現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?

2013-02-19 Tue 23:50
photo


 週末、久々に映画を観てきました。もちろん「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」です(笑)

 実は私、AKB48及び姉妹グループって、見た目の可愛さ(ルックス)はもちろん、CDも公演も握手会も一切興味無いんですよね。ただ単に、ずっと好きだったプロレスがクソつまらない昨今、黄金期のプロレスのサイドストーリー(裏切り、世代闘争など)から得られたワクワク感に最も近い興奮を楽しめるコンテンツがAKBだった、というだけなんですよ。

 今回観た「DOCUMENTARY OF~」は、まさにそのサイドストーリーの塊みたいな映画ですから、公開当初から観たいと思っていました。…まぁ正直嫌いじゃないですけどね、AKB(笑)

 さて、問題の内容ですが、基本的に2012年3月の前田敦子の卒業発表から、8月の卒業公演までを中心に構成されていました。

 冒頭、お馴染みの卒業発表シーンは、当時ワイドショーなどで散々見せられましたが、改めて大きなスクリーンでその前後も含むひとつの流れとして見せられると、ムードが全く違います。前田が何を言うのか知っているにも関わらず心臓がドキドキして、ウルウル泣きそうになりましたよ(笑) 好き嫌いは別として、AKBのエネルギーの強さを改めて感じました。

 そして時間は少し遡り、シーンは2012年1月に行われた握手会会場での米沢瑠美と平嶋夏海の挨拶。男女交際発覚を機に卒業した二人の謝罪スピーチです。袖で見守ろうとしたのに「(辛くて)見ていられない」とその場を立ち去る指原。増田らしき(?)後ろ姿も確認出来ます。また、選抜総選挙で圏外に終わり通路で泣き崩れる光宗。所々で優等性的なコメントを残す峯岸…何だろう?このモヤモヤ感(笑) 普通に卒業したNMB・城、卒業発表済みの河西、仁藤、SKEの9人なども含め、今では既にいない人、世間を騒がせて立場が変化した人があまりにも多いことに改めて驚きます。たった1年でずいぶんと変わるものですね。

 ただ、ちょっと印象が変わった部分もありました。単に洗脳されただけ?(笑) 例えば指原。昨年のスキャンダル発覚後、彼女がラジオ番組内で秋元康からHKT移籍を言い渡され、博多でメンバーに挨拶し、公演を迎えるまでの流れは良かったです。スキャンダル報道やそれに対する一般人のコメントを見ただけだと、やはり「指原憎し」という感情しか湧いてきません(何が憎いのかもよく分かりませんが・笑)。

 しかし彼女をずっと追い続けた映像…やたらと多い泣くシーン、遜った挨拶、自虐的なコメントなどを見ていると、彼女なりの深い後悔や、彼女の人間としての(?)成長が伝わってくるようです。思わず同情してしまいました(洗脳されただけ?・笑)


 私的に一番驚いたのは、大島のインタビューで発覚した衝撃の事実(?)ですね。「UZA」のセンターが実は松井珠理奈と渡辺まゆゆだったが、ダンスの難易度が高くまゆゆがなかなかモノに出来なかったので、代わりに大島がセンターに落ち着いたという件(くだり)です。私は最初からセールスを意識して大島を残そうという、運営のセコい計画だとばかり思ってましたが…ということは前田敦子卒業を機に、運営側はキッパリと世代交代路線に移行させるつもりだったのでしょうか?だとしたら思い切ったものです。感心しました。


 それにしてもこの映画を観る限りでは、メンバーの誰もが色々なことを真剣に悩み、苦しみながら必死に自分自身と向き合っているんですね。(私も含め?)そんなふうに人生を完全燃焼して生きてやろうと考える大人がどれだけいるのだろう?…そう考えると単なるアイドル映画として笑ってスルー出来ませんでした。

 「ピークは過ぎた」と言われながらも、依然人気も世間への影響力も高いAKB。この映画を観た熱心なファンたちが何を思うのか?気になります。「感動したから、今後はもっと(金銭・時間を費やして)応援してあげよう」と劇場に足を運ぶ回数を増やしたり、選抜総選挙で投票数を増やしたりするのでしょうか?

 どう感じるかは人それぞれで良いと思います。しかし例えば、

「自分も彼女たちに負けないくらい自分の人生を熱く突っ走ってやろう!」
「アイドルと付き合うのは無理だけど、彼女たちと釣り合うくらい価値ある男になれるよう頑張ってみよう」


のように自分の日常にフィードバックして、真剣に自分の人生と向き合うきっかけにするファンが多く現れたら面白いですね。近未来の日本がもの凄く強い国になるかも知れないなぁ…そんなことを考えてしまいました。

スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<店内・店外 どちらを向いて座ります? | 瑠璃色幻想曲 | 曖昧に発信され、誤って理解されるニュース>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |