現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
心霊番組より絶対に怖い心霊サイトの体験談

2014-08-18 Mon 20:04
 創作怪談テラーの稲川淳二氏がネットのインタビューにて、昨今の心霊TV番組が減少している理由を

・DVDやインターネットなどTV以外のチャネルが普及したことで選択肢が増えたため
・新しい試みにチャレンジするTVマンが減り、類似番組ばかりになったため


と答えたそうです。2コめの理由で皮肉られているのはまさか「呪いのビデオ」系恐怖映像コンテンツ?!(笑)

 私も概ねそんなところだろうな、と想像します。特にネット環境の発達は大きいですね。私が子供の頃は周囲に心霊体験を持つ人がいなければ、心霊番組や心霊本から貪るように情報収集するしかありませんでした。

 しかし(ガチ・フェイクの別はともかく)今では心霊体験談を集めた多くのウェブサイトが存在します。そこから腐るほど大量の心霊体験談をタダで仕入れることが出来る。しかもそういうネットの体験談って、たいてい文章も構成も素人丸出しでオチらしいオチがないことも多いのですが、逆にそれが妙にリアルで狂気じみていたりします。一度これに触れてしまうと、未だに起承転結にこだわるプロが作った古典的かつSFチックな心霊体験談の再現ドラマなんて稚拙に見えてしまいますもんね。多くても百話程度しか収録されない心霊体験談本に高いお金を払うのもバカバカしく感じるし。

 まぁ、そういった事情があるにせよ稲川淳二氏の怪談(ライブ)がウケているのは、彼の怪談が怖いとかリアルだとかはあまり重要ではなく、既に夏の風物詩、もしくは日本の伝統芸能の域に達してしまったからだと思います。混雑が分かり切っていても毎年花火見物に行く、名人の落語やドリフのコントはオチが分かっていても何度でも笑えてしまう、そんなのと同じなんでしょうね。




スポンサーサイト
別窓 | エンターテインメント | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<ささやかだけど楽しい… | 瑠璃色幻想曲 | 久々にカッコイイと思える人物と出会えた件>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |