現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
祖母逝去にまつわるあれこれ

2013-03-30 Sat 09:18
 極めて個人的な話題で恐縮ですが…4年2ヶ月前に重度の脳梗塞で倒れ、闘病生活を続けていた祖母が先週末亡くなりました。

 この4年余り、祖母は意識はあったものの会話や感情表現は不可能。外孫だった私もたまに病院を訪れましたが、いつも寝たきり(晩年は実際に睡眠中のことが多かった)でした。大人になってからは年に1、2回会う程度であまり思い出ってないし、病室の祖母は私の遠い記憶の中の、笑顔で元気な祖母とは別人としか思えませんでした。改めて「亡くなった」と言われてもあまり実感は湧きませんでしたね。

 介護してきた叔父や叔母の計り知れない苦労を無視するような表現かも知れませんが、こういう亡くなり方って、もしかしたら周囲の愛する人々に事前に死を覚悟する猶予を与えられる、ある意味優しい亡くなり方なのかもなぁ…そんなことを考えてしまいました。

 ということで今週は通夜と葬儀に出席してきました。まぁ、そんなことを詳しく綴るつもりはありませんが、今回の祖母の死に纏わるちょっとしたエピソードをご紹介したいと思います。


■母娘の再会?
 祖母が亡くなった日の朝、いつもは起こしに行くまでずっと小さくなって眠っている認知症の母なのに、この日は父が起こしに行くと母の下半身はベッドから床に投げ出したかのように落ちていたそうです(自分では正常に戻せません)。父からそう聞いた私は、珍しいなと思っていたのですが…後にその朝に祖母が亡くなったことが判明。

 まさか祖母の霊が母に会いに来て、それに応えようと母が自ら頑張って起き上がろうとした…とか?まぁ、これを祖母のせいにするつもりはありませんが(笑)「もしかしたら…かもね」なんてちょっと信じてみたくなりました。巷に溢れる心霊体験談って、こんな小さなネタをデフォルメした、ただの妄想なのかも知れませんね。


■亡き祖母訪問?
 祖母が亡くなった日の夜、自宅リビングで父が母と食事をしていると、ダウンライトのスイッチが勝手に“パチン!”と押され、灯りが点いたそうです。原因は分かりませんが、「まるで一緒に食事しようと亡き祖母がわが家を訪れたようだった」そうです。やはり心霊体験談って“信じたい”と願う気持ちから生まれるような気がします。


■パンク!
 葬儀場に向う途中、車の後輪が見事にパンクしました。

photo

こんな経験、個人的には初めて。JAFを呼んで修理(交換は不可でした)してもらうことにして、私ら兄弟はタクシーで先に葬儀場に向いました。両親がその場に残って修理に立ち会い、直り次第車で向かいます。

 ところがこの日は年度末ゆえか、都内は異様な渋滞。かなり余裕をもって出たものの、私らはギリギリで到着。両親は大幅に遅れ、最後のお別れに間に合わず、骨になった祖母とようやく対面出来ました。単なる偶然?それとも…何かの運命だったのでしょうか?

 
■深夜のDVD観賞会
 通夜から帰った私は、「どうしても観たい映画がある」という妹と一緒に近所のTSUTAYAへ。たまにはこういう時間を過ごすのもいいかな?と考え、映画DVDを5枚レンタルして朝まで映画観賞することにしました。

 妹が観たいというのは「犯人に告ぐ」。原作は読みましたよ。ずいぶん前の作品ですが、あまり印象に残っていなかった(好きではなかった)ので私はパス!!終わるまで酒を飲んでいました(笑)

 私がお薦めした「告白」は今改めて見てもよく出来た映画でした。湊かなえを知らない妹も「この原作を書いた人は凄い!」と絶賛していました。

 「アーティスト」は単に我が愛犬と同じ可愛いジャック・ラッセル・テリアが大活躍するというだけの理由でお薦めしました(笑)

 父のリクエストでレンタルした「プロメテウス」辺りで私は眠気に耐えられなくなりました。私が一番観たかった、死の宣告を受けた冴えない中年男性が、おバカセレブやマナーをわきまえない若者などを次々と銃で殺しまくるという爽快(?)コメディ「ゴッド・ブレス・アメリカ」はまたの機会に…。

 そしてその5枚のDVDにこっそり1枚だけ忍ばせたCD、NMB48の「てっぺんとったんで!」を自室で一人で楽しもうとしたのですが…何と!!PVやライブを収めた付録DVDはレンタル禁止らしく、抜かれているではありませんか!!

…やはり買うしかない?!(笑)

スポンサーサイト
別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<プロ野球開幕カード観戦!! | 瑠璃色幻想曲 | 斧で殺されかけた私…?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |