現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
FACEBOOKツッコミシリーズ(20120723)

2012-07-23 Mon 00:00
 時代の流れに合わせて始めたFACEBOOK(以下:FB)。しかし暇潰し目的で眺める「友達」の書き込みの中に、たまに(頻繁に?)発見するどうしようもなく下らない呟き。そんな呟きに対し、私が妄想の中で愛の鞭を以ってツッコんでみたいと思います。なお、ここでのツッコミは“愛あるツッコミ”ですので、あまり深く詮索しないようお願いいたします(笑)


【「まずは」の次は?】
 以前、仲間との富士登山に備え、「まずはN山の登頂に成功!」と報告したはずの30代後半男性・A。さて、次はどの山にチャレンジするつもりなのかな?…あれ?翌週末には海辺にキャンプしに行っちゃいましたよ?富士登山当日までに迎える週末はあと僅か。早くも挫折か?それとも…まさか標高330mのN山に一度登っただけで3,776mの富士山に臨む、とでもいうのだろうか?(笑)

…ほ~らね、その場の思いつきでつまらない見栄を張るものだからすぐにボロが出る。

典型的な例です。


【さりげなくヲタをカミングアウト】
 自分が尊敬する人物やアーティストをやたらと「神」と呼ぶアラ50男性・Bさん。しかしよく見ると「神」ではなく「ネ申」(AKB系のテレビ番組だか何だかのコンテンツのタイトルに使われる、ネット的表現?)…って、ただのヲタぢゃん!!


【どう思われる?旅行ネタ】
 休暇を利用して旅行に行った30代独身男性・Cさん。よほど楽しかったのか、訪れた観光名所から料理から酒から、何から何までアップしまくり。

 私も旅行は大好きなので、彼の浮かれる気持ちはよ~く分かります。でもねぇ…これはあくまでも私個人の考え方ですが、幾ら自慢したところでまともに共感してくれるのはごく一部の仲の良い友達だけです。せっかく情報発信したところで、大多数の“大した付き合いも理解も無い形だけの「友達」”は、その背後にある事情なんかに興味は無く、

「どうせ独身だから時間もカネもあり余ってるんでしょ?」
「独身は気楽に遊んでいられていいよな~。こっちは大変なのに」
「いつまで学生気分ではしゃいでるんだよ」

…などとやっかみ半分でネガティブに受け取られます。

「忙しい中、時間と給料を遣りくりして久々に旅行したんだろうな」

わざわざそんなふうに想像してくれる優しい他人は(多分)いません(笑)

 だから私なら旅行でも何でも、数行で思いを伝え切れないことはFBには絶対に上げませんね。ごく一部の、自分をよく理解してくれている友達にだけ軽く自慢させてもらい、好意的なお返事メールが届いたらニンマリしてお礼を述べてお終い。それで十分満足。もちろん逆の立場なら精一杯返しますよ。

 それにしてもCさん…仕事ぶりは尊敬するし、人間的にも大好きなのですが、FBの中のCさんだけは受け入れ難いです…。


【気持ちは分かるけれど…】
 生まれたばかりの我が子の画像と名前を、律儀にも不特定多数のFBユーザーに報告する年齢不詳女性・Dさん。Dさん自体誰なのか知らない私は、彼女の赤ちゃんにも全く興味湧かないんですけど(笑)

 それはさておき、Dさんの嬉しい気持ちは分かりますが、個人情報流出のリスクを軽視してはマズいですよ。先日もご紹介したような、有名人に成りすまして「友達」を増やしている輩が確実に存在しますからね。もしも不特定多数のユーザーを騙すことで獲得した個人情報や嗜好・行動パターンを悪用されているとしたら、どうします?せっかく産んだ我が子を、わざわざ危険に晒すようなものです。

 やはりうこういったおめでたい報告は、メールで十分じゃないですか?興味無い人の方が圧倒的多数ですし(笑)まぁ、恐らくDさんのような人の考えって、

あわよくばアカの他人にも我が子を可愛いと思って貰え鼻高々>>>個人情報流出の危険

…なんでしょうね。


【FBあるある】
 ある日の深夜の投稿。週末の都内某繁華街のキャバクラにて、キャバ嬢に接客されている自分の姿を投稿したアラ50男性・Eさん。よく見るとキャバ嬢の手が股間に!!(笑) まぁ一種のネタでしょうね。

 しかし翌朝見るとこの記事そのものが削除されていました。よくあるパターンですね。酔った勢いで投稿するも、シラフになった途端猛烈に恥ずかしくなって削除…20代の若者なら若気の至りで許されますが、アラ50?年齢と立場を考えろっつーの。


【は、恥ずかしい~!】
 アラ40男性・Fが家族ぐるみで10年以上付き合っている「友達」男性・Gさん。このたび彼が数年間の交際を経て彼女とめでたく婚約。しかし!FはGさんの婚約を、FBの書き込みを読んで初めて知ったのです(笑)

 Fはこの10年間ずっと、Gさんとは心の通じ合ったマブダチであり、どんなことでも腹を割って話せる仲だと信じていました。

 しかしGさんは自分のプライベート情報をFには一切明かしていなかった模様。かつてGさんに彼女がいないと勝手に決めつけたFが、お節介にも知人女性を「付き合っちゃえ!」とけしかけたこともあったとか(イタタタ…)。

 結局Gさんは、婚約したことを「友達」であるはずのFに対し直接会って報告するでもなし、電話でもメールでもなし。それどころか不特定多数のユーザーと同等に括られ、全員引っ括めてFBで一斉に発表(これはこれでどうかと思いますが・笑)。おまけに彼女がいたことすら教えて貰えなかったことにも気付かされてしまった、というダブルパンチ(笑) …これって…「友達」じゃなく単に“その他大勢”ですよね?(笑)

 普通の人なら相当のショックを受けて、これを機に「友達」とは何かを改めて考えたり、FBの利用法を考え直したりするのでしょうが…無理だろうな。翌日になったらコロッと忘れて朝からせっせと“いいね!”を押しまくっていますよ、きっと(笑)


スポンサーサイト
別窓 | コミュニケーション | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<母校のウワサ | 瑠璃色幻想曲 | 報道されるいじめ事件と、軽く流されるいじめ事件の違い>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |