現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
お土産の価値

2015-02-14 Sat 21:41
 先日会った友人から、お正月に帰省した福岡のお土産をいただきました。


photo


「九州の味ラーメン うまかっちゃん【濃い味】復刻版5個パック」(ハウス食品)。いわゆるご当地インスタントラーメンです。

 私はインスタントラーメン、豚骨ラーメンともに大好きなので、これにはもちろん大喜びでしたが…ふと、とっくの昔に忘れていたはずのあるシーンを思い出しました。


 高校2年の秋、修学旅行がありました。行先は九州一周。ちなみに東京‐福岡間の移動手段は往復新幹線(笑)

 約一週間の日程を消化した最終日のことです。私たちは早めに福岡・博多駅に集合し、帰りの新幹線が出発するまでの時間を潰していました。するとその時、たまたま私の目に、駅ナカの土産物店で売られていた高さ約40cmほどの「博多人形」が映ったのです。

 博多人形なんてハナから眼中なし。その瞬間までお土産候補にも入れていませんでした。しかしその人形のあまりの可憐で美しい姿に一瞬で心を奪われてしまいましたね。

(これ…欲しいな…そうだ、妹へのお土産という名目で買ってしまおう。きっと喜ぶぞ!)

そう確信した私は、決して安くない“博多土産”を衝動買いしてしまいました。友人たちも驚いていましたね(笑)

 その後新幹線で東京まで約6時間、東京駅で解散後は親友たちと繁華街に移動し遊んでから自宅へ。私はその間ずっと綺麗に包装された、ひと抱えはあろう箱に気を配り、大切に持ち運びました。

 帰宅し、ようやく妹に“お土産”を手渡すと、妹は目を輝かせて喜んでくれました。それだけで私は満足でしたが、ここで父がさらに嬉しい一言を。父は妹にこう言いました。

「お前はその人形を買ってもらったことよりも、お兄ちゃんがわざわざお前のために、そんなに大きな荷物を九州からずっと運んで来てくれたことをありがたいと思いなさい

正直、私はただ人形を失くさないように、箱が潰れないように注意しなければ、と必死でした。まさかお土産そのもの以外、お土産の運搬にも価値があるなんて考えもしませんでしたよ。自分の苦労が報われたみたいで嬉しかったです。


 そう考えると今回の友人も、わざわざ私のためにこれだけ嵩張るものを福岡から東京まで運び、自宅に1ヶ月間保管し、そして当日自宅→職場→待ち合わせ場所へと、ずっと持ち運び続けてくれたわけです。そんな陰の煩わしさを想像したら「うまかっちゃん」が高級グルメに見えてきました(笑)

 でもこの日の私の荷物、実は書籍だけで16冊!さすがにタイミング悪過ぎ(笑) 歩みが鈍るほどに重いザックに、さらに嵩張るラーメン5パックというのは…(以下自粛・笑)。

 あっ、いえいえ、そんなことはどうでもいいですね(笑) 5食分とも有難く大切に味わいますよ、「うまかっちゃん」。


スポンサーサイト
別窓 | コミュニケーション | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<プロレス女子急増中≒プロレスブーム沸騰中 | 瑠璃色幻想曲 | 開聞岳を桜島と言い切ったテレビ番組>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |