現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
極めて上から目線な個人的思い

2012-12-28 Fri 00:00
 昨年春、長年勤めた会社を自主退社した、ある仲の良かった先輩がいつの間にか転職を果たしていたことを人伝に知りました。

 退社後、彼とはたまに会っていたのですが、ある時を境に一切連絡が取れなくなり、その後は消息不明状態でしたので(笑)今回の件も当然初耳です。

 情報によりますと、彼は辞めた会社に出入りする下請け業者に再就職したようです。しかも現在の彼のメイン顧客が、まさにその古巣なのだとか。かつての同僚や上司、後輩、それに顎でこき使っていた現場の発注担当者たちが新しいお客様ということになりますね(笑)

 彼を雇った会社は、恐らく長年勤めた会社を担当させれば仕事がやりやすいはず、過去の人脈を活かして極秘情報を入手しやすいはず、利益の大きい仕事を優先的に回して貰えるはず…そう期待して配置したのでしょう。確かに転職するなら、それもベテランと呼ばれる年齢であれば、これまで積んだ経験や人脈を最大限に活かせる仕事を選ぶ方が有利。彼の選択は正しいと思います。

 その一方で、際立った能力や実績に乏しい彼では、下請け業者に利用されるのが精一杯だったのかぁ…そう思うと悲しくもなります。

 まぁ、人生必ずしも自分の思い通りに上手く運ぶものではありません。それに彼は昔から極めて無駄にプライドが高いイタい人でしたから(笑)初めて外の世界を知って苦しみ、現実と向き合い、ようやく等身大の自分を受け入れ成長することができた…そう信じたいものです。

 でも実際は、成長したはずの彼からは、公私ともども10年以上親しく付き合ってきた私に対して何の報告もなし。それならそれで構いませんが、これにより彼は消息を絶った当時から何も成長しておらず、仕方なく入った下請け業者で仕事を嫌々消化しているだけ…そんなふうにも思えてしまいます。

 まぁ、彼はもともと自分よりも年上の、甘えさせてくれるオジサン(自分を査定する権限を持たない、年長者の先輩社員)にしか心を開かないタイプ。後輩の私にも“なあなあ”で傷の舐め合い的なコミュニケーションを求めてくる人でしたから、厳しいアドバイスをぶつけるようになった私を快く思わなかった。後輩にプライドを傷つけられるのが堪らなく嫌だったのだと思われます。

 よって彼としては、私に再就職を報告する、しない以前に「下請け業者」をイジられ、プライドを傷つけられそうなのが不安で堪らない。辞めた会社に出入りしている今の自分を突っ込まれるくらいなら、永遠に接点を絶つことで自分を守るつもりなのでしょう。

 でも私はこう考えています。ずっと同じ会社で働いているとなかなか気づきませんが、長い人生、新しいことにチャレンジして周囲の環境が変われば、人の気持ちや価値観だって大きく変化して当然です。彼が自分で納得して決め、胸を張って頑張っているのなら、誰も彼の生き方にケチなんてつけません。

悩んで悩んで悩み抜いたけど、やはり俺はこの業界が好きだし、この仕事以外は考えられない。だからまたこの業界で生きていくことにしたよ。それが俺の幸せだ!

…そう言える人に成長してくれていれば、私だって心からエールを送り、応援したいわけです。私は彼の口から直にこのような台詞を聞きたかったんですよね。

 まぁ、彼の年齢になると新しい価値観を自ら作り出したり、他人の価値観を素直に受け入れたり出来ないのでしょう。これこそが彼の価値観なのかも知れませんが…失礼承知で言うなら、それでは今後の人生ずっと陽の当たらない道しか歩けないじゃないですか~!!…ねぇ。

 もったいないことです。

スポンサーサイト
別窓 | コミュニケーション | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<鉢形城ギャラリー | 瑠璃色幻想曲 | 定食屋deお通し>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |