現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
ネットマナーに関するご提案

2013-01-10 Thu 16:49
 最近、芸能人のブログやツイッターが“燃え上がった”ことを伝えるネットのニュースが多いと感じます。

 燃え上がるきっかけとなった発言は、叩かれても仕方ないと思えるものからそうでもないものまでピンキリ。しかし発信者が社会的影響力を持つ芸能人の場合、常に一般人以上に厳しい目で評価されてしまう。リスク覚悟の上、自己責任で呟いているのかも知れませんが、後々のことを想定して慎重に呟く方が無難といえば無難でしょうね。

 でも私、正直言ってこの“自分の意にそぐわない発言(記事)に対し、さも当然のごとく直接非難コメントをぶつける”という行為がどうも好きになれません。理由はたくさんありますが、特に強調したいことをひとつの意見としてご紹介したいと思います。


 まず大前提として、「人の性格や価値観は十人十色」です。例え家族や親友でも、自分と完璧に一致する人は存在しないと思った方が良いです。異なる時代、環境で別々の人生を生きてきた人が10人いれば、考え方も「これが正しい」と主張する意見も10通り。人間誰しもこのような“個性”を持っているもの、と理解しましょう。

 そして、長い時間をかけて形成された個性は、そう簡単に変化するものではありません。僅か数行の汚い言葉をネット経由で浴びせたところで何の効果も無いのです。ならば安易に「自分の意見で他人(の価値観)を変えてやろう」とは思わないことです。

 例えば30歳でバリバリのキャリアウーマンである独身・Aさんが、同じ30歳で3人の子を持つ専業主婦・Bさんに対し「女の生き甲斐は仕事で成功すること。あなたも私のように生きるべき」と主張するのは、極めておこがましいこと。Aさんが正しいと信じる価値観も、客観視すれば極めて限定的で偏った経験から導き出された、単なるひとつの考え方。これを理解していないと、下手すりゃBさんの30年間の人生や人間性を否定することにもなりかねません。逆もまたしかりです。

 よって、自分と異なる価値感を持った誰かが、自分の意にそぐわない発言をしたとしても、それに腹を立てるのはほとんど無意味。芸能人なら立場上謝罪することもあるでしょうが、それに満足したところで何になるのでしょう?それならまずは相手の個性を尊重した方がストレスも感じず、幸せな人生を生きることが出来ると思います。

 「いや、それでは気が済まない、どうしても自分の意見をぶつけてやりたい」という場合は、自分のブログやツイッターを使って、あくまでも自分の意見として堂々と世間に発信すれば良いと思います。そう、私のように(笑)

 先ほど述べたように、コメントやツイートで直接非難するのは相手の個性や人間性を否定する行為でもあり、分別を弁えた大人の取る行為とはちょっと思えないです。他者の意見は尊重した上で、「でも私はこう思います」と独自に発信しましょう。

 例えば近所のラーメン屋のチャーシュー麺の味を、無責任に「マズい」「ダシの取り方がなっていない」などと好き勝手に非難するのはみっともないし、尊敬される行為ではありませんよね?でも自分で別のラーメン店をオープンして、美味しいと思うチャーシュー麺を作ろうという本気は尊敬に値します。「直接非難」と「独自に意見発信」との間にもこれくらいの差があると思います。結果的に同じ土俵に立って支持された者が勝ち、でいいんじゃないですか。


 最後に、いかに芸能人とはいえ、必ずしも彼らは読者を喜ばせるためにブログやツイッターに手を出しているとは限らないと思った方が良いです。

 中には露わにした本音やネガティブな気持ちに気付いて欲しいと期待したり、テレビで演じるキャラを脱ぎ捨てた素の自分を理解して欲しいと考えたりする人もいるでしょう。彼らが想定外の表情や主張を見せたからと叩くのは、極めて原始的に見えます。本来SNSって、管理人の編集方針が全てである個人メディア。そう割り切って向き合う方が良いです。

 雑誌に例えるなら「『週刊○○』はいつもえげつないスキャンダル記事ばかり掲載するので品位に欠ける、嫌いだ」と思っても、編集方針を決めるのはあくまでも「週刊○○」編集長や、発行元出版社。ひとりの読者を喜ばせるために発行しているわけではありませんから、滅多なことでは方針転換なんてしないでしょう。ならば「週刊○○」を変えてやろう、ではなく自分に合った別の週刊誌を探して読めば良いだけの話。

 そもそもお金を払って買った週刊誌の記事にクレームをつけるのならまだしも、勝手にタダで読んだネットの日記や呟きに、しかも相手を尊重すること無く直接攻撃では…これがどれだけナンセンスなことか、一度客観視することをお勧めします。

スポンサーサイト
別窓 | コミュニケーション | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑

<<愛犬が膀胱炎になってしまいました | 瑠璃色幻想曲 | 4-1-1=2>>
この記事のコメント
『他人と過去は変えられない…
変えられるのは自分だけ』ですね!
いくら他人や物事を批判しても変えられない以上、其れらを肯定的にとらえて自分を変えていく努力をしない人が、ここ最近増えてきているのでしょうかね…
クレーマーも増えてきているこのご時世、この先どうなることやら(ーー;)
2013-01-10 Thu 21:57 | URL | タモ #O7f.gDkE[ 内容変更] | top↑
コメントありがとうございます
>タモ様

コメントありがとうございます。

素晴らしいご意見、その通りだと思います。

コメントやクレームも、筋の通った真っ当なご意見ならまだ価値も感じますが、誤った認識や勘違い、一方的な都合や感情論ベースで憤られてしまうとどうしようもありませんね。

最近はそんなのが多い…ように感じます。
2013-01-11 Fri 11:56 | URL | takemaru #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |