現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
妄想井戸端会議(20121004)

2012-10-04 Thu 00:00
 最近テレビで目にするニュースやワイドショーのネタから、きっと誰もが感じている、でも大きな声では言えないであろうこと(?)を、私が妄想の中で吐き出してみたいと思います。なお、以下の記事は全て私の妄想ですので、クレーム等はご容赦願います…。


【中国反日デモ(暴動)】

1
 既にピークを越えたようですが…醜いニュースが連日放送されましたね。

 政治・外交問題は難しいのであまり無責任に意見発信したくないのですが、今回のテロ紛いの暴動騒ぎをテレビで見て感じたのは、

「デモに参加した中国人たちは単なる野蛮人」

バーバリアン以外の何者でもないですね。立派な大人の姿をしていても、頭の中身は未成熟な幼児レベル。…あっ、でも最近の子役タレントを見ると大人顔負けに賢いのでこの例えは失礼かな?(笑)

 つまり、日本がいくら大人の対応で「君、それは違うよ」と好意的に接しようとしても、相手(中国)は幼児ですから知識もコミュニケーション能力も未熟。よって話し合いが成立しない。紳士的に問いかけても「うるせー!バーカバーカ!!」といって、唾や鼻クソを飛ばして嫌がらせしてくる。それで「大人を退治してやったぜ!」みたいにスッキリ満足する人たちなのですから、大人としては当面無視するか体罰を与えるか、近所の怖いおじさん(アメリカ)に怒られるしかないですね。

 最後に、こんな野蛮人ではない、成熟した大人である素晴らしい中国人の方々も世界にはたくさんいると信じています。


【自民党新総裁に安倍氏】

2
 今回安倍氏がクローズアップされたことで、彼の持病“潰瘍性大腸炎”が話題になっています。2006年に総理大臣を辞任した理由のひとつがコレだったということも私は初めて知りました。単に興味がなかっただけ?(笑)

 この病、かなり辛いらしいですね。無意識のうちに“流れ出て”しまうので、外出もままならないのだとか。聞けば安倍氏も総理大臣就任当時には1時間に20~30回トイレに行くこともあったとか。…ん?それだと1回2、3分ですよ?ということはほぼ1時間トイレに入りっぱなし?!

 それはともかく、これを聞いてちょっと不思議に思ったことがあります。安倍氏がかつてテレビ出演した時(10年近く前?)に、「“ププ”というアイスバーが大好物で、毎日食べている」と明言していたんですよね。奥さんがホームビデオで撮影した、自宅でププを食べる安倍氏の姿をOAしたり、実際にスタジオに用意されたププを食べたりしていましたっけ。潰瘍性大腸炎については詳しくありませんが、下痢の症状を伴う病を長年患う身で、毎日アイスバーを食べ続けるのってアリなのでしょうか?!

 仮病とは言いませんが、テレビで誰かその辺突っ込んでくれるとちょっと面白いかも?


【WBC侍ジャパンの監督は?】

3
 ソフトバンク秋山監督が断った結果、山本浩二氏が監督を引き受けそうなムードになっています。でもネットの評価を見る限り、

「現場から長年離れ、短期決戦で勝利するためのノウハウも実績も持たない山本でいいのか?いっそのことやる気満々で短期決戦での勝ち方を知っている野村前監督にやらせてやれ!!」

という意見が多いようです。私も全くこれに同感です。

 そもそも山本采配って、どいらかというと星野のような昭和の精神論至上主義的なノリじゃないですか?選手もそれなりに粒揃いですが、確実に活躍を期待出来そうな中心的選手は(2006・2009年大会に比べ)見あたらない。これで優勝を逃したり、韓国に負けたりしたら山本は下手すると表舞台に立てなくなりそうです。

 ノムラJAPANなら例え負けても、ファンは何となく「仕方ないよね、よく頑張った」と、すんなり諦めてくれるような気がするんですけど(笑)


【イモトアヤコのマッターホルン登頂に賛否両論】

4
 バラエティ番組の企画で、珍獣ハンター・イモトが“アルプスの角”マッターホルンの登頂に成功。私なんて“日本のマッターホルン”と呼ばれる北アルプスの槍ヶ岳ですらまだ未経験なのに(笑)凄いと思います。

 私も含む多くの視聴者が感動し、イモトを心から賞賛する一方で、アルピニストの野口氏を始め、批判的な意見も目立っています。批判の多くは、

「怪我したわけでもないのに、最初から下山にヘリを使うプランには違和感を覚える。自力で下山完了するまでが登山だ」
「急に天候が悪化してヘリが近づけなくなれば、一行は自力下山の体力も技術も持たず、遭難することになる」

といったもの。まぁ、人それぞれ色々な考え方がありますからねぇ…。とりあえず悪いのは日テレですよ(笑) 決まったスケジュールと予算の中で、何が何でも特番向けのメインコンテンツを用意することを最優先した結果、あのような流れになったわけですし。現地ガイドもイモトも誰もが日テレの都合に合わせただけですよ。これをキッカケに、無謀な登山を試みる勘違い登山者からの救助依頼が増えるかも知れませんね。

 ちなみに、この番組を見た私の純粋な感想は、「何もかも周りが準備してくれて、登山に集中出来ていいよなぁ」です。

 イモトの登山企画って、仕事とはいえ道具から足(交通手段)、時間(仕事として堂々と行ける)、ガイド(スタッフ)と、何から何までテレビ局が用意してくれるわけですよね?私なんて時間が取れない、費用が嵩む、現地まで遠いなどの理由で腰が重くなりがちなのに、それら全て整った状態からスタート出来るんですもんね。危険が伴う仕事ながら、ちょっと羨ましく思いました。

スポンサーサイト
別窓 | マスメディア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<FACEBOOKツッコミシリーズ(20121006) | 瑠璃色幻想曲 | ハンガーゲーム(The Hunger Games・ネタバレあり)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |