現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
黒いシャツを着る理由

2014-03-12 Wed 00:00
 たまにテレビ番組で、地方の農村や離島の漁村などに住む男性たちと、都会からやって来た嫁候補者たちとのお見合い企画が放送されますが、私はこれを見ていてあることに気づきました。どういうわけか男性陣で黒いワイシャツ(以下:シャツ)を着る人が少なくないのです。

 慣れないスーツに身を包んだ地元男性たちが港に整列し、船でやって来た嫁候補者たちを温かく迎える…番組冒頭でよく見るシーンです。男性陣は基本的に漁業・農業・酪農などの従事者ですから、スーツを着る機会はほとんど無いはず。それでも“お客様”をもてなしたい一心で、綺麗な恰好でお迎えする…そんなシーンは見ていて好感を覚えます。

 しかしその中に少なからず、ちょっと派手目のスーツや色柄もの、特に黒いシャツを着る人がいる。穏やかな地方の村で、方言丸出しの素朴な笑顔の男性たち…が、黒いシャツ?!この違和感の理由を私なりに想像してみました。

 まず、なぜ彼らは手に入りやすい白いシャツではなく、わざわざ黒いシャツを求め、大切な機会に着たがるのか?それは“その方がカッコいいと思うから”。それしか考えられません。

 ではなぜ、白よりも黒いシャツの方がカッコいいのでしょう?勝手な想像で恐縮ですが、恐らくテレビ(ドラマ)で見る暴力団や不良(チンピラ)、または売れっ子ホスト、視聴者に媚びないロックミュージシャン、着飾ったイケメンタレント、マスコミのインタビューに答える柏の通り魔(笑)などが黒いシャツを着ているというイメージを持っているからだと思います。彼らの(暴力的な)強さ、自由で破天荒な生き方、女性にモテそうな雰囲気などを見ているうちに、このような人たちを“カッコいい”と感じ、憧れる。これがモテる男性像なのだと信じ、真似すればオレも女性にモテるのでは?…そう発想した結果が、あの光景なのかな?と思いました。

 しかし黒いシャツにスーツファッションという男性に抱く一般人の印象とはいかがなものでしょう?アンケートを取ったわけではありませんが、恐らく“怖そう”“悪そう”“ヤバそう”といったネガティブな感情が多数派と想像します。しかも悪いことに、その理由は先の男性たちが“カッコいい”と感じる理由とほぼ同じですから困ったものです(笑)

 そもそもお見合い企画に参加する女性は、なぜイイ男なんて選り取り見取り状態の都会で結婚相手を探さずに、わざわざ農村や離島にやって来るのか?それはもちろん、漁業や農業や酪農という仕事と、それを生業とする男性に強い関心を持ち、彼らとの縁を求めているからです。ホストやイケメンタレントのような人は最初から求めていないはず。ならば逆に白いシャツと落ち着いた感じのスーツで清潔感や誠実さを強調した方が好印象を持たれる可能性が高いでしょうね。人は会って最初の数秒間で相手の印象が決まる、とも言いますし。

 これはお見合い番組に限りません。例えばある会社の営業マン。取引先との間に強い信頼関係を築き上げた後なら、彼がどんなシャツを着ても相手の気分を害する可能性は低いでしょう。しかしそれ以前の状態で自分のセンスを強調し、好きなものを自由に着るのはちょっと危険かも知れません。業界の性質にもよりますが、例えばピンクのシャツを「お洒落でよい、イケてる」と感じる人もいれば、「チャラい、信用出来ない」と感じる人もいます。年配者の中には「ピンクだなんてコイツはオカマじゃないか?コイツとは取引したくない」と偏見を持つ人もいるでしょう。

 お見合い番組でも仕事でも、よほどファッションセンスのよい人でもない限り、自分のセンスを過信したり個性にこだわったりするよりは、むしろTPO優先でまとめる方が好ましいでしょうね。


スポンサーサイト
別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<虚像の砦 | 瑠璃色幻想曲 | BOSE 2>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |