現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
AKB48大島優子突然の卒業発表でNHKが非難されない不条理

2014-01-14 Tue 21:00
photo


 先週末(1月11日)に夜更かししていたところ、NHK BSプレミアムにて「AKB48 SHOW!」という番組が放送されることを知りました。今回(♯13)の放送内容は、昨年大晦日の紅白歌合戦の舞台裏をまとめたドキュメンタリーです。

 AKB48…2013年紅白歌合戦…そういえば大島優子(以下:大島、敬称略)の“突然の卒業発表”が物議を醸し出したんだっけ。あの夜は(特に大島ファンではありませんが)私もショックで眠れなかったものです(笑) そんな半月前のことを思い出しつつ、私は放送を視聴することにしました。


 さて、番組を見ていた私、ちょっと面白いことに気づきました。この放送回の柱が完全に大島の卒業…つまり紅白本番を迎えるまでの彼女の様子や、本番終了後の涙する他のメンバーたちとのやりとりが中心の構成だったのです。特にリハで大島が、卒業発表ではなくありきたりのダミー挨拶をするシーンの映像も(偶然かも知れませんが)しっかりキャプチャーしてあったことは興味深いです。

 さらに次週の放送(♯14)では大島が卒業発表後初めて(?)自身の卒業についてインタビューに答えるのだとか。これはまさしくチャンネル名の通り“プレミアム”コンテンツということか?(笑) 一部のNHKスタッフが本番まで卒業発表を知らなかったとか、会長が「意味が分からなかった」などとコメントしているようですが、それは“あんまり”でしょう、NHKさん(笑)


 思い起こせば、昨年12月31日の紅白歌合戦で大島が突然卒業を発表した際、巷では

「紅白を私物化するな!」
「そういうのは(秋葉原の)劇場でやれ!」
「(身勝手な行為のせいで)北島三郎の紅白引退が霞んだじゃないか!」

といった批判が相次ぎました。その後

「秋元康が紅白のチーフプロデューサーの了解済みでやったことだ」

という報道が流れたものの、大島(およびAKB48、秋元康)への非難についてはほとんど変化なし。

 しかし…私はテレビ業界の詳しい事情は知らないので、これはあくまでも想像ですが、

■紅白で重大発表し、NHKを利用して世間の注目を集めようと企んだ(とされる)AKB48
■AKB48を利用して視聴率が稼げそうなコンテンツを独占するNHK

これって結局、両者の間で交わされた単なるビジネスの取引。それ以上でも以下でもなかったのではないか?つまり大島の卒業発表はAKB側だけにメリットがあったブック破り的行為ではなく、紅白(NHK)の“目玉商品”でもあったわけです。NHKは少なくとも卒業発表を了解した時点で、この「AKB48 SHOW!」の♯13・14を企画していたとも考えられますし。

 したがって、AKB48のみを感情的に批判するのはおかしくないか?そういった意見がほとんど見られないのも個人邸に気持ち悪いな、と思った次第です。北島三郎に同情することとAKB48を非難することも本来切り離して考えるべきでしょうね。

 これって、適切な例えではないかも知れませんが…例えばA食品という老舗企業がBラーメンという人気インスタントラーメンを長年販売しているとします。

 ところが最近、Cスーパーがプライベートブランドとして、見た目も味もBラーメンそっくりのDラーメンという商品を発売した。A食品やBラーメンのファンは感情的に

「CスーパーがBラーメンをパクった!恥を知れ!!」
「Cスーパーは他社の財産を尊重しない最低の企業だ!!」

などと批判する。でも実際にはDラーメンはA食品の工場で、Bラーメンの製造ラインを使って製造された商品であり、このことはA食品とCスーパーの間でお互いのメリットを認めた上で取り交わされたビジネス、取引以上でも以下でもない…それと似ているような気がします。どちらが悪いということではないし、いち消費者が「A食品に裏切られた」と感情本意で嘆くのもまた別の問題かな?と。

 (私自身も含めてですが)エンタメなんて所詮制作者が提供するものを額面通り楽しみ、驚き、悲しみ、怒って観るのが一番賢いのかも知れませんね。


 ところで紅白出場時のAKB48といえば、私は大島の卒業発表と同じくらい、彼女たちが口パクではなく生歌で歌っていたことに激しい衝撃を受けました(笑) まぁ「ヘビーローテーション」のみ、それも大島や前の方で歌っていたメンバー数名のみが部分的に歌っていただけなのかも知れませんけれどね。

 でもこの件は、私が知る限り全くといってよいほどネットなどで触れられていません。これまで口パク当たり前とされていた(?)のですから、少しは好意的な意見が見られてもよさそうなものですが…まぁそういうものなのでしょうね(笑)


スポンサーサイト
別窓 | マスメディア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<自己都合な誤認識をマナーと勘違いする人々 | 瑠璃色幻想曲 | 川瀬巴水中期の版画鑑賞>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |