現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
昔、隠れ森高ファンがバレそうになった件

2015-04-21 Tue 19:47
 最近、往年のアイドル(アーティスト?)・森高千里をテレビ番組やCMでよく見かけます。46歳にしてあの美貌・若々しさ・スタイルを維持出来るのですから驚きですね。

 実は私も、彼女の全盛期には“隠れファン”として応援していました。なぜ隠れファンだったのかというと、私は学校で洋楽やメタル大好き人間として知られていたため、特定のアイドルファンだとは恥ずかしくてカミングアウト出来なかったのです。当時はまだ洋楽>邦楽みたいな空気もあったかも知れません。

 それに当時は“アイドルファン(分相応でないオタク)=宮崎勤や宅八郎=危ない輩”という先入観を持たれやすい時代でした。一度そんなレッテルを貼られたら女の子にモテなくなってしまうので、あくまでも隠れファンとして彼女を応援していたわけです。

 しかしある時、私が隠れ森高ファンだということが家族にバレそうになったことがあります。ある日、外出中に近所のレンタルビデオ店から私あてに電話がありました。代わりに出た父が用件を聞くと…何と!

「○○さん(注:私)が返却期限を過ぎているにもかかわらずビデオを返してくれない」

催促の電話です。幸い父は私を信じてくれたようで、

「うちの倅はキッチリしているので、返却期限を超えて借りっぱなしということはありえない。もう一度よく調べて結果を連絡してくれ」

と答えてくれたそうです。

 同日夜、帰宅して父からそう報告された私は焦りました。先方の勘違いだということは即分かりましたが、私がその店から直近でレンタルしたのが、何を隠そう森高千里のライブビデオだったのです(笑) 今でこそアイドルはもちろんアニメ、コミック、どれも「日本が世界に誇るポップカルチャー」などと持て囃され、それぞれの愛好家も堂々としています。しかし当時はどれか一つでも好きだということがバレたら“キモいオタク野郎”と忌み嫌われ、村八分にされる可能性がありました。この時もこれまで作り上げてきた私のイメージが崩壊したと思い、目の前が真っ暗になりかけましたね。

 ところがこの後、父の口から意外な言葉が続きます。

「ちなみに貸してるビデオは『マネキン』って言ってたな」


photo


(え?「マネキン」なら「森高ライブ」の直前に借りたビデオだ!そ、そっちか…)

ようやく生きた心地を取り戻しました。もちろん「森高ライブ」も「マネキン」も指定期日までに返却済みだったことは言うまでもありません。

 結局この件は、やはり店員さんの勘違いだったことが後に判明し、謝罪の電話を受けて一件落着。でも一歩間違えばいい加減な店員さんのせいで真面目な(?)私が迷惑を被り、親子関係もぶち壊れる(?)ところでしたよ。今となっては笑い話ですけどね(笑)


 しかし…もし、あれが「マネキン」でなく、AVだったらどうなっていたのでしょうね?それもノーマルものでなくマニアックなジャンルとか(笑) それはそれで恐ろしい…想像するのはやめておきます(笑)


スポンサーサイト
別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<まとめて(サラッと)読書感想文(20150423) | 瑠璃色幻想曲 | 登山の予定を妨害(?)する者>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |