現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
コンペチター不在のラーメン店の行方

2013-06-15 Sat 00:00
 以前、頻繁に通った某ラーメンチェーンの新店舗が、生活圏内にオープンしました。

 暫くご無沙汰だったこともあり、早速利用しようと訪れたのですが…昼食時は常に店の外に順番を待つ客の大行列。確かにこの辺りは、他にラーメン店も牛丼店もないオフィス街。顧客ニーズが集中するのでしょう。行列に付き合ってまでラーメンを食べたいとは思えない私が、ここでようやく食事する機会に恵まれたのはつい最近のことでした。

 ところが…この店舗、どうも変です。チェーン店のはずが他店舗と違うことだらけ

 まず、他の店舗に比べてメニューが明らかに少ない。まぁオフィス街だから人気メニューに絞って営業しているのかな?と厚意的に受け取りましたが、ちょっとガッカリです。

 さらにこの店舗のみ、使っているチャーシューの肉の種類(部位)が、他と違うことをポスターやメニューで大々的にアピールしています。これを体験することもここへ来た目的のひとつでした。

 しかし実際に出てきたチャーシューは…他の店舗と全く同じもの。明らかにポスターやメニューの写真とは違う。“偽りのある看板”を掲げています。

 そして極めつけが、肝心のラーメンの味が他の店舗に比べ数段劣ること。これでは話になりません。私が利用することはもう二度とないな…そう決めた瞬間でした。


 それ以降も、たまにこの店の前を通ると、相変わらず多くのサラリーマンが行列を作っています。なぜなんだろう?他店舗の味を知らないから?他にラーメン店がないから仕方なく?それとも単に私の味覚が異質だ、とでもいうのだろうか?(笑)理由は分かりませんが、この光景を見るたび私は不思議でなりません。


 どこかで読んだコラムにこんなことが書いてありました。


 友達の父親が、実家のある田舎町でラーメン店を経営していると聞いた筆者は、出張ついでにその店にラーメンを食べに立ち寄りました。周囲にはほとんど飲食店のない田舎町に佇むそのラーメン店、食事時にはトラックの長距離運転手らしき人たちで、田舎とは思えないほどの大盛況。しかし肝心のラーメンの味が驚くほど不味い。後日親切心から友人にやんわりとアドバイスしようとしたところ、こう返されたそうです。

 「ああ、不味かったと言いたいんだろ?俺も親父もとっくに知ってるよ。そりゃ、コストと時間をかければ美味しいラーメンは作れるが、ありがたいことに店の周りには他に飲食店がないので、今のままでも客には困らない。不味いラーメンを出しても客が入るのに、わざわざ原価率を上げて美味いラーメンを作る必要なんてないだろう?逆にもっと不味くなっても構わないからコストを削減したいくらいだよ」



 人気ラーメン店の大将って、テレビの印象から損してでも美味いラーメンを作りたがっている、と勝手に想像していましたが、考えてみればそんなわけないですよね(笑) 考え方は一般企業とそう変わらないはずです。


 件(くだん)の行列店が不味かったのも、もしかしたら客に困らないのに美味しく作る必要はないと考えたから。チャーシューだってわざわざ時間をかけて良い肉を煮込まず、安い肉で十分だ、と考えたから…なんてことないと思いますが(笑)

 競合の少ない市場での商売はやはりオイシいんだなぁ、と改めて感じました。

 まぁ、そのうち本社から覆面調査員みたいな人が来て、いずれ手抜きはバレると思いますけれどね。


スポンサーサイト
別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<イノセント・ガーデン(ややネタバレあり) | 瑠璃色幻想曲 | “ ”の使い方>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |