現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
Facebookムービーで思い出す自己満足的映像

2014-02-20 Thu 00:00
fb_movie


 Facebookがユーザー向けに提供する“Facebookムービー”なるサービスがあります。

 ある“友達”がこれで作ったムービーをアップしたので、どんなものか見てイチャモンつけてやろうと考えたのですが…よく分からないままなぜか私自身のムービーが再生されてしまいました(笑)。指示も編集もしていないはずなのにお手軽…というかずいぶんと余計なお世話なサービスだこと(苦笑)

 少しいじっただけなので詳しいことは分かりませんが、スマホで見るには最新のAdobe Flash Playerをインストールした状態で、https://www.facebook.com/lookback/にアクセス。Facebookにログインしていればその時点で勝手に1分間ほどに編集されたムービーが生成されるようです。

 内容は自分の過去2年の投稿から一部の画像を抜粋し簡単にまとめたもの。まずは自分のアイコン画像と「Facebookに参加した年」に始まり、「初期の投稿」「いいね!の多かった投稿」「画像をシェアした投稿」という順番で過去に投稿した画像が、当たり障りのないBGMをバックにそれぞれいくつか出現します。

 私はFacebookには滅多に投稿しません。したがって素材となる画像も極めて少ない。しかしそんな私のFacebookムービーですら自分にとっては懐かしい画像ばかり。これはこれで面白いと思いました。

 ところが、そんなほっこりした気持ちでこのサービスを知るキッカケとなった冒頭の“友達”のムービー…ニュースフィードで絶賛自慢公開中のムービーを見た瞬間、やはりコレは違うな、と冷めてしまいましたね。なぜなら…そこに登場したのはラーメン、定食、居酒屋のつまみにビアジョッキ、肉まん、メタルバンドのライブのチケット、メタルグッズを飾った汚い自室などの画像ばかり。いくら“友達”とはいえ他人にとっては恐ろしくどうでもいい、見る価値の欠片もない画像のオンパレードだったからです。中には1回くらい義理で“いいね!”をクリックした画像があるかも知れませんが(笑)

 そういえば…旅行や結婚式のビデオを半ば強引に見せられるのもこれと似ていませんか?自分も行ったことのある土地の映像、親友レベルで仲の良い友人、もしくは自分の知り合いもたくさん出席している結婚式の映像ならまだ多少興味を持って見ることが出来るでしょう。しかしそれ以外は面白くもなんともないというもの。時に苦痛すら感じてしまいます。

 普通はこういうのって、見せる側が途中で空気を察して適当な所で止めるものです。そして(あぁ、確かに結婚式のビデオを延々見せられて喜ぶのは本人か親くらいだよね)と反省・学習し、次回以降はよく考えて見せる相手を選ぶようになる。生身の人間同士によるコミュニケーションだからこのような機能も成立するのでしょう。よってこんな“オモチャ”(ムービー)で遊ぶのなら、基本的には自分でこっそり楽しむのが賢いやり方だな、と思った次第です。

 彼のように不特定多数の相手にラーメンや定食の画像を、いかにも“これがオレだぜ!”という感じで見せつけ、自己主張すること。その結果“空気を読めない自分”を晒してしまうこと。それに気づかないこと…あくまでも私の価値観基準ですが、みっともないよなぁ…いや、それよりもこういう行為を重ねることで少しずつ投稿者自身の価値をも落としてしまうのではないか?…そんなふうに思います。


 先日、ある友人と久々に飲みに行きました。その店の「牛もつ串」は抜群に美味しいので写メを撮り、後日何らかの形で情報発信(注:詳細情報や感想もきちんと書くので決して“自慢”ではありません・笑)しようかな?と一瞬考えましたが、気付いたら写メなんて1枚も撮らないままお開きになっていました。

 世の中色々な人がいるものですが、個人的には今後もこんな人間関係を育みたいものです。


スポンサーサイト
別窓 | コミュニケーション | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<クレームよりも、どうせなら「ありがとう」と言ってみる件 | 瑠璃色幻想曲 | 主よ、永遠の休息を(ネタバレあり)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |