現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
ペラペラ人間が天空の城を破壊する件

2014-03-19 Wed 00:00
19
※撮影:管理人(2009年10月)


 日本百名城のひとつ、兵庫県の竹田城跡…そう、“日本のマチュピチュ”とも呼ばれ映画やドラマ、CMなどの撮影場所として有名になった、あの“天空の城”に、昨年辺りから大勢の観光客が殺到しているそうです。

 この竹田城跡、実は私も2009年秋に訪れたことがあります。日本百名城に興味を持ち、時間を作ってはひとつひとつ訪れ、ちょうど10番目に初対面したのがこの名城跡でした。

 姫路駅から播但線に揺られること約1時間半、まるでゴーストタウンのような当時の最寄駅周辺の様子に驚き、営業中の商店や食堂を発見することなく腹ペコ状態で約30分、山道コースから城跡を目指しました。その甲斐あって(?)山頂はどこに立ってどの方向を眺めてもベストビュー。石垣しか残らない、ドラクエの廃町を彷彿させる竹田城跡は600年前の様子を想像するのに十分なエネルギーに満ち溢れ、天守跡に立って目を閉じれば天下を取った将軍様の気分に浸れそうなムード。思わず空腹を忘れたものです(笑) 日本百名城の50近くを訪問済みの現在でも、私にとってこの竹田城跡はナンバー・ワンの名城なのです。

 ところが残念なことに、件のブームに乗った多くの観光客が押し寄せたことで、様々なトラブルも起こっているようです。特にマナーやルール無視の輩による迷惑行為。彼らが頻繁に立入禁止エリアに侵入することで貴重な石垣や山そのものが傷んでしまうのです。

 そうは言っても、地元は観光客増により経済的に潤うわけで、そんな迷惑な輩でもどんどん町を訪れてお金を落として欲しいのかも知れません。竹田城跡のみならず世界中どの観光地にも似たようなトラブルは付き物なのだと割り切り、今後上手に対策を立てて実践すれば良いだけのことと言われればそれまででしょう。

 それでも名城ファンの一人として、私はこの素晴らしい竹田城跡が心無い輩にこれ以上汚されることは望みません。そういった問題を特集するテレビ番組が放送されるたび、もう見たくない!という気持ちと、日本中の人々に現状を知って欲しい!という気持ちが入り混じり、とても複雑な気分になります。

 これはあくまでも私個人の考えですが、こういう貴重な場所でも平気でマナー、ルール違反する輩の人間性って、ホント薄っぺらに見えてしまいます。普通は名城に興味を持ったら、その歴史や石垣を含む建造物についても詳しく知りたくなり、学び、価値を知る。そうすることで名城を尊重する気持ちが芽生えるものです。登山するようになって自然全体を尊重する気持ちが芽生える。スキューバダイビングを始めて海が生命の源たる所以と対面し、海水浴に行ってもゴミを持ち帰るようになる。好きなサッカーチームを真剣に応援したい気持ちをスタジアムのゴミ拾いという行為で表す…。山でゴミを持ち帰る人は、海でもサッカースタジアムでも同じことをすると思いますし、その逆も極めて自然な流れ。

 つまり人間、趣味でも仕事でも何かを極めたいと願う気持ちが心を磨き、その人の人間性を高め、厚みを作るものだと思います。しかし端からそんな面倒臭いことには蓋をして、ただ流行りものに飛びつき、上っ面を撫でただけで極めた気になり、満足する…人生経験の乏しい幼児ならともかく、いい年した大人でマナー・ルール違反して平気な輩の多くはそんな連中なんだろうな、と想像した次第です。それって傍から見たら“ただそこに行って、SNSに近況アップしただけ”の、中身のないペラペラ人間ですよね。

 それにしても…本来、雲海に浮かぶ“天空の城”を見たいのなら、竹田城跡じゃなくて、播但線の線路を挟んだ反対側、朝来山に登れっつーの(笑) 一時頻繁に流れていたGoogleのCMの演出も誤解を招きやすい作りでした。名城ファンではない、単にあの風景を見たいだけの“一見さん”なら、汗水垂らして朝来山に登る方が、ずっとレアで自慢出来る画像を撮影出来ますよ(笑)


スポンサーサイト
別窓 | モラル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<震える牛(ややネタバレあり) | 瑠璃色幻想曲 | 四つの嘘>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |