現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
乗っていた電車が人を轢いた件

2012-04-29 Sun 20:21
 昨日、私が乗車中の電車が、人を轢きました。いわゆる「人身事故」というやつです。

 「人身事故」…これまで通勤・通学中に何度も巻き込まれた経験はありますが、まさか起因する電車に自分が乗り合わせることになるなんて想像もしませんでした。

 亡くなった方の人権も尊重しなければなりませんし、余所様に詳しくお伝えするようなことではありませんが、今回の経験を通じて、人として疑問を感じ、考えさせられることがありました。よってあえてこの日のことを書き留めておこうと思います。なお、本文中の“時刻”は記憶に残る範囲でのおおよその時刻です。


【16:08】
 この日、私は野暮用のため外出。最寄り駅にて某私鉄電車に乗り込みました。約束の時間まではちょうど1時間。あまり余裕はありませんが、ご迷惑をかけることはまず無いだろう、というタイミングです。

 私は先頭車両の最も連結器寄りのドアに、右半身を任せるように寄りかかりました。そして発車。次第にスピードが出てきて…まだ発車から1分も経たないタイミングの、2つめの踏切の手前。距離にして駅から250mほど。

 ここで「ファーーーーン!!!」突然警笛を長く鳴らす運転手。ドアから見える景色を眺めていた私は、驚いて正面を向きました。すると、運転している気分で先頭車両一番前、運転席のすぐ後ろの窓に張り付いていたオッサンがしゃがみ込むのが見えました。これを見て私は(電車と人がぶつかろうとしているんだ)と察しました。

 次の瞬間、想像通り車体に何かがぶつかる衝撃、“ガタン!ガタン!”と車輪が何かを轢く衝撃を2回感じました。私同様の経験をされた方が、「ぶつかったことに気づかなかった」と言うのをよく聞きますが、私の場合はもしかしたら寄り掛かっていたドアから衝撃が伝わったのかも知れません。

 問題の踏切をちょうど越えた辺りでようやく電車が止まりました。その直後「だだいま人身事故が発生しました」という車内放送。私は長時間の缶詰状態を覚悟しました。


【16:10】
 状況を把握したかった私は、電車の最後尾に移動してみました。問題の踏切がすぐ目の前に見えます。被害者およびその持ち物などは車内からは一切見えません(見たくもありませんでしたが)。

 ワンマン運転ゆえ、最初は運転手がかなりテンパった様子で線路の上を走り回っていました。その後すぐに連絡を受けた最寄り駅の駅員と思しき人たちが、タクシーで続々と駆けつけました。こういう場合、タクシーを使って移動するんだ…そんなことをボーッと考えていたと思います。

 私がいる車内は座席がほぼ100%埋まる程度の混雑状況でしたし、空調も効いていたのでさほど不自由は感じませんが、閉じ込められている閉塞感と、これがいつまで続くのか分からないことへの不安で精神的に疲れそうな予感。

 最後尾に移動して表を見ようと試みる乗客は私を含めごく一部でした。ほとんどの乗客は座席に座ったまま。意外と皆さん落ち着いているな、という印象でした。

 しかしその中に、異質なムードを醸し出す一人のオヤヂが。コイツ、何か変な奴だな…と思っていたら、案の定ケータイのカメラを死体があると思しき方向に向けパシャパシャ撮影を始めました。どうせこの位置からじゃ写るわけないのに。というか、仮に死体を撮影出来たとして、それをどうしようというのでしょう?ブログやFACEBOOKにアップしようとでもいうのでしょうか?そうすれば閲覧者数やコメントが増えるから?ブログランキングが上がるから?心が病んでいるとしか思えませんね。


【16:18】
 ようやく(電車内から見える範囲で、ですが)消防車が1台到着。意外と遅いな、という印象でしたが、車が見えないだけで警察も既に到着しているようです。救急車と消防車がセットで事故現場に向かうことは知っていましたが、本来先に見えるべき救急車が全く見えてこないことが気になりました。

 事故現場には既に少なくないギャラリーが集まり、電車が轢いたものを怪訝そうに見物しています。よく見るとギャラリーの中にもカメラで死体や電車を撮影している輩が多数電車に轢かれてグチャグチャになった自分の愛する家族の遺体を、無神経な見物人に撮影されたり、ネットで晒されたらどんな気持ちだろうか?なんて考えないのでしょうね。これを友達に見せたら人気者になれるのではないか?程度にしか考えていないのでしょう。こういう輩には「人間」を名乗って欲しくありません。


【16:25】
 この辺りは鉄道マニアがよく写真撮影するスポットでもあり、それらしき若者たちが慣れた様子で警察相手に積極的に目撃情報を提供していました。車内には相変わらず事故発生時と変わらぬ「ただいま人身事故が発生しています。お急ぎのところ申し訳ございませんが、今暫くお待ちください」というアナウンスが繰り返し流れています。

 この時点でそれ以上の情報は誰も持ち合わせていないのは明らか。急いでいるのは皆同じ。自分が頑張ったところでどうにもならないことにいちいち怒る意味はありません。そう考えると私はイライラする気持ちは感じませんでした。

 ところがここで、先ほどの撮影男が関係者に対し、「運転再開時間が未定ならここから出せよ!!」とブチ切れました。すると「降りたい」「体調が悪い」「俺は障害者だ」と茶化し気味に訴える乗客があちこちから現れました。中には本当に体調が悪そうな高齢者もいましたが、それ以外の大部分の乗客はニヤけながら「タクシー拾おうぜ」程度の態度。私も外に出たいのはやまやまでしたが、何となくこういう状況ではワガママを言えない、運転再開までじっと我慢しなければならないような気もするし…難しいです。

 制服を着た関係者は「確認します」としか答えられず、あちこち駆け回っていました。


【16:30】
 車内及び近隣住民に対し、「皆さんの中にお医者様はいらっしゃいませんか?」というアナウンス。えっ?まだ息があるのかな?と思いましたが、救急車も来ない状況でそれはまず考えられないでしょう。想像ですが、医者が「亡くなっている」と宣言しないと死体として処理出来ない、みたいなルールがあるのかも知れません。


【16:40】
 表では関係者が大きなシートを何枚も持ってきて、死体の周囲を囲い、何やらやっています。そのうちそのシートに死体を乗せ、運び出しました。ギャラリーは現場付近から立ち退くよう指示され、電車付近にはもう関係者しかいません。


【16:50】
 相変わらず先ほどの関係者は電車内外をバタバタ走り回っていました。しかし意外にも「体調の悪い人については下車を許可、一つ先の駅まで係員が誘導」ということに。私は体調は悪くないものの、ちょっとトイレに…迷いましたが正直に申し出たところOKでしたので、私も約15人の乗客ととに下車することにしました。ちなみに先ほどクレームをつけた撮影男は、なぜか降車を拒否。そのまま車内に居座ったようです。

 下車すると、鑑識らしき人々が既に作業しています。被害者がいたと思しき場所を思わずチラッと見てしまいました。若干の血液痕が確認出来ましたが、正直言って、本当にここで人が亡くなったのだろうか?信じられませんでした。


 …実はこの踏切、見通しはかなり良い場所にあります。昨年公開された人気映画「GA…」のロケでは、あのハイボールが好きな女優さんとJ事務所の人気タレントが歩いていたシーンで思いっ切り使われていた場所でもあります。

 後で思い出したのですが、ここってどういうわけか昔から頻繁に自殺が発生しているんですよね。今回も状況や後日談からして、ほぼ自殺で間違いないと思います。もう私が事実を知る必要も術もありませんが。なぜGW初日だったのか?なぜ16時だったのか?もう誰にも分かりません…。

 ただ一つだけ言いたいのは、今回あの空間に居合わせた(私も含め?)、決して少なくない人々から感じたこいつら人の『死』を何だと思っているのだろうか?ということです。理由はどうあれ、同胞が亡くなり、そのために駅員や警察がパニクりながらも各々の仕事をしている。こんな時くらい厳粛な気持ちでじっとしていても良いのではないか?それなのに死体の写真を撮り、いつまでも延々と死体を眺め続け、駅員に八つ当たりし、駅員を茶化しながらディナーについて談笑…そんな輩、きっとロクな死に方しないでしょう。いつか自分が死んでも、誰もまともに悲しんでくれませんよ、多分ね…。





スポンサーサイト
別窓 | 生活 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑

<<量がバラつくCAFFE VELOCEのコーヒー | 瑠璃色幻想曲 | FBツッコミシリーズ(20120428)>>
この記事のコメント
同じようなことがありました。
私もたまたま今日乗っていた電車が人をはねました。。。

私は一番前の車両にたまたいました。だから、感覚や衝撃がまだのこってます。
私が居合わせた一両目には、写メとか撮るような人はいませんでした、むしろ、
ひかれた人は助かったんだろうか、、、と
そういう雰囲気もありました。

ただ、やはり、私達の車両の周りの道沿いの人のなかに写メを撮ってる人がいて、とてもいいようない気持ちになりました。

亡くなられた人にはお気の毒ですが、私も一瞬だけ、この事故の衝撃で脱線とかしてたら自分も、、、と頭がよぎっただけに、不謹慎かもしれませんが、命の重さを痛感しました。

だから、例え通りすがりで、自分には関係ない人かもしれませんが、命にはかわりはないので、その命にかかわる事を写メに撮るなどふざけた行為は恥じるべきだと思います。

本当に人として命を今一度考え直してほしいです。
2014-05-31 Sat 18:27 | URL | 通りすがりのものです。 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |