現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
人の趣味嗜好を笑うな

2014-07-19 Sat 00:00
 先日「なぜポール・マッカートニーに夢中な日本人シニアの多くは“ビートルズの再来”ともいわれるONE DIRECTIONに無関心なのか?」という記事に書いたように、私はあえて友人の趣味嗜好を否定しました。記事中に登場する友人が、某メタルバンドのライブに参戦したことについて、メールを寄越してきたことが事の発端です。私は彼の考え方にモヤモヤして、当該記事の短縮版のような内容のメールを送りました。

 しかし当然ながら、彼にも主義主張や反論はあります。その後我われは互いの自己主張をぶつけ合った結果、最終的に無事和解(?)するに至りました。もともとダイヤモンドの結束力で繋がった仲だし(笑) 私もつい熱くなってしまい、相手を尊重する気持ちを見失ってしていましたから、反省しなければなりません。

 今回の出来事を経て、改めて注意しようと思ったのは

「趣味嗜好は人それぞれ違う。気心の知れた友人相手といえど無闇に否定すべきでない」

ということです。自分の価値観や世間の多数派意見を基準に評価しても無意味なんですよね。

 ただし、世の中にはそのように理解出来ない人も多いでしょうから、やはり趣味嗜好というのはあくまでも自分一人、もしくは同じ趣味嗜好の仲間内でこっそり楽しむ方が無難でしょうね。幼い子供のように大っぴらに楽しんだり、外部に向けて趣味愛をアピールし過ぎることは控え、TPOをわきまえて楽しむべき、と思います。例えるなら上司が性的変態プレー好きなのは尊重するけれど、得意先との打ち合わせ中や電車での移動中に話題に出すのは許さない、興味のない私に語り聞かせるのもダメ、みたいなものです(笑)

 それに改めて考えたら「いい年してメタル好きってどうなんだよ?!」と批判する私自身、いい年して隠れAKB(グループ)ファンなわけで(笑) こりゃ他人を批判している場合じゃないな、と恥ずかしくなった次第です。

 そんなこんなで、この友人としばらく趣味論(?)についてメールで意見交換しました。その中でのことです。

 彼はメタルに限らずあらゆる音楽に興味があり、その中にはAKBも含まれています。といってもAKBの楽曲そのものが好きなようで、その延長でたまに冠番組も視聴しているようです。ちなみに私の楽しみ方はこれに加えゴシップ情報収集でしょうか?(笑) したがってお互い劇場公演を含むコンサートや握手会には興味ありません。

 彼は「幼い娘のために」という名目でAKBのCDやDVDを買い集めますが、悲しいことに奥様には本心バレバレ。いつも冗談とも本気とも取れる言い方で

大の大人がいつまでAKBに夢中になっているんだか…。いい加減成長したら?

と冷たく否定されてしまうそうです。実際、奥様がママ友グループで雑談中にもしばしば

あの年で総選挙に投票するなんて信じられない
いい年したオヤジが握手会に行くなんてあり得ない。何考えてるんだか

といった話題が出るのだとか。

 そんな時、彼は悔しがり、AKBの音楽がいかに素晴らしいか、彼女たちが努力する姿がいかに美しいか、趣味に成長も卒業もない、などと反論するそうですが、当然ながら奥様はますます呆れ果てて…そりゃそうですよね(笑)

 これからも分かるように、やはりどんな立派な趣味嗜好を持とうが、世の中自分の気持ちを理解してくれる人ばかりではありません。だったらお互い好きなことはなるべくこっそり密かに楽しみましょうよ。昔は大の大人がアニメ・コミック・アイドル・コスプレなどを好むと間違いなく気持ち悪がられたものですが、近年はマスコミがそれらを“世界に誇る日本の文化”などと好意的に取り上げ持ち上げます。昔では考えられなかった、親子でコスプレを楽しむ家族なども見かけます。まぁこれもその人たちの趣味嗜好といえばそれまでですが、自分も含め日本人に備わる、恥を隠そうとする感覚が麻痺しているのかも知れませんね…。

 そんな感じで全てが丸く収まったある夜。たまたまテレビでAKBの冠番組が放送されていました。私も友人もその放送を見ていたようで、再びメールの遣り取りが始まりました。

友人「最近、M脇S良って可愛くなったね。これから注目しようかな?…なんて言ったらまた嫁に呆れられるだろうな(笑)」

私「何かで読んだけど、M脇S良ってデビュー当時から身長が十数センチも伸びたんだってね。年月が流れるのは早いなぁ…あ、こんなふうに成長を温かく見守るのも○○さん(友人の奥様)には理解し難い男の密かな楽しみだよな(笑)

…ちょっと気持ち悪いのは百も承知ですが(笑) 表に出さずにこっそりと楽んでいるのだし、周囲の誰にも気持ち悪い思いをさせていませんから全然アリですよね?(笑) というか、やはりこうして愛好家(?)同士で密かに楽しむからいいんですよ(笑)

スポンサーサイト
別窓 | コミュニケーション | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う? | 瑠璃色幻想曲 | 幸福な生活>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |