現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
FBツッコミシリーズ(20120503)

2012-05-03 Thu 00:00
 時代の流れに合わせて始めたFACEBOOK(以下:FB)。しかし暇潰し目的で眺める「友達」の書き込みの中に、たまに(頻繁に?)発見するどうしようもなく下らない呟き。そんな呟きに対し、私が妄想の中で愛の鞭を以ってツッコんでみたいと思います。なお、ここでのツッコミは“愛あるツッコミ”ですので、あまり深く詮索しないようお願いいたします(笑)


【虚栄心に満ちた小さな輩たち】
 洒落たバーのカウンターの上に置かれたカクテルグラス。「週末をゆっくり過ごすことができました」という、現実世界ではまず発しないであろう、精一杯気取った呟き。「女性と一緒だったんでしょ?誰よ?誰と一緒にいたの?!」と突っ込んで欲しいのがミエミエ。芸人的には「欲しがりますねぇ~」とでも言うのでしょうか?とにかく蟻よりも小さい輩

 またタチの悪いことに、実際にそのようなお約束通りのコメントを親切に書いちゃう輩がいるんですよ。投稿者が快楽に耽っているのが手に取るように読めてしまいます。

 現実世界ならこういうタイプの見栄っ張りとは、次第に距離が離れてフェード・アウトしてゆくものですが、毎回FBを開くたびに目につくとなると…苦笑いするしかありません(苦)


【もっと周囲の目を気にすべき輩たち】
 いくらFBユーザーが急増したとはいえ、実際はまだ手をつけていない人、今後も眼中に無い人の方が大多数。日頃(何でコイツ、やたらと写真撮ってるの?)と冷ややかな見方をする人はたくさんいます。

「あと○cmでホール・イン・ワン!惜しい~!!」
と、カップ脇に置かれたボールの写真をアップしたり、
「胡椒の瓶の蓋が壊れてたよ~!!」
と、ラーメンに胡椒ひと瓶まるまる振りかけてしまった写真をアップしたり、
「ランチメニューが一新されるのが今から楽しみ~」
と、不味いけど仕方なく毎日食べている社員食堂の写真をアップしたりするのって、

「ち、ちょっと待って!まだどけないで!写真撮るからさ、ケータイ、ケータイ…」
とか、
「うわっ!!…あ、まだ取り除かないでいいです!まだ下げないで下さい!!写真撮りますんで…」
とか、
「あれ?○○先輩、食べないんですか?…え?何でこんな不味い定食の写真なんて撮ってるんですか?…体調大丈夫ですか?」

…というような遣り取りがその裏にあるわけですよね?FBユーザーなら(あいつFBに上げるつもりだな)と予想出来ますが、大多数の人は(何だコイツ、こんな時に写真撮るなんて、頭大丈夫か?)が本音ですよ。FB内の限られた数十人程度のために精魂込めて尽くすのなら、それよりも遙かに多い現実世界の隣人を意識すべきです。

 実は私、ある古い友人と近々飲みに行きたいと考えていました。でも彼のFBを見ていたら既にお腹いっぱいで悪酔いした気分。別の友人も

「オレもだよ。せっかく飲んでも『ちょっと待って!この料理の写真撮るから』と逐一待たされたり、会話中にもスマホ片手にいちいち記事をアップされたりしたら興覚めだよね。オレももういいや」

と考えているようです。FB上では逐一優しい(気持ち悪い)言葉で慰め合っていても、本音は誰しもこんなものですよね。


【表面の皮一枚で付き合う輩たち】
 これはあくまでも私個人の考え方として読んで下さい。

 例えば旨い焼鳥を食べた時、味わったことのないビールを飲んだ時、深く感動して思わずブログで紹介したくなることは私にもあります。私の場合、その基準はあくまでも“何かしら心が動いた(疼いた)時”です。気持ち悪いコメントで慰めて欲しいからではありません。焼鳥やビールが感動レベルで美味しかった。ぜひこの気持ちをブログで発信したい。出来れば読んでくれた人にも食べてもらい、この気持ちをシェア出来たら素晴らしいんだけど…というきっかけで記事を書きます。

 よってそれが具体的にどんな味で、特筆すべきことが何で、どこで食べられ(飲め)る、といった情報は、読んでくれる方のために可能な限り魅力的に表現するよう努力しています。
 
 旅行の記事も同じ。広島の原爆ドームを見ればどんな日本人だって戦争の悲惨さは想像出来ます。学校でも習うことだし、あえて採り上げることではありません。

 でも現地でちょっと真面目に見学すれば、あれが当時、各地の特産品などを集めて紹介・販売するための展示施設、今でいう幕張メッセや東京ビッグサイトのような、日本の文化を集約する場所だったことは簡単に分かります。単にドーム型をした建物が破壊されたのではなく、当時の日本人の楽しみや希望がたくさん詰まった建物…それを原爆で破壊された時、我々の先輩方はどう感じたのか?その絶望感はどれほどのものだったのか?…そこで初めて抑え切れない気持ちをブログで発信しよう、となるわけです。まぁ、あくまでも私の場合、ですけれどね。

 そんな私なので、
------------------------
「焼鳥おいし~☆」
→いいね!
→うまそ~!
→こっちの焼肉も最高だぜ!
→今度一緒にいきましょう
------------------------
「原爆ドームに来ました。戦争って怖いです~」
→いいね!
→広島といえばお好み焼き?いいな~
→戦争こわ~い
→原爆ドームって広島カープの球場だっけ?(笑)
------------------------

こんな世界の住人と仲良しには、なれそうもありません。


【晒し首にする輩たち】
 先日ここでも書きましたが、私の乗った電車が人身事故を起こしました。楽しいこと(自慢話)しか書けないムードが強いFBで、コレを書いたらどうなるだろう?…試しに(簡潔に)書いてみました。

 すると…予想通り見事、晒し首状態に!!(笑) “いいね!”はもちろん、コメントも一切無し。普通に考えたら知り合いがこんな経験するなんて珍しくないですか?興味本位でもちょっと詳しく知りたい…とは思わないのでしょうかね?


 ところで、私が以前楽しみに視聴していたドラマ「撮らないで下さい!グラビアアイドル裏物語」に出演していたグラドルの中に、立花サキというレースクイーン中心に活躍しているタレントさんがいます。

 先日、何となく彼女のブログを読もうとしたところ、コメントが書けないように設定されていました。記事を遡るとその理由が書かれていたので読んでみました。

------------------------------
理由はいろいろありますが、一番は『本気で本格的にメジャーになりたい』からなんです。
コメント内容で慰められ、コメント数で一喜一憂している自分がまだいます
自分が大きくなるのにまだまだ甘いと思ったのが大きな理由です。

ファンでいてくださる皆さんとの交流のステージを上げるためにコメントでホッとしている自分から出演作品などの質を上げる自分磨きに鍛錬したいために厳しくありたいと感じました。

今まで応援していただいている皆さんの恩返しは現状レベルでなく、エンターテイメントコンテンツとして認められるかのレベルに行くことだと考えてます!
立花サキオフィシャルブログ「サキちゃそBLOG」より一部引用)
------------------------------


こんなお嬢様みたいなナリで…偉いなぁ…思わず感動してしまいました。

 そもそもプロと一般人は違いますし、何を隠そう私もこのブログへのコメントや拍手は楽しみにしているので、他人のことはとやかく言える立場ではありません。

 でも…明らかに「友達」のコメントを前提で呟く輩や、「友達」(コメント)の数を増やすことに価値を感じている、“体の大きなチビッコたち”に読ませてやりたい!!そう思える名言でした。



スポンサーサイト
別窓 | コミュニケーション | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑

<<「余所の人に見られてみっともない」を懐かしく思う時 | 瑠璃色幻想曲 | 妄想井戸端会議(20120502)>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-06-25 Mon 17:08 | | #[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |