現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
2年半ぶり!DRAGONGATE後楽園大会観戦

2013-11-09 Sat 00:00
dragon_gate


 約2年半ぶりのDRAGON GATEを東京・後楽園ホールで観戦してきました。

 DRAGON GATEを最後に観戦したのは東日本大震災直前でしたから、ジャンクション・スリーやWORLD-1インターナショナルなどのユニット、三代目超神龍、ウーハーコンビネーション、急に勝率が上がった戸澤など、目にすることなく消えてしまったものもたくさんあります。

 逆にミレニアルズを始めこの間に新登場したユニットや選手が見られるのはとても楽しみでした。

 まぁ、今更試合や勝敗のことを書いても面白くないと思いますので、年季の入った元プロレスマニアの目に映った久々のDRAGON GATEを思いつくままに書きたいと思います。


■トイレがキレイになった!!
 いつの間にか後楽園ホールのトイレがキレイになっていました。でも休憩時のゲロ混みぶりは相変わらず…。

■トミーがカッコよくなった!!
 第1試合に登場した富永千浩、最初髪が伸びたGammaかと思いました(笑) 私が知る富永は万年セコンド兼雑用係で、たまに選手に八つ当たりで痛めつけられたり、DVDの特典映像で虐められたりといったしょうもない若手レスラー。練習嫌いだからデビューさせてもらえない、といった噂も耳にしていたので、今回の変貌ぶりは嬉しかったです。

■リョーツ清水を見た!!
 週刊少年ジャンプでお馴染み、あの中年警官をモチーフにキャラ作りしたレスラー、リョーツ清水。体型だけ見たら完全に大日本プロレスの前座にいそうなタイプです(笑)

■ミレニアルズのテーマ曲がなかなかカッコいい!!
 都合4回ほど聴く機会がありました。ちょっとマイナー調の日本語の歌なのですがカッコよく気に入りました。CD化されているのかどうか分かりませんが、ヘビロテで聴きたい曲です。

■問題龍のテーマ曲が超ウケル!!
 ベテラン軍によるブーイングのみで構成されたテーマ曲(?)。最初何なのか分かりませんでしたが、これがテーマ曲(?)になった経緯を聞いてなるほど、と。それにしてもこの異様なテーマ曲(?)、問題龍というショッパいレスラーがちゃんとテーマ曲(?)として使っているという状況込みで…笑いのツボにハマってしまいました。

■何はともあれミレニアルズ!!
 恐らく現在DRAGON GATEが最も売り出したい若手レスラーユニット、ミレニアルズ。「“個”よりも“集団”を大切にする1980年~2000年生まれの若い世代」という意味だそうですが、その名の通りメンバー誰もが(多分)20代前半。

 メキシコマットを戦場に闘ってきたことから、メンバーのコスチュームはどれも国旗と同じ赤・白・緑でデザインされています。よく見るとニーパットに“1991”や“1993”などの数字も見られます。生まれた年でしょうか?

 中でもリーダーのTーHawkが醸し出すプロレスラーっぽさは相変わらずイイです。確か3~4年前、セコンド兼雑用係として常にリングサイドを駆け回っていた、まだ苫小牧卓也時代の彼を見て、私はきっと彼は大物になる、5年以内にドリームゲート王者になるに違いない、と予感したものです。これまでドラゲーでは強いて言うなら鷹木信吾推しでしたが、今後はTーHawkとミレニアルズ推しになろうかな、と(笑)

 今回、ミレニアルズ絡みの試合は4試合見られました。もっとメキシコチックな、見たこともないような関節技の目白押しを期待しましたが、試合そのものは割とフツーでしたね(笑) でもTーHawkが執拗に狙ったスプラッシュマウンテン(?)や、裏スプラッシュマウンテン(?)は彼の(ドラゲーの中では)大柄な体格が活きて派手に見えるので、得意技としてはよいと思います。切り替えされることを恐れずに序盤から何度も何度も狙うのも新鮮だし、逆に執念じみていて個性を感じました。


 …とまぁ、以前からいる選手は相変わらず安定したパフォーマンスを見せつつ、着実に若手も育て世代交代を図っているな、という印象を受けました。例えばNOAHは全く若手が育っていないと聞きますから、それに比べたらデキた団体だな、と思いますね。何だかプロレス団体でありながら一般企業に近いものを感じました。


スポンサーサイト
別窓 | プロレス | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<愛犬が外耳炎になってしまいました | 瑠璃色幻想曲 | スティーブ・ジョブズ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |