現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
御嶽山噴火に思う

2014-10-01 Wed 00:00
 先週末、日本百名山のひとつでもある御嶽山が噴火しました。多数の死者および行方不明者が出る大惨事となったことはテレビ報道などで既にご存じかと思います。

 この日私は、伊豆の沼津アルプス縦走を予定していたのですが、直前に別の用事が入り中止しました。しかしこれを知らない、登山に全く興味のない知人数名から「大丈夫だった?!」というメールが。どうやら

御嶽山=日本(北)アルプス(にある山)=沼津アルプス(名称が似ている)

よって私も近くにいたのではないか?と勘違いされたようです。…まぁ心配してもらえるのは嬉しいですけれどね(笑)

 さて、今回の噴火ですが…「なぜもっと正確に予知出来なかったのか?」「なぜ事前にもっと広く注意喚起しなかったのか?」という声も耳にしますが、技術的な問題もありますし、それはちょっと酷かなぁと個人的には思います。それに今年は全国的にやや紅葉が早いようなので、晴天の週末に登山ついでに紅葉見物を…というのはごく自然な欲求。亡くなった方々やそのご家族はお気の毒ですが、今回たまたま現場に居合わせてしまったのは、ただただ運が悪かった、としか言いようがありません。

 ところで、いつも山岳遭難事故が起きてヘリやレスキュー隊が出動すると、「勝手に山に登って勝手に遭難した奴なんかを血税で助ける必要などない、あくまでも自己責任(自力)で下山させろ!」という趣旨の“勘違い発言”を少なからず耳にします。今回もネットを中心に同様の意見が溢れ返っているのかなぁ…と想像しましたが、少なくとも私がざっと見た限りそのような意見は無かったのでホッとしました。

 御嶽山は古くから信仰の対象とされる山です。登山者全員がそのように意識しているわけではないでしょうが、登頂した登山者のほとんどが(形だけでも)山頂の御嶽神社に参拝するのでは?その過程で惨事に巻き込まれた人を非難するということは、明治神宮や伊勢神宮に初詣に来て何か大きな事故に巻き込まれた参拝者に向かって「自己責任なんだから救急隊員の手を借りずに自力で帰ってこい!」と言うようなものですからね。

 それに調べたところ、日本の火山って日本百名山だけでも(活動が活発なものとそうでないもの含め)40もあるんですね。羅臼岳・斜里岳・大雪山・トムラウシ山・十勝岳・利尻山・羊蹄山・岩木山・八甲田山・岩手山・鳥海山・月山・蔵王山・吾妻山・安達太良山・磐梯山・燧ケ岳・那須岳・日光男体山・日光白根山・武尊山・皇海山・赤城山・苗場山・妙高山・草津白根山・四阿山・浅間山・美ヶ原・霧ヶ峰・富士山・鷲羽岳・焼岳・乗鞍岳・御嶽山・白山・大山・九重山・阿蘇山・霧島山・開聞岳…どれも御嶽山なみに人気の山ばかりです。

 では安直にこれら全ての山に対して厳しく入山規制すればよいか?噴火のリスクがあるのなら最初から登山なんかさせなければよい、と切り捨ててしまってもよいか?というと、それはまた違うと思います。なぜならどの山も地元では信仰の対象だったり、重要な観光資源だったり、小学生の遠足コースだったりと、昔から多かれ少なかれ住民と密接に関わっているからです。

 結局、火山を含む日本の山々と我々人間とは、これまで同様上手に付き合い共存するしかないわけです。今回被害に遭った方々がいずれ登山を再開したり、また御嶽山に登ったりしたとしても、それを非難すべきではないと思いますね。


スポンサーサイト
別窓 | アウトドア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<ヴェ○ーチェ的塩対応 | 瑠璃色幻想曲 | 無欲の求心力>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |