現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
ハマる友達は正反対の性格で

2013-04-19 Fri 00:00
 先日、プロ野球開幕戦(もちろん?タイガース)観戦に誘って下さったHさんから、また今月末の横浜戦と来月中旬の西武戦に誘って頂きました。

 とりあえず中華街…いえ、横浜戦はお誘いに乗り、西武戦は面倒…いえいえ、一日掛かりになってしまい大変なので今回は辞退させて頂きました。久々の横浜の街は今から楽しみです。ボトルキープしていたバーがいつの間にか潰れていましたが(笑)

 それはそうと、ちょうど1年前に友人を介して知り合ったHさんですが、その後すぐに友人抜きで直接一緒に野球観戦に出かけるようになり、さらには地元で酒を酌み交わす仲となり、浮いたチケットを譲ってもらうなどよくして頂き…人によって個人差はあると思いますが、私の場合こういったハマり方をする友人ってかなり希です。なぜか若干の上下関係が生まれていますが。それも私が下(笑)

 もちろんこれはとても嬉しいことですし、幸せなことだと思います。ただ、このような良好な関係を築けている明確な理由を、私は知っているんです。

 Hさんと初めてお会いしてお喋りした際、私は一発で気づきました。(あ、この人オレに結構性格が似ていそうだな)と。簡単に言うと“自分の価値観を極端に信じ、相手にもそれを強要しがちな人”。もちろん相手に嫌な思いをさせるほどではありません。

 今までの私なら、(なんだコイツ、全て自分が正しいと思いやがって。他人の価値観に無関心なヤツだな。居心地悪っ!!)とムッとしつつ徐々にフェードアウト。距離を置いたはずです。

 しかしこの時はちょっと違いました。そんなこれまでの自分を直したいと思っていた私は、あえてこれまでの自分、すなわちHさんとは真逆のキャラで接してみよう、言い方は悪いけれどHさんには“実験台”になってもらおう、そう考えたのです。

 結果はもちろん大当たり。一緒の時はほとんどHさんの独壇場、私は一人の熱心な聴衆といった感じなのが時にちょっとだけ辛いのですが(笑)結果的にバランスの取れた良好な関係を続けられているのだと思います。

 思えば、十数年前に別の友人を介して知り合ったチャンシゲも、同様にすぐに友人なしで直接遊ぶ仲になりました。

 しかしこのチャンシゲも、MBTIという私が信頼している性格判断によると、私とは最初から真逆の個性の持ち主だということが分かりました。

 そう考えると、(親友レベルかどうかはともかく)仲のよい同姓の友人を作る場合は、自分とは真逆の性格・個性・価値観の持ち主の方が意外とハマりやすいのかも知れませんね。私なんて今まで趣味や人生観が自分とよく似た人にしか興味なかったので、ちょっと後悔しています。

 ビジネスシーンでも、旧態依然とした企業では、社長から課長まで歴代の上司&部下が連なった状態、すなわち自分に似た価値観を持つイエスマンを好んで昇格させ、身近に配置することは珍しくありません。

 しかし実は自分とは真逆の個性の持ち主の方が、自分の盲点を指摘してくれたり、自分には考えつかないアイデアをくれたりするもの。自分が作った企画書を見せて「いいんじゃないですか?」と答えるよりも、「だめですよ、こうでしょう」と鋭く指摘してくれる部下を重宝した方がよい成果に繋がりやすいかも知れませんよ?


 まぁ、そんなことも含めて社会人たるもの、どんな人とも上手く付き合いなさい、ということですね(笑)


スポンサーサイト
別窓 | コミュニケーション | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<牛丼店を選ぶ理由 | 瑠璃色幻想曲 | 派遣社員の扱いは「家政婦のミタ」式に>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |