現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
ほんとにあった!呪いのビデオ49(ネタバレあり)

2012-08-05 Sun 00:00
photo

 久々にレンタル開始日にレンタル出来ました。何となく勝ち組になった…気が(笑)


【樹海のテープ】<ゾクゾク度:B>
 富士の樹海を探検中に無人のテントから持ち帰ったというビデオテープの映像。カップルがドライブ中に車内で撮影した映像のようだが、暫くすると事故ってしまう。放置されたREC状態のカメラの前に、謎の男の顔が…。


 ノイズが酷い映像ですね。それにしてもカップルの会話を聞く限り普通のデートのようですが、なぜわざわざカメラを回して、風景ではなくお互いの側頭部を撮るのでしょう?意味が分かりません。そんなことしてるから気が散って事故るんだって!!(笑)

 気になるのは彼らのユルい会話。男が「半額は言い過ぎだけど、3割なら簡単に値切れる」と言ってますが、大手家電量販店が値切りに応じなくなった昨今、一体何を値切るつもりなのでしょう…?


【扉の向こう】<ゾクゾク度:B>
 部屋飲みする大学生たち。部屋主の学生が酒を取りに台所へ行こうと扉を開けると、そこはなぜか荒れ果てた廃墟になっている。更にその中に、首を吊っている男性まで見えるが…。


 これ、微妙ですねぇ。単に台所に美術さんが細工しただけのようにも見えます。どうせなら廃墟状態の静止画像と、本来の台所の静止画像を並べて比較検証して欲しかった。実は自分でもやってみようと思いましたが、面倒臭いので止めました(笑)


【シリーズ監視カメラ ドアホン】<ゾクゾク度:A>
 ある共働き一家の玄関ドアホンの録画映像。ある日、見知らぬ挙動不審な男が4回も訪ねてきたことを示す映像が残されていたのだが、一瞬男の背後に不気味な女の顔が映り込んでいた。その男は別のお宅にも訪問していたようだが、明らかに言動が普通ではなく、「呪われるぞ!」などと言い放っていたようだ。その後、男の言葉通りそのお宅が火事になってしまった!


 挙動不審男の苛立つ仕草が演技臭くて微妙(笑) でも女の顔そのものは結構不気味でイイ感じです。シリーズ監視カメラの割に熱が入った作品でした。


【リハーサル室】<ゾクゾク度:B>
 あるインディーズバンドのスタジオ練習風景を撮影した映像。途中、ヴォーカリストの男をアップで撮影していると、彼の肩にこの世のものとは思えぬ白い手が!!


 その“手”の直後にも、いるはずのない女性のハミングが聞こえるようです。「ほん呪」スタッフの調査により、そのメロディーから1980年代後半に活躍するも、その後自殺した某インディーズ歌手の歌であることが判明…って、あんなハミング以下の断片的な音声からよく特定出来ますね。

 それにしても、好きな音楽繋がりとはいえ、1980年代(生きていたら50歳近い?)のマイナー歌手の霊に憑かれるなんて、このボーかリストも嬉しくも何ともないでしょうね。これが伝説的カリスマヴォーカリストの霊だったら、メジャーで成功していたかも。


【死返 まるがえし 後編】<ゾクゾク度:―>
 <参考>
・「ほんとにあった!呪いのビデオ47
・「ほんとにあった!呪いのビデオ48

 「48」のラストで紹介された、自殺したモデルが謎の老婆を撮影したと思しき場所に向かうスタッフたち。映像に映ったものと同じ廃墟やトンネルを特定、探索する。その後地元で情報収集すると、次々に事実が判明。

・この土地にはかつて、死者を蘇らせる「死返」という術を生業にする、盲目でアンタッチャブルな存在の老婆がいた。
・彼女は30年以上前の大地震で行方不明に。
・それ以降、彼女の孫兄妹は施設に引き取られ育った。
・兄妹のうち、兄(以下:兄)は先月凍死で死んだらしい。遺品を彼の妹(以下:妹)が引き取った。
・妹の住所(消印)は「47」で送られてきた差出人不明の投稿映像と同じ。

つまり、ビデオに出てくる謎の老婆はこの盲目女性(の霊)であり、彼女の2人の孫の兄の方が“田沼”なのではないか?田沼は何らかの目的で祖母と同じような儀式を続けているのか…?


 件の廃墟を訪れた岩澤、菊地…あれ?もう1人、横田という新キャラがいますよ。新入りか?ところがこの横田…おいし過ぎ!!かなりのヒットキャラ(笑) ボロボロの廃墟の朽ちた床に落ち足が抜けなくなり、「サーセンッ!!」と菊地に助けを求める横田。菊地が転倒してまで助けてみたら、何と横田、廃墟(森)を探索しに来たのにサンダル履き!!(笑) さすがの岩澤も「サンダル履きで大丈夫?」と呆れています。この横田、そもそも仕事なのに、しかも多くのユーザーに姿を晒すことになるのに手ぶら、ジャージ(冬なのに薄着)姿…厄介な輩を採用しちゃったんじゃないですか?(笑)

 その後、問題のトンネルを発見するという手柄を上げた横田。しかし出口付近に高く積もった土砂の山を一人だけ登れずにその場待機(笑) 更に道が分からず戻ってきて悩む岩澤たちに対し、さらっと

さっきの廃墟の奥の道がこの先に繋がってましたね

と吐き捨てる。

何でそれさっき言ってくれなかったんですか?

と静かにキレる(?)岩澤に対し、なぜキレられたのかイマイチ理解していないように、キョトンとした顔で沈黙する横田…ナイスキャラ!!おいしいですよ!!世間は常にこういう「コイツ、オレよりも絶対バ○だろ?!仕事出来ないだろ?!」みたいな輩の登場を待っているのです。彼のような輩の仕事ぶりを見て安心したがっているんですよ(笑)

 その後も

しかし横田さん、よくこの道が続いているって分かりましたね…最初から言ってくれてたらもっと良かったんですけど

と、ネチネチ攻める岩澤(笑) いやぁ今後も大切にして欲しいキャラです、横田。

 取材した地元のオッサンの喋りは、何だか「封印映像」シリーズ寄りですね。演技臭いです。


【繰り返す男】<ゾクゾク度:B>
 動画サイトにアップするために撮影された、車載カメラ映像。高速道路を走っていると、なぜか路肩に立つ男の姿が!しかも同じ男が3連続で現れて…。


 何も無い空間から突然ヒュッと現れますね。やたらと痩せた男です。たまには太った男も出てきてくれるとリアルなんですけど(笑)


【頭のおかしい女】<ゾクゾク度:A>
 廃線となったトンネルに肝試しに来た若いカップル。突然女が「まだHしたことないから、ここでHしようよ」と投稿者に迫る。気乗りしない投稿者が適当にはぐらかすが、女は更に「究極にしたいんだけど…」と迫る。投稿者が怪しい物音を聞き不安を覚え、彼女にカメラを向けると、その背後に…。


 以前「頭のおかしい老人」というタイトルのエピソードがありました。家族と一緒にぬらりひょんが居間でお茶を飲むというネタです。タイトルが似ているのでその亜流かと思いきや、肝心の不可解な女の霊は首より上が90°曲がっている状態。頭は普通じゃん…と思いましたが…あ、そういうことか。“頭のおかしい女”とは不可解な女の霊ではなく、夜の心霊スポットでHを迫るアフォな彼女、この女こそが“頭のおかしい女”ってことなんだ(笑) 個人的には好きですけど(笑)

 ちなみに不可解な女の霊に気づいた投稿者のビビり方、叫び声の大きさはシリーズトップクラスです。


【祖母の家で…】<ゾクゾク度:B>
 投稿者が幼い頃、祖母の家の床の間前でプロレスごっこをしている時の映像。途中、背後に飾られている日本人形の首が消えて、そのすぐ横に見知らぬ少女の顔が!!


 この映像が撮影された時代がいつなのか分かりませんが、昔も今もガキ同士がじゃれ合って怪我すると、大抵「プロレスごっこ」が原因とされますよね?でも今ではプロレス中継なんて無料放送ではせいぜい深夜にチョロッとしか放送されていません。人気自体無いし、今時の子供が真似をしたくなる憧れの対象でも何でもないはず。

 なのにガキ同士がじゃれ合っていると、特に事故が起きるとなぜこうも安直に「プロレスごっこ」をしていたことにされなければならないのでしょう?亀田兄弟ごっこ、柔道ごっこ、ジャッキーチェンごっこ、アマレスごっこ、若手芸人イジリごっこなどの方がよほどリアルで分かり易いと思いますけどね。


【死返 まるがえし 続・後編】<ゾクゾク度:S>
 妹のアパートを訪ねた岩澤と菊地。取材は出来たものの、妹の様子は明らかにおかしい。挙動不審で何も喋ろうとしない。岩澤は無理矢理彼女に投稿映像を見せるが、彼女は突然叫び声を上げて失神してしまう。その後判明したのは、

・妹は老婆のもとで巫女として、老婆の死返を手伝っていた。
・彼女は昔からよく“兄(田沼)が老婆を殺す夢”を見てはパニック障害になっていた。
・どうも老婆は大地震で死んだのではなく、田沼に殺されたのではないか?殺された老婆の霊が怒って田沼を操り、蘇った時のための若い肉体を探していたのではないか?(全て「ほん呪」の推測・笑)

 その後退院した妹は、ある日いきなり訪れた何者かに連れられ姿を消したようだ。近くで目撃された失踪中のモデル女性の仕業なのだろうか?


 妹から預かった、田沼の遺品の中にあった8ミリテープには死返の儀式の様子が収められていたが、そこに不気味な女の顔が映っていた…というのがこのエピソードの大トリ映像。しかし私は妹が失神した時の叫び声にガチでビビりました。よってゾクゾク度はS(笑)

 でもこの妹、30年以上前に8歳ってことは、既に40代。もっと若く見えましたよね?逆に8ミリ映像の妹は8歳ではなくもっと年上に見えたし…矛盾…。あ、それよりもタバコを吸おうとして髪の毛が燃えたのはガチなアクシデントだったのでしょうか?(笑)

 結局、田沼の蛙を使った儀式や、骨折した製作補川居って何の関係も無かったんですね。

 
 最近テレビ業界でも心霊動画コンテンツって大人気です。それらとの差別化目的なのか、最近「ほん呪」がどうも「封印動画」の方向に向かっているように感じてしまいます。心霊エンタメドキュメントといった印象でしょうか?とりあえず登場人物には喋りが上手い人を出して欲しいものです。ここだけは死守して欲しい。

 あとはやはり横田ですね(笑) 「ほん呪」製作補は突然現れたり消えたりするので、次作「50」でも彼のダメっぷりが見られることに期待します。


スポンサーサイト
別窓 | エンターテインメント | コメント:9 | トラックバック:0 | top↑

<<M市訪問をFACEBOOKに書かない理由 | 瑠璃色幻想曲 | 最安値?ゴローさんの防水ワックス>>
この記事のコメント
横田さんww
この人ほんとにいいキャラですなw。
あれ?でもこの人MOVIE2にいませんでしたっけ?岩沢に敬語で話されてるって事は先輩っぽいし。
2012-08-05 Sun 12:19 | URL | 信濃 #xuom4rkU[ 内容変更] | top↑
コメントありがとうございます
>信濃さん

MOVIE2ですか?気付きませんでした。

最近比較的スタッフは安定してますが、過去にいた藤屋敷?みたいな人をまたみたいですね。
2012-08-05 Sun 17:06 | URL | takemaru #-[ 内容変更] | top↑
横田さんは、久々の登場ですね。15巻『責任』では藤屋敷と共に廃虚検証した際にも腐った床を突き破り、スペシャル5『疾走』の廃病院検証で破れたフェンスに巨体が引っかかって悪戦苦闘してたし。良いキャラですよね(笑)。
2012-08-05 Sun 19:11 | URL | 通りすがり #-[ 内容変更] | top↑
コメントありがとうございます
やはり横田製作補は以前からいたんですね。

穴に足がはまるのはある意味ネタですね(笑)
2012-08-06 Mon 06:56 | URL | takemaru #-[ 内容変更] | top↑
「扉の向こう」は「グレイブエンカウンターズ」って言う映画と似てますね
あれもドアを開けたらそこは元の場所ではなく…って感じで

後、横田をネチネチする辺りや妹に動画を見せる際の
疲れた岩澤など、これまで受身の姿勢だったほん呪スタッフが
積極的に感情や反応を見せていくのは戦慄怪奇ファイル コワすぎ!を意識した様な面が…

死返しのインタビュー=喋りが封印動画っぽい
と指摘されてましたが49は後発の他の心霊物を意識した感じが強かったです
2012-08-08 Wed 08:26 | URL | 無記名 #-[ 内容変更] | top↑
コメントありがとうございます
参考になるご意見ありがとうございます。

本記事には書きませんでしたが、確かにご指摘のような感情が入った部分。岩澤が妹に訴えた

「僕らには心霊現象を調査するという役目もありますが、関わった人たちを助けたいとも願っているんですよ!」

みたいな言葉にはちょっと感動してしまいました(笑)


2012-08-08 Wed 20:28 | URL | takemaru #-[ 内容変更] | top↑
横田さん・・、挙句のはてに、
「横田さん帰って良いですよ」
既に戦力外通告か?
そこは、嘘でも「僕も残ります」だろうけどな・・・(笑)
2012-08-26 Sun 11:16 | URL | チビ太 #-[ 内容変更] | top↑
コメントありがとうございます
あのシーン、私も見ながらサラリーマンになりたての頃を思い出してしまいましたよ(笑)
(オレってまだ戦力と思われてないんだなぁ…でも早く帰れるからま、いいか)みたいな(笑)

2012-08-26 Sun 11:45 | URL | takemaru #-[ 内容変更] | top↑
「横田演出補」は3人存在します。
横田直幸、横田則幸、そしてこの49の横田季幸。
3人とも名前も体格も似てるので
ひょっとしたら岩澤宏樹&俊樹と同じく兄弟かも?
「責任」に出てるのは直幸さんです。
直幸さんはその後
「実録!呪われた心霊体験 怨霊激撮100連発!!」の演出をされています。
2012-09-25 Tue 21:24 | URL | 通りすがりのほん呪好き #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |