現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
昭和しぐさ

2014-03-16 Sun 00:00
 最近ネットで「昭和しぐさ」が話題になっているようです。

 「昭和しぐさ」とは、例えばお互いの傘を外側に傾けてすれ違う「傘かしげ」のような、江戸町人に由来する行動哲学「江戸しぐさ」の昭和版として一部のネットユーザーの間で楽しまれている、いわゆる“昭和あるある”です。昭和の時代には誰もが普通に行っていたのに、いつの間にか廃れてしまった懐かしの行為でもあります。

 この「昭和しぐさ」、ツイッターに投稿されたネタの中には「カラーヒヨコ」「ツインファミコン」のように、「それは“しぐさ”じゃなくて“ヒット商品”じゃん!」というちょっと違和感のあるものや、世代によっては全く知らないものも少なくありません。しかし私はほとんどのネタに思わず爆笑してしまいました。中でも特に気に入ったのが…

・テレビ番組を録音
→やったやった!(笑) 特にアニメや特撮ヒーローもののテーマソングをラジカセで直録しましたよ。ウチではこの手法を“静かにしろ作戦”と呼んでいました。でもそういう時に限って兄弟が何か喋ってしまい、録音失敗してしまう。怒り狂って兄弟をボコボコにすると、親に言いつけられて私もボコボコに…(笑)

・一度爪を折ったビデオテープにセロテープを貼って再録画
→だって、子供はお小遣いが少ないのでコレしないとどうしようもありませんでしたよ。初期のビデオテープって1本2,000~3,000円くらいしましたし。もちろん音楽用カセットテープでもやりました。TDK(?)の1本1,000円くらいするメタルテープや後のMDは、爪を本体に格納可能でしたから嬉しかったなぁ。

・CDレンタルする時に、曲の長さを足し算し、片面にいれる曲の合計が23分40秒くらいになって、46分テープ買うか60分テープ買うか悩む
→あったあった!(笑) メーカーによっては46分テープでも足りてしまうんですよ。でもレコードと違いCDの場合は、どこがA面・B面の境目か?音楽情報誌などで調べる必要がありました。その結果A面6曲、B面4曲で、5曲ずつなら46分テープで余裕なのに!B面だけやたらと余っちゃうじゃないか!チクショ~!!なんてこともありましたね。

・友達の家にはアポなしで突撃し、玄関の前で「あーそーぼー!!」と叫ぶ
→私は上品に「あそびましょ!」派(笑) 当時の小さい子供なんて学校以外は基本的に予定なんてなかったので、これで十分だったのです。携帯もなかったしね。


 こうなると思わず自分でも考えてみたくなります。昔を思い出しながら幾つか考えてみました。

・クラスでエロビデオが回ってくるが、自分はベータなので諦める
・土曜の朝はワールドプロレスリング派、太陽にほえろ派、金八先生(シリーズ)派で議論
・本当は全員集合派だが、空気を読んでひょうきん族派を装う
・レコード録音中に針が飛んでやり直し
・「絶交切~った!」
・嘘をついた奴を仲間外れ
・高価な文房具を持ってきた奴を仲間外れ
・学校のトイレでウ○コする奴を上から覗く
・学校のトイレでウ○コをわざと流さず、第三者を装って騒ぐ
・ジャンプを近所のパン屋で土曜に買って自慢する
・ジャンプを土曜に売ったことがバレて、パン屋がジャンプを扱わなくなる
・小便/大便をクラスで漏らして先生の気を引く
・好きな女子が遠足のバスでゲロするのを見て冷める
・旅行のお土産はもちろんキーホルダー(世代によってペナント、バッジも)
・走り高跳び用のマットでプロレス
・インレタ(インスタントレタリング)でカセットテープのタイトルを作る
・鈴木英人氏のイラストのカセットレーベルを使いたがる


子供だから仕方ないとはいえ、今思い出すとどれもスケールが小さ過ぎるし、下らな過ぎ(笑) でもどれも愛すべき大切な行為であり、思い出。当時はこんなことに一生懸命こだわっていたんですね。

 そして今、これらを読んだ私の笑い方って、昔ドリフのコントを見た時のそれにそっくりだということに気づきました。「昭和しぐさ」…ぜひとも無形文化遺産登録を実現させたいものです(笑)


スポンサーサイト
別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<四つの嘘 | 瑠璃色幻想曲 | フェアじゃないペプシNEX ZEROのCM>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |