現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
“命・健康>ダサさ”が望まれる積雪の東京

2013-01-25 Fri 15:52
 今月、久々の大雪に見舞われた東京ですが、あれからはや10日ほど経ちました。

 私は大雪当日は外出せずに自宅にいたので、特に交通麻痺などのトラブルに巻き込まれることはありませんでした。しかしその3日後。まだほとんど解けずに…というか完全に凍ったカチカチツルツル状態の地面で見事転倒。危うく大怪我するところでした。

 
 その日の朝、私は自宅屋上にてまだ9割方残っている積雪を避けて歩いていました。そして屋内に戻ろうとした時、ツルッと滑り仰向けに転倒。ただ濡れているだけに見えた地面でしたが、実際には薄く固い氷に覆われていたのです。

 まず体が浮き、尾てい骨の辺りが強打されました。反射的に顎を引いて頭は守ったつもりでしたが…暑さ約10cmの氷の絨毯と化した残雪の角に後頭部を強打、目の前は真っ暗。時間にして数十秒程度だったと思いますが、暫く立ち上がれませんでしたよ。

 その後頭と頸から尾てい骨にかけて激しい痛みに見舞われました。ベッドに横になるのが辛い、横になったらなったで起き上がれない…(もしかしたら神経イッちゃってる?)と本気で心配するとともに、己の運命を呪ったものです(笑)

 しかし幸いにも現在は(尾てい骨を除き)ほぼ元通りに回復。頸の痛みはムチウチみたいな状態だったのでしょうね。

 今回の経験から、東京都民は(私を含め)相変わらず雪を舐めている人が多いな、雪を舐めてはいけないな、と強く感じました。よくテレビのニュース番組で雪道で滑って転ぶ人が晒されていますが、決して笑い事じゃないですよ。明日は我が身と思った方がよいですね。

 ちなみに大雪翌朝は、男女問わずトレッキングシューズで出勤する人を多く見かけました。昨今の登山ブームでトレッキングシューズを持つ人が多いのでしょうが、実際には水分の浸入は防げるものの、氷上を歩くとなるとスニーカーとほとんど変わりません。

 でもトレッキングシューズを履こうという人はまだマシな方で、ほとんどの人はどんなに雪が積もっても、どんなに地面が凍結していても、頑なに普段通りの革靴やスニーカーで出勤(通学)したがりますよね。あれは危険です。雪に強いゴム長靴や滑り止めアイテム着用は野暮ったいしダサいから嫌だ、と思うのかも知れませんが(笑)そういった風潮もそろそろ改めた方がよいでしょう。

 私はABCマートなどで売っている、“コロバンド”のような滑り止めグッズがもっと注目されてもよいと思います。私のように頭を打ってしまってからでは遅い。万一打ち所が悪ければ…洒落になりませんから。

 まぁコロバンドも実際に装着したらしたで…ちょっとダサいかも知れませんけれど(笑) それでも命(健康)を優先する方をお勧めしますね。


----------------------
【TODAY'S PIC IP ITEM】
コンパル ワンタッチ滑り止め L (26.0~28.0cm)コンパル ワンタッチ滑り止め L (26.0~28.0cm)
(2012/03/08)
コンパル

商品詳細を見る
靴用滑り止め「コロバンド」靴用滑り止め「コロバンド」
()
日本理化学工業㈱

商品詳細を見る


スポンサーサイト
別窓 | 健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<アリ?ナシ?勉強@カフェ | 瑠璃色幻想曲 | 最近「めざましテレビ」が好きなワケ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |