現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
豆の上で眠る(ネタバレあり)

2014-04-12 Sat 00:55
豆の上で眠る


 湊かなえ著「豆の上で眠る」(新潮社)を読みました。私にとっては久々に新品で、しかも文庫ではなく単行本で購入した本です。…が!私的には湊かなえものの中でも本書の評価は残念ながら最低レベル。ガッカリな作品でした(あくまでも個人的な好みによる評価です)。

 物語は、大学生の結衣子が主人公。入院した母親の見舞い目的で実家に帰省する。彼女は幼い頃に起きたある事件について回想する。
 彼女が小学1年生の時、仲良くしていた2歳年上の姉の万佑子が行方不明となった。警察や家族、地元住民の懸命な捜索も空しく、姉は発見されない。しかし事件も風化しかけた失踪から2年後、姉は衰弱した状態で地元神社で発見される。家族は喜ぶが、結衣子はその“女の子”が万佑子ではなく別人なのではないか?と疑惑を抱いて…。

 一言で表すなら“「そして父になる」と似たテーマを全く別の切り口からエグくブッタ斬り、ドロドロに仕上げた”…ような作品でしょうか?そう考えれば見事に“湊かなえ節炸裂”な作品なのかも知れません。

 しかし、途中までは非常に読みやすい文章を、先を全く予想出来ずに楽しめたのに…ラストは何というか、中途半端というか、無理があるというか、呆気ないというか、尻切れトンボというか、スッキリしないというか、何を訴えたかったのかよく分からないというか…そんな感じでした。

 ただ、子供を誘拐された家族の心情や行動、それに伴う同級生やご近所さんたちとの人間関係の変化などをリアルに(?)疑似体験出来るという点はとても面白いと思いましたけれどね。


----------------------
【TODAY'S PIC UP ITEM】

豆の上で眠る豆の上で眠る
(2014/03/28)
湊 かなえ

商品詳細を見る



スポンサーサイト
別窓 | 読書 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑

<<STAP細胞・小保方氏謝罪会見に感じる気持ち悪さ | 瑠璃色幻想曲 | それでも僕は夢を見る>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
行方不明になった姉。真偽の境界線から、逃れられない妹――。あなたの「価値観」を激しく揺さぶる、究極の謎。私だけが、間違っているの? 13年前に起こった姉の失踪事件。大学生になった今でも、妹の心には「違和感」が残り続けていた。押さえつけても亀裂から溢れ出てくる記憶。そして、訊ねられない問い――戻ってきてくれて、とてもうれしい。だけど――ねえ、お姉ちゃん。あなたは本当に、本物の、万佑子ちゃんです... …
2015-07-28 Tue 13:47 粋な提案
| 瑠璃色幻想曲 |