現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
見苦しい辞退者

2015-04-01 Wed 00:00
 今年も「第7回AKB選抜総選挙」が6月に開催されるようです。

 私は劇場公演や握手会に足を運ぶほどのファンではありませんが、選抜総選挙にはプロレスのアングルやマイクパフォーマンスから得られる興奮と同じ熱を感じるので、毎年楽しみにしています。

 ところが今年は、これまでで最多の34、5名(正確には把握しておらず)のメンバーが立候補を辞退したそうです。誰が辞退したのか気になりチェックしてみました。

 その結果、辞退したメンバーのほとんどが卒業を予定しているメンバー、またはAKBとの兼任解除が決まったメンバー(一人しかいないか・笑)だと分かりました。中には小嶋陽菜のように卒業宣言こそしていないものの、少なくとも今年中には卒業しそうなメンバーの名前も。卒業する時期にもよりますが、確かに立候補してランクインまでしながら、その後の活動に参加出来ないのは無責任だしマズいですね。残念ですが彼女たちが辞退するのは止むを得ないでしょう。

 しかしそれ以外のメンバーは…昨年傷害事件の被害者となってしまった入山杏奈、誰が見ても申し分のない活躍をしている松井玲奈など一部のメンバーを除くと…ほとんど全員が過去の選抜総選挙で圏外か、ランクインしていたとしても下位毎年順位が下降線を辿り今後上昇する見込みのなさそうなメンバーもいます。その一方で、まだチャンスすら巡ってきておらず、これからが勝負じゃないの?という若手メンバーも数名いたのには驚きました。

 彼女たちの中にはSNSを使って「他にやりたいことがあるから」「自分なりのやり方でファンと一緒に頑張りたいから」といった“言い訳”をするメンバーが少なからずいます。でもこういうのは見苦しい。だってどう見ても「どうせ期待されている後輩たちが自分よりも上位にランクインするに違いないから立候補しても無駄。晒し者にされて自分が惨めなだけ」という“本音”がミエミエです。

 百歩譲って本当に「自分のやりたいこと」があり、それを成し遂げるために忙しく選抜総選挙なんかに関わっていられないと考えているのだとしても、勘違い甚だしいと言わざるを得ません。なぜならこの「AKB選抜総選挙」が年に一度の、そしてAKBグループ最大のイベントだからです。

 確かに現在は立候補制なので立候補する・しないは個人の自由。ルール上は何の問題もありません。しかしこれがグループ全メンバー・スタッフ・ファン・マスコミ総出で力を合わせて作り上げるビジネス(商品)である以上、「私は関わりたくありません、私は関係ありません」という立場を選ぶのはいかがなものか?ルール上は問題なくても、一生懸命頑張っている他のメンバーやスタッフ、ファンの感情はまた別物。きっとよく思わない人がたくさんいるし、運営も彼女らを立候補した他のメンバーらと同等には扱いづらいはず。そういうものです。これまで結果的に辞退者のほとんどが卒業しているのがひとつの答えではないでしょうか?

 逆に今回立候補したメンバーの中にも万年圏外の人がたくさんいます。もしかしたら今年もランクインは無理かも知れませんが、それでも健気に立候補してくれただけでファンは嬉しいし、ファンならずとも見直して好印象を抱くというもの。事実、私は大嫌いだった熱海出身のSというメンバーに好感を抱き始めています。今年は彼女に投票するかも知れません(笑)

 グループ最大のイベントに参加出来ないほど別のこと(例えば焼肉屋経営)に身も心も捧げたいのなら、普通は「どうぞ卒業してお好きなようにやって下さい」ですよね。

 また、選抜総選挙は一般社会に例えるなら「査定」みたいなものです。それも直属の上司が個人的感情で評価するいい加減な査定ではなく、取引先企業が営業マンの働きぶりを直接評価するタイプの、信憑性の高い査定です。「自分は一年間全力で頑張った」と言い切れるのなら、例えどんな結果でも受け入れられるはず。その査定を自ら拒否するなんて一般社会では到底認められません。これでは「私は私なりに日々頑張っている。でもどうせ誰も理解してくれないのだから査定もしなくて結構。私は一匹狼で我が道を行きます」というようなもので、組織に属する人の考え方ではありません。組織の意向に沿わず、評価するための材料すら持たない人を今後組織はどう活かせばよいのでしょう?

 結局、AKBグループに属している以上は何事からも逃げない方が身のためです。後々叶えたい別の夢にとってもマイナスになる可能性がありますし。私には選抜総選挙の立候補制は「AKBに身も心も捧げられるか?」を試す踏み絵に見えますね。


スポンサーサイト
別窓 | エンターテインメント | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<スポーツウェアとシティウェア | 瑠璃色幻想曲 | 心の利き手を理解しよう>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |