現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
ニサッタ、ニサッタ(上)・(下)

2014-05-06 Tue 08:45
nisatta1nisatta2


 乃南アサ著「ニサッタ、ニサッタ(上)」および「同(下)」(講談社文庫)を読了しました。

 乃南アサといえば昨年初めて読んだ「紫蘭の花嫁」が私的にボロクソでしたので、今回も全く期待しなかったのですが、予想を裏切りなかなか面白い作品でした。出会えてよかった作品です。

 本書は片貝耕平という“人生を甘く見過ぎている”20代の若者の人生と成長を描いた物語。北海道の田舎町から東京の三流大学へ進学した耕平は、卒業して就職するも自分の大学をバカにした上司が気に食わないと退職。小さな会社に転職するもやがて社長が夜逃げして再び職を失う。

 仕方なく人材派遣会社に登録して働くがどの仕事も長続きせず、金欠でアパートの更新もできなくなり、ネットカフェやウィークリーマンションを転々とする。たまにパチンコで大当たりしたと思えば女に騙され金を持ち逃げされ、消費者金融から借金を重ね回収担当から追われ、どうしようもない堕落した人生を送るがようやく住み込みの新聞配達の仕事を見つけ、底辺レベルの生活に耐えつつ借金を返済。

 そしてある事件をきっかけに実家に帰り、バイトながらもスーパーで真面目に働く。しかしようやく正社員への道が見えてきた時、酒気帯び運転を起こし全身大怪我、また職を失ってしまう…。


 耕平の経験を全て私も経験したわけではありませんが、何だかとてもリアルで、読んでいて胸が苦しくなります。読んでいて辛い(笑)

 でも最初は誰が見ても甘ちゃん過ぎる、人生を舐めている耕平が次第に現実を知り、ギリギリのところで何とか望みを捨てずに生き続け、最後に本当の自分の生き方、大切にしたいものに気づくことで私も救われたような気がします(笑) Amazonのレビューの評価がやたらと高いのも納得でした。

 オレも今の経験値でもう1回、大学時代くらいから人生やり直せたらいいんだけどなぁ…つい、そんな妄想をしてしまいました(笑)


----------------------
【TODAY'S PIC UP ITEM】

ニサッタ、ニサッタ(上) (講談社文庫)ニサッタ、ニサッタ(上) (講談社文庫)
(2012/10/16)
乃南 アサ

商品詳細を見る
ニサッタ、ニサッタ(下) (講談社文庫)ニサッタ、ニサッタ(下) (講談社文庫)
(2012/10/16)
乃南 アサ

商品詳細を見る



スポンサーサイト
別窓 | 読書 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<私、雪山登山者の味方です | 瑠璃色幻想曲 | 23の赤>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |