも仕事を選ぶタイプで、当時の白人社会からは変わり者扱いされているのですが…は、黒人メイドたちの協力の下、黒人差別の実態を広く市民に訴えかけるべく、いわゆる“暴露本”を出版しようと試みます。

 人種差別というアメリカの汚点をテーマとしながらも、決して重苦しくならず、ユーモアとある種の爽快感をも感じられるよう描いた本作。かなり良かったです。2時間40分という長丁場(上映時間)も苦になりませんでした。

 アメリカ製の映画ながら、物語は黒人(メイド)=善、白人(裕福家庭)=悪というスタンスで描かれていました。メイドたちやスキーターがさり気なく皮肉を言ったり、彼女たちに白人主婦たちが遣り込められたりするシーンでは、おのずと「やった!」と心が弾み快感すら覚える、そんな映画です。

 しかし本作のテーマは、単に白人(の歴史上の愚行)を非難することではありません。最後のスキーターの母親のセリフからも分かるように、全てのアメリカ人に、アメリカ人としての誇りを思い出して欲しい、自覚して欲しい、ということなのでしょうね。

 …ならば我われ日本人にとっての誇りって何だろう…?オレも何か大切なことを忘れてはいないだろうか?ちょっと考えてみたくなりました。


 それにしてもこの映画を観に行って一番驚いたのは、チケットがSOLD OUTになったこと。比較的小さめのハコではありましたが、初めて目にする光景でした。しかもそのうち9割以上が女性!!やはり女性の興味を引き易い題材だったのでしょうね。


スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<選抜総選挙前の清き一票 | 瑠璃色幻想曲 | ペットの適正体重は?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |