現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
サービス享受の考え方

2013-11-14 Thu 00:59
 先日、出先で妹と食事した時のことです。

 既に夜も遅かったので、どんな店に行くか?にはさほどこだわらず、駅近くの居酒屋“笑○”で妥協することにしました。食べたいもの一通りありますからね。

 入店時の店内は空いていましたが、次第にサラリーマンを中心としたグループ客が増え、いつの間にかほぼ満席に。当然店内はうるさくなりますが、この時はちょっと異常でした。下品で大きな笑い声や叫び声が飛び交い、“やったモン勝ち”のように大声で唱和される三本締め…こちらの会話が全く聞こえなくなることも珍しくありません。

 そのうち、近くのテーブルの客たちが、揃って箸をドラムスティックのように使ってお皿を叩き始めました。それまで我慢していた妹は「あれだけは許せない!」と怒り出します…あっそうか、妹は酒場経営で夜勤労働者みたいなものだから他の飲食店の様子ってほとんど知らないのか…。確かに酷い行為ではありますが、ちょっと待って下さい。ここで怒るのは極めてナンセンス。逆に他の客や店員から笑われたり、呆れられたりするかも知れません。

 私も本音では、他の客の迷惑になるほどの大声を出すのはよくないし、マナーやエチケットを知らない幼稚園児レベルの客なんて店から摘み出されて当然、と思います。でも…でもですよ?ここは笑○なんですよ、笑○!!笑○のような店が商売上最もこだわるのは、想像するに“低価格の料理や酒を多数用意することで客に満足してもらう”こと。これがこの店の主力サービスなのでしょう。

 ということは店内の雰囲気作りに気を遣ったり、店員が親しげに客とお喋りしたり、マナーを知らない客に注意したりといった、料理や酒に直接関係しないサービスのことは(ほとんど)考えていないし、そのために人件費を割くつもりもないのでは?警察沙汰になるような迷惑行為でもない限り、最初から店員の頭の中から除外されている事案なのだと思います。でなきゃその分のサービス料がメニューに反映され、今よりも高い料金設定となっているはずですもんね。

 妹の店も居酒屋ではありますが、どちらかというと常連さん(リピーター)中心の小さな店なので、常連さんが気分を害するような行為を働く客がいれば率先して注意するくらいのことはしているのかも知れません。それはそれでその店の方針なので構いませんが、笑○も同じ基準に当てはめるのは…残念ながらちょっと違うと思います。

 今回私たちは、

①駅から近くて
②安くて
③ビールが飲める

…という3つの条件を満たす店を選びました。ということは、それ以外のサービスについてはよほどのことがない限り求めるべきではないな、と改めて思った次第です。落ち着いた雰囲気の中で酒や料理を楽しみたいのなら、多少高級店でもムードを大切にするそれなりの店に行くべきです。そうすれば大騒ぎする客なんてまずいないでしょう。つまり

①駅から近くて
②安くて
③ビールが飲める
④落ち着いたいいムード

という店はどこかにあるとは思いますが、それを当てもなく探すよりは、希望要素の優先順位を決めて割り切るべきでしょうね。


 最近何かと世間を騒がせている老舗高級レストランやホテルのメニュー偽装問題も根っこは同じだと思います。(偽装する方が悪なのはもちろんですが、)例えば国産和牛のステーキ定食を1,500円程度で食べられるなんて信じる方もよくないですよね。味(品質)も価格(安さ)も感じの良い接客サービスも、全て手に入るべき、提供する側もそう考えていて当然、という発想では

「畜生!騙された!!あのレストランはとんでもない酷い店だ!!」

という気持ちしか残りません。

 しかしそうではなく自分が最もこだわりたいこと、例えば高級なムードならそれを最優先して、それ以外はスルーしてしまった方が

「あのステーキは牛脂が注入された海外産だったのか。でもあの高級レストランでランチを食べてみたい、という夢は叶った(つもりになれた)のだからまぁいいか」

で済むのかも…。

 レストランやホテルはもちろん、スーパーで買う食材も、旅行会社のツアープランも同じです。高級で魅力的な商品やサービスは本来高価なもの。それを忘れて欲張るのはやめたほうがいいです。とりあえず最も重視することは価格なのか?品質なのか?それともムードなのか?どれかひとつだけにこだわる方が結果的に幸せになれる可能性が高いような気がします。

スポンサーサイト
別窓 | ビジネス | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<220円で一日をブルーにしてあげます | 瑠璃色幻想曲 | 紫蘭の花嫁(ネタバレあり)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |