現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
離陸直前!大山Gビールとの出会い

2012-09-22 Sat 00:00
 楽しかった鳥取旅行(関連ネタ?)も遂におしまいです。

 最終日は名城巡りの後、皆生温泉方面へ。

1

オーシャン”という日帰り温泉施設で夕方までマッタリ過ごしました。日本海を眺めながら浸かる露天風呂は極楽レベルで気持ちよかったです。飛翔天女がジャパニーズ・オーシャンにこだわった理由が何となく分かりました(笑)交通事情により入浴直後に境線富士見町駅まで汗だくになりながら3.5km歩きましたけどね(笑)

 復路は米子空港から東京へ。夕食は搭乗前に空港のレストランで、と考えましたが、米子空港は想像していたよりも小さく、食事出来そうなのはカフェ、蕎麦屋、そして「炉端かば」という居酒屋の3店舗しかありません。旅行最後のディナーがカフェじゃちょっと寂しいし、蕎麦は昼食で食べたばかり。居酒屋…飛行機に乗る前にアルコールは飲みたくありませんが、メニューを見ると鳥取の郷土料理がたくさん載っています。今回はグルメ的満足に乏しい旅行でしたから、ちょっと入ってみるか!ということで暖簾をくぐってしまいました。何だかんだこの居酒屋が一番賑わっていましたね。私と同じ考えの輩ばかりのようです(笑)


 メニュー検討タイム…そういえば試食以外では一度も食べていないなぁ…“塩ラッキョウ”一丁!!

2

味付けや塩加減次第でかなり味の印象が変わるラッキョウですが、この店のものは美味しかったです。


 続いて、“大山地鶏のチキンカツ”もちょうだい!!

3

とても柔らかく、油も軽めで食べ易いチキンカツ。あっという間に平らげてしまいました。


 そしてご飯もの。“浜のいただき”!!…って、どんな料理?思わず店員さんに質問。どうやら炊き込みご飯だかおこわだかが入った、大きめの三角形のお稲荷さん状の食べ物だそうです。

4

ご飯がパンパンに詰まっていて食べ応えあるなぁ。お稲荷さんと違って中はアッツあつ。これ美味しいですよ。そういえば今回は大山おこわを食べる機会がなかったので、これを大山おこわだと思って我慢しましょうか。


 そして何といっても美味しかった逸品、この旅のMVPが、これ。


5


大山の地ビール“大山Gビール(ヴァイツェン)”。ワールド・ビア・アワード2011 ヴァイツェン部門第1位に輝いた、大山の伏流水を使って作られた最高傑作です。

 ビール特有の苦みが全く無く、ちょっとルートビアのような風味のする、大変飲み易く美味しいビール。これには本気で惚れ込みました。酒飲みの本能が「後悔しないようにお代わりしろ!!」と疼いたので、プレミアムモルツに加えてこの大山Gビールを2杯飲んでしまいました。

 こういった偶発的な嬉しい出会いって、ビールも人も一緒。旅行ならではの醍醐味ですね。

スポンサーサイト
別窓 | お酒のある生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<「世代を超えてふれ合い、社員同士の調和を図る」という理不尽 | 瑠璃色幻想曲 | 日本百名城2/100+α巡り>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |