現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
損するマズい態度

2014-03-09 Sun 00:00
 歌手の華原朋ちゃんが、親しくしていた明治天皇の玄孫で慶大講師の竹田恒泰氏との関係に終止符を打ったことが報道されました。

 記事によりますと…

“竹田氏が多忙で会う機会が減ったこと、同氏がソチ五輪開催前に
1.メダルはかまない
2.国歌は聴くのではなく歌う
3.敗戦の弁で「楽しかった」はあり得ない
などとツイートしたことも原因。「『2年後の結婚を目指し一緒に頑張りましょう』みたいに言われて、頑張ろうとしていたんですが、やっぱり感覚が違った。(発言は)とても残念。いろんな意味で無理かなと思って、お伝えしました」と交際に発展する前に決断した”


…とか。

 会う機会云々はともかく、竹田氏の五輪選手へ向けた発言がサヨナラのきっかけになってしまったとは、何とも残念。以前ここでも採り上げましたが、彼の意見は正論ですし、私も概ね同感でしたから…。

 ただ、華原朋ちゃんの気持ちも理解出来ます。2月24日放送の「ビートたけしのTVタックル」を見ていたら、たまたま竹田氏も出演していました。この時の議題は五輪選手云々ではありませんでしたが、彼の発言はとにかく上から的で威圧的。テレビ用の態度なのかも知れませんが、感情剥き出しで、狂気すら漂うようでした。以前華原朋ちゃんとの交際報道で見た誠実で優しそうな男というイメージとは明らかに違う。こういう竹田氏を見たのは私は初めてでしたので、正直ちょっと引きましたね。

 こうなると、もはや彼の主張が正しい・誤りという以前の問題かと思います。あのような態度は見ていて気持ちよいものではないし、彼の近くにいたらいつか何かの拍子に、自分にもあの調子で容赦なく攻撃してくるのではないか?そう思わせるには十分かと思います。

 かく言う私にも竹田氏と似た部分は正直あると思っています。こうして客観視するとよく分かり、恥ずかしくなるほどです。彼の主張は支持しつつ、彼を反面教師に好ましくない部分を改めたいですね。


スポンサーサイト
別窓 | コミュニケーション | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<紙の本主義者的電子書籍批評 | 瑠璃色幻想曲 | 血の轍(ややネタバレあり)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |