現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
哀愁の“投稿モンスター”

2013-06-02 Sun 00:00
 突然ですが…例えば私が登山を楽しむ場合、最初からブログに日記を書くつもりなので、綺麗な景色や興味深いものなどは頻繁に写真撮影します。

 その際、(おっ!ここからの景色は絵になるな)と感じて腰にぶら下げたケースからデジカメを取り出し、立ち位置を決め、写真1枚の撮影を完了し、カメラを再びケースに収めるまでに約20秒ほどかかります。山は基本的に単独で歩くので、この行為で誰かに迷惑をかけることはありませんが、つい撮影回数が増え、気づくとこのままでは山頂到着時刻が予定を大幅にオーバーしてしまう!と焦ることはよくあります。

 しかし人生長いとはいえ、また同じ山に登る機会に恵まれるかどうか分かりませんから、私にとって写真撮影は常に優先順位上位。たまに1、2人の同行者を伴う登山に挑む場合でも、これだけは譲れません。

 そんな時は事前に(オレは頻繁に写真を撮るから、少しペースが遅くなるけれどよろしくね)とお断りし、撮影の間は極力歩を止めて私のペースに付き合っていただきます。お構いなしに先に進んでしまう人もいますが(笑)

 でも1回の撮影に20秒間歩を止め、少し歩いてはまた歩を止め…ではさすがに同行者に申し訳ない。こういう場合は(最低限の枚数が撮れればいいかな)と割り切るようにします。団体行動では相手のやり方も尊重しなければならないことは、小学生でも理解すること。どうしても撮影したい時だけ普段以上に心を込めて「ごめんね、ありがとうね!」と声に出して気を配ります。

友人は私を尊重し、私の楽しみ方に理解を示してくれる。
私も友人の気持ちを想像、尊重し、撮影は最低限に抑えるよう努める。


ごく当たり前のことですが、お互いそう努めることで楽しい思い出が作られるのだと思います。


 しかし、私の知人の中には希にその真逆の道を進む輩が存在するようでして…例えば、登山ではありませんが長時間かけて仲間と一緒に長距離を移動する某レジャーに命を賭けるAさん(アラ50)。

 彼のFACEBOOKへの投稿を見る限り、現地へ向かう電車の中、メインレジャーの長距離移動、宿舎での様子や宴会、その都度食べた食事内容全て、そして信じられないことに大浴場での入浴タイムまで、ほとんど1時間ごとに画像付きで記事が更新されるのです。しかも1回の投稿でアップされる画像は2~10枚と大量、かつそのほとんどにコメントまで付いている。

 まぁ何回投稿しようが個人の自由ですが、これではせっかく大勢の仲間と楽しい時間を過ごしながら、その多くの時間を写真撮影と文字入力、そしてアップロードに費やしているとしか思えないんですよね。よく一緒にいる仲間がシラケないな、と感心します。

 仮に私が同じことをしたら、きっと私の仲間は誰もが嫌な顔をしてクレームをつけることでしょう(笑) でもそれは私とのコミュニケーションを大切にしてくれている証拠ですから、とても有り難いことです。

 ではAさんの「仲間」たちは、この“投稿モンスター”(笑)についてどう思っているのでしょう?…って、もちろん私はそんなこと知りません(笑) まぁ、交友関係を維持しているということは、よほど心の広い、優しい仲間なのでしょうね。

 ただ…Aさん自身が投稿記事内で堂々とその仲間を「最高の仲間」「仲間に感謝」などと10代の珍走団メンバーのように称賛するのはちょっと痛々しいので、止めるようお勧めしたいですね。

 だって、Aさんの行為ってどう考えても相手のことを全く尊重していないんですもん(笑) 勝手な想像ですが、相手はどちらかというとAさんのことを「仲間」というよりも「いくら注意しても言うことを聞かない、親戚の悪ガキ」のように位置づけているように思えてしまいます。(コイツはいくら注意してもダメだけど、何となく憎めないからしゃーねぇな、まぁいっか)みたいに(笑)

 これではAさんとその仲間は対等な関係とは言い難い。自分は大人だ!大人扱いしろ!という中学生とその親戚みたいな感じです。Aさんが極めて痛々しい人に見えて仕方がない…完全に余計なお世話ながらも、私はそんなふうに感じます。

 やはり日常において相手を尊重するためには、間にスマホが挟まっていてはダメなんですよね。


スポンサーサイト
別窓 | コミュニケーション | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<お寿司のネタは海苔1枚? | 瑠璃色幻想曲 | 図書館戦争(ややネタバレあり)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |