現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
危険地帯に行きたがるジャーナリストの価値観は一般人とはズレていると思う件

2015-02-12 Thu 23:57
 過激派テロ組織・イスラム国関連ニュースが毎日途切れることなく報道されています。特に先月末から今月頭にかけて起きた、日本人2名拉致監禁および殺害のニュースについては、(彼らの取った行動の是非はさておき)多くの日本人が心を傷めたことと思います。

 そんな中…というか、ちょっと古い話で恐縮ですが、1月31日早朝に放送された「新・週刊フジテレビ批評」で、フリージャーナリスト・綿井健陽氏と元朝日新聞社会部記者・松野良一氏による「テロとTVジャーナリズム」という対談が放送されました。この放送の翌日、殺害を示唆する動画が公開されることになる後藤健二氏と同じフリージャーナリストの意見が聴けるとあって、とても興味深く視聴しました。

 綿井氏の話はとても参考になりました。例えば

「テレビ局はフリージャーナリストに仕事を依頼する場合、高額保険にも加入出来るような十分なギャラを事前に支払うべき」

という指摘への

ジャーナリストが事前に高額なギャラを受け取ってしまうと、物凄い映像が撮れないとマズいと焦ってしまい、より危険を冒しがちになる。だからそういう契約はすべきでないし、実際ほとんどない

という回答や、

カメラの小型化が進み、カメラマンが動きやすくなったことで危険な場所にも足を踏み入れる機会が増えた
今は写真よりも映像の方がニーズが高く、動画ジャーナリストの方が危険な目に遭うことが多い

という話には激しく納得です。

 しかし彼(ジャーナリスト)の考え方は、私(一般の日本人?)と比べてかなりズレており、素直に受け入れられない主張がほとんどで驚きました。覚えている限りご紹介しますと…

こういう問題が起きると必ず“自己責任論”が議論される。つまり自己責任で勝手に危険な地域に渡航した奴を国(日本政府)が税金を使って救出するのはおかしい、見捨てるのも仕方ない、と言う人が多い。
 しかし、例えば救急隊員の目の前に大怪我して今にも死にそうな人がいれば、その救急隊員は大怪我の原因がどうあれ命を救おうと努めるはずだ。日本政府が人質を救出するのもこれと同じで当たり前のこと。


→確かに命は何物にも代え難く重いです。でも救急隊(病院)は本人なり家族なりに医療費を請求しませんか?身代金200億円も後であの2名に請求してよかったのでしょうか?

紛争地域で捕虜になったジャーナリストを、雪山登山で遭難する人や進入禁止エリアをスキーで滑走して事故に遭う人らと同列に“本人が自己責任で行ったのだから仕方ない”と括るのは違う。雪山には誰もいないが、紛争地域には紛争に巻き込まれた可哀想な一般人がいるのだ。(だからジャーナリストの仕事には価値があるし、その仕事中に危険な目に遭えば救出されるべきだ)

→結局楽しみや利益など、自分自身のメリットのための行動という意味ではどちらも同じでは?よく「誰かが紛争地域の様子を伝えないと実状が伝わらない」と言いますが、その取材の意義と手段云々についてはまた別の問題だと思いますが…。

■(ツイッターに届いた「フリージャーナリストは自ら好んで“ハイリスク・ハイリターン”な仕事をしている。“ハイリターン”を得た時は全て自分の懐に入れるのに、何か問題が起きたら国に助けを求めるのはおかしい」という視聴者の声に対し)
いや~、ジャーナリストはそんなにハイなリターンは得ていませんよ~。ほとんどの仕事がローリターンですよ~

→そういう議論じゃないし(笑)

海外で暮らすほとんどの日本人は民間人である。海外出張中の会社員、好んで海外に住む人たちが危険に晒されても「自己責任だから」と見殺しにしてもよいのか?

→少なくとも彼ら(企業)は日本政府から「危険だから渡航するな、一時帰国せよ」と命令されれば、よほどの理由がない限り従うでしょう。それに背いてまで渡航したジャーナリストとは違うと思います。


 まぁ、人それぞれ考え方は違うので、私の意見が唯一正しいと主張するつもりはありません。でも綿井氏の話を聴いて、やはりジャーナリストの常識や価値観は、それ以外の一般人の常識や価値観とはかなりかけ離れているんだな、とつくづく感じますね。だから政府や世論が彼らを説得するのは難しいのでしょう。

 よってジャーナリストによる危険地域への渡航の是非を議論する場合は、一般的(多数派)な常識を基準に説いたり、正論を振り翳したりするよりも、もっと別の視点から議論する必要があると思いますね。私には具体的な方法までは分かりませんが(笑)



スポンサーサイト
別窓 | マスメディア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<開聞岳を桜島と言い切ったテレビ番組 | 瑠璃色幻想曲 | 大雪が降らない今冬の東京に複雑な心境です>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |