現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
ラーメン太郎大盛にギヴアップした日

2015-04-04 Sat 08:48
 生活圏内に「ラーメン太郎」というラーメン店が新規オープンしたので行ってきました。

 店頭に掲げられたラーメンの写真とその店名から、多分“ラーメン二郎インスパイア系(?)”だろうな、と想像したらやはりそのようです(笑)

 店の前には開店を待つ男性が2人。時刻は17時25分…多分17時30分開店だな!(笑) 予想は当たり、この日(夜の部)3人目の客として入店。券売機で「豚入りラーメン大盛」(900円)の食券を購入しました。店内はカウンターのみ10席ほど。

 オープン初日には長蛇の列が出来ていましたが、この日は落ち着いています。と思ったら次々と客が増え、あっという間に満員に。店の外では早くも順番待ちしている客もいます。二郎系ラーメンはいつも大人気ですね。

 ラーメンはトッピング(茹で野菜、ニンニク)と味付け(味の濃さ、脂の量)が自由にカスタマイズ可能。私は野菜多め(マシマシ?)のニンニクありをお願いしました。そして出てきたのが…


photo


これです。見た目のインパクトはさほどでもありませんが、食べてみると完全に二郎系でした。

 とりあえず崩れないように野菜主体、時々一か所に開けた穴から麺を引っ張り出して食べる、という方法で食べます。味は期待通りで美味いです。これなら余裕で完食出来る、そう思ったのも束の間、野菜がほぼ片付いた時点でかなりの満腹状態になってしまいました。(これはヤバいかも…)ちょっと前なら無理すれば食べられた量ですが、最近はホント食が細くなってしまいダメそう。

 それでも時間をかけて何とか麺を減らし、残りの麺がスープに隠れるくらいになったところで「ご馳走さま~」…しれっと店を出ました(笑) 最低限多めに盛ってもらった野菜だけは食べ切らないと失礼ですから、そこだけは頑張ったのでお許し下さい(笑) 次回からは確実に普通盛にします。

 店を出た直後は苦しくて気持ち悪いので、当分食べるものか、と感じますが、翌日には早速恋しくなる…これぞ“二郎あるある”ですが、太郎にも通じるようです。癖になるラーメンでした。



スポンサーサイト
別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<もしも生保レディが自分の存在意義を勘違いしたら? | 瑠璃色幻想曲 | 極めて独りよがりな“洗面器ラーメン”の思い出>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |