現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
富士山を堪能したお手軽登山

2012-11-12 Mon 00:00
 河口湖の北に位置し、富士山の展望が素晴らしい山として人気が高い、三ッ峠山に登りました。

 最近まで全くノーマークだったのですが、以前録画しておいたテレ東の旅番組で、元巨人の定岡と宮本が登っていたのを思い出し、登ってみたくなりました。調べたら三ッ峠山荘で山バッジも売っているみたいですし(笑) 河口湖周辺の紅葉も今がピークのようなので、こちらも楽しみ。

 東京からは中央本線と富士急線を利用して向かいました。富士急線からは、早くも富士山が見え隠れします。特に富士山駅のホーム越しに見る富士山は…


1
(画像は午後の復路で撮影)


デカい!!デカ過ぎる!!少なくとも私の記憶を辿る限り、これまで見た富士山の中で一番大きいかも知れません(富士登山では富士山は見られませんしね)。これには感激しました。

 今回は初めての三ッ峠山ゆえ、控えめに(?)河口湖駅からバスで三ッ峠登山口入口に向い、そこから頂上を2時間かけて目指すことにしました。週末ゆえ、バスは登山者で満杯。増発便が出たようです。

 約30分で登山口に到着。舗装された緩やかな道路を登ると、道は直ぐに登山道へ。ここからは…階段状ではない、単なる幅の広い緩やかな斜面!ラッキー!!今回は箸休め的に楽な山を選んだつもりでしたので、想定通り(笑)

 登山道は私を裏切ることなく、ずっと同じような歩きやすい斜面が続きます。休憩も最低限でOKでした。
 
 バス停からゆっくり歩くこと約1時間20分。早くも道がなだらかになってきました。自ずと歩行速度もアップします。すると間もなく三ッ峠山荘の看板が。そこから歩くこと数分、三ッ峠山荘に到着しました。…楽チンなのは嬉しいけど…エンジンかかる前に着いちゃったなぁ。これじゃ筋肉痛にもならないな(笑)

 三ッ峠山荘前にはたくさんの登山者が休憩していました。それもそのはず。


2


こんなに大きくて綺麗な富士山が。実際には画像よりも大きい印象を受けます。写真だとどうしてもこじんまりまとまって見えてしまい残念。いやぁ、それにしももう頂上に着いちゃったなぁ…ん?まてよ?!…


3

ここ頂上じゃないぢゃん!あっちが頂上だった~!!

不本意にも定岡と宮本(彼らは三ッ峠駅から4時間かけて登頂)と同じ勘違いをしてしまいましたよ(笑)

 早速約10分かけて、電波塔の立つ三ッ峠山(開運山)山頂へ。ちょっと滑り易い急斜面でしたが、ここまで来れば疲れは感じません。


4


正真正銘、三ッ峠山(開運山)山頂に到着。ほぼコースタイム通りでした。


5


もちろん山頂からも綺麗な富士山が。「こんなにいい天気で富士山が見られて幸せだね」近くに居合わせたシニア登山者の何気ない一言が心に沁みました。


6


先ほどまでいた、三ッ峠山荘方面。


7_20121111110750.jpg


三ッ峠山は開運山、御巣鷹山、木無山の3つのピークを総称した便宜上の名称です。山頂の電波塔がトレードマークです。


 下山は河口湖駅へ下るコースを歩くことにしました。

8_20121111110750.jpg
9_20121111110749.jpg


再び三ッ峠山荘へ降りると、山荘のマスコット犬(?)2匹と出会いました。ミックス?まさか甲斐犬?一見愛想がないように見えましたが(笑)手を差し出すと尻尾を振って近づいてきてくれました。

 下山路は河口湖駅まで約3時間と長めながらも、歩き易い尾根伝いの登山道。別の角度から違った表情の富士山を眺めつつ歩きます。


10_20121111110749.jpg


ほぼ中間地点に立つ電波塔付近から秋の河口湖。


11_20121111110748.jpg


カチカチ山ロープウェイ乗り場の少し上にある展望広場より富士山。


12_20121111110748.jpg


カチカチ山ロープウェイ乗り場付近より河口湖。湖畔に等間隔で植えられた紅葉(?)が目立ちます。


13
14
15


午後の陽射しに照らされて美しく輝く、ハイキングコース周辺の紅葉。まさに一粒で二度オイシイ登山でした。

 今回はスルーしましたが河口湖周辺には立ち寄り湯もたくさんありますし、山梨名物郷土料理・ほうとうを出す飲食店もたくさんあります。富士山はどこから眺めても大きくて綺麗だし、登山だけのために訪れるにはもったいないくらいの観光地ですね。今度は是非とも宿泊付きでゆっくり羽を伸ばしに来たいと思います。

 

スポンサーサイト
別窓 | アウトドア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<北のカナリアたち(ネタバレあり) | 瑠璃色幻想曲 | 超能力なんかいらない!ペットとのコミュニケーション>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |