現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
ほんとにあった!呪いのビデオ50(ネタバレあり)

2012-12-09 Sun 00:00
photo

 4ヶ月ぶりの新作。もう50作目なんですね。この勢い、どこまで続くのでしょうか?


【13年の呪い】<ゾクゾク度:B>
 「降旗祐介が亡くなり不要になったので送ります」という手紙とともに送られてきた1本の8ミリビデオテープ。調べると「降旗祐介」とは13年前、ある心霊映像を投稿してきた人物だった。
 当時スタッフは彼の父親と連絡を取っていた。しかし問題の映像をチェックしたのと同じ時刻に「降旗祐介」が大怪我を負ったことを知ったスタッフは、彼の父親の希望もあり、このテープを封印し採用も見送っていた。
 今回父親から送られてきたテープは、当時の映像を収めたマスターテープであった。


 スタッフは半袖シャツ姿ですが、夏に撮影したのでしょうか?投稿映像のみ紹介するネタはともかく、スタッフや投稿者が登場するネタは最近季節感が無い、もしくはエピソードごとに時期がバラバラなものが目立ち、違和感あります。
 さて、岩澤から呼ばれ13年前当時の経緯を説明するのは…何と!!当時製作担当で現在も「ほん呪」シリーズのナレーションを務める中村義洋(笑) 50作目にふさわしい豪華ゲスト!!
 13年ぶりに封印を解かれた問題の映像は、幼い子供二人をあやす母親の背後、ベランダへ続くガラス戸に映る霊。モニターを凝視する製作補・菊池と同・川居。するとそこにもう一つの不可解な顔がヌ~ッと登場!!まさかスタッフルームにも霊が?!…と思ったら、横田だ~…って、まだいたんだ、横田(笑) 前回かなり笑わせてくれましたからね。今回も期待です。それにしても…映像を見ながらやたらと頷いていますが、絶対大したこと考えてないでしょ?!横田さん(笑)


【警官人形】<ゾクゾク度:B>
 道端に置かれた警官の姿を模した人形。投稿者一行が深夜、ドライブ帰りにその人形と擦れ違った際、助手席の女友達が「人形が動いた」と主張し錯乱。一行は車から降り、人形を調べ始めるが…。


 今時あまり見ないタイプの等身大人形です。痩せた西郷隆盛みたいかな?
 すぐ近くにある“馬頭観音”と刻まれた石碑を見た友達、「…ばあたま?…うまあたま?」それに対し別の友達が「“ばずかんのん”だよ!」…いえ、どちらもハズレ。“ばとうかんのん”と読みます。まさかコイツ、最近奥多摩の馬頭刈山(ばずかりやま)に登ったのか?(笑)
 それにしても、不可解な現象に気づいた撮影者が急にビビり出し、車に戻る様子はかなりリアルに感じます。もしこれがヤラセだとしたら、かなりの名演技だと思いますよ。


【アフンルパロを視る女①】<ゾクゾク度:D>
 友人と飲みに行った際、たまたま路上に座り込んでいた、「押野」と名乗る女性をナンパした投稿者とその友人。しかし居酒屋での彼女は様子がおかしく、まともに会話が成立しない。そして彼女は突然、友人の死を予言。友人はその後本当に死んでしまった。後に投稿者がこの時の映像を確認したところ、不気味な顔が映っていたので投稿したのだ。
 実はこの女性は半年前、突如「ほん呪」スタッフルームに押し入ってきた謎の女性と同一人物だった!!


 スタッフルームの監視カメラ映像に映る謎の女性・押野(仮名)。フラフラ歩く様が演技臭いです(笑) 以前交通事故で怪我をした川居ですが、その怪我アングルがどう利用されるのか疑問でした。まさかここで「あ~、あの頃か」と、女が押し入った時期を印象付けるために利用されるとは思いませんでしたね。
 ここで紹介される映像は、その時の監視カメラ映像と、途中数ヶ所に紛れ込む、斑模様の閃光。後々この映像の意味は解明されますが、ここではまだ何だか分かりません。
 それにしても、せっかくナンパに成功したのが、こんな変な女だと嫌ですね(笑) 私なら(失敗した~早くお開きに持って行かなきゃ)感がモロに顔に出ますよ。つーか、路上に座り込んでるような女をナンパするなっつーの(笑) どうせ半分酔っぱらってるみたいだからホ○ルに誘い込み易そうだ、とか考えてたんじゃないですか?(笑)


【河原の狂気】<ゾクゾク度:B>
 夜の河原でキャンプを楽しむ投稿者一行。すると仲間のある男性が、突如河の中に向かって歩き始める。後で映像を確認すると、直前の彼の顔がおかしなことに…!!


 若者が野外やアパートの部屋で宴会している映像って多いですが、大抵の場合、飲んでいるのはビールじゃなくて発泡酒なんですよね。個人的に私、(銘柄にもよりますが)発泡酒や第三のビールって苦手なんですよ。よく飲めるなぁコイツら(笑)
 問題の映像は、ある男性の顔が数秒間、老人というか外国人浮浪者のような顔にすり替わるというもの。しかし私はそれよりも、彼の手前で「結婚出来るならしてるよ~」と嘆く、額にデカいホクロをつけたオネエチャンが気になります(笑)


【アフンルパロを視る女②】<ゾクゾク度:C>
 押野の正体を探るべく、投稿者が彼女をナンパした繁華街を訪れたスタッフ。周囲で情報収集した結果、彼女はソープ嬢であったことが判明。しかし情緒不安定な言動や、彼女の周囲で人が次々死ぬことなどから仕事は長続きしなかったようで、いつしかこの町からも姿を消したらしいと知る。
 そして彼女のブログの存在を知ったスタッフは、ブログの投稿記事から彼女が北海道某町出身であることを突き止め、現地へ飛ぶ。


 わりと女の子らしいまともなブログですが、テンプレートがおどろおどろしい(笑) 押野の故郷が北海道と判明するとともに、岩澤の出身も北海道だというどうでもいい情報も判明します。
 ここで初めて投稿映像の問題の部分を見られますが…顔らしきものが映るだけで特に怖くはありません。


【貸切風呂】<ゾクゾク度:C>
 旅館の貸切風呂を楽しむ、投稿者男性とその友人カップル。すると映像の中に不気味なものが…。


 よく友達とその彼女と一緒に風呂に入れますね。しかも彼女は水着着用ですが、投稿者は普通に素っ裸(笑) 露天風呂ならまだしも、一般家庭よりちょっと大きいだけの風呂場なのに。ちなみにここでも小道具で発泡酒登場です。
 問題の箇所は、湯の中に現れる上半身と、友人の肩付近に出現する痣のようなもの。イマイチ怖くないです。


【不気味な置物】<ゾクゾク度:C>
 自宅の蔵から発見した1本のビデオテープ。20年以上前に事故死した投稿者の父親が、その1ヶ月前に撮影したものだった。映像には、当時自宅に飾ってあった、首が切断された小さい人形を抱いている女性を模した陶器製の置物を、定点カメラで延々撮影したもの。亡き父親がこの置物に何かを感じていたようだ。この映像を早送りで見ると…。


 DVD収録の映像は60倍速ですが、早送り再生で見ると更に判り易いです。置物(人形)の視線が動き、口もニヤリと笑うんですよね。怖いというほどではありませんが、不気味。


【アフンルパロを視る女③】<ゾクゾク度:D>
 北海道に到着したスタッフ一行は、ブログに掲載されていた海岸の画像を頼りに押野の故郷を特定。住民に聞き込みを開始するが、情報を得られないだけでなく、どうも住民の様子がおかしい。
 諦めかけた時、小学校時代の彼女を知る同級生が現れ、話を聞くことに成功。彼の話では、彼女一家はアイヌの家系で周囲から差別を受けてきた。ある時放火と思われる火事で父と弟を亡くし、ますます孤立してしまう。さらに小学校時代、心霊映像を持ってきた同級生に向かって「呪われる」と指摘。実際に本人が死んでしまったことから「アイヌの呪い」と気味悪がられ、虐めの対象にもなってしまった。
 スタッフは彼女がよく遊んでいたという洞窟を訪れるが、そこは“アフンルパロの洞窟”という、アイヌ民族が現世とあの世を結ぶと信じる場所であった。彼女はアイヌの憑神トゥスクルの力を使って人の死を予言する特殊な能力を持っていた、とでも言うのだろうか?
 帰京したスタッフは、スタッフルームに彼女が押し入った時の監視カメラ映像をチェックしていて、あることに気づく。時折紛れ込む斑模様の閃光の映像部分をパズルのように組み合わせると、1枚の画像になるのだ。そこに現れたのは、訪れたばかりのあの洞窟だった…。


 地方ロケまで敢行とは、さすが50作目!!…でもホテルは取らず、レンタカーの中で寝泊まりした様子。経費削減か?!(笑)
 車内では調査方針を巡って川居と岩澤が軽く対立。でもこの画(え)って要ります?菊池の大人な対応だけが際立ちましたね。
 今回比較的活躍している川居ですが、情報提供者から「アイヌ」という言葉を聞いて「…(「アイヌ」という言葉を)聞いたことはあります」と回答。え~っ?!その程度の理解なの?!
 そして今回紹介される映像は、ロケ時に洞窟入口にオーブ状のものが浮遊していた、というセコさ。それよりも「アフンルパロを視る女①」の「斑模様の閃光」の映像を全てプリントアウトして組み合わせたら、アフンルパロの洞窟の映像になった、それもなぜか岩澤一行まで映っていた、という方が断然面白いですね。おまけに床の上に並べたコピーを平然と踏んづけて怒られる横田は最高(笑) 一緒に仕事したいタイプではありませんな(笑)


【呪われたホーム・ムービー】<ゾクゾク度:S>
 「アフンルパロを視る女」で情報提供してくれた北海道の男性から、押野が虐められるきっかけとなった心霊映像をまだ持っている友達を見つけた、という連絡が入った。取り寄せた呪いの映像とは…。


 「50」は全然怖い映像が無いなぁと思っていたら、最後にS級恐怖映像の登場です。「アフンルパロの洞窟③」のラストでスタッフロールが流れ、これで「50」も終わりかと思いきや、ボーナストラック的にもう一本。しかも久々の「霊障注意・自己責任で見てね」扱い。もちろん見ますよ!!
 …これ、今回で一番怖いですね。映像がフリーズしてるのに、霊の目が動くという…表情もかなり怖い。
 当時これを見た同級生が死に、今回ほん呪スタッフも接触事故に遭ったそうですが…私の場合は視聴した翌日、自宅のブレーカーが初めて落ちました。多くの電力を食う家電なんて何も使っていないのに、いつも通りなのに、ですよ。これ…きっとビデオの呪いです!!(笑)


 今回気になったのは、「アフンルパロを視る女」で2回ほど、ことの経緯をナレーションでなく字幕スーパー(テキスト)で表現した箇所があった点です。これ、よく雑誌の付録DVDで使われるやり方ですよね?テンポも悪いし安っぽい。普通に中村義洋のナレーションでいいじゃないですか~!!

----------------------
【TODAY'S PIC UP ITEM】

ほんとにあった!呪いのビデオ50 [DVD]ほんとにあった!呪いのビデオ50 [DVD]
(2012/12/07)
不明

商品詳細を見る


スポンサーサイト
別窓 | エンターテインメント | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑

<<点と点が繋がり、線になった件 | 瑠璃色幻想曲 | ガイドブックに載らない(?)山歩きプチ情報2012>>
この記事のコメント
久々のゾクゾク映像
こんばんは。今作は、北海道ロケあり、中村氏の久々登場と50作記念らしく楽しめました。横田さんの間抜けなキャラも相変わらずでしたね。それにしても最後のは、久々にゾクゾクした恐い映像でした(>_<)。
2012-12-12 Wed 22:32 | URL | 通りすがり #SelUzSk2[ 内容変更] | top↑
コメントありがとうございます
あれはかなり怖かったですよね!

最後の表情も怖いし、霊の表情が変化するというのも
新しいパターンで新鮮味を感じました。

中村氏も出世しましたね(笑)
2012-12-13 Thu 16:12 | URL | takemaru #-[ 内容変更] | top↑
さすがですね!
冒頭の横田さんの登場場面、まさしく
このDVDで一番怖かったです!(#^.^#)
しかし、ご指摘されているとは!!
さすがですね!
あと、「河原の恐怖」の女性ですが、
同感です!(#^.^#)
2013-01-03 Thu 18:31 | URL | おそ松 #-[ 内容変更] | top↑
コメントありがとうございます
>おそ松様

 横田さん絡みのシーンは、まるで台本か絵コンテが存在しているかのような描写ですよね(笑)

 今後も楽しみです。
2013-01-06 Sun 09:27 | URL | takemaru #-[ 内容変更] | top↑
私のばあい
DVD をみた次の日に家が火事になりました、消防の話では原因は電化製品の配線からの出火か、誰かの仕業らしいです。
DVD は跡形も無くなりました。何故かブレーカーは落ちていました。
これからTSUTAYAに支払いに行きます。
2013-09-29 Sun 22:41 | URL | ネット難民 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |