現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
小橋引退!あえて厳しくNOAHを批判してみる

2012-12-11 Tue 00:00
photo


 先週、プロレス団体・NOAHの小橋建太が解雇されたという衝撃ニュースが飛び込んできました。おまけに秋山、潮崎、金丸、青木、鈴木という主力5選手が来年以降の契約更新を拒否、退団を希望しているというから二重に驚きです。NOAHも遂にここまで…(ほぼ)宝島社の暴露ムックが予想した通りだ(笑)

 ところが同日、NOAHの田上社長が会見に応じ、

○小橋を解雇した事実はない。しかし(12.9の)両国国技館大会で小橋がファンに直接何かを話すと聞いている。
○退団を申し出た5選手については慰留中、退団届はまだ受理していない。

と発表。純粋無垢なファンはもしかしたら「小橋はまだ現役続行するのでは?秋山らも残ってくれるのでは?」な~んて期待したかも知れませんが…私はこの田上社長の会見を聞いてちょっとガッカリしました。その場凌ぎの嘘で団体のイメージダウンを何とか最少限に抑えようとしているようにしか見えなかったんです。だって、1万人ものファンと多数のマスコミの前で小橋が何か重大な発表をしようというのに、団体が具体的な発表内容を知らない(知ろうとしない)なんてことあるわけないじゃないですか。

 恐らく本当は報道通り「小橋解雇」なんでしょうけど、それでは経営状態にまでツッコミが入る危険性がある。だから小橋から「あくまでも自分の意志で引退」と発表させたいんだろうな、とは想像しました。それはともかく、こんな嘘を今時のファンが素直に信じると思っている時点でNOAHは終わっています。それすらも気づかないのが現在のNOAHのフロントの危機管理能力の低さなのでしょう。

 「退団希望の5選手については現在慰留中」というコメントも、この時点で真偽のほどは分かりませんが、何となく信用出来ないように感じます。いずれにしてもNOAHの経営がヤバいのはプロレスファンなら薄々感じているのですから、「少しは小橋たちの身にもなってやれよ~!!」という感じでしたね。


 さて、注目の12.9両国大会。まずネットのニュースが当日早々と小橋の引退宣言を報道しました。まぁ予想通りでしたね。小橋は「解雇ではなく自分の意志で引退」ということを強調したようですが、真偽のほどはともかく、小橋の決心と男らしさは十分伝わりました。

 そして翌日、私は詳細を知ろうと週プロモバイルで情報収集したのですが、幾つか気づいたことがありました。

【伸びなかった観衆動員数】
 まず、公式に発表された観衆は7,500人でした。両国国技館といえば、(あくまでも主催者発表ながらも)フルハウスで1万人以上収容可能な会場なので、これは少な過ぎる。

 しかもNOAHといえば読売ファミリーサークル会員向けの招待券(実質タダ券)をバンバンばら撒くことで有名。今回はどうだったのか分かりませんが、もしこれまで通りばら撒いていたのなら、その他スポンサーへの招待券などもさっ引くと…実売3,000~4,000枚ってとこですかね?

 この少な過ぎる観衆が意味するのは、これだけ注目を集めた大会…小橋の重大発表が予定され、退団予定の5選手も何か言うかも知れない中、現在足が会場から遠のいている、四天王プロレス時代のファンを動かすことが出来なかった、ということ。よほど現在のNOAHには魅力を感じられないのでしょう。大仁田軍、曙、小島参戦なんかファンは求めていないことも分かってしまいました。


【退団予定5選手全敗】
第4試合
GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合
<王者組>S・クレイジー&○R・マルビンvs金丸義信&平柳玄藩×<挑戦者組>

第5試合
GHCジュニアヘビー級選手権試合
<王者>○近藤修司vs鈴木鼓太郎×<挑戦者>

第6試合
NOAHvsAJPWスペシャル6人タッグマッチ
太陽ケア&○曙&K・ハヤシvs秋山準&小川良成&青木篤志×

第8試合
GHCタッグ選手権試合
<挑戦者組>丸藤正道&○杉浦貴vs潮崎豪&斎藤彰俊×<王者組>


…もうお分かりですよね?退団を申し出た5選手、もしくは彼らを含むチームが全敗しています。これは私なりに解釈するなら、「こんな大事なビッグマッチ、辞める選手に花を持たせるわけにはいかない」という団体の強い意思を感じます。まぁ、これはこれで正しいと思いますよ。仮に逆の結果になったら、それこそ救いようのない団体と感じるでしょうし。

 でも、この試合結果により「慰留中」としていた田上社長の発言が嘘だった、もしくは社長のくせに結果的に誰一人として説得出来なかった、とも想像出来てしまう。

 まぁこれも会社の事情なので目を瞑るとしても…何ですかね?この分かりやす過ぎるブックは(笑) 私のような外野でヤジるだけの輩はともかく、わざわざチケットを買って観戦したファンは、これではシラけますよ。今のNOAHは企業としてマーケティング不足、こういった細かい配慮が足りない、というかファンのニーズを読み取る能力が無い。ミスター高橋本以前の業界の常識や、やり方が通用する時代じゃありません。


【まだ続けるの?】
 プロレスあるある…じゃないですが、経営難で潰れる団体によくあると聞くのが、潰れる直前のビッグマッチのメインで、団体の絶対的なカリスマエースが他団体の選手に敗北したり、ベルトを奪われてしまうという現象です。

 これは、“対戦相手に負けブックを飲ませる代わりにギャラを弾む”という取り決めが成立させられないほど、団体が財政難に喘いでいる、ということだそうです。逆に言えば、ギャラは少ないけど、代わりに名誉と実績をあげるよ、ってことですか。

 今回、メインのGHCヘビー級選手権(それにしてもGHC、GHCって、こんな団体のベルトに今やどれだけ価値があるのでしょう?)でも王者・森島が負けるようなら、小橋や5選手云々以前に団体自体がヤバいんじゃないか?と思いました。

 しかし結果は王者・森島がタイトル防衛に成功。ということは、所属選手が大量に減りながらも、団体としては今後も存続させるようです。

 とはいえ、地方大会では出場選手数よりも観客数の方が少ないこともあるほど、社員のモチベーションも、営業力も、経営能力も、危機管理能力も無いフロントが相変わらず舵を取るのでは…本当に宝島暴露ムック通り、沈没へひた進む展開になりそうな予感です。

 
スポンサーサイト
別窓 | プロレス | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<ブレない価値観を持つ女性はカッコいい | 瑠璃色幻想曲 | 点と点が繋がり、線になった件>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |