現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
まとめて(サラっと)読書感想文(20141206)

2014-12-06 Sat 23:00
 以前、本友(ホントモ)と会った時に交換した本4冊全てを読了しました。今さらながら最近私が読み漁っている東野圭吾ばかりです。

 今回も自分のために感想を記録しておくことにします。


kmn
「仮面山荘殺人事件」(1995年)

 8人の男女が集まる山荘に、逃亡中の銀行強盗が侵入した。外部との連絡を断たれた8人は脱出を試みるが、ことごとく失敗に終わる。恐怖と緊張が高まる中、ついに1人が殺される。だが状況から考えて、犯人は強盗たちではありえなかった。7人の男女は互いに疑心暗鬼にかられ、パニックに陥っていった…。

 友人から面白いと言われていたので最初に読みました。

 主要登場人物の8人というのが、結婚直前に自殺したとされる女性を中心に彼女の両親、兄、従妹、主治医、親友、父の秘書、そして婚約者という面子。そして彼らは皆、死んだ女性は自殺ではなく誰かに殺されたのだ、と疑っている状況。そこに強盗まで現れて…というのが複雑ですが物語をより面白くしています。

 最後はちょっとアガサ・クリスティーの「アクロイド殺し」っぽくて反則スレスレだし、かなり大胆などんでん返しがあるのも賛否分かれそう。なぜ「仮面山荘」なのか?が最後の最後で判明したのにもスッキリしました。


hkb
「白馬山荘殺人事件」(1990年)

 1年前の冬、「マリア様はいつ帰るのか」という言葉を残して自殺した兄・公一の死に疑問を抱く女子大生ナオコは、新友のマコトと兄の死んだ信州白馬のペンション『まざあ・ぐうす』を訪ねた。マザー・グースの唄に秘められた謎。ペンションに隠された過去とは?暗号と密室トリックの謎に挑む、気鋭の本格推理力作。

 “山荘”繋がりで2冊目はコレ。

 暗号の謎を解き宝の有りかを探すという、レトロなミステリーですね。私が好きな島田荘司の初期作品に似たムードも無きにしも非ずか?

 宿泊客の1人が実は探偵(調査員)で…ということが最後に判明するのは、私の感覚ではちょっと反則なんですが、東野圭吾ものはこういうのは普通みたいですね。

 しかし読了後に気付きましたが、コレって別に白馬でなくても全然構わないお話でしたね(笑)


bt
「ブルータスの心臓」(1993年)

 産業機器メーカーで人工知能ロボットの開発を手がける末永拓也。将来を嘱望される彼はオーナーの末娘・星子の婿養子候補になるが、恋人・康子の妊娠を知り困惑する。そんな矢先、星子の腹違いの兄・直樹から同僚の橋本とともに、共同で康子を殺害する計画を打ち明けられ…。大阪・名古屋・東京を結ぶ完全犯罪殺人リレーがスタートした。傑作長編推理。

 これも友人から面白いと勧められました。確かに今回借りた4冊中一番面白かったです。

 ただ、最後はスッキリ終わることなく尻切れトンボ的。東野圭吾ものに多いパターンだ(笑)


hkg
「放課後」(1988年)

 校内の更衣室で生徒指導の教師が青酸中毒で死んでいた。先生を2人だけの旅行に誘う問題児、頭脳明晰の美少女・剣道部の主将、先生をナンパするアーチェリー部の主将…犯人候補は続々登場する。そして運動会の仮装行列で第2の殺人が…。乱歩賞受賞の青春推理。

 これも最後はスッキリせず、もどかしいまま尻切れトンボ的に終~了~。それにしても26年前の作品とは思えない鮮度でした。凄いです。


--------------------
【TODAY'S PIC UP ITEM】


仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)
(1995/03/07)
東野 圭吾

商品詳細を見る


白馬山荘殺人事件 (光文社文庫)白馬山荘殺人事件 (光文社文庫)
(1990/04)
東野 圭吾

商品詳細を見る


ブルータスの心臓―完全犯罪殺人リレー (光文社文庫)ブルータスの心臓―完全犯罪殺人リレー (光文社文庫)
(1993/08)
東野 圭吾

商品詳細を見る


放課後 (講談社文庫)放課後 (講談社文庫)
(1988/07/07)
東野 圭吾

商品詳細を見る



スポンサーサイト
別窓 | 読書 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<ユニクロで買ったコートを1年着ないで捨てます | 瑠璃色幻想曲 | 西島秀俊に近づける機会を拒む人たち>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |