現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
あるお酒の誘いを恐れる理由(ワケ)

2014-09-05 Fri 20:00
 先日、ある高校時代の同級生からメールが届きました。

 その内容は携帯キャリア変更に伴う、新しいメアドを伝えるためのごく簡単なものでした。送信先には私のもの以外にも多くのメアドが並んでいたので、電話帳に登録した人物全員に一括送信したのかも知れません。

 しかし…実は私、彼とは昔も今も特別仲良しというわけではないんですよね。事情があって6年前に1度、一緒に飲みに行っただけ。このブログにも当時のことを書いたような気が(笑)それ以降は全く接触していませんでした。

 彼と接点を持たない理由はいくつかありますが、最大の理由は彼のことが怖いからなんですよ(笑) 例えるなら“冗談の通じない超自己中で暴力的な亀○興毅”。彼も元ボクサーだしマインドも完全にそっち系。最初から自分が“上”として振る舞い、相手は舎弟扱い。反論や自己主張は許さない。たまにふざけ半分でお腹にパンチされるのですが、これが鳩尾にピンポイントで当ててくるので苦しくて堪らない。学生ならまだしも、なぜこの年でこんな目に遭わなきゃならんのじゃ~!!…あ、だから出来る限り避けていたんだ(笑) よってメール画面に彼の名前を見た時は、正直(うわ~…)って感じでしたね。

 しかし考え方によっては、彼が6年間も無視し続けた私の連絡先を消去せず、未だに残してくれていたことも事実です。そもそも彼は社長として会社を経営しているので、古くなったり利用価値がなくなったりした個人情報(人脈)は頻繁に整理しているはず。ということは私のことを純粋に友達と思っていてくれたのか?そう思うと悪い気はしません。

 過去は過去、振り返るに及ばず。とりあえず最低限の社会人の礼儀として、私は

・連絡をくれたことへのお礼
・すぐに登録情報を変更したこと
・これからもよろしく

的なことだけ短くまとめて返信しました。するとすぐに彼から再び返信が。

「久しぶり!連絡ありがとう。○○(注:私の名前)元気だったか?たまには飲みに行こうぜ!!」

ヤバい!冬眠していた蛇を完全に起こしてしまった(笑) 

せっかく6年間平穏に暮らせていたのに~(笑)

 正直言うと、価値観がかなり異なる彼から本当にお酒に誘われても断る自信はありません。「銀座はちょっと…」「一晩20万円はちょっと…」などと意見した途端、鳩尾にパンチですから…。

 …まぁ、私の人脈のひとつとして彼をキープしておく分には美味しいんですけどね。なんたって企業の社長だし(笑) こういう人も私の交友関係に何人かいて欲しい反面、怖い思いをするのはもう嫌だ…人付き合いって難しいですね(笑)


スポンサーサイト
別窓 | コミュニケーション | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<尊敬される上司気取りの勘違いオヤジブルース | 瑠璃色幻想曲 | プリン体&糖質ゼロ発泡酒戦争>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |