現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
愛犬に教えられた週末

2013-02-07 Thu 23:00
 愛犬と散歩中、車椅子に乗った老婆と、それを押して歩く娘さんらしき初老の女性と出会いました。

 彼女らから「可愛い」という声が聞こえたような気がしたので様子を窺いつつ近づくと、やはり我が愛犬のことを指していたことが分かりました。お孫さん(娘さん)が同じ種類の犬を飼っているので目についたようです。

 こんな時…というか相手がオバさんだと愛犬はなぜか大喜び。あっという間に“営業モード”(笑)に突入。ちぎれんばかりに尻尾を振って近づき、前脚を相手の膝辺りにかけて顔を舐めようとします。

 今回は相手が車椅子なのでどうするのか見ていると、老婆の体を気遣い(?)体には触れぬよう、ちゃんと車椅子の縁に前脚で寄りかかる。

 そして老婆の正面に移動し、老婆に背中を向けてピッタリくっついてお座り。これは一種の甘ったれ行為。お二人もとても喜んでくれました。

 見慣れた光景でしたが、たまたま相手が体の不自由な方だったせいか、何だかこの愛犬の一連の行為がとても“絵になる優しい光景”に見えました。さすがに写真は撮れませんでしたけれどね。


 犬のすることとはいえ、こうやって見ず知らずの人に無償の愛を振り撒けるのは凄いことだと思います。ある意味、自分の仕事を理解しているわけですし、それで相手が喜んでくれるなんて、これぞ心と心の遣り取り。正真正銘のコミュニケーションです。


photo


 アフォなご主人様、思わず愛犬に教えられてしまいました(笑)

スポンサーサイト
別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<恐怖のトレッキングシューズ? | 瑠璃色幻想曲 | 錯乱現代百物語 新耳袋殴り込み 発狂の島(ややネタバレあり)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |