現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
好きなバンドが活動し続けてくれることの幸せ

2013-12-07 Sat 11:38
 先日東京ドームにBON JOVI公演を観に行った時のことです。同行した友人が…まぁ毎度のことなのですが(笑)、

「セットリストがアメリカ公演よりも少ない!」
「セットリストが大阪公演よりも少ない!」
「あの名曲を演っていない!」
「こんな曲を演るくらいなら、あの曲もこの曲も演って欲しかった!」


公演後に立ち寄った居酒屋でビールを飲みながら、翌日やり取りしたメールの中で、不満を呟き続けました。

 確かにネットで収集した情報によると、今回の日本公演よりも今年前半に行われたアメリカ公演のセットリストの方が軒並み3~6曲多いのは事実。まぁアメリカは彼らの母国だから仕方ないとしても、同じチケット代を払っているのに大阪よりも少ないことが納得出来ないようです。

 また、セットリストが近年ほぼ固定されてしまい、彼が愛する初期の名曲の数々がほとんど披露されないことにも不満なのでしょう。

 まぁ、感じ方は人それぞれですが、私は逆に何の不満も感じないんですよね。強いて言えば会場がドームゆえ音響の質が悪いことくらいでしょうか。まぁ言うだけ無駄ですが(笑)

 私なりに考えると、まず「曲が少ない」と言いますが、BON JOVIの公演そのものは毎回2時間半(今回は2時間20分)くらい楽しめます。1回の公演で2時間半も楽しませてくれるバンドって良心的ですよね?しかもメンバー全員50歳以上のバンドですよ?!(笑)

 ちなみに私が過去に観た公演ではPrince、Motley Crue、Buckcherryなど70分くらいで終わってしまった公演もありました。それらと比較すれば「たくさん演ってくれてありがとう」以外の言葉は見つからないのです。

 また、今回はたまたま大阪の方が1曲多かったようですが…たまにはいいじゃないですか(笑) 同じ日本、常に東京が優遇されなければならない理由はないし、たまには大阪のファンにオトク感を味わわせてあげてもバチは当たりませんよね。バンドによっては東京でしか観られないケースも腐るほどあるのだし。

 「初期の名曲が少ない」にもそれなりの事情はあると思います。前にも書きましたが、活動期間30年のBON JOVIのファン層は、恐らく上は50代から下は10代までの男女と極めて幅が広い。初めて聴いたアルバムもそれぞれなら、BON JOVIへの思いもBON JOVIの音楽への接し方、楽しみ方もそれぞれなのだと思います。そんな幅広い層のファン全員を満足させられ、2時間半以内に収まるセットリストはどこにも存在しないでしょう。

 確かに私も「夜明けのランナウェイ(BON JOVI)」から「ニュー・ジャージー(NEW JERSEY)」辺りまでが特に好きです。でも中には「めざましテレビ」で紹介された「ハヴ・ア・ナイス・デイ(HAVE A NICE DAY)」のPVを見てファンになった若者もたくさんいます。中山きんにくんの影響で「イッツ・マイ・ライフ(IT'S MY LIFE)」ばかり聴いている人もいるかも知れません。彼らにとっては

「え?『She Don't Know Me』?何それ?そんな曲あったっけ?ってか、そもそも文法間違ってなくね?」

でも仕方ありません。

 分かりやすく例えるなら、東京ドームにAKBのライブを観に行ったとして(笑)デビュー当時からの熱心なファンは初期の劇場公演の(一般的にはマイナーな)曲を望み、当時を思い出しながら個々の思いに耽りたい。しかし新しめのファンは

「マイナーな知らない曲ばかりじゃん!それよりもヒットしたシングル曲だけ聴きたい」

と不満を覚える。したがって両者とも満足させるためには妥協点を設けなければなりません。それと同じことですね。


 でも私、今回改めて思いました。ROLLING STONESしかり、PAUL McCARTNEYしかり、たまたま好きになったアーティストが何十年も活動を続けてくれて、定期的にニューアルバムが聴けて、来日してくれて公演を観に行ける…好きなアーティストを応援することで同じ時代をともに歩める…これはとても幸せなことですよ。なぜなら私の好きなアーティストの中には、その存在を知った時点で解散していたり、メンバーの誰かが亡くなっていたりして、昔も今もただの一度たりともライブを体験出来ないケースが少なくないのですから。特にMott The HoopleとDavid Bowie(1970年代初頭のMick Ronsonがギター担当だった時代)とかね。

 それに比べたら、2~3年おきにニューアルバムと2時間半の来日公演を楽しめるなんて、何と幸せなことでしょう?!

 モノは考えようです(笑)


----------------------
【TODAY'S PIC UP ITEM】

ホワット・アバウト・ナウホワット・アバウト・ナウ
(2013/03/13)
ボン・ジョヴィ

商品詳細を見る



スポンサーサイト
別窓 | 音楽のある生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<ほんとにあった!呪いのビデオ55(ネタバレあり) | 瑠璃色幻想曲 | 恐怖・呪い面~実話都市伝説>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |