現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
ヘビーユーザーを邪険に扱う便乗値上げ

2014-05-30 Fri 07:27
 久々に近所のユニクロに靴下を買いに行きました。

 幸い週末セール対象商品だった靴下は3足690円と安かったので、好きなデザインのものを3足選び購入。ところがレジにて会計する際、些か違和感を覚えました。

店員さん「税込み745円です」

え?690円じゃなくて?…ユニクロで買い物してこんなに切ない気持ちになったのって初めてなんですケド…。

 改めて店内を見回すと、確かにあちこちにありましたよ。“価格表示を内税方式から外税方式に変更しました”という注意書きが。あぁ消費税が3%分上がったのを機に変更したのかな?感覚的に“騙された、ガッカリ”と感じはしましたが、増税分値上がりしていても仕方ないか…。

 しかしどうも腑に落ちません。

 例えば「エアリズム」という下着シャツ。以前の定価は1枚「税込990円」でした。ところが現在は1枚「943円+税」。表記方法は異なりますが、消費税率5%当時ならどちらも990円で実際に消費者が支払う金額は同じ。辻褄も合います。したがって現在は943円+消費税8%ですから1枚1,018円ほどで販売されているのでしょう。

 ところがこのエアリズム、以前から週末セールで頻繁に1枚790円に値下げされます。つまり消費税率5%当時であれば

本体価格752円+消費税(5%)38円=税込価格790円

という内訳だったはず。しかし消費税率8%の現在、エアリズムの価格は1枚「790円+消費税」。一見価格据え置きのように錯覚させられますが、消費税8%を加えると実際には1枚853円ほど。

 ところがもともと本体価格は752円のはずなので

本体価格752円+消費税(8%)60円=税込価格812円

が正しい販売価格では?わずか40円の差ですが、現状の価格は事実上消費税13.4%も載った価格ですよ?!週末セールのチラシを見た限り、他にもセール価格がこのように巧妙に値上げされているケースが目立ちました。

 まぁ、調べたらこのような一種の便乗値上げって、私が知らなかっただけでユニクロのみならずあちこちで行われているようですね。

 ただこのユニクロのケース、考え方によってはたま~に来店して定価で商品を購入するお客さんに優しく、毎週チラシをチェックしてセール価格ながらも頻繁にお店を利用する常連さんに冷たい、ともいえます。

 これと似ているのが映画館のTOHOシネマズ。TOHOシネマズも一般料金は増税後も1,800円で据え置きなのに、ファーストデイ(映画の日)やシネマイレージデイ、TOHOシネマズデイといった、より映画好きでTOHOシネマズ贔屓の客が集いそうな日のサービス料金だけはしっかり各100円値上げですからね。これではまるでお得意様が一見さんの料金の一部を負担しているようなものでは?

 何らかの事情による値上げは仕方ないとしても、このように本来大切にして欲しいカテゴリーのお客さんをあからさまに邪険に扱うのは、個人的にどうしても納得出来ないと思った次第です。各企業に対するイメージもダウンしますね。


スポンサーサイト
別窓 | 生活 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑

<<鬼畜の家 | 瑠璃色幻想曲 | スリッパを履いた天才>>
この記事のコメント
確かにそう思いますー

いっそのこと一気に10%に上げてしまった方がいいんじゃないのかっ?
とか思ってみたり……(笑)
2014-06-01 Sun 22:23 | URL | S.Kスタッフ #3eQvvr92[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |