現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
危うくAmazonに騙される(?)ところでした

2015-01-24 Sat 08:16
 私は書籍やドッグフードを購入する際、たいていAmazonを利用します。ベストセラー小説ならまだしも、どの書店に行けば手に入るのか分からない書籍を、交通費と時間をかけて探し回るよりも断然効率的かつ経済的だし、重いドッグフードは無料で自宅まで届けてくれるのですから、賢く利用すればかなりお得ですよね。

 そんなAmazon、利用者ならご存じかと思いますが新品商品のほとんどは送料無料です。しかも都内なら遅くても注文後2、3日待てば届く。私なんてこれだけで大満足ですが、ユーザーの中には注文した商品を注文日当日に欲しい人、日時を指定して配達して欲しい人も少なからずいるようです。そんな時は1回360~514円の有料サービスを使うことで希望が叶います。このサービスを年会費3,900円で使い放題なのが“Amazonプライム会員”です。

 確かに魅力的なサービスですが、私はこれまで通り注文から2、3日で到着すれば全く問題ないので、特に必要性は感じません。よってプライム会員になろうと考えたことは一度もありませんでした。

 ところが昨年11月、あるCDを注文しようと手続きを進めていたところ、プライム会員が享受可能なサービスを1ヶ月間無料でお試し出来るというメッセージが画面に強引に出現。私は単純に(無料なんだし、1ヶ月だけ利用した後、正式に申し込まなければいいや)と考え、つい当日無料配達を申し込んでしまったのです。

 注文したCDは本当に当日夕方に到着しました。ものすごく便利ですが、やはりそこまで早くなくてもいいかな…。何だか無駄に倉庫担当者や運転手さんを振り回してしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいでした(笑)

 そして時は経ち、そんなサービスを受けたことなどキレイさっぱり忘れていた先日。クレジットカード会社から2月引落し分の明細をメールにて受信しました。するとそこには、何と!

“アマゾンプライム ネンカイヒ 3,900円”

し、しっかり請求されてる~!!…いつ申し込んだんだ、オレ…?

 調べてみたら簡単で…この1ヶ月間無料お試しサービスは、サービス期間終了までにユーザー自らサービス停止処理を行わないと、自動的に年会費の発生するプライム会員にさせられてしまうのでした。私はあくまでも自分の常識を基準に、きっとサービス期間終了後に買い物する際、

・サービス期間が終了した旨の告知
・正式にプライム会員(有料)になるかどうか?選択させる

というプロセスを踏むものだと勝手に思い込んでいました。しかし実際は、Amazonの常識に基づいた、Amazonに有利な仕組みでコトが運んでいたというわけです。幸い、プライム会員に自動移行してからサービスを一度も利用していなければ、申し込みを取り消せて、年会費も後日返却されるらしいので一安心ですが。

 まぁ今回の件で悪いのは100%私です。不注意にも規約をしっかり読んでいなかったわけですから。でも近年、こういった消費者に優しくないサービス、いや、時に消費者を騙し討ちにするかのようなサービスって本当に多いな、と思った次第です。確かに莫大なユーザーが対象のネットのサービスでいちいち個別にお伺いを立てるなんて無理なのは承知しています。しかしメールなどでの告知も一切なしに“自動延長”というのはあまりにもAmazon側に都合よすぎると感じるのは私だけでしょうか?相手がか弱い一個人でなく法人でもこのようにあしらうのでしょうか?疑問ですね。

 まだ私はクレジットカードの請求明細を詳細にチェックしていたので速やかに(?)気付くことが出来ました。でもネットに疎いお年寄りや、そういったチェック作業を面倒臭いと感じる人の場合、下手すりゃ毎月3,900円ずつ引き落とされ続けても気付かないだろうと想像すると、恐ろしいやら腹立たしいやら…。

 便利な世の中だからこそ、もっと自分が賢くならなければならないと思いましたね。


スポンサーサイト
別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<インデックス(ネタバレあり) | 瑠璃色幻想曲 | 怖いつけ麺>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |